「ロング・トレイル!」爺様、バンザイ(^^;!

[ロバート・レッドフォード] ブログ村キーワード
a0014708_1137958.jpg
 名“老”優共演。「ロング・トレイル!」(ツイン)。爺様2人がひたすら山ん中を歩く映画なんですが、これが…面白い!

 
 紀行作家ビル(ロバート・レッドフォード)は、数年前イギリスからアメリカへ家族と共に帰国。老齢を向かえ、ほぼセミリタイア近い日々を過ごしていた。知人の死や自らの健康にばかり気が向く日々の中、或る日ビルは自宅近くを通るアメリカ有数の自然歩道“アパラチアン・トレイル”の踏破を思いつく。その距離3,500km。妻キャサリン(エマ・トンプソン)は『単独では行かせない』と猛反対。そこで手当たり次第に交友関係に参加を打診するビルだが、誰からも色好い返事は得られず。そんな時、数十年来交友のなかった旧友スティーヴン(ニック・ノルティ)から思い掛けない電話がかかってくる…。


 人生の喜び、悲しみ、理想、現実。そして思い掛けない旧友との友情。いろんな物を背負って歩く爺様2人。道行きは険しく、家族は誰も踏破が成功するなんて考えておりません。それでも爺様達は挑戦するのです。その姿は凛々しく、どこか微笑ましい…(^^;。
 しっかし、ロバート・レッドフォードもお80歳やで!にも拘らずこの人が街を歩いて妙齢の女性と出会うと、恋愛の予感が描かれてしまうなんて、どんな爺様やねんな!日本じゃ考えられんな~。実年齢で5歳ほど年下のニック・ノルティの“やさぐれ感”がハンパ無いだけに、尚一層レッドフォードの美青年…もとい美老人っぷりがクローズアップされちゃってます。ここらの対比は非常に面白いですね。
 
 全体的にはコメディタッチで描かれてますが、老いを迎えた爺様たちのこれまでの人生についての思いや、更にこれからをどう生きていこうかと考える姿などは、素直に心に染入ってきます。また何よりもアパラチアン・トレイルの、雄大で素晴らしい自然の美しさが、随所に登場するのも、間違いなく見どころの1つです。これはやはり大スクリーンでご覧いただきたいですね。

 レッドフォード老いて益々お盛ん!「ロング・トレイル!」は、ただいま全国順次公開中です。爺様2人の心温まる珍道中…もとい大冒険をあなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『ロング・トレイル!』 - シネマトゥデイ

ロング・トレイル!|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/23156303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2016-08-28 08:05
タイトル : ロング・トレイル!
人気紀行作家ビル・ブライソンは、長年暮らしたイギリスから祖国アメリカのニューハンプシャーに戻り、半ば引退生活を送っている。 平穏無事な毎日に物足りなさを感じていた彼は、自宅近くを通る北米有数の自然歩道“アパラチアン・トレイル”3,500kmの踏破を決意する。 妻キャサリンを安心させるため、友人たちに連絡し旅の相棒を募るが、やって来たのは呼んでもいない旧友カッツだけだった…。 ロード・ムービー。... more
Tracked from パピとママ映画のblog at 2016-09-08 17:59
タイトル : ロング・トレイル!★★★★
作家ビル・ブライソンの実話を基にした著書を、ロバート・レッドフォードが主演と製作を務めて映画化。ルックスも性格も全く違うシニア男性二人組が、およそ3,500キロに及ぶアメリカの自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破の旅の中で、自身の人生を見つめ直すさまを映...... more
by mori2fm | 2016-08-25 22:40 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(2) | Comments(0)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm