「ビッグ・フィッシュ」偉大なる父に感謝!

a0014708_85754.jpg 映画を観終わった直後は大丈夫だった。映画館を出て車に乗り込み、エンジンを掛けた瞬間、私の涙腺は壊れた。「ビッグ・フィッシュ」(ソニー・ピクチャーズ)大人が泣けるお伽話。いい映画…泣きながら、私も父のことを考えた。

 子供の頃から、話が好きな父エドワード(アルバート・フィニー/若き日をユアン・マクレガー)の、どこまでが本当なのかわからない話を山ほど聞かされてきたウィル(ビリー・クラダップ)は、いつしかエドワードとは正反対の、現実主義的な青年に成長した。ウィルの結婚式で、相変らず昔と同様の話をするエドワードに対して意見するウィル…それが、彼の愛情の大きさである事に気付かないまま…この日を境に、親子の間には決定的な溝ができてしまう。それから3年が過ぎた或る日、ウィルの元へ「エドワードが病で倒れた」という報せが入る…。

 私の父は作中のエドワードのような、突飛な人間ではない。むしろ仕事に人生を捧げ、そうすることで家庭を守ってきた人だ。私はこんな父の思いをわからないまま、殆んど家にいない父を疎ましく思っていたものだ。しかし、社会人となり家庭を持ち、親となった今日に至ってようやく“父親の偉大さ”というものに気付き、当時の父に対する思いを恥かしく感じるようになった。

 家族性というものは、それぞれの家族において親から子へ、子からそのまた子へ継がれてゆくモノだと私は思う。作中エドワードが話していたお伽話のような物語は、ウィルからウィルの子へと語り継がれてゆく。ウィルがエドワードの“大切さ”に気付くのは、不幸にもその最期の瞬間だった。幸いにも私の父はまだ健在である。これを機会に父との絆を更なるものに深めてみようと思っている。私と同世代の方々(特に男性の方の場合)はこの映画を観終わると、私の感想に近いものをお感じになるのではないでしょうか?

  「ビッグ・フィッシュ」は現在、全国主要劇場にて絶賛上映中です。
  “ティム・バートン最高の、感動作!!”このキャッチに偽りはございません!
 
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/336470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 遠距離夫婦赤道越え交換日記 at 2004-05-29 21:44
タイトル : ビッグフィッシュ
ティム・バート監督の「ビッグフィッシュ」観て来ました。 泣きました、夫婦揃って。... more
Tracked from contradiction at 2004-05-30 09:09
タイトル : スティーブ・ブシェミ
ビッグ・フィッシュでもいい味出してた俳優スティーブ・ブシェミを知ってる?左上の写真の人なんだけど、、、カルト的な人気があるみたい。俳優というよりは怪優って感じでちょっと変わった人の役をよくやってるんだよね。 代表的な出演作は以下の通りで、太字はうちが観た作品。 『レザボア・ドッグス』『ゴースト・ワールド』『ファーゴ』 『ビッグ・リボウスキ』『デスペラード』『アルマゲドン』 うちのイメージでは単館系の映画によく出てるって感じだったんだけど、けっこう大作にもでてるんだね、、、ってビッグ・フィッシュも大作にはいるのかな? まあいいや。 彼の演技で印象的なのはの『レザボア・ドッグス』...... more
Tracked from ノリーな日々 at 2004-06-06 06:53
タイトル : 映画評論
よろしくです... more
Tracked from 小仙の徒然日記 at 2004-06-12 23:47
タイトル : Big Fish
観ましたよ〜!「 ビッグ・フッシュ」(IMDb)★★★★♪ さっすがティム・バートン! FANTASTIC!!! Fishyな大ほら吹き野郎ってゆーのと大きな魚をかけてるのね。自分の父親のことを重ねないように気をつけて楽しみましょう! ぢゃないと泣いちゃう(T_T) 南部訛りの英語は... more
Tracked from AFFIRMATION at 2004-06-25 00:20
タイトル : BIG FISH
見てきた。 映画館では最後に少し泣いたけど、家に帰ってから今の方が泣けてくる。(公式HPで予告編見たらボロボロ泣けてきて困った。あの予告編は秀逸だと思う) 人生色々あったけど、どういう人生だったかを(多少脚色されてたにせよ)きちんと伝えたい人に伝えられたというのは素敵なことだと思いました。 最後病院からエンディングまでは本当に素晴らしい、もう最高の展開だと今は思います。(映画館では「おお、これで終わりなのか」って感じだった) どこまでが嘘で、どこまでが本当だとか、= BIG FISHは本当だよとか、色々におわせたまま終わった部分は多いけど、何か別に悲しいから泣くとかつ...... more
Tracked from 映画侍 at 2004-10-29 20:29
タイトル : Big fish
今年の映画の中ではベスト1か! おすすめ度 ビッグ・フィッシュ...BIG FISH COLLECTOR'S EDITION 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより) 『PLANET OF THE APES 猿の惑星』のティム・バートン監督が贈る心暖まるファンタジードラマ。妻と暮らすウィルはホ... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2004-12-05 10:45
タイトル : ビッグ・フィッシュ
最近映画を見るときに、事前情報で余計な先入観をもってしまうことが多く、その実際の観賞とのギャップが大きいことが多い。これは良くないことであるのだが、現在のように色々な媒体であらすじ以外にも情報やプレビュー評、特に配給会社自体が作品のバックボーンを解説したりする資料も莫大で、それをすべて読んでいると不思議と作品ストーリーも出来上がってしまう。 しかし、限られた時間の中で観賞する作品を選択するには、情報も必要だ。 この作品は勝手にもっとテンポが速いのかと思っていた。原作を読む時間が無かったが、...... more
Tracked from Do you know? at 2004-12-27 14:25
タイトル : ビッグ・フィッシュ
監督:ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラングほか 今日紹介する作品は、独特の映像美を駆使して父と息子の心の交流を描いた映画「ビッグ・フィッシュ」です。 いいですねコレ。 おとぎの国に迷い込... more
Tracked from メカpanda乗りのメデ.. at 2005-01-19 11:05
タイトル : 「ビッグ・フィッシュ」
昨年度公開作品、勝手にベスト5の続きです。 ティム・バートンといえば大人の絵本といったイメージです。主人公が異端児だったり、どこか内に閉じこもった部分を描き出していて、登場するキャラクター達も怪しいんだけど、なんだか好きな世界。 でこの「ビッグ・フィッシュ」。やっぱり出てくる出てくる怪しいキャラ達(笑)。 魔女に大男に怪しい団長のサーカス団と、もうオンパレード。 しかしこの映画が今までとは大きく違うところ。それは苦悩する主人公が、現実の視点で物語を語っているところでした。 幼い頃から父親...... more
Tracked from むーびーふぁんたすてぃっく at 2010-08-09 15:25
タイトル : ビッグ・フィッシュ
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD] 「ビッグ・フィッシュ - Big Fish -」 感想 父と息子の和解 子どものころ父親エドワードの不思議な話を聞くのが大好きだったウィル ウ...... more
Commented by sonicDM at 2004-05-28 20:45
こんばんは。本当にいい映画でしたね。父親の愛とうのは洋の東西を問わず、母親の愛に比べ伝わりにくいものなのだなと思いました。もりさんもお嬢さんがいるんですよね。一般に女の子はある日突然父親がいやになる時期を迎えますので、よいお父さんになるべくがんばってください。
Commented by bremen_bird at 2004-05-28 23:06
サイトに訪問ありがとうございました。
本当にこの映画は素敵な映画でしたね。私は女ですが、それでもすごく楽しみ泣きそして色々と考えさせられました。私はかなりお父さん子だったせいもあるかもしれません。
そんな父も今は空の人となってしまい、それだからこそこの映画に入りやすかったのかもしれません。できれば父と見たかったそんな映画でした。

本当ティム・バートン最高の感動作でした♪
Commented by ayumi at 2004-05-29 21:59 x
すばやいTB返し、ありがとうございました!
途中で涙ぐんでしまって「やばい、年をとったせいか涙腺ゆるくなったか!?」と思ったら、隣で夫も鼻をすすっていました。
夫婦揃って泣きはらした目で電車に乗っていたので、周囲は「やばそう」と思っていたかも知れません(苦笑)
Commented by Kurt. at 2004-05-29 22:57
サイト訪問ありがとうございました。
ほんと素敵な映画だったと思います。うちも映画好きなんでうちが観た映画とかあったらコメントなどさせて頂きます
Commented at 2004-05-30 08:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mori2fm at 2004-05-31 01:27
 >Kurtさん、気にしないでください。これに懲りずにまたご訪問ください。但し、トラックバックの削除の仕方は私も知りませんので、↑は放置したままになります。ご了承ください。
Commented by noriwave at 2004-06-05 05:57
よろしくです!
Commented by 98765421 at 2004-06-11 22:06
すみません。前のコメントをした時は、ちゃんとblog説明を読んでおらず。「映画を様々な視点で解説、紹介」されるのがお仕事なので、映画は見られまくって当然なのですね^^;
ビッグフィッシュ、ティムバートン好きもあり、気になっていたので、記事がとても参考になりました。
ありがとうございます。
Commented by 98765421 at 2004-06-11 22:09
ありゃりゃ、よく見れば、本名までお明かしになられてますね^^;
「mori2fm」さん、納得です
Commented by mori2fm at 2004-06-11 22:11
>98765421様、ご訪問ありがとうございます。
いえいえ、映画を解説したいっていうのは、いまのところまだまだ願望のレベルでして…。普段はしがないサラリーマンでございますよ。これを機によろしくおねがいします。
Commented by 98765421 at 2004-06-11 22:31
「さん」でいいですよ。
「さん」がいいのです。
「9876421」と合わせると、、、。
なのです。
Commented by sunny_sg at 2004-06-25 00:27
こんばんは。TB&コメントありがとうございました!こちらからもTBさせていただきました。
家で公式HPの予告を見ては泣いています・・・(^ω^;
by mori2fm | 2004-05-27 00:43 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(10) | Comments(12)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm