「スイートリトルライズ」結構、辛口…。

[スイートリトルライズ] ブログ村キーワード
 女性に絶大的人気を誇る、江國香織原作の恋愛小説の映画化。「スイートリトルライズ」(ブロードメディア・スタジオ)。直訳すると『甘くて小さなウソ』ってことですが、なんのなんの結構辛口ですよ。


 テディベア作家の瑠璃子(中谷美紀)と、IT企業に勤める聡(大森南朋)は結婚して3年。2人の間には子供はなく、休日にはデートしたりして、傍から見れば未だに恋人同士のような理想的な夫婦ではあるが、いつの間にか自然と体の関係はなくなっていた。或る日、瑠璃子は自身のベアの個展で、非売品のベアを売ってくれと懇願する青年、春夫(小林十市)と出会う。その実直さに惹かれ、ベアを譲ってしまう瑠璃子。後日、近所のレンタルビデオ店で偶然再会した2人は、あっと言う間に恋に落ちる。一方、大学時代に所属した、ダイビング・サークルのOB会に出席した聡も、その席で後輩のしほ(池脇千鶴)と再会。聡が妻帯者であることを知りながら、積極的にアプローチしてくるしほに、聡はいつしか惹かれていく。やがて互いの知らないところで、夫婦の間に“小さな優しい嘘”が、幾つも重ねられていく…。


 吾輩、原作は未読なのですが、この物語は原作に忠実なんですかね?だとしたら…う~ん、女の人はこういうお話に、共感してしまうんですか?男の子の吾輩は、正直チョット付いていけませんでした。夫婦がお互いを大事に思っていながら、それぞれに別の男女と逢瀬を重ねる。そしてそのことについて、触れることなく“嘘”を重ねる。この“嘘”は、『甘くて優しい』と定義されておりますが、果たしてそうなのかな~?吾輩には相当な意味を含んだ『重くて辛い』嘘のように感じられてなりませんでした。映像上、凄くキレイに描かれておるのですが、ホントにこんなことが起これば、もっともっとドロドロだと思います。だって一言で言っちゃうと、この映画のテーマは“W不倫”ですからね(こう言うと、身も蓋もないですが…)。そういう意味で、何とも現実感が乏しいんですよね。浮世離れしてるって言うか、『こんな夫婦おらんて~!』とツッコンでしまいました。男には、理解デキませんわ。
 どうなんでしょ?女性の方も、全面的に支持されるんですかね?もしそうだとしたら、益々『女はワカラン!』ていう心境でございます。これは、男一生のテーマかも知れませんね。まあ、『あんな夫婦のあり方に憧れるわ~』なんて言われた日にゃあ、苦悩で叫んじゃいそうですけど(^^;。

 毎朝決まった時間に起きて、サイフォンで珈琲を淹れて朝食の準備をする妻。鍵を掛けた自室にこもり、もっぱらTVゲームをしている夫(しかも、用事のある時は、携帯電話で呼び出される)。しかも愛車はイマドキ“Be-1”と来たモンだ。ね?こんな夫婦、やっぱりおかしいでしょ?
 
 『恋をしているの。本当は夫だけを愛していたいのに』だったら、旦那さんだけを愛しなさいよ!それって、卑怯じゃない?と思ってしまう吾輩は、まだまだ未熟者なんですかね?決して映画をけなしているわけではございません。吾輩がもう少し大人だったら、この映画ももっと楽しめたのかも…。でも、そんな大人なら、なりたくないかな(オイオイ、もおエエ歳やがな!(^^;)。

 この映画、中谷美紀さんの美しさが、際立って描かれています。彼女の“透明感を感じさせる存在感”は、この映画の世界にピッタリだと思います。そういう意味では、大森南朋との“まったく生活感の感じられない夫婦役”は、見事にハマっていると思います。あと池脇千鶴ちゃんは、見る度にエロくなっていく気がするのですが…(^^;。

 
 「スイートリトルライズ」は、3月13日(土)~全国ロードショーです。“嘘を重ねながらも一緒に生きる夫婦”の姿を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。そして自身に問いかけてみてください。『私は、理解できるか?』って…。

~追記~
 テディベアって、あんな風に作るモンなんですね。吾輩、今回初めて知りました。

「スイートリトルライズ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『スイートリトルライズ』 - シネマトゥデイ

スイートリトルライズ@ぴあ映画生活

スイートリトルライズ - goo 映画
スイートリトルライズ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/10079031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2010-03-02 01:58
タイトル : スイートリトルライズ
テディベア作家の瑠璃子と、IT企業に勤める聡は結婚して3年。 子どもはなく、いまだ恋人同士のようだが、自然と体の関係はなくなっていた。 瑠璃子は自身のベアの個展を訪れた青年・春夫と出会い、心惹かれていく。 一方、聡も大学時代のサークルの後輩しほから積極的にアプローチされていた…。 大人のラブストーリー。 ≪恋をしているの。 本当は夫だけを愛していたいのに。≫... more
Tracked from かこぶろ。 at 2010-03-02 17:08
タイトル : スイートリトルライズ(2010)
3月13日公開。 試写会の誘いを受け全然知らない映画でしたが、 大好きな女優さんでもある中谷美紀さん、いい演技をいつもしている大森南朋さんが出演しているというので 楽しみにしていました。表情で魅せる演技がさすがでした。 この二人が夫婦役で素敵なお家に住んでいるの。 「NEWS」(02.08)にあったように、中尾彬さん、池波志乃さんによるトークショーがありました。 その様子はこちらで。 ■「中尾彬さん&池波志乃さんご夫婦によるトークショーイベントを行いました。」 ・「池波志乃、夫・中尾彬に「33年...... more
Tracked from 今日の素敵さがし at 2010-03-04 16:31
タイトル : ずるい女の映画「スイート・リトル・ライズ」と「サヨナライ..
 こういうヒロインには辟易! 今日、試写で観てきた「スイート・リトル・ライズ」のアホラシイ結末。結婚後、3年たって、肉体関係もほとんどなくなり、女はどこかでそれを不満に思いつつ、イイ妻らしく演じてる。男は、そんな妻の前で緊張しっぱなしで、ひとり自分の部屋でのテレビゲームに逃げ込む。やがて、お互いに不倫相手を見つけるんだが、相手の真摯な情熱に結局応えられるほどの情熱も持ちえず、また夫婦で仲良くやっていきましょ、って? 周囲に期待だけ膨らませて、やっぱり夫婦という場所に安住しようとするそのずる...... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2010-03-10 20:53
タイトル : 「スイートリトルライズ」:銀座西六丁目バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}銀座のスイーツといえば、昔からウエストの洋菓子に決まっている。 {/hiyo_en2/}ほんと?嘘じゃないでしょうね。 {/kaeru_en4/}あれ、俺が嘘をつくような男に見えるか。 {/hiyo_en2/}見える、見える。嘘で固めた男。 {/kaeru_en4/}そりゃ、俺だって小さな嘘くらいつくけどな。 {/hiyo_en2/}スイーツリトルライズ。 {/kaeru_en4/}それを言うなら、「スイートリトルライズ」だろ。 {/hiyo_en2/}矢崎仁司監督の恋愛映...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2010-03-14 15:40
タイトル : スイートリトルライズ
江國香織の同名人気小説を映画化。夫婦の気持ちのすれ違いを描いた大人のラブストーリーだ。主演は『嫌われ松子の一生』、『ゼロの焦点』の中谷美紀と『ハゲタカ』、『笑う警官』の大森南朋。共演に『ジョゼと虎と魚たち』の池脇千鶴、元バレエダンサーの小林十一が出演している。監督は『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司。... more
Tracked from CINEMA FOLDE.. at 2010-03-16 09:14
タイトル : (F) スイート・リトル・ライズ
  監督:矢崎仁司 出演:中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴、小林十市 傍から見るとごく普通の理想的な若い夫婦。 テディベア作家の妻は非売品レアのテディベアをどうか譲って欲しいと 言ってくる青年の頼みに圧されてそれをあげることにする。 その後、偶然に二人は再会し、恋に落ちる。 一方で夫はサークルのOB会で後輩の女性と再会、 こちらもまた恋に落ちる。 この夫婦との間にはこれから小さな嘘が次第に積み重なっていく。 江國香織原作。今度はどのような心の機微が映像...... more
Tracked from カノンな日々 at 2010-03-16 10:37
タイトル : スイートリトルライズ/中谷美紀、大森南朋
劇場予告編を観たときにすぐ「これって『ストロベリーショートケイクス』みたいなタッチだなぁ」と思ったんですけど、やっぱり同じ矢崎仁司監督でした。江國香織さんによる原作小説は未読ですが『ストロベリーショートケイクス』はお気に入りだけにこの映画を楽しみにしてま....... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2010-03-19 23:39
タイトル : スイートリトルライズ
穏やかさの中にただならぬ気配がある作品だが、どこか空虚で共感できない話だ。IT会社勤務の聡と人気テディベア作家の瑠璃子は結婚3年目の夫婦。今も恋人同士のような二人はハタから見れば理想的だが、互いに心の距離を感じている。寂しさを抱えた瑠璃子は、ある日、非売....... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-03-20 10:41
タイトル : 『スイートリトルライズ』
  □作品オフィシャルサイト 「スイートリトルライズ」   □監督 矢崎仁司□脚本 狗飼恭子 □原作 江國香識 □キャスト 中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴、小林十市、大島優子、安藤サクラ、黒川芽以、風見章子■鑑賞日 3月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  夫婦の形なんて、この世に存在する夫婦の数だけあるだろう。  この映画の中の夫婦の形fだって、もしかしたら江国香織の小説の中だけでなくどこかで同形で存在しているか...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-03-25 15:11
タイトル : 『スイートリトルライズ』
「腕に入れて」「いいよ」「腕に入る?」「うん」 腕に入る、ということ。夫婦のいちばん理想的な形を図形化すると、 きっとそういう形になるのかもしれない。 守られた内側で安心できる世界を築く。 透明なガラス一枚はさまる距離でいつまでも一緒に生きていくために。... more
Tracked from タニプロダクション at 2010-03-28 05:52
タイトル : [映画][2010年]スイートリトルライズ
有楽町スバル座 スイートリトルライズ  日本映画 監督:矢崎仁司 脚本:狗飼恭子 撮影:石井勲 音楽:妹尾武 出演:中谷美紀 大森南朋 池脇千鶴 小林十市 大島優子 安藤サクラ 黒川芽以 風見章子他 原作:江國香織 公式サイト:http://www.cinemacafe.net/official/... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2010-03-30 15:04
タイトル : 【スイートリトルライズ】
監督:矢崎仁司 出演:中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴、小林十市、安藤サクラ 人は守りたいものに嘘をつくの。   あるいは守ろうとするものに。 「テディベア作家の瑠璃子と夫の聡は結婚して三年目の夫婦。 一見理想のカップルのようだが、実は心の中ではすれ... more
Tracked from prisoner's B.. at 2010-03-31 16:31
タイトル : 「スイートリトルライズ」
ひとつひとつの描写にこめられた感覚のこまやかさを味わう映画。 初めの方では朝食の卵二つを混ぜておそらくオムレツにしていたのが、ちょっと夫婦間に波風が立つと落とし卵になって、固まっていない卵がそれぞれ別々に湯の中を頼りなく泳いでいるのがいかにもそのときの夫婦のかたちなのがまことに細かい。 時計のゼンマイを巻く、アルコールランプに火をつけサイフォンでコーヒーをいれる、などというちょっとレトロなライフスタイルなのがこれ見よがしでなくおしゃれでもあるし、どこか主人公夫婦の血の気の薄さを感じさせる。 テデ...... more
Tracked from 流れ流れて八丈島 at 2010-04-08 00:29
タイトル : 「スイートリトルライズ」有楽町スバル座にて鑑賞
当直明けでほとんど寝てないんだけど、どうせ今晩は「朝のヒットスタジオ・コンサート」で有楽町に出なきゃならないので、家で仮眠も取らず早めに出動して、スバル座で「スイートリトルライズ」を観ました先週公開したばかりだから、2週目の土曜日だというのに、ガラガラ...... more
Tracked from やっぱり邦画好き… at 2010-04-08 11:20
タイトル : スイートリトルライズ
『ストロベリーショートケイクス』『三月のライオン』矢崎仁司監督最新作。美しく切なく、甘やかな嘘でくるまれた大人のラブストーリー。中谷美紀x大森南朋、日本映画界を魅了し続...... more
Tracked from ★試写会中毒★ at 2010-04-24 14:22
タイトル : スイートリトルライズ
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)      試写 ヤクルトホール にて鑑賞      10年03月13日公開   監  督:矢崎仁司 キャスト:中谷美紀       大森南朋       池脇千鶴       小林十市、他 ■内容... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2010-11-21 15:40
タイトル : 映画『スイート・リトル・ライズ』を観て
10-17.スイート・リトル・ライズ■配給:角川映画■製作年・国:2010年、日本■上映時間:134分■鑑賞日:2月20日、シネセゾン渋谷(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□監...... more
Tracked from tom's garden at 2011-01-09 23:48
タイトル : スイートリトルライズ
監督:矢崎仁司 出演:中谷美紀(岩本瑠璃子)    大森南朋(岩本聡)    池脇千鶴(三浦しほ)    小林十市(津川春夫)    大島優子(岩本文)    黒川芽以(藤井登美子)    安藤サクラ(美也子)    風見章子(君枝) 中谷美紀はそんなに好きじゃないけど、南朋さん観たさに鑑賞。 「恋をしているの。夫だけを愛していたいのに。」 「人は守りたいもののために嘘をつくのよ。」 大人のお話だ。 理解できるような出来ないような。 でも、結婚したら、...... more
Commented by きぐるまん at 2010-04-08 10:18 x
TBありがとうございます。

>テディベアって、あんな風に作るモンなんですね

目の辺りにぶすっと針を刺して糸を通すところ、なんともいえない怖さがありました。
だから瑠璃子は平然と嘘をつけるのか…なんて思ったりもします。
男だって澄ました顔で浮気できますけどね(笑)。
たぶん今の日本でW不倫をしている夫婦ってそれほど珍しくはない気がしますが、ぶすりと針を刺してテディベアの目を作れる男がどれほどいるかはちょっと疑問です(笑)。
Commented by mori2fm at 2010-04-11 00:57
>きぐるまん様、ど~も!
そうそう、テディベアにぶすっ!ていうの、
恐かったですね!吾輩にはあんなことできません!
あ、浮気はしちゃうかも…(爆)。ネタですよネタ!
by mori2fm | 2010-03-01 00:47 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(18) | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm