「LIMIT OF LOVE 海猿」“熱い”ドラマ。スゴイ勢い!

 怒涛の勢いで、ただいま大ヒット公開中!「LIMIT OF LOVE 海猿」(東宝)。いやもおこりゃ何と言いますか、『よう撮ったね!』とスタッフ&キャストに言ってあげたくなる映画ですね。

 
 潜水救命士・仙崎大輔(伊藤英明)は、バディである吉岡(佐藤隆太)と共に、鹿児島の第十管区機動救難隊に配属され、海難救助の最前線で日々忙しく働いていた。或る日恋人の環菜(加藤あい)が、大輔を訪ねて横浜から車で鹿児島へやって来る。遠距離恋愛を続ける上で、2人の将来に不安を抱えた環菜は、ウェディングドレス姿を見せて、自らの思いを大輔にぶつける。しかし、ある事が心の中に引っ掛かっていた大輔は、環菜の気持ちに応えることが出来ず、気まずい思いを抱いたまま2人は別れる。翌日、訓練中の大輔達に、鹿児島港沖で座礁したフェリーの救援へ向かうよう、出動命令が下る。現場に到着した大輔は、横浜へ帰る為に偶然乗船していた環菜と再会。他の乗客と共に避難することを環菜に告げ、乗客の避難誘導に向かった大輔は爆発に巻き込まれ、フェリーの売店々員で妊婦の恵(大塚寧々)、乗客の真一(吹越 満)、そして吉岡と共に船内に閉じ込められてしまう…。


 元々原作が好きでしたし、映画の第1作も、TVドラマも、最近では珍しい“熱い”作風でしたので、今回も期待して行ったのですが予想以上に“熱い”“燃える”“男達”の映画になっておりました。映画館内も熱気ムンムンで、何か久し振りに“客席とスクリーンが一体になった感”を味わわせていただきました(もお両横の女の子なんか、上映開始時から既にウルウルでしたわ…あ、知らない人ですよ(^^;)。

 その気になれば、ツッコミたい所は山ほどあった(ネタバレなので、反転で書きます→『あれだけ過酷な条件で、妊婦を避難させて“母子共に良好”はありえないやろ~』とか『何で座礁した(ってことは、水深は浅い筈…)フェリーが、船首からあんなキレイに沈んじゃうのよ?』とか『最後のハシゴ20m昇るって、船傾いてるんやから、真っ直ぐ昇る必要はないやんか!』とか『そのハシゴから、結局落ちた(沈没直前に)のに、何でそこから違う場所まで移動して、なお且つ生き延びることが出来たのさ?』etc、etc…わ~、いっぱいあるな~(^^;。)のですが、観ている時はそんな事を気に掛けている暇が全く無いくらいに、次から次へと勢いでもって観客をグイグイ引っ張っていく、羽住英一郎 監督の少々(かなり?)強引とも思える演出に、今回は脱帽いたしました。いや、その手法お見事です!

 でも前作を観たときにも書きましたが、伊藤英明クンは、こういう“ワイルド”な役柄を演じている方がイイですね。TVドラマでスーツなんか着てるより、よっぽど性に合ってると思います。あと、加藤あいチャンもすごく良かったですし、2人にとってこのキャラクター(大輔&環菜)は、本当の意味での“当たり役”だったと言えるでしょうね。

 ところで今回、高らかに“最終章”と謳ってますが、あのラストならその気になれば、幾らでも続編作れると思うのですが(製作側も、少し“その気”はお有りのようで)…。果たしてどうなんでしょ?


 「LIMIT OF LOVE 海猿」は、只今今年の日本映画最高の勢いで、全国ロードショー中です。この“熱い勢い”を、あなたも是非映画館でご覧下さい!
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/3612142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from soramove at 2006-05-20 13:43
タイトル : 「海猿LIMIT OF LOVE」“守りたいものがある”..
「海猿LIMIT OF LOVE」★★★☆ 伊藤英明、加藤あい主演 羽住英一郎監督2006年 前作では訓練の大変さと 目指す仕事の覚悟のようなものを 確かめた主人公。 今回は訓練に向かう時に起こった海難事故で 急遽救助に向かう主人公たちは かなりの困難な状況に置か...... more
Tracked from 検索キーワードランキング at 2006-06-10 14:25
タイトル : 海猿
海が好きという思いで転職してまで海上保安庁に入った仙崎。しかし、地上や水上勤務を退屈と感じ、エリート集団である潜水士を目指して海上保安大学校の潜水士課程に入校するところから物語は始まる。... more
Commented by tonbori-dr at 2006-05-15 23:05
ここの公式サイト、すごく凝ってるんですよ。さすがフジの『踊る』チーム(笑)
とはいえ前作もTVも観たのでこれも行くつもりです。
Commented by snowdrop99 at 2006-05-16 14:09
土曜日に行ったシネコンで海上保安庁のレポートを販売してました。
受験者も増えてタイアップしたかいがありましたよね。自X隊と違って。
Commented by mori2fm at 2006-05-19 21:47
>とんぼり様、確かに凝ってますね…ていうか“凝りすぎ”って気が…。
>雪様、このタイアップは最高の効果を生み出しましたね。
ま、「戦国自衛隊」観て、自衛隊に入隊を希望する奴は
おらんでしょ(^^;。
Commented by simax2exc at 2006-05-22 01:40
「海猿」で伊藤くんを見直しました。生き生きしてましたね。前作、売店で海猿くん縫いぐるみも買いました!
今回も期待以上に良い作品らしいので、楽しみです。
Commented by mori2fm at 2006-05-26 02:37
>しまにゃん様、今回も熱いですよ!是非ご覧になって、感想Upして
くださいね。
by mori2fm | 2006-05-15 20:06 | 映画評 日本映画 ら行 | Trackback(2) | Comments(5)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm