「ブラックブック」映画バカ一代・バーホーベン監督、健在!

 「ロボコップ」「トータル・リコール」「氷の微笑」「ショーガール」「スターシップ・トゥルーパーズ」「インビジブル」…。これまでの彼の作品ラインアップを見れば、如何に彼が“愛すべきバカ映画監督”であるかが、おわかりいただけると思います。そう、彼の名は…ポール・バーホーベン。そんな彼がハリウッドを飛び出し、23年ぶりに故国オランダで作ったのが本作、「ブラックブック」(ハピネット/東芝エンタテインメント)。これまた、どんなとんでもない映画なのかと興味半分、期待半分で観に行ってまいりました。

 
 1944年、ナチス・ドイツ占領下のオランダ。隠れ家を爆撃で失った、ユダヤ人・ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、レジスタンスの手引きで占領から解放された南部へ船での脱出を計るが、その途中ドイツ軍の襲撃を受け、目前で家族を皆殺しにされてしまう。すんでのところで川へ飛び込み難を逃れたラヘルは、レジスタンスに助けられる。そして、ブルネットだった髪をブロンドに染め、エリスという偽名を名乗り、レジスタンスの組織で働くことを決める。やがてエリスは、レジスタンスのスパイとしてドイツの諜報機関に潜入。ドイツ軍の将校・ムンツェ(セバスチャン・コッホ)に近付いていく…。


 ゴメンナサイ…m(_ _)m。冒頭で散々『バカ、バカ』と言っちゃいましたが、非常に真面目に作られた映画です。見応え充分の2時間24分でございます。この映画、オランダ映画史上過去に類を見ない制作費(日本円で約25億円!)が掛かったそうで、オランダだけでは賄いきれない…ってことで、ドイツ、イギリス、ベルギーにも声を掛けて、4カ国合作という国際的なプロジェクトとして完成したんだそうです。それだけにストーリーも重厚で、戦争映画でありながら人間ドラマとしても、愛憎・裏切り・といった辺りが丹念に…まるで昼のメロドラマのように…描かれ、非常に濃厚で素晴しい内容になっています。
 とは言っても、そこはバーホーベン監督の映画。彼のこれまでの映画に通じる“エロ・グロ・バイオレンス”といった不変のテーマ(笑)も映画の随所に出てきます。バーホーベン節は、故郷に帰っても健在ってとこですね。

 今回バーホーベン監督は、“脚本”としてもクレジットされています。ハリウッドで撮った映画では、彼は脚本としてクレジットされたことはなかったそうです。これはやはり英語で書くことに自信がなかったからだそうで、今回は母国語ってことで、自信を持って書けた(正確には“共同脚本”)そうです。だからでしょうか、映画全体からもバーホーベンのやる気が、バンバン伝わってきます。

 バーホーベン監督は、ハリウッドにはかなり嫌気が差したようで、今後はオランダでもっと映画を撮りたい(ひょっとしたら、ハリウッドには戻らないかも…)と、考えているそうです。それはそれで良いことだとは思うのですが、果たしてこの先日本で彼の新作を観ることが出来るのだろうか(日本でのオランダ映画のマーケティング事情などを考えますと…)?と、少々不安も感じてしまいます。そういった意味からも、この映画は必見です!


 「ブラックブック」は、ただいま全国順次拡大ロードショー中です。故国に帰ったバーホーベン監督、渾身の一作を あなたも是非、映画館でご覧下さい。

映画『ブラックブック』公式ブログ~バーホーベンはお好き~

「ブラックブック」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ブラックブック@映画生活
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/5342742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from nancix diary at 2007-04-05 02:57
タイトル : やはり東は東、「ブラックブック」試写会
さて3日夜、まもなく公開される新作映画「ブラックブック」の大阪試写会に行ってまいりました。 ちょうど1944年、ナチスドイツ占領から解放される寸前のオランダを舞台にしていて、主人公はレジスタンスに身を投じながらも敵のナチスドイツ将校(ただし切手の価値をよく..... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2007-04-06 09:20
タイトル : ブラック・ブック/ BLACK BOOK
『ショーガール』{/fuki_suki/}で、ゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞) (愛すべき(たぶん)"最悪"映画賞) 受賞経験アリの、ポール・バーホーベン監督の久々の最新作!! なんだかんだ言ってもわたし、 ポール・バーホーベン作品好きだなぁ{/hearts_pink/} 監督が23年ぶりに故国オランダに 戻って完成させたという本作、史実に基づきながら 20年以上構想を練りバーホーベン自身が脚本を書き上げたという。 (共同脚本はいつもコンビのジェラルド・ソエトマン)。 今年のアカデミー賞外国...... more
Tracked from カノンな日々 at 2007-04-09 00:40
タイトル : ブラックブック/カリス・ファン・ハウテン
けっこう話題の大作だと思ってたんだけど上映してるとこは意外と少ないんですよね。私は川崎のチネチッタで観たんだけど小さいキャパの劇場が割り当てられていたせいかかなりの盛況ぶりでしたよ。春休み映画としては他の作品に集客力で劣るのかな?確かに子供向けアニメって....... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-04-09 18:34
タイトル : 映画:ブラックブック試写会
ブラックブック試写会(新宿明治安田生命ホール) 「苦しみや悲しみは終わることはないの」 (原題:Black Book)ナチ占領下のオランダ、迫害されるユダヤ人、ナチに抵抗するオランダ人組織、彼等を追い詰めるナチ諜報部。戦争の中で肥大した欲望が他者への迫害や虐殺、復讐と... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-04-10 22:50
タイトル : ブラックブック
ドイツ兵に家族を殺された女性。けれど、その裏には、ユダヤう人をカモにしてひと稼ぎしよううと楽企む人あり、保身のために、ユタヤ人たちを痛めつける人あり...。 ラリスは、家族をドイツ兵に殺され、レジスタンス運動に参加するようになります。そして、髪を染め、エリ... more
Tracked from 分太郎の映画日記 at 2007-04-11 09:59
タイトル : 『ブラックブック』
 『ロボコップ』『氷の微笑』の鬼才ポール・バーホーベン監督の最新作は、ハリッウドを離れ、23年ぶりに故国オランダで撮影したもの。 第二次世界大戦、ナチス・ドイツ占領下のオランダを舞台に、過酷な運命に翻弄されながらも毅然と生きるユダヤ人女性を通して、レジス...... more
Tracked from しねまだいあり~~ず。 at 2007-04-12 00:25
タイトル : ブラックブック(蘭・独・英・ベルギー)
第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンスドラマ。 京都のシネコンでやってないので、大阪まで行ってきました(笑) 戦争の映画やというだけの予備知識で、 こういう、ナチやスパイものだとはまったく知らず。 おまけに、知った俳優も1人もいないオランダの映画。 しかし、よかったです。面白かった。 わざわざ行った甲斐がありました~♪ たしかに、感動とか文学的なものはないけど、 でも145分ほどの長さをまったく感じず...... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2007-04-14 18:28
タイトル : ブラックブック
おお神よ 信じる者を 誰が救うのだ   この作品に痛く興味を惹かれて観てしまったのだが、前触れ告知での「シンドラーのリスト」「戦場のピアニスト」そして、これ!、みたいな、そんな延長線上にあるんだぞ、というちょいと眉唾くさいなあと思いながらも信じてみようか、... more
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-04-15 17:36
タイトル : 『ブラックブック』
監督:ポール・バーホーベン CAST:カリス・ファン・ハウテン 、セバスチャン・コッホ 他 STORY:1944年、ナチス占領下のオランダ。ユダヤ人で歌手のラヘル(カリス・ファン・ハウンテン)は、逃亡途中で家族をドイツ兵によって殺されてしまう。逃げ切ったラヘルはオランダのレジスタンス運動に参加し、ドイツ軍に捕らえられた仲間を助ける為にムンツェ将校(セバスチャン・コッホ)に近づく・・・ 次から次へと押し寄せる激しい展開に、2時間半の上映時間もアッと言う間でした。 主人公ラヘルの家族は誰の裏切りに...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2007-04-17 23:42
タイトル : ブラックブック
苦しみは終わらないの・・・... more
Tracked from よしなしごと at 2007-04-22 15:56
タイトル : ブラックブック 見てきました。
 いつもお世話になっているKさんオススメの1作ブラックブックを見てきました。いつも映画館はもうすぐ終わってしまいそうだし、それにレイトショーやっていないので、前売り券を1,480円で買っての鑑賞です。このチケットを売っているお店は、前売り券が上映作品もまだ上映されるまえの作品も、前売り券が20円引きという微妙な値段で売っているんです。... more
Tracked from シネマログ  映画レビュ.. at 2007-05-01 21:56
タイトル : ブラックブック BLACK BOOK
復讐するは我にありポール・バーホーベン監督による、第二次世界大戦下での史実にインスパイアされて製作された戦争映画。■ストーリー:1944年のナチス・ドイツ占領下のオランダで、若く美しいユダヤ人歌手ラヘルは、レジスタンス(解放戦線)の助けによってオランダ南部へ逃れようとするが、何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。復讐のために名を変え、レジスタンスのスパイとなり、ナチスの謀報部へ色仕掛けで潜入するが、憎むべき謀報部のトップであるドイツ将校ムンツェを次第に愛...... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2008-02-20 16:55
タイトル : ≪ブラックブック≫(WOWOW@2008/01/14@0..
ブラックブック   詳細@yahoo映画 第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、 家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンス 主演の“カリス・ファン・ハウテン”はちょっと雰囲気が“キルスティン・ダンスト”っぽ... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2008-04-06 23:42
タイトル : ブラックブック
映画館で予告を観て、ちょっと面白そうでした。 DVDで観賞。 1944年、ナチス占領下のオランダ。 美しいユダヤ人歌手のラヘルは、南部へ逃亡する途中、 何者かの裏切りによって両親や弟をナチスに殺されてしまう。 レジスタンスに救われたラヘルは、 エリスと名を変え、髪... more
Tracked from KATHURA WEST at 2011-07-02 05:25
タイトル : ブラックブック
事実に基づいた資料からヒントを得たという物語。ナチの残虐さとレジスタンスに命を懸けた人々の闘いを見ていると、人間というのはどういう生き物なんか解らなくなってしまう。 ブラックブック 監督:ポール・バーホーベン 2006/オランダ 「ブラックブック」の映画詳細はこちら >> 物語は最後まで結末が想像できず。サスペンスに近いストーリィである。残虐な場面、エログロの場面も全て描きながら、ダイナミックに展開していく。人間の醜さ強さ弱さがみごとに描き出され、見終わった後もしばらく...... more
Commented by rm1015 at 2007-04-12 00:26
TBありがとうございました♪
カード持ってるので、東宝シネマズでできるだけ観たいのです(笑)
まあ、電車賃考えたら、かなり損こいてると思うんですけどね(゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!!
Commented by mori2fm at 2007-04-15 16:17
>みー様。“シネマイレージカード”ですね。吾輩も持ってます。
その気持ちわかります。ポイントが欲しい~(^^;!!
by mori2fm | 2007-04-03 01:35 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(15) | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm