「シムソンズ」がやってきた!(^^;

 ようやく、京都での上映が実現した「シムソンズ」(ドリームステージピクチャーズ)。その存在を知った時から、ず~っと『映画館で観たい!』と思っておったのですが、京都での上映は半ば諦めておりました。ホント良くぞ上映してくれました!京都みなみ会館様、グッジョブ!!


 ホタテとカーリングが名物の、北海道常呂町に住む女子高生・和子(加藤ローサ)は、特に何のとりえも無く、将来に何の展望も無いまま日々を過ごしていた。或る日、憧れの先輩で“カーラー(カーリングの選手)”の真人(田中圭)と出会った和子は、カーリングのチーム結成を持ち掛けられる。憧れの真人の頼みとあって、俄然張り切る和子。早速、勉強熱心な親友・史江(星井七瀬)と、同じクラスでありながら、殆んど話したことのない菜摘(高橋真唯)をメンバーに、“シムソンズ”というチームを結成。そして、意気揚々とリンクへやって来た和子達の前に、もう1人のメンバーとして真人の幼馴染のカーラー・美希(藤井美菜)と、“コーチ”を名乗るジャージ姿の男・大宮平太(大泉洋)が現れる…。


 今年のトリノ五輪でも話題を集めた、“カーリング”を題材にした映画です。しかも日本代表として活躍した“チーム青森”の前身がこの“シムソンズ”なんだそう(正確にはメンバー中の2人が、シムソンズの出身)で、その実話をベースにした物語の映画化なんだそうです。でも、そんな予備知識が無くても、“女の子が頑張る、ハートウォーミング・スポ根ドラマ”として、この映画は充分に楽しむことが出来ます。
 もお、主人公4人がとにかく純粋で一生懸命で、ぶつかり合いながらも結束を強めていき、最後はハッピー・エンド…。決して“お涙頂戴映画”ではないけれど、何かジ~ンと来ましたし、随所で“クスッ”と笑えるし、何より観終った後『さあ、ガンバロ~!』と、幸せ気分で元気が出てくる映画でございます。うん、楽しかったですよ。ホント!

 主役の女の子たち4人も、それぞれ熱のこもった一生懸命な演技で、とっても好感が持てたのですが、やはりココはご当地“北海道”ってことで、大泉洋に注目して観ておりました。いやあ~ホント、彼は上手い!今回も、イイ味出してますよ。この先まだまだブレイクするでしょうね。


 「シムソンズ」は、ただいま全国“ちょっとずつ”追加ロードショー中です。どこにでもいそうな女子高生達の“一生懸命、何かに取り組む姿”を是非、映画館でご覧下さい!
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/3579938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from nest nest at 2006-05-09 09:24
タイトル : シムソンズ
シムソンズ★★★★[80点](0-100点) 北海道常呂町。地元の高校に通う平凡な女子高生・和子は、将来の夢もなく刺激のない毎日を過ごしていた。町に一軒しかない喫茶店『しゃベりたい』で、親友の史江とおしゃべりに興じては、ひたすらストレスを発散させる毎日。そんなある日、98年の長野冬季五輪に出場した町の英雄、加藤真人が、地元のTVニュースに映っているのが目に飛び込んできた。「そう、ここ常呂町にはカーリングがあったのだ!」和子にとって唯一の刺激、それは和子のヒーロー“マサト様”だったのだ。さっそく和子は、...... more
Tracked from the borderla.. at 2006-08-31 21:22
タイトル : 「シムソンズ」
トリノ・オリンピックでは、フィギュアスケートと並んで観ていたのがカーリング。氷上のチェスと言うだけあって、じっくり見ると(よくルールは分かってないけど)両チームの駆け引きは、なかなか面白い。それで期待しすぎたのかもしれません。  青春映画として楽しめるものの、これではカーリング振興映画の域を出てないです。でもカーリングの解説入りなのは、分かりやすかった。やっぱり振興が狙いなのか(^^; サクセスストーリーの典型なのだけど、誰を中心に描くかで印象が違ってきますよね。選手とコーチのどちらを中心...... more
Commented by snowdrop99 at 2006-05-08 12:16
よかったですね。
これは何度でもみたくなる映画です。
(ただし、ロケに使った喫茶店で観光客の対応にちょっと問題があるようです。。)
Commented by mori2fm at 2006-05-09 22:48
>雪様。はい、DVD出たら買おうかな?と
考えております。
Commented by borderline-kanu at 2006-08-31 21:33
こんばんは。
大泉洋は良かったですね!2年ほど北海道に住んでいたから、彼が出てると応援したくなります(^^) 
青春映画として楽しめると思いますが、もうワンパンチ欲しかったですよ。 カヌ
Commented by mori2fm at 2006-09-03 09:14
>カヌ様。大泉洋は、面白いですね。
遅ればせながら、吾輩今頃「水曜どうでしょう」に
ハマッてますわ…(^^;。
by mori2fm | 2006-05-08 00:33 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(2) | Comments(4)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm