「幸せのちから」エエ話や!

 ウィル・スミス久々(気付かなかったんですが、ホントに久しぶり。何とコレ以来!)の主演作、「幸せのちから」(ソニー・ピクチャーズ)“ドン底から、幸せを掴んだ父子のサクセス・ストーリー(実話ベース)”てんで、こりゃまたお涙頂戴の映画なのかな~?と思って観に行ったのですが、これがまたハイ良かったんですよ!



 クリス(ウィル・スミス)は、医療機器販売のビジネスに手を出すが商品は思うように売れず、税金や家賃の支払いも滞りがちで日々の生活にも窮していた。妻のリンダ(タンディ・ニュートン)は、そんな状況に耐え切れず5歳の息子・クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)を連れて家を出てしまう。リンダと連絡を取ったクリスは、クリストファーを置いていくよう嘆願。『クリストファーは自分が育てる』と告げるクリスの言葉を了承したリンダは、1人で家を後にする。こうして父子2人の生活が始まったのだが、暮らしが苦しいことには変わりはなかった。この生活から脱出すべく、クリスは証券会社《ディーン・ウィッター》の仲買人養成コースへ志願する。半年間の研修を受講し、20人の中から1人だけが採用されるという厳しいもの。しかも半年の研修期間中は、“無給”。クリスは、クリストファーとの“幸せな生活”を勝ち取る為に、この過酷な条件に挑んでいく…。



 “実話がベース”って言う時点で、結果はわかっちゃってるわけですよ。“ハッピーエンド”ってね。だからひょっとすると安っぽい話なんじゃないかな~?と思っておりましたが、これは予想に反してイイ映画でした。そう、結果はわかりきっているのに、途中で散々追い詰められる(モーテルを追い出され、父子共々駅のトイレで“ホームレス状態”になってしまうシーンなど…)父子の姿が、ただもお不憫で哀しくて…。そして幾多の苦難を乗り越え、最後に仲買人として採用されることが決まったときのクリスがとった行動と表情(その瞬間は泣いたりしないのですが、ビルの外へ出て上空を振り仰ぎ、何とも言えんイイ顔をするんですよ“やったぞ!”って感じの)。バックに流れる音楽と相まって、素晴らしく感動的なシーンに仕上がっています。はい、泣きました。泣かされました!映画館のあちらこちらで、すすり泣きが聞こえましたわ。
 

 ある意味これは、“負け組から勝ち組へのサクセス・ストーリー”と言えると思いますが、実際は、そんな下世話な言葉(負けだの勝ちだの)では言い表せない、優しさと幸福感に満ち溢れた映画だったと思います。


 今回、ウィル・スミスは銃をブッ放したりはしませんが(^^、一心に子どもの幸せを思う父親役を熱演しています。この役で、アカデミー賞にもノミネート(最優秀主演男優賞)されました。他の候補のことを考えると、チトしんどいかな?とは思いますが、心情的には彼に受賞してほしい…そんな風に思わせる演技でした。また、クリストファーを演じたのは本当の“ウィル・スミスJr.”!今回が初の演技経験だったそうですが、とても自然に愛らしくスクリーンにその魅力を振りまいています。…というよりも、“5歳の少年役。パパはウィル・スミス”という実生活そのまんまを、映画でも演じていたような気がします。あ、実生活は映画とは違い、超リッチなんでしょうが…(^^。


 「幸せのちから」は、ただいま全国大絶賛公開中です。“幸せを信じることの素晴らしさ”を是非、映画館でご覧下さい。

「幸せのちから」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

幸せのちから@映画生活
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/5086751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from the borderla.. at 2007-02-06 22:59
タイトル : 「幸せのちから」
クリス・ガードナーという人の自伝です。ちなみに、まだ亡くなってません。 ウィル・スミスと息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(長~い)が共演ということで話題になってましたが、どうせなら奥さん役でジャダ・ピンケット=スミスも一緒に出れば良かったのに。まぁ、あの役じゃ出たくないか。 【ネタバレです】  ↓アーノルド坊やみたい 今、この話を映画化する必要性を感じないんですけど、タダの自慢話ちゃうのと思う私は、心が狭いですか(^^;  最後に、『合格した会社を辞めて、1987年に...... more
Tracked from KOBECCO at 2007-02-11 23:59
タイトル : 子供と動物には勝てない
盛りだくさんの一日。 週末は映画としている私としては、迷いましたが上映時間で決めました。  『幸せのちから』 ウィル・スミスが親子共演で話題ですね。 【ストーリー】  81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通うことを決意する。受...... more
Tracked from nest nest at 2007-02-18 14:43
タイトル : 幸せのちから
幸せのちから★★★☆[70点](0-100点) 81年、サンフランシスコ。5歳の息子クリストファーを何より大切に思うクリス・ガードナーは、新型医療機器を病院に売り込む日々。しかし大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていた。そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通うことを決意する。受講者に選ばれるように、クリスは人事課長のトゥイッスルへ自己アピールするのだが…。 映画生活より 予告編を見たときにはうるうるしちゃった...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-02-18 19:43
タイトル : 【2007-25】幸せのちから(THE PURSUIT ..
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない── ... more
Tracked from よしなしごと at 2007-02-22 22:47
タイトル : ウィル・スミス親子共演の「幸せのちから」見てきました。
 ウィル・スミス親子共演の幸せのちからを見てきました。... more
Tracked from ジフルは映画音楽札幌グル.. at 2007-12-08 04:45
タイトル : 幸せのちから:映画
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし。 しかし、家計は火の車。そんな生活に嫌気がさした妻は出ていってしまった。 クリスは成功を夢見て証券会社の養成コースを受講することにする。正社員になり安定した生活を送りたい。 しかし、研修中は無収入・・彼は土日を使ってセールスに励むが、ア...... more
Commented by borderline-kanu at 2007-02-06 23:01
こんばんは。
ウィル・スミスJr.は頑張ってましたね。
これからは親子3人で稼ぎまくるんでしょうか(^^; カヌ
Commented by mori2fm at 2007-02-08 01:05
>カヌ様。いやあ、ここは“芸能一家”ですもんね。
目指せ!“高島忠夫ファミリー”てか??(^^;
Commented by panchan1121 at 2007-02-12 00:00
この映画は、ちょっと物足りなさも感じたんですけどね。
でも、あの小さなガッツポーズはよかったです。

Commented by mori2fm at 2007-02-13 00:59
>ぱんちゃん。様。
≫あの小さなガッツポーズ…はい、吾輩あのシーンで
やられてしまいました。ホントよかったです。
Commented by snowdrop99 at 2007-02-18 14:42
見てきてからまた10日ほど空いてしまいましたが、ようやくアップできました。私は物足りなかったですね。(実話のほうがもっときついらしいです)TBしました。
Commented by mori2fm at 2007-02-18 23:47
>雪様。そうですか。
吾輩的には、“子連れホームレス”って時点で
かなりやられてしまいました。
あ、でも実話では研修期間中にほんの少し、
給料は出てたそうですよ。
by mori2fm | 2007-02-06 22:15 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(6) | Comments(6)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm