「NANA2」な、何だこりゃ~?

 昨年末に観ていたのに、書きそびれていたこの映画「NANA2」(東宝)であります。吾輩、前作は絶賛してたんですね。で、今回も期待して観に行ったんですが…。


 ナナ(中島美嘉)のバンド“BLACK STONES”は、メジャーデビューを目指して日々練習を重ねていた。ナナの同居人・ハチ(=奈々)(市川由衣)は、練習に毎日顔を出し、いつしか“BLACK STONES”にとって無くてはならない存在になっていた。特にギターのノブ(成宮寛貴)は、ハチにほのかな恋心を抱いていた。しかし或る日、ナナの恋人・レン(姜暢雄)が所属するバンド“TRAPNEST”のリーダー・タクミ(玉山鉄二)が、ハチに急接近。昔から“TRAPNEST"に憧れていたハチは、タクミと一夜を共にしてしまう。この事が、ナナとハチの友情に微妙な影を落とし、やがて思いもかけない展開へと事態は進んでいく…。


 “キャストが代わった”このニュースを聞いた時点で『大丈夫かな?』と、一抹の不安を抱いていたのですが、実際に映画を観て…不安は的中してしまってました(泣)。こりゃハッキリ言って、ムリがありすぎます!違和感アリアリ!確かに前作を観終った後、吾輩続編を切望いたしましたが、それはあくまでも“同じキャストで”ってのが前提でございましたし、こんなのになっちゃうのなら何もムリして作らなくても良かったんじゃないでしょうか?今回交代したキャスト陣が、悪かったといってる訳では決してございません(特に市川由衣ちゃんは、がんばってたと思いますよ)。しかし、いかんせんあまりにも変わりすぎてるやろ~ってのが、観ていてず~っと引っ掛かりまくっちゃいまして(特にレン!あれはないやろ~、あれは)…。
 1本の映画として観てみても、前作で感じた“小気味よいテンポ感”は、今回まったく感じられず、2時間14分(長い!)の上映時間が非常に苦しかったです。で、散々こねくり回した挙句にどうしてあんな結末になっちゃうのか??原作が終わってないのに、終わらせなければいけない難しさもあったでしょう。でも「ラフ」を観た時にも書いたのですが、大谷健太郎 監督!これはチョットしんどかったですよ!!

 興行成績の方も、大ヒットした前作には程遠く、大苦戦だそうですね。まあ結果こうなってしまうと、宮﨑あおいの力はヤッパリ偉大だったってことですかね?でも、続編の制作が決まった時に、今回のハチ役では“ベッドシーン”や“妊娠してしまう”てのがあったりで、あおい様は『自分のイメージに合わない!』って言って出演拒否をしたってな噂話を聞いたことがあるのですが、もしそれがホントだとしたら…前作に出演した時点でそんなことはわかってる(原作では既に描かれていた筈)だろうから、それって原作に対する冒涜になるんじゃないのかな~?いや、あくまでも噂で聞いただけなんですけどね…。


 「NANA2」は、ただいま正月映画戦線、大苦戦中ながらも全国上映中です。何だかんだ言っても今回で完結!なので、そのラストを映画館で是非ご覧下さい。


「NANA2」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/4955110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snowdrop99 at 2007-01-08 14:01
どちらかというと事務所が断ったっていうのが真相じゃないですか?
2まであるとは思わなかったとか・・・。
Commented by mori2fm at 2007-01-10 17:06
>雪様。事務所がね~って、だから“噂”だって
言ってるじゃないですか~(^^;。
by mori2fm | 2007-01-08 00:18 | 映画評 日本映画 な行 | Trackback | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm