「怒り」涙さえ出てこなかった…。

[怒り] ブログ村キーワード
a0014708_20314890.jpg
 日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。


 東京・八王子で夫婦殺人事件が発生。現場には“怒”の血文字が残されていた。刑事・南條(ピエール瀧)や北見(三浦貴大)等の懸命の捜査にも関わらず、犯人は顔を整形し逃亡。そして1年が経過した…。
 《千葉》‐‐家出した娘・愛子(宮﨑あおい)が、歌舞伎町の風俗店で働いていたことが判り、父・洋平(渡辺 謙)は、連れ戻しに行く。千葉の漁港で働く洋平は、妻を亡くして以来男手一つで愛子を育ててきた。千葉へ戻った愛子は、自身が家出していた間に漁港で働き始めた前歴不詳の男・田代(松山ケンイチ)と出会う…。
 《東京》‐‐昼間は仕事に忙殺されている優馬(妻夫木聡)は、夜になるとクラブで男を漁っていた。或る夜、新宿で直人(綾野 剛)と出会った優馬は情事の後、素性の知れぬ直人を自分のマンションに連れて行き、一緒に暮らし始める…。
 《沖縄》‐‐離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)は、訪れた無人島でバックパッカーの田中(森山未來)と出会う。何処から来たか分からない“自由人然”とした田中に、泉は親しみを感じる…。



 原作:吉田修一、監督・脚本:李相日のコンビは、6年前の「悪人」以来だそうで、この前作に負けず劣らずな濃密で重厚な映画を撮り上げられました。ストーリー紹介でも《千葉》《東京》《沖縄》と分けて書きましたが、この映画は3つのパートがそれぞれ独立しています(或る共有するテーマは存在しますが、それぞれ直接は絡み合いません)。そして、その1つ1つが充分に1本の映画として成立するほどの内容で、非常に見応えのある仕上がりとなっています。しかもそれぞれに描かれているドラマがとても濃密で、終盤に近付くに従って息が詰まっていくような心地で見ておりました。息苦しい…、そこに描き出される様々な“怒り”やり場のない、ぶつけ所のない、何なのか得体の知れない、でも誰もが生きていくにはそれを抱えていくしかない…。そんな思いに見ていて何か押し潰されそうな感じさえしました。とにかく“重い”です。正直見終わってドッと疲労感に襲われました。でも決して批判しているのではなく、充分に見応えがあったという意味です。最近日本映画のメジャーと呼ばれる作品で、ここまでグッと圧し掛かってくる映画が有りましたでしょうか?
 『しょうがない、しょうがない、生きていれば色々ある。でも、これはあまりにも救いがないやないか?哀しい、哀しい。でも、生きていくんや』ラスト近くでスクリーンに映し出される主人公(あえて誰がとは申しません)達の、慟哭、嘆き、叫びは、見ていて本当に胸につまされました。『泣ける』とかそういう軽い感じではない、涙すら出てこない。そして、身体の奥底から得体の知れない、沸々と湧き上がる滾る何かを感じさせられます。重くて熱い…、まさに圧倒されます。

 渡辺 謙さんをはじめ、主要キャスト陣は本当に入魂の演技を魅せてくれます。一瞬たりとも見逃せない、そんな空気が空間に漂っていると感じられるくらいの。特筆すべきは、これまでに見たことがない、広瀬すずさんのまさに迫真・鬼気迫る演技には、何度も言いますが圧倒されました。彼女は本当に女優さんだと認識させられました。彼女のことを色々言う人がおられますが、この映画をご覧になれば、どれだけ凄い“女優”かということがわかっていただけると思います。感動しました!

 極めて重いストーリーなのですが、随所に挿み込まれる沖縄のとても美しい海や、眠らない街・東京のパワフルな映像、そして千葉のありふれた漁港のひなびた映像が、それぞれ意味を持って見ている我々の目に知らないうちに焼き付きます。その映像と共に耳に焼きつく音楽を手掛けたのは“教授”坂本龍一。ストーリー、キャスト、映像、音楽の全ての要素が、絶妙に絡み合い見ている我々を圧倒します。非常に良くできた映画です。モチロン多くの方に見てもらいたいですが、万人受けするような映画でもないと思います(決して悪い意味では無く)。≪ネタバレ!≫になってしまいますので詳細は書けませんが、かなり不快と感じるシーンや映像もございます。ですからご覧になる時は、或る種の覚悟を持って鑑賞に臨まれる事をお薦めします。


 「怒り」は、9月17日(土)~全国ロードショーです。日々を生きていく我々に、果たして救いはあるのか?この映画の結末を見て、どのように感じられるか?是非!映画館でご覧ください。


映画『怒り』 - シネマトゥデイ

怒り|映画情報のぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/23212814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 新・辛口映画館 at 2016-09-13 23:13
タイトル : 「怒り」@東宝試写室
 Yahoo!映画ユーザーレビュアー試写会。客席は満席。... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-09-14 07:46
タイトル : 映画「怒り」 感想と採点 ※ネタバレなし
映画 『怒り』(公式)を先日、TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら65点にします。なお、原作:吉田修一氏小説『怒り』は未読。 ざっくりストーリー 猛暑の夏のある日、東京・八王子で残忍な手口の夫婦殺害事件が起こる。犯人は現場の壁に「怒」の血文字を残し、顔を整形して逃亡した。一年後、素性のわからない風...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-09-16 09:02
タイトル : 怒り
ある夏の暑い日に、八王子で夫婦殺人事件が発生。 犯人は顔を整形をして逃亡したと見られていた。 …その後、各地に素性の知れない男が現れる。 千葉の漁港で働く田代、東京で男と暮らす直人、沖縄の無人島に居ついたバックパッカー田中。 彼ら3人はいずれも、警察の手配写真に顔が似ていた…。 ミステリー。... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2016-09-17 22:13
タイトル : 怒り
怒り@一ツ橋ホール... more
Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2016-09-17 22:33
タイトル : 怒り
2016/09/17公開 日本 PG12 141分監督:李相日出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝 、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡 あなたは殺人犯ですか? STORY:八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般の市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から1年後、千葉・東京・沖縄に素性の知れない3人の青年が現われる。歌舞伎町の風俗店で働いているところを発見され、千...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2016-09-18 14:41
タイトル : 怒り
しんどい。 人間ってしんどいよ。(´;ω;`)ブワッ だが希望はある! ... more
Tracked from こねたみっくす at 2016-09-18 15:16
タイトル : 『怒り』
彷徨い続けるこの怒りをどこへ向ければいいのだろうか。 2007年に起きたリンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件を基軸に、感情の中でもっともエネルギーを要する「怒り」に焦点を当 ...... more
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2016-09-18 17:01
タイトル : 劇場鑑賞「怒り」
“信じる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201609180000/ 「怒り」オリジナル・サウンドトラック [ 坂本龍一 ] ... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2016-09-18 19:29
タイトル : 収まらない感情。『怒り』
現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄に現れた身元不明の男性を取り巻く人間模様を描いた作品です。... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2016-09-18 23:52
タイトル : 「怒り」情報を知って疑念を抱いた先にみた情報を信じ込む先..
「怒り」は八王子で起きた凄惨な殺人事件から3つのストーリーが展開し、その事件によって翻弄される3つストーリーの登場人物たちが翻弄されていく事になるストーリーである。1 ...... more
Tracked from パピとママ映画のblog at 2016-09-19 15:45
タイトル : 怒り ★★★★
「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を原作に、実力派俳優陣の豪華共演で贈るヒューマン・ミステリー・サスペンス。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い男3人が、やがてその土地で新たな愛を育んでいく中、真...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2016-09-20 12:39
タイトル : 「怒り」
愛する者が、信じた者が、もし残忍な殺人犯だったら…。渾身のラブストーリーだった!不覚にも落涙。愛を、信頼を、疑い出した時の苦悩。裏切られたと思った時の絶望感。自分自身を、そして自分が存在する世界の全てをも否定されているのではないかと感じた時の…「怒り」。以下、多少のネタバレ含みです。1年前の夏、八王子で起こった夫婦殺害事件。陰惨な現場だった。犯行現場の家の壁には血文字で「怒り」の文字が残されていた。犯人は未だ逃亡中。対策本部はテレビ公開捜査に犯人の情報入手を託す。そして、場所も登場人物も異なる3つの...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2016-09-20 18:24
タイトル : 怒り〜沖縄問題とLGBTごった煮されても
公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、坂本龍一音楽。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、宮崎あおい、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、 ...... more
Tracked from キネマのマ ~ りゃんひ.. at 2016-09-21 10:39
タイトル : 『怒り』:信用・信頼→不信・疑念→憤り・怒り @試写会
『フラガール』『悪人』『許されざる者』の李相日監督最新作『怒り』、試写会で鑑賞しました。 原作は『悪人』と同じく吉田修一の同名小説。 キャストも渡辺謙をはじめ、いずれも芸達者な面々とあっては、この作品、期待しないわけにはいかない。 さて、映画。... more
Tracked from 映画批評的妄想覚え書き/.. at 2016-09-21 21:42
タイトル : 『怒り』 闘うには相手が悪い
 監督・脚本は『悪人』『許されざる者』などの李相日。  原作は『悪人』の吉田修一で、6年ぶりの李監督とのタッグとなる。  音楽は坂本龍一。  八王子で夫婦が惨殺される事件が発生する。その事件の現場には被害者の血で書かれた「怒り」という文字が……。犯人の山神のことはすぐに特定されるものの、山神は捜査網を掻い潜って逃げてしまう。  その1年後、物語は3つの場所を舞台に進行...... more
Tracked from 読みつつ書き、書きつつぼ.. at 2016-09-21 21:55
タイトル : 吉田修一 『怒り』 映画の前に原作を
 『パレード』『横道世之介』『悪人』などの吉田修一の作品。  ちょっと前の作品ですが映画の公開が9月に迫っているということで……。  映画版は『悪人』を監督した李相日の作品で、キャストがかなり豪華な布陣です。主役としては渡辺謙ということになるのでしょうが、ゲイ役の妻夫木聡と綾野剛も気になるところですし、きわどい場面が予想される広瀬すずや、原作では軽度の知的障害(?)がある難役には宮崎あお...... more
Tracked from atts1964の映像雑記 at 2016-09-23 08:45
タイトル : 怒り
2016年作品、李相日監督、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛出演。 八王子の閑静な住宅地で、惨たらしく殺された夫婦の遺体が見つかる。 室内には、被害者の血で書かれたと思われる『怒』の文字が残されていた。 犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。 千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙)は、歌舞伎町に向かう。 そこには家出していた娘・愛子(宮崎あおい)がいた。 家出をしていた娘を連れて用兵は帰ってくる。 洋平の所には田代(松山ケンイチ)と...... more
Tracked from シェイクで乾杯! at 2016-09-24 20:09
タイトル : 怒り
群像劇だが、複雑に絡み合ったそれらが最後まで交錯することがないという、 なんともやるせなく、重たい作品。... more
Tracked from FREE TIME at 2016-09-26 22:53
タイトル : 映画「怒り」
映画「怒り」を鑑賞しました。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2016-09-30 21:05
タイトル : 怒り
 『怒り』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)同じ原作者の小説を同じ監督が手掛けた『悪人』(2010年)がなかなか良かったので、本作もと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、空中から見た街(八王子)の光景。蝉の声が高まる中、カメラは次第に一軒の家に近づきます。なんと、その家の浴室では人が殺されているのです。一体(女性)は、浴槽の中に、もう一体(男性)はその外に。その家に住む夫婦が殺されたようです。  八王子署の刑事が、血の付いた包丁を見つけ、またドア(注2)に書かれた「怒」...... more
Tracked from 花ごよみ at 2016-10-01 16:22
タイトル : 怒り
原作は吉田修一の小説。 李相日監督が映画化。 渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、 綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡等が出演。 犯人未逮捕の凶悪事件が東京で発生。 現場に「怒」という文字を残していった犯人は 顔を整形し逃亡。 千葉、東京、沖縄と離れた場...... more
Tracked from お楽しみはココからだ~ .. at 2016-10-03 21:32
タイトル : 「怒り」
2016年・日本 配給:東宝 監督:李 相日原作:吉田修一脚本:李 相日製作:市川 南企画・プロデュース:川村元気撮影:笠松則通 吉田修一の原作を映画化した群像ミステリードラマ。同じ吉田原作「悪人」で... more
Tracked from 西京極 紫の館 at 2016-10-06 22:15
タイトル : 怒り  監督/李相日
【出演】  渡辺 謙  宮﨑 あおい  松山 ケンイチ  妻夫木 聡  綾野 剛  森山 未來  広瀬 すず 【ストーリー】 八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の血文字が残され、事件から1年が経過しても未解決のままだった。洋平と娘の愛子が暮らす千葉の漁港で田...... more
Tracked from 映画三昧、活字中毒 at 2016-10-10 23:32
タイトル : 怒り
■ 試写会にて鑑賞怒り 2016年/日本/141分 監督:李相日 出演:渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず 公式サイト 公開: 2016年09月17日 八王子で、夫婦の惨殺される事件が起きる。八王子署の南條邦久刑事と北見壮介刑事を始めとする捜査班が動き始め、犯人は山神一也という男だと突き止めたものの、山神の身柄は拘束できなかった。 千葉の漁港で働く槙洋平は、3...... more
Tracked from Con Gas, Sin.. at 2016-10-16 20:47
タイトル : 「怒り」
ひとり、ひとりの、怒りと、涙。 この映画は重い。並行して描かれる3本の群像劇は、いずれも人間の弱い部分を深くえぐる。 おもしろいのは、この3本が直接繋がることはないということだ。普通群像劇といえば、縁がないような登場人物が意外なところで結び付く脚本が...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2016-12-10 17:07
タイトル : 疑い、そして・・・
4日のことですが、映画「怒り」を鑑賞しました。 東京・八王子で起こった残忍な殺人事件 犯人は現場に「怒」という血文字を残し 顔を整形し逃亡した。それから1年後 千葉 洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京 大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知...... more
Commented by にゃむばなな at 2016-09-18 15:13 x
この映画を見た感情は様々な形となって現れるでしょうけど、それもまた人それぞれなのでしょう。
私の場合、その得体の知れない感情が涙という形で現れましたが、涙さえ出てこないという表現もよく分かります。
それがこの作品の本当の魅力なのでしょうから。
Commented by atts1964 at 2016-09-23 08:48 x
犯人は誰なのか?というミステリーサスペンスなんですが、それ以上に各登場人物の心理的葛藤に見応えがありましたね。
売れっ子、大物起用がピタリ嵌っていましたし、ほんの少し登場するキャストも効いていました。
こちらからもTBお願いします。
Commented by mori2fm at 2016-09-29 22:03
>にゃむ様、ど~も!
得体の知れない感情、吾輩も身体の奥から湧く感じがしましたが、外に流れ出てくることはありませんでした。それすら許されないくらい、映画に圧し掛かられていた感じがします。うん、重かった~。
Commented by mori2fm at 2016-09-29 22:14
>atts1964様、ど~も!
サスペンスと言うより、1本ずつのエピソードが十分独立した作品になっていて、見応え重高感ハンパなかったです。
脇キャラのキャストも確かにハマッてましたね。
Commented by りお at 2016-10-10 23:35 x
こんにちは。
確かに重くて観終わった後は疲労感がありましたが、観て良かったと思いました。
キャスティングが絶妙でしたね。
Commented by mori2fm at 2016-10-23 20:32
>りお様、ど~も!
見る前から『重いやろうな~?』と想像してましたが、
その上を行ってしまいました。
でも、見応えと言う点ではホント大満足です。
by mori2fm | 2016-09-13 22:44 | Trackback(26) | Comments(6)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm