「硫黄島からの手紙」日本人として、人間として、この映画を見逃してはいけない。

 クリント・イーストウッド監督、渾身の“硫黄島2部作”第2弾。「硫黄島からの手紙」(ワーナー・ブラザース)。61年前、日本の領土で繰り広げられた激戦を日本人俳優をキャスティングして、ハリウッドが撮る…。この事象だけでも映画界にとって画期的なことだと思いますが、果たしてどのような映画に仕上がったのでしょうか?


 第2次世界大戦末期、戦況悪化が著しい日本軍は、硫黄島を本土防衛の最終ラインに設定し、アメリカ軍の侵攻を阻止しようとしていた。しかし当地では、配属された西郷(二宮和也)等の兵隊達は、作業として従事する塹壕掘りに確たる意味を感じられず、島の厳しい自然環境も相まって、士気は決して高いものではなかった。そんな折、硫黄島に陸軍中将・栗林忠道(渡辺謙)が最高指揮官として着任。アメリカの国力を脅威と感じている栗林は、それまでの精神論を中心にした戦略を採らず、“味方の被害を最小限にし、如何に敵にダメージを与えられるか”に最適な戦略を練り上げていく。この栗林のやり方に、伊藤中尉(中村獅童)等、古参の上級仕官は反発する。やがて栗林は、同じく硫黄島に着任した西中佐(伊原剛志)から、連合艦隊が壊滅したことを聞かされる。海からの支援を期待できず、孤立したも同然の硫黄島。栗林は、これまで日本軍が常套的に行なってきた“水際での上陸阻止”を主眼とした作戦を止め、硫黄島全土を巨大な地下要塞にし、アメリカ軍を食い止め、1日でも長くこの島を死守することを決意する…。


 事前に心配していたような“「SAYURI」状態(=全篇、英語)”ではなかったことに、先ずホッとしました。で、観ているうちに『ホントにこれは、ハリウッド映画なのか?』と思えてきました。これまでのハリウッド映画が描いてきた“チョット変な国・日本”といった違和感は、今回まったく感じられませんでした。いや、イーストウッド監督お見事でございます。ただ歴史上に残る大激戦を繰り広げた後、悲劇的な結末を辿る日本軍の姿を克明に描き出しているにも関わらず、吾輩はこの映画を観て、“泣く”というところまでは至りませんでした。恐らく、この映画を日本人が制作・監督していたならば、もっと号泣するような映画になっていたと思います。その辺りが外国人が撮ったということで、この映画全体に流れるテイストが割とドライ(←この表現が、正しいとは言えないんですが)な感じがして、いい意味で内容を冷静に観ることが出来たような気がします。

 キャスティングされた日本の俳優陣も、その抜擢に応える演技を見せてくれます。渡辺謙さんは、もう国際派スターとしての貫禄充分ですし、二宮君(役柄的には、若すぎるかな?とは思いましたが…)に伊原さんもそれぞれに、極限状態における日本人の心をスクリーンに描き出してくれます。

 
 今から61年前に、日本の領土で繰り広げられた激戦…。今現在、この国に生きる人間として、この戦いは決して忘れてはいけません。何故なら、その時そこで戦った多くの人達が払った犠牲の上に、今日の我々の繁栄が成り立っているのですから。そのことを、外国人であるイーストウッド監督が、気付かせてくれました。この映画を観て、細かい描写や思想面などで色々と思いをお持ちになる方もおられるでしょう。しかし、そういった点を度外視して尚余りある賛辞を贈りたいくらい、この映画はエポックメーキングな1本だと思います。映画界の各賞でもノミネートされたり、既に受賞したものもあったりと、アカデミー賞も視野に入れて行けるのではないでしょうか?別に賞を獲ってほしいと思っているわけではなく(いや、獲れればそれはそれで素晴しいことなんですが)、それだけ話題になるとより多くの人が、この映画について知ることになるので、そういう意味でも健闘してもらいたいですね。


 「硫黄島からの手紙」は、ただいま全国大ヒット公開中です。日本人として、人間として、61年前の戦いを忘れないためにも、記憶に焼き付けるためにも、是非映画館へ足をお運び下さい。



「硫黄島からの手紙」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

硫黄島からの手紙@映画生活
 
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/4859934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from けちけちオヤジのお気楽ダ.. at 2006-12-18 08:37
タイトル : 映画鑑賞記「硫黄島からの手紙」
鑑賞日:06.12.15 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  今や、アメリカ映画を語る上で欠かせない巨匠となったイーストウッド監督が描く、硫黄島2部作。その2作目。これは日本側の視点で描いている。 日本本土に戻ることが叶わなくなった硫黄島で死を覚悟した日本兵たちは、何を思い、どう戦ったのだろうか? イーストウッド監督はこの映画で「反戦・嫌戦」を訴えている <ストーリー> (公式HPより)  2006年、硫黄島。 地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前、この島で戦った男...... more
Tracked from ジンライムとチョコレート at 2006-12-19 00:54
タイトル : 「硫黄島からの手紙」
クリントイーストウッド監督って 映画の神様じゃないかしら? そんな風に思ってしまった。。。それほど、この作品は良い出来だった。 同じ戦争を両方の視点から撮らなければ。。 そんな想いから この映画は作られたのだけど、 ハリウッド映画の日本をテーマにした 「ラストサムライ」 「SAYURI」があまりにも、本当の日本から離れたところにある様に感じたので 今回もほとんど期待しなかった。 でもさぁ。。それが、あなた、ビックリしちゃったのよ~~。 本当にスタッフ、アメリカ人? 日本のスタッフが...... more
Tracked from the borderla.. at 2006-12-23 12:44
タイトル : 「硫黄島からの手紙」
続編となれば、一緒に撮影されていても、1年は待たされるのが当然と言っていい。だから「デスノート」が半年ほどで上映されたのは画期的だと思ってました。(観てないよー) そして、この硫黄島2部作は、続編ではないけれども、「父親たちの星条旗」の印象が強く残ってる1ヶ月後に観れることが何よりも嬉しい。日米双方からの視点は、偏った正義を振りかざすようなこともなく、1兵士の立場から戦争の膿を出すかのような冷静だが力強い作品だったと思います。 予告編で泣きそうになったので、タオルハンカチ持参で鑑賞してきました(^...... more
Tracked from KOBECCO at 2006-12-25 09:24
タイトル : 虚しい、言いようのない虚しさが残った「硫黄島からの手紙」
007より、今日は、これって感じでした。  『硫黄島の手紙』 を見てました。 【ストーリー】  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。 「go...... more
Tracked from 万歳!映画パラダイス〜京.. at 2006-12-30 17:53
タイトル : 日本は硫黄島で2度負けた〜「硫黄島からの手紙」
 一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人があの小さな島、硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の「硫黄島からの手紙」を観て、というか硫黄....... more
Tracked from web-tonbori堂.. at 2007-01-19 01:52
タイトル : 届かなかった手紙-硫黄島からの手紙-
去年に『硫黄島からの手紙』の公開と前後して『戦場の郵便配達』というTVドラマのドキュメンタリー部分が挿入されるプログラムをやっていた。 そしてそこで描写されたのは『硫黄島からの手紙』ではあまり大きなウェイトを占めていない帝国海軍の市丸少将がクローズアップされていた。(実際の物語の中心は海軍航空隊の根本少尉)今から思うとこのTVプログラムを観たのは正解であり失敗でもあった。 この作品はクリントの前作『父親たちの星条旗』と対になっており内容まで対になっている。 無理やりに戦場から引き剥がされ...... more
Tracked from 映画を感じて考える~大作.. at 2010-01-30 18:04
タイトル : 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JI..
[硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年:...... more
Commented by 森と海 at 2006-12-18 21:31 x
でも、客席には老人力が満ち溢れたりしてませんでした?ホントは若いのに見て欲しいのに。
Commented by tonbori-dr at 2006-12-18 23:50
おっと行かれましたな。おいらは年が変わる前に行けるかな?(^^;
Commented by simax2exc at 2006-12-19 00:59
見ました。mori2さんと同じような感想で ホッとしましたよ。
私は、奈江ちゃんとの絡みのところでホロっときました。
Commented by mori2fm at 2006-12-20 02:12
>森と海様。お久し振りです。あ、意外と若年層が
観に来てましたよ。去年の「YAMATO」よりは、年齢層低いと
思われます。
>とんぼり様。実は公開初日に…。で、「父親たちの星条旗」は、楽日に…アレ?
>しまにゃん様。意外と淡々と描かれていたので、泣くまでには
至りませんでした。むしろ、その夜TVで観た硫黄島の
スペシャルドラマの方が、泣けて泣けて…(>_<)。
Commented by simax2exc at 2006-12-20 23:29
スペシャルドラマは 録画して置いてあります。
正月にでもゆっくり観られたらいいなぁ~って思ってる。
そんなに泣けるんですか?観る日時に注意しなくちゃ!!
お出かけ出来なくなりそうだわ(笑)
Commented by mori2fm at 2006-12-22 01:29
>しまにゃん様。あ、夜に見てください。
お化粧を落としてから…。
Commented by borderline-kanu at 2006-12-23 13:04
こんにちは。
予告編観て、泣きそうだと思ってタオル持っていったけど、
泣けませんでした。ドライというか、戦場の辛辣さに泣く暇
なかったって感じでした。「SAYURI」状態なら、ここまで
心に届かなかったかなと思いましたよ。 カヌ
Commented by panchan1121 at 2006-12-25 09:23
この映画は、イーストウッド&ポール・ハギスが手がけたことが映画としての価値を上げたと思います。
シーンについては、「父親たちの星条旗」とあわせてみるとよけいに感慨深いですよ。
Commented by mori2fm at 2006-12-26 01:11
>カヌさま。ホント「SAYURI」状態じゃなくて、よかったです。
ドライって言葉が正しいとは思わないけど、“お涙頂戴映画”として
撮らなかったことが、素晴しいと思います。
>ぱんちゃん。様。これ観た直後に、「父親達…」にも出陣しました。
あちらはあちらで、大変よく出来た映画だったと思います。
でも、『日本はアメリカには逆立ちしたって勝てない』ってことを
改めて痛感させられましたよ。
Commented by tonbori-dr at 2007-01-19 01:51
観てきました。全編日本語でというのは正しいけどクリントだから出来たのかもとちょっと思いますね。ともかくあらゆる意味で只の映画じゃなかったです。
Commented by mori2fm at 2007-01-20 01:54
>とんぼり様。そうですね。“全篇日本語”って、冷静に考えると
トンでもないことですよね。ホントに色んな意味で凄い映画
でしたね。
by mori2fm | 2006-12-18 01:11 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(7) | Comments(11)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm