「アンダーワールド エボリューション」何で、“カッパ”やねん(笑)?

 『本当のエロカッコイイを、教えてあげる』でしたっけ?いやはや今年最大ヒットのキャッチですな、「アンダーワールド エボリューション」(ソニー・ピクチャーズ)前作では、“カッコイイ”だけだったケイト・ベッキンセールが、今回は“エロ”にも挑戦しています。うん、確かに“エロカッコイイ”!


 ヴァンパイアの長老ビクター(ビル・ナイ)を、殺害した“ヴァンパイアの闇の処刑人”セリーン(ケイト・ベッキンセール)は、一族から追われる身となっていた。唯一の味方である“ライカン(狼男族)”との混血種・マイケル(スコット・スピードマン)と、逃亡を続けるセリーンの前に、復活したもう一人の長老・マーカス(トニー・カラン)が現れる。彼は、ある目的の為に執拗にセリーン達を追跡する。その最中、セリーンとマイケルは愛し合うようになっていく…。


 前作に引き続き、レザーのピッチピッチコスチュームに身を包んだ、ケイト・ベッキンセールがカッコイイ!銃をブッ放す、敵を蹴り倒す、掌底を繰り出す…。いやあ、もお惚れちゃいますよ!ホント。で、冒頭にも書きましたが今回は、カッコイイだけでなく“女”を魅せてくれるんです。そう、“エロい”んです。作中、セリーンとマイケルのラブシーンが出てくるのですが、レザースーツを脱がされていくケイトを観て、何かスゴ~く興奮しちゃいましたよ(^^;!うん、エロいです(あ、吾輩も…)!!
 この映画、前作の終わったところから物語が始まりますので、出来れば事前にDVDなどで観てから行かれることをお薦めします。吾輩も事前予習して行ったのですが、おかげでとっても分かり易かったですよ!でも前作から3年経っているのに、キャストは殆ど同じスタイル、プロポーション!ケイトはもちろんですが、マイケル役のスコット・スピードマンの髪型までほぼ同じ!これは、結構面白かったです(と、言ってもこの俳優、この3年間他の映画で観たこと無いなあ…苦笑)。

 ただ、以前にもどこかで書いたのですが…。前作でもそうだったんですが、この映画特殊メークのオン・パレードでして、狼男への変身シーンや、今作の長老マーカスの変身などなど、かなり迫力&リアルに見せてくれるんですが、物語のキーパーソンである、“初の混血(ヴァンパイアとライカンの)種”マイケルの変身後の姿が、あんまりカッコよくないし、強そうにも見えない。そお、吾輩は何度観てもコイツが“カッパ”(笑)にしか見えないんですよ。もお、この点がこの映画に対する吾輩のポイントを大いに下げてしまっているのが、非常に残念でなりません…。何で“カッパ”やねんな?


 「アンダーワールド エボリューション」は、ただいま全国公開中です。全米1位を獲ったにしては公開規模や、扱いがエラい地味ですが、“エロカッコイイ”ケイト様のお姿を、映画館で是非ご堪能ください。 
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/3547419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keko_m at 2006-04-30 21:35
エロカッコイイ.. いいなー。目指してみようかな〜♪ (笑)
カッパって..? (ぷぷ♪)
Commented by mori2fm at 2006-05-01 00:51
>けいこちゃま、“エロカッコイイ”是非!目指してください!!
ブログにUPしてね。
by mori2fm | 2006-04-30 12:08 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm