「オール・ザ・キングスメン」今の日本にピッタリ?

 “談合”“汚職”“政治の私物化”etc etc…。昨今の日本の地方自治が抱える問題点の数々。「オール・ザ・キングスメン」(ソニー・ピクチャーズ)。この映画は、そんな現在の日本にとって、非常にタイムリーな内容が描かれているような気がします。


 1949年、ルイジアナ州の小さな町・メーソン。新聞記者・ジャック(ジュード・ロウ)は、郡の出納官・ウィリー(ショーン・ペン)と出会う。ウィリーは、『学校の建築工事に談合の疑いがある』と訴えるが、誰にも相手にされない。しかし、その学校で欠陥工事が原因の事故が起き、児童が死亡する。ジャックはこのことを記事にし、ウィリーの訴えが正しかったことを世間に知らしめる。やがてウィリーのもとに州の役人・タイニー(ジェームズ・ガンドルフィーニ)がやって来て、ウィリーを次の知事選挙の候補として出馬させる。しかし、それは対立候補の票を割る為に有力候補陣営が画策した物で、ウィリーは単なる当て馬だった。そのことに気付いたジャックは、ウィリーに真実を告げる。ウィリーは、それまでの演説原稿を破棄し、“不正を憎む、貧しい役人”という自らの思いと言葉で有権者に語りかけていく。やがてそれは大きな力となり、ウィリーは知事選挙に勝利するのだった。それから5年の月日が流れ、ウィリーの知事としての権力は絶大な物になっていた…。


 『不正を憎んでいた男が権力の座に着き、いつしかその亡者と化していく』よくあるお話です。日本だけでなく、これは全世界共通でいえることでしょう。権力の中枢にいながら、公明正大でい続けるというのは、なかなか難しいことだと思います。この映画の主人公のウィリーも、最初は弱者の側にいるのですが、やがては権力の波にのまれ、その魔力に溺れてしまいます…。て、感じなんでしょうが、残念ながらこの映画、ウィリーが権力の側に堕ちていく様が、あまり描かれてないんですよね。選挙に勝った後、いきなり5年が経ってしまいますので、何でそこまで悪くなったか?がイマイチよくわかりません(実際に賄賂を受取ったとかいうシーンが出てこないので)。選挙前に弱者の側から言ってたことは、知事になってからの政策にも反映されていたように感じられるので、判事から弾劾されるという話が出てきたときも『コイツ、そんなに悪いことしてるか?』と思ったのが、吾輩の正直な感想です(そりゃ、『酒を飲むようになった』とか、『女グセが悪くなったとか』はあるんですけど。それって、権力や政治には無関係でしょ?)。その辺をもう少し掘り下げて描いてくれれば良かったような気がします。大河ドラマなんですから、もう少し上映時間が長くても(2時間8分では、モノ足りん!)問題ナシでしょう。ひょっとしてそんなところが、アメリカで大コケしてしまった要因の一つかも知れませんね。


 ただこの映画、キャスティングは秀逸です。ショーン・ペンの狂気を孕んだ演技は、観る者を圧倒せんばかりですし、ジュード・ロウの控えた演技も見事。そしてわずかな出演で、その存在感を強烈にアピールするアンソニー・ホプキンス。“動”のショーンを“静”で受ける貫禄が素晴らしいの一言!この男達の共演に、無垢で可憐でありながら、やがて汚れていってしまうジャックの思い人・アンを演じたケイト・ウィンスレットと、政治(権力)の世界で生きる女・セイディの悲哀を演じたパトリシア・クラークソンが絡み、非常に濃厚な人間ドラマが繰り広げられます。うん、こんな展開ならホントにもう少し長くても良かったと思いますよ。惜しいな~!


 「オール・ザ・キングスメン」は、4月7日(土)から全国ロードショーです。地方自治が山ほど問題を抱えている今こそ、この映画を是非映画館でご覧下さい。


「オール・ザ・キングスメン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

オール・ザ・キングスメン@映画生活
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/5276241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2007-04-09 11:08
タイトル : オール・ザ・キングスメン/ショーン・ペン、ジュード・ロウ
意図したわけじゃないんだけど、偶然にも都知事選の投票日にダーティな州知事が登場するポリティカルなヒューマンサスペンスを観賞してきました。選挙は棄権せずに出来るだけ投票するように心懸けているけど、街頭演説なんて一度も遭遇しなかったから選挙公報やTV出演時の印....... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2007-04-11 21:59
タイトル : 「オール・ザ・キングスメン」:芝浦埠頭駅入口バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}この急カーブ、道路か? {/hiyo_en2/}たぶんね。 {/kaeru_en4/}まあ、日本の道路もいろいろ問題多いんだろうな。 {/hiyo_en2/}アメリカにも多いみたいよ。「貧しい人たちのために道路をつくります」て、大声で叫んでた州知事もいたけど。 {/kaeru_en4/}それって映画の中の話だろ。「オール・ザ・キングスメン」。 {/hiyo_en2/}そうそう、ショーン・ペンが貧しい庶民に選ばれた州知事に扮していた映画。ほとんどショーン・ペンの一人芝居よね、...... more
Tracked from 本読め 東雲(しののめ).. at 2007-04-14 22:46
タイトル : 野望はやがて汚れて・・・ 映画「オール・ザ・キングス・メン」
ひさしぶりの映画です。 久しぶりに映画館に行ったきました。 上映時間が待たないものってことでこの映画です。 まぁ、何となくネットで内容は調べていきましたが・・・。 「オール・ザ・キングズ・メン」... more
Tracked from 分太郎の映画日記 at 2007-04-16 10:31
タイトル : 『オール・ザ・キングスメン』
 ショーン・ペン、ジュード・ロウ主演の、アメリカの政治映画(っていうジャンルがあるか分からないけど)。 日比谷のみゆき座にて鑑賞。 『オール・ザ・キングスメン』 評価:☆☆☆【あらすじ】 アメリカ南部の市の役人ウィリー・スターク(ショーン・ペン)は、汚...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-04-17 00:09
タイトル : オール・ザ・キングスメン
19 49年、ルイジアナ州。新聞記者として活躍していたジャックは、郡の汚職を非難していた役人のウィリーと出会います。やがて役人を辞めたウィリーは、州知事選に立候補することになります。当初は対立候補の当て馬として担ぎ出されただけだったウィリーですが、形勢が逆転し、... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2007-04-19 22:50
タイトル : オール・ザ・キングスメン 2007-17
「オール・ザ・キングスメン」を観てきました〜♪ 新聞記者のジャック(ジュード・ロウ)がウィリー(ショーン・ペン)と知り合ったのは、役人である彼が州の汚職を非難していた頃。その後、知事の候補として立候補するウィリー、当初当て馬のはずだったのだが・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、知事に当選できるかも!?... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-05-06 16:06
タイトル : オール・ザ・キングスメン
最近、とても忙しくて ここ最近更新が滞ってましたが 脚本ゼミの仲間とスケジュールを合わせて 「映画を観る会」を決行しました。 作品のチョイスは私。 当たりますように。 1940年代のルイジアナ州。 政界の腐敗を糾弾し、知事選挙に立候補した実直なウィリー・スタークは... more
Commented by タウム at 2007-04-14 22:47 x
TBさせていただきました。

派手さはなかったですが、じっくりと鑑賞できる佳作だと思いました。
ショーン・ペンもジュード・ロウもなかなか良かったし・・。
Commented by mori2fm at 2007-04-15 16:22
>タウム様。いらっしゃいませ!
派手さはなかった…ていうか、地味すぎです!
このまま殆んど話題になることなく、ひっそりと上映終了に
なりそうです。惜しいなあ。
by mori2fm | 2007-03-23 21:54 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(7) | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm