「ダイ・ハード4.0」オッサン、やりすぎ!!

 12年ぶりに登場、ジョン・マクレーン!「ダイ・ハード4.0」(20世紀FOX)。歳は喰った、頭の髪は無くなったけどアクションは健在!って言うか、むしろやり過ぎ!ここまでしたら。   


 FBIのサイバー犯罪部が、何者かによるハッキングを受けた。責任者のボウマン(クリフ・カーティス)は事態を重視し、ブラックリストに載っているハッカー達を根こそぎ連行して来るように命令を出す。同じ頃、NY市警のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、離婚して離れて暮らす娘・ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に会うため、ニュージャージー州の大学構内にいた。そこへ警察無線で、近くに住むマット(ジャスティン・ロング)というハッカーの身柄を拘束し、ワシントンのFBI本部へ連行せよとの命令が入る。嫌々ながらも、マットのアパートを訪れるジョン。マットの所在を確認し、部屋へ入った瞬間、2人はいきなり正体不明の武装集団に襲撃される。何とか敵を撃退したジョンは、マットを連れて一路ワシントンを目指す。だがこの夜の事件は、その後に起こる大事件の、ホンの序章に過ぎなかった…。


 “12年ぶりのシリーズ最新作”ってことで、過去のシリーズとどの位リンクさせてあるのかな~と、楽しみにして行ったんですが、殆んどリンクしておりません。と、言うよりも、アレだけのトンでもない事件(テロリストと、高層ビルで戦ったり国際空港で戦ったり、はたまたNYの危機を救ったり)が、歴史上から抹殺されているような設定になっております。ですから、過去を知らない若い世代の方々には、何の抵抗も無く“普通に良く出来たアクション映画”として楽しんで観ていただけるとは思います。が、我々世代からしますと「ダイ・ハード」的な良さが薄くなってしまったようで、その辺が残念でしたね。
 

 吾輩がこの映画を観たシネコンの近くには、高速道路があるんですよ。で、帰り道にその高速道路を見上げてつくづく思いましたよ…『あんな高さから落ちたら、普通に死ぬわな…』そう、そりゃ確かに「ダイ・ハード」=「なかなか死なない」という意味はありますし、過去のシリーズでも結構ムチャやってたとは思いますが、今回は明らかに“やりすぎ”じゃね~か?ジョンはスーパーマンじゃなく、あくまでも“普通のオッサン”ですからね。生身でアレやったら、無事でスマンやろう?
 先日TVでやってた1作目を久々に観たんですが、ブルース・ウィリスが若い(当たり前)!で、この頃はまだ目がオドオドしていてホントにジョンの『ああ、何で俺がこんな目に遭うんだ?まったくツイてない!』て感じが非常に良く出てるのですが、回を重ねて4回目ともなりますと、ジョンもハクが付いてまいりまして、『おお、どっからでも掛かってこんかい!』てな感じになっております。そう“巻き込まれる”と言うよりも“巻き込まれに行ってる”て感じが…(^^;。そのあたりもチョット“やりすぎ”かな~と。


 さあ、この映画が当たりますと、またシリーズは続いちゃうんでしょうか?その場合、タイトルは「ダイ・ハード5」なのか、それとも「ダイ・ハード4.5」なんて数字になるんでしょうか(^^;?


 「ダイ・ハード4.0」は、6月29日(金)より全国一斉ロードショー!さあ、あなたも“アナログおやじ”が魅せるハイテンポ・アクションを是非映画館の大スクリーンで、ご堪能ください!



「ダイ・ハード4.0(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ダイ・ハード4.0 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新 

ダイ・ハード4.0@映画生活

ダイ・ハード4.0 - goo 映画
ダイ・ハード4.0 - goo 映画

[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/5798279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ★☆★風景写真blog★.. at 2007-06-28 06:19
タイトル : 『ダイ・ハード4.0』鑑賞!
『ダイ・ハード4.0』鑑賞!!!! あの大ヒット・シリーズ「ダイ・ハード」が12年ぶりに帰ってくる!!!! 全ての機能がデジタルによって制御された現在 もしそのシステムがテロによって 攻撃されたら・・・ 全米のインフラがストップし 米政府すらも機能しなくなってしまう それが今、現実となる 原題::::LIVE FREE OR DIE HARD 2006年/ アメリカ 2007年6月23日(土)世界最速先行ロードショー! 日本公開::::2...... more
Tracked from けちけちオヤジのお気楽ダ.. at 2007-07-02 21:31
タイトル : 映画鑑賞記「ダイ・ハード4.0」
鑑賞日:07.06.29 鑑賞場所:シネマイクスピアリ  あの男、再起動! いつも、望んでもいないテロリストとの大乱戦に巻き込まれ、散々痛めつけられて「何で俺がこんな目に遭わなくちゃならないのか・・・」と己の運の無さを嘆きながらも、不屈の闘志で、絶体絶命の危機を乗り越えてきたマクレーン刑事。 今度の敵は史上最悪のサイバー・テロ。 アナログ刑事はどう立ち向かうのか? <ストーリー> (公式HPより)  独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に設置されたサイバー犯罪部に異変が起こ...... more
Tracked from nest nest at 2007-08-02 12:44
タイトル : ダイ・ハード4.0
 コンピュータを狂わすサイバー・テロの猛威により都市部の信号は消え、政府の機能が麻痺するなど、全米がパニックに陥ってしまう。偶然にも事件に巻き込まれてしまったマクレーン刑事は、テロリスト集団に迫ってゆく。 ダイ・ハード4.0(字幕版) | ウーマンエキサイトシネマ 見てからもう1ヶ月近く経っているので、おぼろげなところもありますが、よかったと思います。(特に、これの前に見てから結構経っていたけれど、この作品の出来がよかったから。) ※書き忘れてましたが、「独立記念日」7月4日がレディースデイ...... more
Tracked from 閑遊閑吟  at 2007-08-07 07:43
タイトル : ダイ・ハード4.0
いや~~暑いですねぇ。 我が家は同じ敷地内の義父母宅が改築中で、 その騒音と土煙りがすごくて昼間は家にいるのがどうにも苦痛。 旦那は会社、息子は部活で外に出ているからいいけど、 家で仕事をすることが多い私は一日中いると頭がおかしくなりそうです。 時間の許す限り、なるべく外出しようとしているんだけど、外を歩くのも暑くて辛い。 やっぱりこういう時は映画館が一番でしょ、ということで久しぶりに行ってきました、シネコン。 『ダイ・ハード』には特別に思い入れはないけれど、一応1~3まで全...... more
Commented by nasuka99 at 2007-06-28 15:27
そもそも、なぁ~んで"4.0"なんでしょうねぇ~??
アプリケーションのバージョンアップかいっ!って感じですが、
やっぱり次に来るのは”4.5”あたりなのでは・・・
ブルースと言いハリソンと言い、やりすぎっすよね。
アクションよりも、心臓麻痺か脳出血で死ぬんじゃないかとヒヤヒヤしますもん。
ショーン・コネリーみたいに潔く引退して欲しいですよねぇ・・・
Commented by simax2exc at 2007-07-04 23:28
4.0ってねぇ~~、って私も思ってましたよ。何考えているんでしょうねぇ?
4.5って中途半端な数字もねぇ、でもともかく何か企画があるのかもしれませんね。。単に注目されたいだけ、って場合もあるけど(笑)
私はどーもこの手の映画が苦手で。。。マンガだと思えばいいんでしょうけど。。
Commented by mori2fm at 2007-07-11 21:25
>ナスカ様。いやまあブルースは、まだ引退って歳では…(^^;。
でもアナログ親父の映画でバージョンUpの様な
タイトルの付け方はね~…。
>しまにゃん様。苦手ですか?マンガだと思ってください!
そしたら楽しめますよ!!
Commented by chiering2 at 2007-07-15 00:04
原題は4.0じゃないんですよ。
Live Free or Die Hardなんです。
でも劇場でも4.0と出たので不思議だったんですが。。。
あ、こないだ時間つぶし(こら)に観てきましたけど、
お約束満載で安心して観てられました(笑)
Commented by mori2fm at 2007-07-18 01:12
>姫様。そうですね、現題は違いますよね。
時間つぶしって…(^^;。あ、でもお手軽でちょうどイイかもですね。
Commented by snowdrop99 at 2007-08-02 12:43
あちらでは仮につけるworking titleで4.0だったようで、まあシャレだったんでしょうね。日本じゃさすがに原題は長すぎるから、こっちにしたんでしょう。
主人公はアナログだけど、テーマはITですし。TBさせてもらいます。
Commented by mori2fm at 2007-08-07 01:21
>雪様。これまでのシリーズでも、長いタイトル着いてても
日本じゃ“3”とか数字だけでしたモンね。
まあ、シンプルな方がわかり易いですからね。
by mori2fm | 2007-06-28 02:08 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(4) | Comments(7)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm