「ワールド・トレード・センター」事実は、何物より重い…。

 “NY同時多発テロ”から5年。あの惨劇の裏側で繰り広げられた人間ドラマを描いた映画「ワールド・トレード・センター」(UIP)。監督はあのオリバー・ストーン!一体どんな作品に仕上がっているのでしょうか?


 2001年9月11日。ニューヨークの“世界貿易センタービル(ワールド・トレード・センター)”に、航空機が突っ込み爆発炎上。周囲はパニックに陥った。ニューヨーク各所から警察・消防が出動し、避難・消火・救出に取り掛かった。港湾警察のマクローリン(ニコラス・ケイジ)達にも出動要請が下る。現地へ向かったマクローリン達は、貿易センタービルの惨状を目の当たりにして、息を呑む。マクローリンは部下のヒメノ(マイケル・ペーニャ)等数名と共に救出活動の為、ビル内へ。地階へ降りて装備を準備している最中、轟音と共にビルが崩落する…。


 『オリバー・ストーンが、“9.11”の映画を撮る』というニュースを聞いたとき、正直『大丈夫かあ?』という思いが真っ先によぎった。何せ前作「アレキサンダー」は、“血まみれ歴史絵巻”だったし、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」「エニイ・ギブン・サンデー」を撮った監督サンですよ。あの過激なノリで、“NY同時多発テロ”を描かれたらアメリカで猛反発喰らうだろうし、かと言って「JFK」「ニクソン」のような感じで迫られても、まだ5年しか経過していない事件に対しては生々しすぎるからな~と、果たしてどんな映画に仕上がるのだろうか、かなり気になっておりました。
 で、結論から申し上げますとオリバー・ストーン作品にしては珍しく、非常に主義主張を抑えた静かな作品に仕上がっています。『テロが何故起こったのか?』とか『あれは、本当にテロだったのか?』とかいうようなこれまでなら、必ず飛びついていそうなテーマには一切触れずに、ビルの崩落に巻き込まれた警官の様子と、その家族の思いを中心に淡々と撮りあげています。ですから逆に「JFK」のようないかにも“オリバー・ストーンの映画”と言ったノリを期待して観に行くと、肩透かしを喰らいます(現にあちこちのサイトなどで、『期待ハズレだった』という声を目にします)。確かに主人公が結構アッサリ瓦礫の下敷きになってしまいますし、救出されるまでそのまま動けないシーンが延々と展開されますから、映画として非常に地味でございます。極端な言い方をすれば『別に貿易センタービルの崩落でなく、大地震の映画でもよかったんじゃないか?』とも思えてしまう感じなのです。しかし、これはこれでよかったのではないでしょうか?この映画は、あの現場から実際に生還した人達の実話(無論、多少なりとも脚色はされているでしょうが)を基にしています。そして、あの狂気の現場で如何に多くの“人間による善”が行なわれたかを描き出しています。オリバー・ストーン監督は、どこまでも“人間”という生き物の持つ“善い”可能性を信じて、それを映画の主題に据えたのではないでしょうか。

 瓦礫に埋もれ、行方不明となった主人公。そしてその安否を気遣う家族たちの描き方も、非常に胸に迫るものがありました。ただ、これをあの事件の遺族が見たら、やはり複雑な思いを抱くでしょうね。そういう意味で、アメリカ本国では思ったほど興行成績が伸びなかったのではないでしょうか?まだ、リアルすぎるのかも知れません。


 「ワールド・トレード・センター」は、只今絶賛公開中です。狂気の現場で繰り広げられた、人間ドラマを映画館で是非、ご覧下さい。
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/4578750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from けちけちオヤジのお気楽ダ.. at 2006-10-27 12:59
タイトル : 映画鑑賞記「ワールド・トレード・センター」
鑑賞日:06.10.13 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  今でも鮮烈に脳裏に焼きついている「9.11アメリカ同時テロ」。 あれから5年が経ち、あの悲劇を基に制作された映画が今年、相次いで公開された。 本作品は、最も犠牲者が多かったニューヨーク、マンハッタンにそびえていたワールド・トレード・センター崩壊の中で奇跡的に救出された二人の警官の姿を通して、その時、そこにいた人は何を考え、どう行動したかを、観るものたちに伝えようとしている。 <ストーリー> (公式HPより抜粋)  200...... more
Tracked from the borderla.. at 2006-10-27 23:39
タイトル : 「ワールド・トレード・センター」
9.11のテロ事件で人命救助のためにワールド・トレード・センターへ入った港湾警察の2人の物語。「ユナイテッド93」も同じく9.11の話ですが、機内の出来事はあくまでも推測の域を出ていないのに対して、こちらは脚色されてるところはあったにしろ、実際に生き残っています。 【ネタバレです】 2人に絞ったことで、『木を見て森を見ない』ような感はある。 病院でエレベーターボーイのお母さんが出てきますが、他の被害者の人たちはほとんど置いてけぼり。しかし、2時間程度で全部を描こうとすると焦点がぼけ、締ら...... more
Tracked from 表参道 high&low at 2006-10-30 20:32
タイトル : World Trade Center ワールド・トレード..
嫁さんと嫁さんのお母さんと3人でWorld Trade Center(ワールドトレードセンター)を観てきました。 爆破されたビルに生き埋めになった2人の警官と家族のドキュメンタリー、感動しないはずがありません。 ただ、9月11日の話はその直後から伝えられており、映像で観る新鮮さはありましたが物語に感動はあまりしませんでした。ただし脚本と映像はすばらしく、Oliver Stone(オリバー・ストーン)復活と評判の作品に納得です。 行方不明になった夫を待つ家族の会話は生々しく緊張感が伝わってきますし、「何...... more
Tracked from nest nest at 2006-11-24 12:26
タイトル : ワールド・トレードセンター
ワールド・トレード・センター★★★☆[70点](0-100点) 2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官(PAPD)のジョン・マクローリンとウィル・ヒメノは同僚と現場に急行、人命救助のためビル内部へと向かう。しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始める。奇跡的に生き残った2人だが、瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていた……。 映画生活より ...... more
Tracked from KOBECCO at 2006-12-02 12:26
タイトル : こんなオリバーストーンもありか「WTC」
実は、方々で評判の高い「これ」を観に行く予定が上映館が変わってしまい、ちょっと満員になったので、別のを見てました。無念さがこみ上げてきた ほぼ2ヶ月、映画から遠ざかっておりました。 で、選んだのは、  『ワールド・トレード・センター』 見終わった後、無念さがこみ上げてきました。 【ストーリー】  2001年9月11日、午前8時40分過ぎ。ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、世界貿易センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突した。港湾局警察官...... more
Commented by nasuka99 at 2006-10-27 09:16
カヌさんのところにも書きましたが、
まだまだ生ナマしくて、ちょっと行く気になってません(^_^;)
誰が悪いか、みたいなことより、
実際、あの事件で命を落とした人や、その家族のことを考えると、
そっちの方がずっと大きな問題のような気がします。
そいういう意味で、この作品はうまく仕上がってるのかも知れませんね。
Commented by borderline-kanu at 2006-10-27 23:43
こんばんは。オリバー・ストーン監督ということを考えれば、大人しかったなと思います。5年じゃあまり無理もできないのかな、無名の監督じゃないからね(^^; カヌ
Commented by mori2fm at 2006-11-02 01:38
>ナスカ様。確かにそういう意味では、上手に作られています。
そんなに生々しくないので、是非映画館でご覧下さい。
>カヌ様。はい、おとなしかったですね。またあと5年ほどすれば、
また“過激版9.11”を作ってもらいたいですね。
Commented by snowdrop99 at 2006-11-24 12:21
TBありがとうございます。
そういえば、JFKは見てました(忘)
そういうノリの映画は何十年も後でないと作れないかと思います。
Commented by panchan1121 at 2006-11-24 20:35
感想まだまとめきってませんが、淡々と描いた分だけ、重かったです。

後ほど tbします。
Commented by mori2fm at 2006-11-25 01:24
>雪様。ええ、是非とも“裏9.11”を観てみたいと思っております。
>ぱんちゃん様。ホント抑えてましたもんね。でも重かった分、
ラストで救われた気がしましたよ。
by mori2fm | 2006-10-27 01:37 | 映画評 外国映画 ワ行 | Trackback(5) | Comments(6)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm