「それでもボクはやってない」恐いって!もお電車乗れんて!!

 周防正行監督、11年ぶりの新作「それでもボクはやってない」(東宝)。恐い恐いとは聞いていましたが、これほどまでに恐いとは…。



 就職活動中の徹平(加瀬亮)は、乗り合わせた満員電車の中で女子中学生(柳生みゆ)に、身に憶えの無い“痴漢の現行犯”として駅事務所に突き出される。連行された警察署での取調べに対して、一貫して容疑を否認する徹平の言葉に担当刑事(大森南朋)は耳を貸さず、『交通違反と一緒だから、さっさと認めろ』と自白を迫る。それでも否認を続ける徹平は、留置場で拘留生活を送る破目に。更に、検察官の取調べでも無実を主張し続けた徹平だが、その訴えは聞き入れられず、あろうことか起訴されてしまう。徹平は、ベテラン弁護士・荒川(役所広司)、女性弁護士・須藤(瀬戸朝香)と共に、有罪率99.9%と言われる裁判に臨んでいく…。

 そりゃね、痴漢は犯罪ですよ。被害に遭った女性は気の毒ですし、恐くて泣き寝入りしちゃう人も多い中、犯人捕まえるってのはホント勇気があって凄いとは思うのですよ。でもね、だからと言ってそっちの言い分だけを一方的に鵜呑みにしてしまって、否認している男性の言い分は全く聞かず、ハナから犯人扱いしてしまうっていうのは…。これが現実だとしたら、男にとってはホント恐怖ですよ。満員電車に乗ったってだけで、いつでも容疑者にされてしまいかねない。しかも一旦容疑者扱いされてしまうと、殆んど名誉回復のチャンスは無いに等しい…みたいな。

 映画を観ている間、『まあそうは言っても、映画なんやから最後にはね~』何て最初のうちは思ってたんですが、途中から『あれ、ひょっとしてコレって…』と段々恐ろしい疑念が胸の中に生まれ、そしてそれが最後には…『え~!!?』てな感じになってしまうのです。ホント恐いです。

 これがホントに、日本の刑事裁判の問題点なのだとしたら…『即刻、改善してくれい!!(泣)』

 「それでもボクはやってない」は、ただいま様々な物議を醸しつつ全国ロードショー公開中です。“満員電車の恐怖”をあなたも是非、映画館で目撃してください。


「それでもボクはやってない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

それでもボクはやってない@映画生活
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/5122950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from KOBECCO at 2007-02-15 07:06
タイトル : この結末は、リアル過ぎる「それでもボクはやってない」
今週は、有力作品の公開。 プロモーションも上手だったけど選んだのは。  『それでもボクはやってない』 周防監督、12年ぶりの映画だそうです。 【ストーリー】  大事な就職の面接を控えた日の朝、大勢の通勤客に混じって満員電車から駅のホームへ吐き出されたところを痴漢に間違われ現行犯逮捕されてしまった金子徹平。連行された警察署で容疑を否認すると、そのまま拘留される。その後も一貫して無実を主張するものの、結局は起訴される事に。徹平の無実を信じる母や友人・達雄の依頼でベテランの荒川、新米の...... more
Tracked from the borderla.. at 2007-02-15 23:43
タイトル : 「それでもボクはやってない」
洋画の法廷モノは、陪審員を巻き込んでの弁護士と検事のパフォーマンスが見所で面白い作品が多いと思います。周防監督が11年ぶりにメガフォンを持つとなれば、ハリウッドに負けないエンターテイメント作品を期待しちゃいますよね! ところが、裁判自体が主役といっていいほどの、硬派な作品に最初は戸惑いました。でも、無駄なシーンが一切なく、どんどん映画にのめり込んでしまいましたよ。 昨年、北尾トロという方の書いた「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」という裁判の傍聴記を読んだのきっかけに、裁判員制度もはじまるし...... more
Tracked from web-tonbori堂.. at 2007-03-02 23:23
タイトル : 『それでもボクはやってない』を観てきた
なんと言えばいいのだろうか。とうとう観てきた。 男ならそして満員電車に乗る者ならドキッとする話だろとタカを括っていた部分もあるかもしれない。いやいや今の司法の現実、警察力の低下を鋭く描く話だという風にきめてかかっていたのかもしれない。がそんな瑣末な話は話が進むにつれて吹き飛んでしまう。いや上にあげた話もあるにはあるのだが事はそれは物語の一部であり全部である。というか事件は『現場で起こっているんだ』というのは『踊る大捜査線THEMOVIE』の青島俊作のセリフだがそれを借りるならこうだ『事件は現場で終わ...... more
Tracked from ○o。1日いっぽん映画三.. at 2007-09-04 14:03
タイトル : それでもボクはやってない
「それでもボクはやってない」です。 『Shall we ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりに手掛けた社会派ドラマ。... more
Tracked from 本読め 東雲(しののめ).. at 2007-11-15 18:46
タイトル : 映画では語れなかったこと 周防正行著 「それでもボクはや..
「それでもボクはやってない 日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!」 それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!周防 正行 (2007/01)幻冬舎この商品の詳細を見る 同名の映画も公開されましたが、映画では描けなかったこと、製作時に感じた混..... more
Commented by panchan1121 at 2007-02-15 07:05
一度つかまったら、もう、おしらすにて「白状せい!」って感じなんですね。
冤罪の裁判をみてると、他人事に感じてましたけど、それこそどこにでも巻き込まれる種はありそうでした。
両手挙げて電車にのらないといけないかも(汗)。

あの裁判官は、プロかと思いました、自分(笑)。
Commented by mori2fm at 2007-02-15 09:52
>ぱんちゃん。様。
両手挙げて、電車が揺れて倒れた瞬間に女性に触っちゃったら…。
やっぱり“冤罪”ですかね?(^^;
Commented by nasuka99 at 2007-02-15 12:08
カヌさんところにも書きましたが、
こうなったら、絶対痴漢が成立しない場を作るしか方法はないと(笑)
DVでも一緒なんですけどね、
こういうのって、「なんかアヤシイなぁ・・・」と思っても、
被害者(=弱者)の言い分を信用してかかる、
という掟があるんですって。
実際は、賠償金狙いのでっちあげだってあると思うんですけどねぇ・・・
Commented by mori2fm at 2007-02-15 22:12
>ナスカ様。被害者の言い分がすべてなら…警察は
要りませんね。いやあ、でも恐い!!
Commented by borderline-kanu at 2007-02-15 23:48
こんばんは。
いまの状態なら男も自衛するしかないですよね。
今まではラッキーやったと思うことにします・・・ カヌ
Commented by mori2fm at 2007-02-18 08:15
>カヌ様。どうもです。
でも、電車乗る度に自衛するってのもねえ~。
ホント住みにくい世の中になりましたな~(^^;。
Commented by keina_51 at 2007-02-18 09:16
はじめまして。TBを辿って遊びに来ました。
満員電車の中で吊り革2つに両手でつかまってるオジサンをよく
見かけるんですが、あれも自衛の一種なんでしょうかねぇ。
でも人の分の吊り革まで奪うのはやめて欲しい・・・(笑)
Commented by mori2fm at 2007-02-18 23:43
>keina_51様。いらっしゃいませ!
いやいや、人の分をとってでも自衛できるもんなら、
自衛しまっせ!!
Commented by tonbori-dr at 2007-03-02 23:23
TBありがとさんでした、こちらも頂きます!
Commented by mori2fm at 2007-03-05 01:28
>とんぼり様。お買い上げ、ありがとうございます(^^;。
Commented by タウム at 2007-11-15 18:37 x
TBさせていただきました。

映画では語れなかったこと、裁判だけではなく事件や事故の捜査や取調べのやり方なんかにまで、監督は疑問を元検事の弁護士にぶつけていて、裁判とか捜査とかほんとに変えなければならないなと痛感しました。
Commented by mori2fm at 2007-11-17 01:51
>タウム様。本を読まれたのですね?
まあホントに変えなイカンところが、イッパイありそうですね。
こんなんで、裁判員制度なんて上手く機能できるんでしょうか?
by mori2fm | 2007-02-15 02:00 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(5) | Comments(12)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm