「ボクの妻と結婚してください。」最期も笑顔で…。

[ボクの妻と結婚してください。] ブログ村キーワード
a0014708_19552662.jpg 何と!織田裕二の映画主演作は、4年振りなんだそうです。「ボクの妻と結婚してください。」(東宝)TVドラマでも、ただ今絶賛(?)イメチェン中のご様子ですが、果たしてこの映画ではどんな感じなんでしょう??


 多くのレギュラー番組を抱え、多忙な毎日を送るバラエティ番組の売れっ子放送作家・三村修治(織田裕二)は、或る日身体の異変を感じて受けた検査の結果、末期のすい臓がんで余命半年と宣告される。突然のことに途方に暮れる修治。しかし根っからの“ポジティブ・シンキング”で、遺される妻・彩子(吉田羊)が、笑顔で前を向いて生きて行けるようにするにはどうすればいいか?と考えた修治は、トンでもない企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった…。


 このお話には、原作の小説が在り、更にはNHK BSTVドラマ化されたそうです(ドラマ版の主演はウッチャン!)が、吾輩どちらも未読&未見でございます。で、映画鑑賞前に、軽くストーリーを把握して『そんな変な話って有る?嫁さんの新しい結婚相手を探すなんて…』と脳内では少々否定に走っておりました。だってあまりにも突飛過ぎません?その発想。まあ実話ではないですから、物語としての発想は面白いかとは思いましたが、実はこの感覚は映画を見終わった後の現在でも、完全には払拭出来ないでおります。悪い話では無いのですが、根っこの部分にどうしても違和感が残ってしまいました。
 でもね、映画を見ている間は、心の中にじんわりと効いてくるストーリーに、結構“ホロリ”とさせられました。もし自分が同じ境遇に立たされたら、そんなこと出来るかなあ?いやあ出来んよなあ…、なんてこと考えながら見てますと、この映画はかなり来ます!いくら人を楽しませることが仕事(=好き)とはいえ、自らの余命も省みずにそんな事に走れるだろうか?そこまで前向きに考えられるだろうか?これ下手をすると、単なる独りよがりのいやな感じとも捉えられかねない(現に少々そんな感じもしました)のですが、そのギリギリの所を、この映画は何とも優しい演出で撮りあげられているのです。それは「阪急電車 片道15分の奇跡」「県庁おもてなし課」と言った“ホノボノ系ハ~トウォ~ミングムービー”を撮ってこられた三宅喜重監督に依るところが大きいと感じました。内容的には相当な“悲劇”になり得る話を、本当に上手に優しい映画に撮りあげておられます。久し振りに大上段から“泣かせてやろう”“さあ、泣いてみろ”と投げ掛けてくる映画でしたが、決してそれが嫌味になっていないのは、まさに演出・構成の妙だと思いました。

 で、“主演・織田裕二”でございますが…、良かったですよ(エラそ~に!)。ず~っと「踊る大捜査線」のイメージ引きずってる感が有って、最近でも保険のCMなんかでも、相変わらずのキャラ・イメージだなあ~と思ってましたので、こういう“等身大”(←この言葉が正しいかどうか?は少々微妙ですが…)の肩肘張らない人物ってのも、普通に見られてよかったと思います。“お笑いの放送作家”なんて、これまでの彼のキャラからは、正直想像できませんでしたからね。そして共演陣も妻役の吉田羊さん始め、原田泰造さん高島礼子さんと、皆いい感じに肩の力の抜けた演技で魅せてくれます。しかしネプチューン・原田が、こんないい役者になるなんて、かつて誰が想像したでしょう?知ってる?昔はスカート穿いたお姉ちゃん、投げ飛ばしてたんやで…(^^;。


 「ボクの妻と結婚してください。」は、明日5日(土)~全国ロードショーです。最期まで、愛した人の笑顔を見ていたい…。そんな男の真っ直ぐな思いを、あなたも是非!映画館でご覧ください。

映画『ボクの妻と結婚してください。』 - シネマトゥデイ

ボクの妻と結婚してください。|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/23340519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2016-11-05 14:47
タイトル : 劇場鑑賞「ボクの妻と結婚してください。」
家族には、笑顔でいて欲しい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611050001/ ボクの妻と結婚してください。 [ 樋口卓治 ] 【先着特典】Forget Me Not (初回限定盤 CD+DVD) (ポストカードB付き) [ 中島美嘉 ] ... more
Tracked from **☆(yutake☆イ.. at 2016-11-05 19:17
タイトル : 映画『ボクの妻と結婚してください。』★熱い夫の突拍子もな..
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169159/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   膵臓がんで、余命半年を告げられたバラエティ作家:三村は 自分の死後、妻と再婚してくれる男性を捜すことにした――   ↑いらん心配をする男がいたもんです。 (>_<) 突拍子もない“企画”話ですが 織...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-11-06 11:49
タイトル : ボクの妻と結婚してください。
多忙なバラエティ番組の放送作家・三村修治は、末期のすい臓がんで余命6ヵ月だと告げられる。 自分がいなくなっても、妻・彩子と小学生の息子・陽一郎が笑顔で過ごせる方法はないかと考えた修治は、ある企画を思いつく。 それは妻の結婚相手を探すことだった。 さっそく婚活を始めた修治は、元仕事仲間で結婚相談所の所長・知多かおりの協力を得て、一人の男性に狙いを定める…。 ヒューマンドラマ。... more
Tracked from パピとママ映画のblog at 2016-11-11 23:31
タイトル : ボクの妻と結婚してください。★★★
TVドラマ化もされた売れっ子放送作家・樋口卓治の同名ベストセラー小説を織田裕二主演で映画化した感涙ラブ・ストーリー。余命宣告を受けた敏腕放送作家が、最愛の家族のために、妻の結婚相手を探す人生最後の“企画”に奔走する姿を描く。共演は吉田羊、原田泰造。監督は...... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2016-11-12 19:06
タイトル : ボクの妻と結婚してください。
ボクの妻と結婚してください。@有楽町朝日ホール... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2016-11-12 23:34
タイトル : ボクの妻と結婚してください
樋口卓治の同名小説を織田裕二主演で映画化した作品だ。膵臓がんで半年の余命宣告を受けた放送作家が、妻のために再婚相手を探す企画を思いついて実行に移す物語だ。自分が生きているうちに妻のために再婚相手を探すのだけど、自分のことしか考えていないように見えてしまっ... more
Tracked from 映画@見取り八段 at 2016-11-19 03:08
タイトル : 【ボクの妻と結婚してください。】映画@見取り八段
監督: 三宅喜重 キャスト: 織田裕二、吉田羊、原田泰造、高島礼子、込江海翔、森カンナ、眞島秀和、佐藤ありさ、前川泰之、大塚千弘、…... more
Tracked from 人生を楽しもう! at 2016-11-19 10:16
タイトル : 映画鑑賞「僕の妻と結婚してください。」
フリーパス 映画向きの突飛な話だが、悲しくて切なくて泣けた。特に協会でのスピーチ。 僕も死期が近づいたら、マネしてみようか?...... more
Tracked from atts1964の映像雑記 at 2016-11-22 10:11
タイトル : ボクの妻と結婚してください。
2016年作品、三宅喜重監督、織田裕二、吉田羊、原田泰造出演。 バラエティ番組の放送作家をしている三村修治(織田裕二)は12本ものレギュラーを抱え、忙しい日々を送っていた。 彼は身近なことを何でも笑いに持って行こうとする、バラエティ番組には欠かせない存在で、このテレビ局とのかかわりも20年になる45歳だった。 妻の彩子(吉田羊)は専業主婦、家庭のことはばっちりこなし、家庭菜園が好きで、野菜なども育てているし、息子の勉強も見ている。 修治は何の心配もなく仕事に没頭できるのだ...... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2016-11-27 21:01
タイトル : 「ボクの妻と結婚してください。」残される妻の事を考え抜い..
「ボクの妻と結婚してください。」は余命半年の夫が残される妻の為に再婚相手を探すストーリーである。亡くなった後の事を考えると色々あるだろうけれど、やはり人生は人それぞれ ...... more
Tracked from ITニュース、ほか何でも.. at 2016-11-29 13:34
タイトル : 映画、試写会「ボクの妻と結婚してください」
2016/10/27、新宿の明治安田生命ホール。 18時の開場少し前に到着。 地下鉄(都営新宿線/京王新線新宿駅)から地下通路を通って約5分。 明治安田生命ビルの地下まで入場の列が並んでいたが、ここから階段を上がって ホール入り口を通過して階段を地上近くまで...... more
Commented by atts1964 at 2016-11-22 10:10 x
確かにフィクションの世界ですね。ありえない展開ですよ、いかに放送作家でも。
でもギリギリまで活動をしていたタレントさんとかもいるんで、痛み止めを打ちながら、ギリギリまで仕事をして、せいぜい1週間で天国に行くのが理想かもしれないし、何かを残そうという気持ちは伝わりました。
こちらからもTBお願いします。
Commented by KGR at 2016-11-29 13:50 x
原作もTV版も知らないので、予告を見た段階では「TVでそういう番組を企画する」お話だと思ってました。
TV局にもいろいろ事情があって織田裕二が突拍子もない企画をぶち上げ、吉田羊を巻き込み、TV局も騙される。

そこまでぶっ飛べば、ありえなさ過ぎてかえって違和感はないですが、病気を隠して一人で奮闘し、結局空回りでした。
大杉漣も気づいているんなら力になってやれよ、とか思いました。

鑑賞中はさほど思いませんでしたが、「単なる独りよがり」感はぬぐえません。
Commented by mori2fm at 2016-12-22 21:59
>atts1964様、ど~も!
チョット、織田さんが末期ガン患者に見えなかった(最後のほうは何とか)ってのが、引っ掛かっちゃいましたね~。
Commented by mori2fm at 2016-12-22 22:01
>KGR様、ど~も!
空回り感は確かにありましたね。これ、感動モノとの境界線が非常に紙一重だったと思います。
by mori2fm | 2016-11-04 21:30 | 映画評 日本映画 は行 | Trackback(11) | Comments(4)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm