「いま、会いにゆきます」これ観て泣けない人、涙腺のチェックを…。

a0014708_42697.jpg
 映画館のロビーで予告編を観ただけで、鼻がヒクヒク。本編始まって10分くらいで、もう“ウルっ”となってしまいました。「いま、会いにゆきます」(東宝) 吾輩男なんですが、この映画は泣けます。泣かされます。ええ、掛け値なしに…。

 一年前、妻澪(竹内 結子)を病気で亡くした巧(中村 獅童)は、自らも病を抱えながらも一人息子の佑司(武井証)と日々懸命に暮らしていた。そんなある日、死の直前『1年後の雨の季節に戻ってきます』と言い残していた澪が、雨の季節の訪れと共に2人の前に現れる。しかし澪は一切の記憶を持ち合わせていなかった。そして3人の“家族”としての二度目の生活が始まる。巧は再び澪に恋をし、佑司は母と触れ合えることに何事にも代えがたい喜びを感じていた。しかし、雨の季節が終わると再び彼女はいなくなることになっていた。やがて、夏が近付いてきたある日…。

 これは一種のお伽話です。実際にはこんな話はあり得ないのですが、観ている側にそのように一切感じさせない脚本は、お見事の一言に尽きます。映画の後半、澪が再びいなくなることで、一瞬『えっ、終わり?いろんな謎が残ったままなんやけど…』と思っている私を尻目に、ここから展開される“後日談”とも云える物語の何と素晴らしいこと!向日葵畑でのキスシーンは、昨今の日本映画史上でも群を抜いて美しい映像だと私は思います。また佑司役の子役を始め、出てくる全ての俳優さんがそれぞれの役で実に見事な演技を見せてくれます。何よりみんなが一生懸命なところが、スクリーン越しにひしひしと伝わってきて、胸を熱くしてくれました。まだ幼い子供の将来を思いつつ、先に逝く母。愛しくて愛しくて、心掛かりで仕方ない夫の身を案じつつ先立つ妻。この両者の思いを見事に演じきった竹内 結子は“映画女優”として、素晴しいキャリアを重ねたと言えるでしょう。

 映画館内いたる所から鼻をすすったり、しゃくりあげる声が聞こえてきました。私もず~っと目の下に手を当てて、涙が流れてくるのを必死でこらえていました。とても爽やかな感動をくれる映画です。

 「いま、会いにゆきます」はただいま絶賛上映中!!こんなに殺伐とした世の中だから、いまこそ映画館で爽やかな涙を流してください。


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!

 
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/1292929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2004-11-10 08:54
タイトル : いま、会いにゆきます
 死んだ役が多い竹内結子。今回も死んでいる。  死んだ人間が蘇ってくるわけだから、例によってファンタジー色の強い映画なのだろうとタカをくくっていた。しかも最近では、小学生のアンケートで「人間は死んでも生き返る」と信じている子が8割いるとか・・・これによって、生きることの尊さがTVや映画によって損なわれているのではないかと危惧させられる。したがって、この手の映画は子供への悪影響がないか?と、しっかり見極めないとダメだと思う今日この頃なのだ。映画館では、観終えた観客にハンカチを顔に当てている女性が多く、「...... more
Tracked from Mein Tagebuch at 2004-11-11 21:14
タイトル : 「いま、会いにゆきます」
【Intro】雨の季節に戻ってきます、という言葉通りに、死んだはずの妻がアーカイブ星から帰ってきた。誰よりも彼女を必要としていた、ちょっと足りない“たっくん”と 彼の息子の祐司、そして彼女の、つかの間だが幸せに満ちた日々の話。      配給:東宝、公式HP この映画はラスト30分の謎解き部分を 観てこそ、意味があると思う。 タイトルの「いま、会いにゆきます」 この台詞の意味がわかったとき、 “強さ”の意味がわかります。 ―「きみの隣はいごこちがよかったです。ありがと...... more
Tracked from ノリーな日々 at 2004-11-12 02:27
タイトル : 第26回目は、「いま、会いにゆきます」で御座います
第26回目は、「いま、会いにゆきます」で御座います これは・・・完全にやられてしまいました・・・ オイラ!泣きっぱなしぃ! この映画!最高ー! まぁー前半は、「黄泉がえり」っぽいのだけど、特に後半30分の展開は とても新鮮で後味が良いです・・・あー思い出しただけでも・・・うぉー! なんと言う羨ましい恋愛なのだろう・・「あなたの隣はとても居心地が良かった・・」こんな事 い・・・・言われてみてぇー 竹内結子にこうゆう役をやらせてはいけません! 彼女は、男のツボ...... more
Tracked from ★映画館アルバイター風呂.. at 2004-11-16 23:30
タイトル : いま 会いにゆきます★★★★☆
今会いにゆきますのペアご招待券を バイト先の支配人にもらっちゃった。 ペアかー!と思って早速同じアパートに住んでて 同じ映画館でバイトしてる友人を誘ったら 「え?私でいいの?」 どうやら支配人が誰か誘ってデートでもいってらっさい と思ってたのでは?と言う感じにおもっちょったらしい。 まぁもしかしたら思ってたかしらんが うちはなーんも考えてませんでしたw まぁそんなこんなで 今日の午前中会いに行ってきました! 今回もネタバレ満載なので読みたくなかったら一番下の方 の占...... more
Tracked from 欧風 at 2005-04-13 18:55
タイトル : いま、会いにゆきます
「世界の中心で、愛をさけぶ」に続き、泣ける映画ってことで、噂になっていた「いま、会いにゆきます」。 やっぱりこれは映画館で見ねば!と、この前見てきました(なぜか岐阜(^_^))。 話としては、1年前に妻に先立たれた、6歳の子供と暮らしている父親の所に、梅雨の季節に何故か死んだ母親が突然戻ってきて・・・。という感じです。 最初、泣ける映画って事で、ホントかな~、死んだ妻が戻ってくるなんてあるの?なんて構えて見てたせいか、最初の方ののんびりしてる展開に、それ程でもないかな?って思ったんですけ... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2005-09-21 05:45
タイトル : 四日間の奇蹟 & いま、会いにゆきます
この今は 夢かうつつか まどろみか    奇蹟やお化けの話は、お盆の頃もいいけれど、お彼岸の頃もいいかもしれない。  奇蹟といえば、「シンデレラマン」みたいな奇蹟の人生もあるけれど、ほんとに現実にありえないお話が好きです。現実世界で奇蹟とかお化けとか、そ... more
Tracked from ミュージックファクトリー.. at 2005-12-20 20:42
タイトル : いま、会いに行きます。
聞いてくださいよお~(´;ェ;`)ウゥ… マイPCが壊れました....。最悪ですよ!! 中のデータをどうにかして取り出せないかと朝から必死です。 卒論が書けないですよ~(´・ω・`) まっそれを出来なかった理由にしようとしてる悪魔の自分がいたり...ニシシ(*... more
Tracked from あなたの心を揺さぶる映画.. at 2006-01-01 06:21
タイトル : 『いま、会いにゆきます』(2004年/日本)
涙が止まらない・・・切ないけど、幸せな気分になれます(^^) オススメ度:★★★★*  監督:土井裕泰  原作:市川拓司  出演:竹内結子     中村獅童     武井証 <あらすじ> 1年前に妻の澪を病気で亡くしてしまった巧は、小学1年生 になる....... more
Commented by R_76 at 2004-11-11 21:14
エンドロールで絵本がアップになるのもすごく良かったですよね。
うむ。
Commented by waftseagull at 2004-11-12 00:06
トラバ有り難うございます^^
良い映画に出会えて良かったという感じですよね。
絵本、買ってしまうかもしれません。

今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m
Commented by mori2fm at 2004-11-12 01:09
>あ~る様。あの絵本とオレンジレンジの曲が絶妙にマッチしてましたね。
>waftseagull様、ようこそです!ほんと、良い映画を観られると嬉しいですね!こちらこそよろしくです。
Commented by noriwave at 2004-11-12 02:27
おぉー!みんなお仲間だぁー(w
本屋で絵本も見ましたよぉー(泣
この作品に出てくる大人達は、子供に対しての接し方が
ホントいいですよねぇー
それにしても・・・純愛かぁー・・・・う・・うぉぉー!
Commented by nicoco at 2004-11-13 06:34 x
皆さん感動してますねえ~~ヾ(T∇T)〃未見につきいそいで観てみなくては!!爽やかな涙流したい・・(;_;)しかし、愛しのローズマリーで泣く私は・・(^_^;)バスタオルかもです♪だって・・とってもローズマリーがホント愛しく見えたのですもの・・。
Commented by mori2fm at 2004-11-14 01:03
>ノリー氏、そう純愛だよ~!!
>nicocoちゃま、急いで観て!そして泣いて!!
by mori2fm | 2004-11-10 02:21 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(8) | Comments(6)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm