「クライマーズ・ハイ」あの夏の記憶が、甦る…。

 ベストセラー作家・横山秀夫原作小説の映画化。「クライマーズ・ハイ」(東映/ギャガ・コミュニケーションズ)。1985年夏に起きた、“日航機墜落事故”。この映画は、その事故に正面からぶつかっていった、地元地方新聞社の“戦い”を描いています。


 悠木和雅(堤 真一)は、亡き親友の息子・安西燐太郎(小澤 征悦)と共に、谷川岳・一の倉沢の“衝立岩”の登攀にアタックしていた。それは、親友だった燐太郎の亡父と、23年前の夏に果たせなかった約束だった。登攀の最中、悠木は23年前の夏に起こった出来事に思いを馳せる…。
 1985年8月12日。北関東新聞社の遊軍記者だった悠木は、山仲間の販売局部員・安西(高嶋 政宏)と、谷川岳・一の倉沢の“衝立岩”へチャレンジする為、仕事を終え社を後にしようとしていた。そこへ、社会部員で県警キャップの佐山(堺 雅人)が近付き、耳打ちする『ジャンボが消えたそうです…』次の瞬間、通信社のニュース速報が社内を駆け巡った。『日航123便が、レーダーから消えた。長野・群馬の県境に墜落した模様。乗員・乗客524名』単独の航空機事故としては、史上最悪。群馬県の地方新聞社である北関東新聞社にとってそれは、これまでに遭遇したことの無い規模の事故との“戦い”の始まりを告げるものだった。ワンマン社長・白河(山崎 努)は、全権デスクに悠木を指名。悠木は、地方新聞記者としての、意地とプライド・誇りを懸けて、取材に取り掛かる。非常事態を前に、神経を擦り減らされ、あちこちで軋み始める人間関係。やがて悠木は極限の精神状態“クライマーズ・ハイ”の世界へと足を踏み入れていく…。



 これは原作者である横山秀夫氏が、事故当時実際に地元群馬の新聞記者として、取材に携わった記憶を許に書かれた“フィクション(事故は現実ですが、北関東新聞社は、実在しません)”です。そしてその原作を受けて、原田 眞人 監督が徹底的にリアリティを追求して、撮影しています。ですから新聞社の内情、記者たちの動き、取材体制の様子などが、とてもリアルに描かれていて、非常に重厚で緊迫感のある“絵”に仕上がっています。正に入魂の一作と言えるのではないでしょうか。観ていてそれはスクリーンから、ヒシヒシと伝わってきました。
 
 23年前、当時高校生だった吾輩は、リアルタイムにTVのニュース速報を見ました。次々と入ってくる情報、なかなか特定されない墜落地点など、一晩中TVから流れてくるニュースに釘付けになっていました。そして翌朝、TVの画面に映し出された墜落現場の壮絶な映像に凄まじい衝撃を受けたことを、今でも鮮明に憶えています。その裏で繰り広げられていた、壮絶な人間ドラマ。俳優達の見事な演技によって、それがスクリーンに再現されています。“クライマーズ・ハイ”とは、登山用語で『登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態』を意味するのだそうです。あの夏、悠木や北関東新聞社の面々は、事故の取材を通して“クライマーズ・ハイ”を体験しました。この映画は、観ている我々にも“クライマーズ・ハイ”を体験させてしまう…そんな迫力と緊迫感が漂っています。

 毎度の如く、原作未読の吾輩ですが、ラストのニュージーランドのシーンは必要でしたでしょうか?何か、あそこだけ違和感を感じてしまいました。違和感といえば、堤さんの老けメーク!う~ん、60代には見えませんよ。元がまだまだお若いから。でも「魍魎の匣」に続く、監督・主演コンビ。うん、イイ仕事してますね。これは力作です。
 本作で最も注目すべきは、堺 雅人さんでしょう。これまでの“柔和でいい人”というイメージとは違った、眼光鋭い新聞記者の役を熱演されています。彼の新しい一面を見る事が出来ます。これからますます、出番が増えるでしょうね。

 「クライマーズ・ハイ」は、7月5日(土)より、全国ロードショーです。23年前の夏、日本中を震撼させた大事故。その裏で奮闘した人間たちのドラマを、あなたも是非映画館でご覧下さい。

「クライマーズ・ハイ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『クライマーズ・ハイ』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

クライマーズ・ハイ@映画生活

クライマーズ・ハイ - goo 映画
クライマーズ・ハイ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/7247131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アートの片隅で at 2008-06-27 10:21
タイトル : クライマーズ・ハイ
「クライマーズ・ハイ」の試写会に行って来ました。 会場の中野サンプラザに行く為に中野駅に到着したら、何と豪雨に雷という最悪の状況でした。 帰りには、三鷹付近に雷が落ちたせいで、中央線が大混乱になっていました。... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-06-28 02:22
タイトル : 『クライマーズ・ハイ』
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。 昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。 1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登... more
Tracked from 象のロケット at 2008-06-30 18:56
タイトル : クライマーズ・ハイ
1985年8月12日。 群馬県御巣鷹山にJAL123便墜落。 死者520名。 世界最大で最悪の単独航空機事故発生。 地元紙の航空機事故全権デスクを任されたのは、組織から一線を画した遊軍記者だった。 モラルとは? 真実とは? 新聞は命の重さを問えるのか? 信念を通そうと必死にもがく、新聞記者たちの濃密な日々の記録。 実話にもとづくヒューマンドラマ。... more
Tracked from まぁず、なにやってんだか at 2008-06-30 19:35
タイトル : クライマーズ・ハイ
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。 原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメラワークで、私も北関東新聞社の一記者になったような気持ちで観てしまいました。 悠木(堤真一)が采配をまかされて、キビキビと仕事をこなすところはかっこよかったですねぇ。 オンとオフの対比がうまかったです。 新聞社の他の社員のキャラクターがはっき...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2008-07-04 01:29
タイトル : クライマーズ・ハイ
 チェック 、 ダブルチェック... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2008-07-05 17:43
タイトル : クライマーズ・ハイ(2008年)
『半落ち』などの警察小説で有名な横山秀夫が原作。1985年8月12日のJAL123便墜落事故をベースに、事故現場となった地方新聞社の記者たちの1週間が熱く描かれています。 あのJAL123便墜落事故の事は、良く覚えています。夜中までテレビにかじりついて報道を見ていました。夏休みだったから良かったですが、翌日は完全に寝不足でした。坂本九さんや、阪神タイガースの球団社長など著名人が多数犠牲になったことも、事故の衝撃に輪を掛けましたね。あの年、阪神タイガースは発奮して、優勝しました。 ベースとなっている...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-07-05 22:42
タイトル : クライマーズ・ハイ
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。... more
Tracked from Thanksgiving.. at 2008-07-06 02:17
タイトル : クライマーズ・ハイ
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともできま...... more
Tracked from せるふぉん☆こだわりの日記 at 2008-07-06 08:32
タイトル : クライマーズ・ハイ
本日より公開、堤真一主演「クライマーズ・ハイ」観てきました。 劇場内、初日のせい... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-07-06 19:19
タイトル : 『クライマーズ・ハイ』
監督:原田眞人  CAST:堤真一、堺雅人、山崎努 他 1985年8月、群馬県御巣鷹山に日光ジャンボ機が墜落、未曾有の被害者を出す大事故が起きる。北関東新聞社では一匹狼のやり手記者、悠木(堤真握..... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-07-07 17:23
タイトル : クライマーズ・ハイ
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  ... more
Tracked from ice-coffee at 2008-07-08 10:08
タイトル : 映画「クライマーズ・ハイ」
昨日 初日に行ってまいりました〜〜^^ 一言でいうならば とてもよかったです〜^^見ごたえありました。何か事故 事件があると 新聞記者 報道の仕事は 壮絶なんだなぁ〜と 感嘆いたしました。... more
Tracked from キネマ徒然草 at 2008-07-08 23:04
タイトル : 映画感想≪クライマーズ・ハイ≫
映画は時間とお金がかかるものなので、百聞は一見にしかずとわかっていても、全て観ることは当然出来ません。 雑誌やネットで収集する情報や、自らの経験を考慮して、鑑賞予定映画を決めます。 今回の映画は、鑑賞予定から外れていました。<b>この映画の監督には、≪伝染歌≫と≪魍魎の匣≫の2作品連続して裏切られた</b>ので、観に行こうという気が起きなかったんです。 しかし、いつも鑑賞予定映画を選定する上で、参考とさせていただいているブログで、高評価を得ていたので、観...... more
Tracked from ・*・ etoile ・*・ at 2008-07-09 00:26
タイトル : 『クライマーズ・ハイ』
'08.06.25『クライマーズ・ハイ』(試写会)@一ツ橋ホール Mッスが当選! おこぼれにあずかって行ってきた。 「1985年8月12日群馬県御巣鷹山の山中に乗客乗員524人を乗せた日航機が墜落した。北関東新聞社の遊軍記者悠木はこの世界最大の航空機事故の全権デスクに任命...... more
Tracked from ネット社会、その光と影を.. at 2008-07-10 12:30
タイトル : クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12... more
Tracked from 日々“是”精進! at 2008-07-10 14:50
タイトル : 劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...... more
Tracked from 映画と秋葉原と日記 at 2008-07-10 17:51
タイトル : 『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しようと... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2008-07-12 13:06
タイトル : 【映画】クライマーズ・ハイ
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。 ■コメント 横山...... more
Tracked from ★試写会中毒★ at 2008-07-13 12:06
タイトル : クライマーズ・ハイ
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:原田眞人 キャスト:堤真一       堺雅人       尾野真千子       高嶋政宏       山崎努       遠藤憲一、他 ■内容■  1985年8月12日、 乗員乗客524名を... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2008-07-15 21:44
タイトル : クライマーズ・ハイ 2008-39
「クライマーズ・ハイ」を観てきました〜♪ 1985年夏。群馬の地方紙、北関東新聞の編集局に羽田発の日航23便がレーダーから消えたとのニュースが飛び込む。まだ事故の全容が見えない中、この事故の全権デスクとして悠木(堤真一)が任命される・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あの夏のあの事件が蘇るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-07-16 12:52
タイトル : 『クライマーズ・ハイ』
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高嶋政宏、マギー、滝藤賢一、皆川猿時、中村育二、野波麻帆、 ■鑑賞日 7月13日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 一部に新人女性記者がいたものの、男臭さと男社会を描いた映画だ...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-07-19 02:33
タイトル : 【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'..
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。 ... more
Tracked from soramove at 2008-07-19 13:34
タイトル : 「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感
「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 仕事について考える、 毎日、仕事が楽しくてたまらない、 そんなふうにはなかなか思えないが、 時々、毎日の繰り返しの中でも やりがいや達成感を覚える、 そんな時まだ続けられるなと ...... more
Tracked from KOBECCO at 2008-07-28 01:11
タイトル : 「クライマーズ・ハイ」
話題の作品も公開から4週にもなると・・・ と思ったので、そろそろと見てまいりました。  『クライマーズ・ハイ』 私も、なにかあります、あの日は・・・ 【ストーリー】  1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく悠木は県警キャップの佐山らを事故現場へ向かわせ...... more
Tracked from よしなしごと at 2008-08-02 19:10
タイトル : クライマーズ・ハイ 見てきました。
 代休をとって映画三昧!と思っていたのですが、暑くて出かける気にならなかったので夕方から。。。と言うわけでクライマーズ・ハイを観てきました。... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2009-01-30 00:51
タイトル : クライマーズ・ハイ
1985年に群馬県御巣鷹山で 起きた日航機墜落事故を 地元新聞社の記者の視点から 描いた作品です。 無線機さえ持っていない あの頃の地元記者の 身体をはった取材は 結構すごいです。 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、 群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。 編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は 佐山(堺雅人)らを事故現場へ向かわせる。 中央紙とのスクープ合戦や組織や同僚との衝突、 熱狂と苦悩に満ちた濃密な一週...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2009-07-09 15:11
タイトル : クライマーズ・ハイ(感想121作目)
クライマーズ・ハイはWOWOWで放送ありして鑑賞したけど 結論は私が生誕の1985年事故の作品も凄く良かったよ 内容は1985年8月12日に群馬県御巣鷹山で日航123便が 墜落した記事を巡る新聞社の記者らの人間ドラマ描いた展開だ 地方の新聞社内墜落の記... more
Commented by tonbori-dr at 2008-06-26 21:39
これNHKでドラマ化されており、そちらも良作です。
堤さんの役を佐藤浩市さんがやっておりまして、当時勢いでエントリをアップした覚えがあります。
原田さんのお手並みも拝見したいですね。
Commented by since1985 at 2008-06-28 21:02 x
23年前、日航機事故、クライマーズ・ハイ。我々にとって、まさに青春真っ盛りじゃないですか。
気になりますね~

当時、私はクライマーズ・ハイどころじゃなかったけど。
だいいち、そんな言葉当時あったの?
Commented by samurai-kyousuke at 2008-06-29 13:59
去年から登山にハマっておりまして、その影響で山に関する小説を何冊か読みました。その中の一冊が「クライマーズ・ハイ」です。ムシムシとした暑さと主人公の憔悴感が伝わってくる様な小説でした。是非映像で確認したいですね。

嫁さんとバイクで北海道へ新婚旅行に出掛けたんですが、帰って来た日にTVで流れていたニュースが、この日航機事故でした。もう23年前なんですね・・・。
Commented by mori2fm at 2008-06-30 01:07
>とんぼり様。それ、吾輩未見でございます。DVDなんぞが
ございましたら、是非見てみたいですね。
>since1985様。そう23年前は、高校3年生でしたよ。
どうなんでしょう?当時からそんな言葉が有ったかどうかは?
何せわれわれ“なんちゃってクライマー”でしたからね~(^^;。
>お侍様。≫主人公の憔悴感…よ~く、伝わってきます。
是非とも映像でご確認下さい。
本当に、時の経つのは早いものです…。
Commented by km_achin at 2008-06-30 19:41
こんにちは!
TBどうもありがとうございました。
私もニュージーランドのシーンに違和感をおぼえた口です。
とってつけたような英語のセリフで、息子役も遠目で誰が演じているかわからない中途半端さだし・・・。

他のシーンは感情移入しやすく、とても面白かったです。
原作も読んでみたくなりました。
Commented by mori2fm at 2008-07-02 02:09
>km_achin様。いらっしゃいませ!
やはり、ラストに違和感をお感じになりましたか?
言われてみれば、息子役誰かわかりませんでしたね。
今、気が付きました(^^;。
原作読んでみたいですが、時間が…(>_<)。
Commented by panchan1121 at 2008-07-28 01:14
私もラストには違和感ありありでした。
でも、映画としては、えらそうにいうと、原田さんのこだわりがいい方向に向かってたと思いました。

DVDは出ているようですから、借りてみると、某公共放送と映画ファンの映画との差がよくわかるかもしれません。
Commented by mori2fm at 2008-07-29 01:53
>ぱんちゃん。様。
ラスト以外は、原田監督の演出の素晴らしさに脱帽しながら
観ておりました。だから余計に、あのラストにあのシーンを
持ってこられた意図が???でして…。
N○Kの、吾輩も気になっておるのですが、なかなかレンタルしてる
暇がなくて…(>_<)。
by mori2fm | 2008-06-26 00:40 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(27) | Comments(8)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm