「ミリオンダラー・ベイビー」これは凄い映画だ!

a0014708_39348.jpga0014708_319166.jpg
 
 そんな訳でMOVIX京都 新館完成記念特別試写会”で行ってまいりました、本年度アカデミー賞主要4部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演男優賞)受賞!「ミリオンダラー・ベイビー」(ムービーアイ/松竹)。映画の内容について、あまり予備知識のないままに観たのですが、こんな映画だとは思いませんでした…。いやあ、やられました。

 フランキー(クリント・イーストウッド)は、古いボクシングジムを経営する老トレーナー。ボクサーを育てる能力には秀でているが、ボクサーの身を第一に案ずるために、マネージャーとしては、なかなかうまくいかなかった。彼のジムには、現役最後の試合で片目を失明したスクラップ(モーガン・フリーマン)が住み込みの雑用係として働いていた。フランキーとスクラップは、もう30年来の付き合いだった。そんな或る日、フランキーの元へ『トレーナーになってほしい』と、女ボクサーのマギー(ヒラリー・スワンク)がやって来る。女など眼中に無いフランキーはすぐに断るが、マギーはあきらめず毎日ジムに通ってくる。マギーのひた向きさに根負けしたフランキーは、彼女のトレーナーになることを承諾。フランキーの指導を受けたマギーは、持っていた素質を開花させ、試合でも圧倒的な強さで勝ち続けていく。そしてマギーは遂に、タイトルマッチに出場することに…。

 『アカデミー賞を受賞した、感動のボクシング映画…』ってぐらいの予備知識しか持たずに、映画館へ行ったのですが、途中までは完璧な“スポ根映画”でした。ところどころにイーストウッドとフリーマン、名優2人による“大人の会話”も散りばめられていて、なかなか面白い(爆笑とかという意味ではなく)映画に仕上がっていました。しかし『この映画のどこら辺が良くて、アカデミー賞なのだ?』と、観ながら大いに疑問でした。ところがこの映画、ある瞬間を境に、それまでとはまったく異質なテイストの映画へと様変わりしてしまうのです。そう、そこから先は“愛と死”について、イーストウッドが真正面から観客に投げかけてきます。『人として、尊厳を保つことが如何に大切か?』ということを。
 テイストが“ガラリ”と変わってからラストまでが、結構コンパクトな時間でまとめられていたので、吾輩は“泣く”というところまでは至りませんでした。最後も少々曖昧な終わらせ方だなあと思いました。しかし、この映画は全篇を通して、イーストウッドの“優しさ”がスクリーンから滲み出てきています。そして、その優しさにいつの間にか包み込まれている…そんな感覚を映画館で感じました。

 これまで、イーストウッドの映画は取り立てて好きではなかった(むしろ前作「ミスティック・リバー」はダメ!)のですが、この映画はイイですね。“実の娘と疎遠になった老トレーナー”と、“家族の愛に恵まれない女ボクサー”の親子の絆に似た愛情を描くラブ・ストーリーとして、非常に細やかに描かれています。イーストウッドの枯れた演技、ヒラリーの魂を込めた演技、そしてモーガン・フリーマンの静かに、しかし重く響き渡るナレーション…。名優3人が奏でるハーモニーが、この映画を非常に上質な、いわゆる“名作”に仕上げています。オスカーレースで「アビエイター」を抑えたのも、納得できます。聞くところによると、この映画非常に短期間に、低予算で撮りあげられたとのことです。CGも特殊効果もありませんが、ダイレクトに観客の心に訴えてきます。まだまだハリウッドも捨てたモンじゃございません。

 「ミリオンダラー・ベイビー」は、5月28日(土)より全国ロードショーです。イーストウッドの人間味溢れる優しさに、映画館で是非触れてください。

Excite エキサイト : 芸能ニュース“現代シネマ倶楽部「ミリオンダラー・ベイビー」”

a0014708_3165454.jpg

↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/1871079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 太陽がくれた季節 at 2005-05-29 16:26
タイトル : ■〔映画雑談Vol.5〕今週末、ダラダラするより『ミリオ..
***************************************************************** 『ミリオンダラー・ベイビー』盛り上げ企画(^^) ~皆さんの「オイラの(^^)イーストウッド作品」をお教えくださ~い!! ★5/28(土)から劇場公開の『ミリオンダラー・ベイビー』、 本作に関しましては、私め、しばらくの間はオチなどが割れぬように お喋りをして行かねばと思っております。 つきましては、皆さまのご協力等を宜しくお願い申し上げる次第です。 ...... more
Tracked from samuraiの気になる映画 at 2005-06-06 21:56
タイトル : 「ミリオンダラー・ベイビー」
「ミリオンダラー・ベイビー」見て来ました。前評判通りの重いテーマでございました。 公開中という事で"なるべく"ネタバレ無しで感想を少々。 モーガン・フリーマン演じるジムの雑用係スクラップの語りで映画は幕を開けます。いい声ですよねー。彼のナレーションというと「ショーシャンクの空に」も印象的でした。大統領から神様、犯罪者までこなす芸達者はこの映画でも一歩引いた演技でいぶし銀のように渋く輝いておりました。 決して成功しているとは言えないボクシングジムの経営者兼トレーナーのフランク(イーストウッ...... more
Tracked from もしかすると?日刊 【考.. at 2005-06-06 22:25
タイトル : **フランキーとケイティはいかにして疎遠になったのか?**
 〈ミリオンダラー・ベイビー〉をようやく観てまいりました。  ここ数年は、オスカーを獲った作品は意図的とでも言いますか偶然とでも言いますかとにかく、あまり観てなかったのですが、これは行きました。時計は見ませんでした(コレ重要)。  で、まだまだ公開中でもあります。「ネタバレはあかんやろ」ということもありますし(ボク個人的には、全然ネタバレOKの作品だと思う。というか分ってた方がカンチガイしなくていい)、需要は多そうですが、すでに供給過剰状態。ボクのほうは感想のアップは止めときます。  代...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2005-06-07 17:33
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー
静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!... more
Tracked from the borderland at 2005-06-07 22:36
タイトル : 「ミリオンダラー・ベイビー」
予告編を見た限り、ラストは想像ついたのですが、そこまでの過程は「愛に打たれる」と言ってもホセ・メンドーサのコークスクリューパンチぐらい(判る人だけ判ってください。)の破壊力がありましたね。 これで今年のアカデミー作品賞ノミネート全作品見ました。 個人的好みでは「サイドウェイ」>「ネバーランド」=「Ray/レイ」>「ミリオンダラー・ベイビー」>>>「アビエイター」こんな感じです。 「ミリオンダラー・ベイビー」アカデミー取るのにふさわしい作品だと思いますが、好みかというとそれ以上の作品はもっとあ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2005-06-08 00:20
タイトル : 『ミリオンダラー・ベイビー』
 “モ・クシュラ” ■監督・製作 クリント・イーストウッド ■脚本 ポ−ル・ハギス ■原作 F・X・トゥール ■キャスト クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー  ★第77回アカデミー賞主要4部門を制覇!   ・作品賞   ・監督賞 クリント・イーストウッド   ・主演女優賞 ヒラリー・スワンク    ・助演男優賞 モーガン・フリーマン  「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキー(クリント・イーストウッド)は、23年来の付き合いとなる雑用係...... more
Tracked from 面白い映画とつまらない映.. at 2005-06-08 02:11
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー
映画で物語を語るのが、今、世界で一番うまい監督、クリント・イーストウッドの新作。 「一億円ねーちゃん」。 下世話で陽気なタイトルだが、内容は全然違う。 イーストウッドが演じるのはいつものように、どこか超然とした繊細なタフガイ。語られるのは、ロマンチックでペシミスティックな物語。 昔、私より20才くらい年上のある人が、酔った席で言った。 「40過ぎるとな、人間どんどんつらいことが増えてくんだよ」 そんな今後の人生はごめんだ、と当時30代だった私は思ったが、もしかしたら程度の違いこそあ...... more
Tracked from Aloha Days at 2005-06-10 02:57
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー
2本目は「ミリオンダラー・ベイビー」 言わずと知れた今年度アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞に輝いた作品。 も〜アカデミーでもなんでもあげちゃってください!参りましたっ!{/dogeza/} ヒラリー・スワンク、なんなんですかっ!この人は! 初めてヒラリー・スワンクを認知したのは「カラテ・キッド4」、ラルフ・マッチオの次にミスター・ミヤギに見出された女の子。 なんだかゴツくて可愛くないなぁ、ってのが正直な感想だったんだよね〜 その次が「ビバリーヒルズ青春白書」、あら、結構キレイに...... more
Tracked from つれづれblog at 2005-06-11 09:39
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー
またまたレディースデーに、映画を観てきた。アカデミー受賞作「ミリオンダラー・ベイ... more
Tracked from けちけちオヤジのお気楽ダ.. at 2005-06-11 16:33
タイトル : 映画鑑賞記「ミリオン・ダラー・ベイビー」
鑑賞日:05.06.10 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16 今年のアカデミー賞主要4部門を獲得した作品。 今年75歳になったクリント・イーストウッドが作り上げた愛と絆と魂のぶつかり合う、渾身の映画。2005年アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演男優賞受賞 ... more
Tracked from web-tonbori堂.. at 2005-06-14 00:44
タイトル : 「ミリオンダラー・ベイビー」
こと映画作家としてイーストウッドはまたやったと言うべきだろうか。 アカデミー助演男優賞と主演女優賞、作品賞、監督賞を受賞。 前年の「ミスティック・リバー」では主演、助演男優賞を獲得したが「LOTR王の帰還」が無ければ独占していたであろうと思えば連続して2年も良質な作品を送り出した彼の力量は凄い。 いまさらごちゃごちゃと書いてもまああれなんだけども 前に三池監督の「IZO」の感想を書いたときによるべなき者の達の物語と書いた。 この物語も実はそういうラインにのっとっており主要登場人物フラ...... more
Tracked from のんびり映画日記 at 2005-06-14 23:19
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー
幼い頃、ダーティハリーを見て男の魅力に目覚めて以来、クリント・イーストウッドの男らしい魅力は1ミリたりとも褪せることはなく、彼は私の永遠の心の恋人なのです。 最近では、枯れた魅力と円熟した深みも加わり、ますます私を魅了する罪な人。 ・・・と、脳天気なコメントを書いている場合ではない、とても心ふるえる映画でした。 前半は、マギー(ヒラリー・スワンク)の、30代で最後の可能性に賭ける頑固な女性ボクサーの力強くかわいい魅力に引き込まれ、トレーニングのシーンも試合のシーンもとても興奮しました。す...... more
Tracked from 趣味は映画鑑賞。 at 2005-06-15 16:31
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー(2004米)
監督:クリント・イーストウッド キャスト:クリント・イーストウッド       ヒラリー・スワンク       モーガン・フリーマン [ストーリー] 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。 そんなフランキーの元に、31歳になる女性ボクサー、マギーが現れ、自分のトレーナーになってほしいと願い出る・・・。 観てきました。 重い映画でした。 イーストウッドの映画って、いつ...... more
Tracked from KOBECCO at 2005-06-19 16:15
タイトル : Scene1414 ミリオンダラーベイビー
今年度、金に糸目をつけない? レオ様軍団に勝った低予算映画の見本、   『ミリオンダラーベイビー』 やっぱり、なんか、ジーンと来てます。 頭の中では、あのギターの音色が... まだ、感想まとまりません。 なので、放置(笑)。 TB出来なくしてます。 出来たら、みなさまのところへTBかけますね。 2005-06-19 16:10 終わりました。。。 【ストーリー】 「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップ...... more
Tracked from 28考 at 2005-06-19 22:28
タイトル : ミリオンダラーベイビー
「ミリオンダラー・ベイビー」HP 淡々と静かに、深く、沁み入る。 涙は流れなかった。 一度流れてしまうと、激しく泣いてしまいそうで、 同行していた方に見せるのが恥ずかしく、我慢してしまった。 その為、涙腺がずっと崩壊寸前の堤防の様になっており、 エンドロールや劇場から出ても、思い出して涙が出そうになった。 喋るのにも気をつけないと、全く関係ない会話でも涙が出そうで、しばらく、無言だった。 涙の我慢は、体に良くない。 Mo Cuishle ...... more
Tracked from マダム・クニコの映画解体新書 at 2005-07-10 15:38
タイトル : ミリオンダラーベイビー/言葉のパラドックス
 (ネタバレ注意!!)ボクシングと詩には共通点がある。だから主人公のボクシングトレーナー、フランキーは、ボクシングとともに、同郷のアイルランド詩人、イエーツの作品をこよなく愛する。本作のテーマは“言葉のパラドックス”だ。  フランキーは言う。「ボクシングは理屈じゃない。人の考えの逆をいくのだ」と。なるほど、ボクシングは自ら痛みを求めるスポーツだし、攻守の際には通常の考えとは逆の方向に動くものらしい。さらに、フランキーは言う。「骨が忘れるまで叩いて、身体の一部にしてしまうのだ」と。ボクシングは、頭の中...... more
Tracked from 映画を観て日常を考える at 2006-02-20 03:13
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー / Million Dolla..
主人公マギーがフランキーのジムにやって来るのが、31歳の時。 彼女とも、演じたヒラリー・スワンクとも、ほぼ同年代です。 第77回アカデミー賞で主要部門をほぼ総なめにしたこの作品、今頃になって観ました。映画好きとして恥ずかしさがありますが、その一方で、何らかの“縁”を感じている私です。 事情の多い家庭に育ち、13歳の頃からウェイトレスとして生計を立てるマギー。老いた名トレーナーで私生活ではやはり孤独なフランキーにボクシングの指導を請います。最初は断りつづける彼の心を変えるのは、元ボクサーで...... more
Tracked from 文学な?ブログ at 2006-06-24 14:40
タイトル : ミリオンダラー・ベイビー/クリント・イーストウッド
神はなぜこれほどの試練を与えるのか。世の中に公平というものはあるのか。これほど感動し、そしてこれほど辛く、心が痛い映画を久しぶりに観ました。 ボクシングトレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)が、女性ボクサー・マギー(ヒラリー・スワンク)を育てて行く、ロッキーのようなサクセスストーリーかと思って鑑賞を始めました。しかし、ストーリーは心底泣けるヒューマンドラマでした。 世界挑戦の舞台で起こる悲劇。そしてその後の決断。なぜ!なぜ!と繰り返したくなるほど非情な結末。しかし、マギーもフラ...... more
Commented by keko_m at 2005-04-23 03:51
わぁ〜♪ たのしみぃ。*・゜☆
早速の記事、ありがとうございます。
mori2さんの感想も、素晴らしいです。
私は、観てきても気持ちを整理するのに時間がかかっちゃって
感想書かないままに、過ぎてくことが多いんですけど..
こんな風に、思ったことを他の人の心に響くように書けるなんて..
なんか、尊敬しちゃいます。*・゜☆

ちょっぴりmori2さんのファンになっちゃいそうです。(えへ♪)
Commented by mori2fm at 2005-04-23 05:12
>けいこちゃま。くすぐったくなるようなコメント、ありがとうございます。
読んでいただいて、こんな風にコメントくださると、書いている方としては
とても嬉しい限りです。今後ともよろしくです。
Commented by puppa0413 at 2005-05-19 20:58
 はじめまして。
 C.イーストウッド監督作品は結構お気に入りです。骨太な描く中に、彼独特の繊細さや個性的で強いメッセージ性を感じます。
Commented by mori2fm at 2005-05-23 01:43
>puppa様、いらっしゃいませ!
…骨太で繊細…今作は、正にその通りの作品でした。
イーストウッド、イイ歳のとり方してますね!
Commented by samurai-kyousuke at 2005-06-07 02:49
いい映画でしたねー。
ネットでは賛否両論あるようですが、相手を選んで薦めるようにしております。
心に響く一本でございました。
Commented by borderline-kanu at 2005-06-07 22:48
内容的には好きになれる話ではないのですが、一つ一つのエピソードを丁寧に描いていて、それが壮大な前フリになってるので、見応えありました。アカデミー受賞は文句なしです。 カヌ
Commented by mori2fm at 2005-06-08 01:34
>お侍さま。心に“ズシっ”と響きましたね。
確かに人によっては、拒否反応を示されるかもしれませんね。
何せ前半からの、あの落差が…。
>カヌ様。この映画の前では「アビエイター」が、とても軽く感じられますね。
Commented by denkihanabi at 2005-06-08 02:14
私も予備知識なしで見に行ったので、驚きました。トラバ返しさせて下さい。
Commented by tonbori-dr at 2005-06-14 00:44
やっと観てきましたよ!
こんなを観てしまったらイーストウッドの次の作品(硫黄島の映画)も非常に期待しますね。
TB頂きます。
Commented by yuko_web at 2005-06-14 23:18
ほんとズッシリくる映画でしたね。
私はミスティック・リバーも好きなんですが、私の友人も「ミスティックリバーは苦手だけど、ミリオンダラー・ベイビーは好きだ」と言ってました。
ある意味ハッピーエンド(とは言い難いけれど)ですしね。優しさに包まれた部分もあったから。
Commented by mori2fm at 2005-06-15 01:34
>電気花火さま。感動的な驚きでしたよね。
>とんぼり様。その次作は確かに期待ですね。わざわざ都知事に仁義通してから、撮影に掛かるくらいですから…。
>yuko様。そうなんです、この映画は“人を傷つけてしまいそうな優しさ”に包まれていたと感じました。
Commented by rm1015 at 2005-06-15 16:30
こんにちは、初めまして~。
もりもりさんも京都なんですね。私もです~。
TBさせていただきました。
またちょくちょくお邪魔します。よろしくお願いしますね♪
Commented by mori2fm at 2005-06-15 23:25
>rm1015様。こちらこそよろしくです。
そちらへも、トラバ返しておきます。
Commented by panchan1121 at 2005-06-19 16:18
ようやく、書き上げましたのでTBしました。
私も泣けなかったのです。
オスカーは、「ネバーランド」にあげるべきだと思いましたよ。
Commented by 98765421 at 2005-06-19 22:30
「あれ?ない、ない。」
と思ったら、こんなにも前に特別試写会で観られていたんですね^^;
TB、しました〜。
Commented by mori2fm at 2005-06-22 01:15
>panchan様。「ネバーランド」ですか…。確かにヨカッタとは思いますが、やはりオスカーには少々“小品”だったような気がします。
>ニッパチさん。そうなんですよ、珍しいことに早く観れちゃいました。
司会の姉ちゃんが、『一番早い試写会です!』とかって言ってましたから…。
Commented by R_76 at 2005-06-22 19:29
↑オスカー「ネバーランド」説もおもしろいですね。
ま、「アビエイター」じゃなければ良いんだけれども…(苦笑

やっと見てきたんですけど、ラスト30分すごかったです。
余韻ありますね。
Commented by mori2fm at 2005-06-23 01:32
>あ~る様。はい、ラスト30分は凄かったですね。
それまでの前振りが…。
Commented by smiley001 at 2006-02-20 03:12
TBありがとうございます。
私も前情報なしの状態で観たので、あぁ、そう来るか・・・という感じでしたね。
ジワジワ~と胸に来る作品でした。
by mori2fm | 2005-04-23 02:29 | 映画評 外国映画 マ行 | Trackback(18) | Comments(19)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm