「チェ 39歳 別れの手紙」そして彼は、“英雄”になった。

[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード
 『2009年は、「チェ」と「チェ」で始まる…』という予告編でもお馴染み、“2つのチェ”の2つ目、前作「チェ 28歳の革命」に続く2部作の終章。「チェ 39歳 別れの手紙」(ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。39歳で、その生涯を閉じたチェ・ゲバラの最期の戦いを、克明に重厚に描き出しています。


 キューバ革命の成功後、チェ(ベニチオ・デル・トロ)は政府の主要メンバーとして、指導者カストロ(デミアン・ビチル)達と共に活動してきた。しかし1965年、チェはカストロに“別れの手紙”を残してキューバを去る。それは革命前のキューバと同様に、世界各地で圧政に苦しむ人々を救うための戦いに、自らが身を投じる決意を述べたものだった。アフリカ、コンゴでの革命蜂起に失敗したチェは、禿げ頭の中年紳士“ラモン”に変装してキューバへ極秘裏に帰国。家族と最後の時間を過ごした後、次なる遠征の地、ボリビアへと向かう。無事ボリビア入国を果たしたチェは、早々に反政府ゲリラ軍を組織し、活動を開始。しかし、ボリビア共産党の書記長ホンヘ(ルー・ダイアモンド・フィリップス)は当初約束した支援を撤回。ゲリラ軍は、ボリビア国民からの支持も受けられぬまま、次第に孤立化していく。やがてバリエントス大統領(ヨアキム・デ・アルメイダ)の要請により、アメリカの援助を受けたボリビア政府軍によるゲリラ一掃作戦が開始され、ゲリラ軍は追い込まれていく。チェのボリビアでの、そして人生最期の戦いが終わろうとしていた…。

 1年余りに及ぶボリビアでの“チェ・最期の戦いの日々”を、スティーヴン・ソダーバーグ 監督は、派手な演出もせず淡々とドキュメンタリー・タッチで撮り上げています。『膨大なリサーチから集めたエピソード…』『本作は、すべて、事実に基づいて作られている…』プレスに書かれている監督の言葉どおり、映画の最初から最後まで、それは徹底しています。前作(「28歳の革命」)では、革命での戦いのシーンに、国連での演説シーンが挿入されたりしておりましたので、まだ幾らかメリハリが感じられたのですが、本作ではそういった演出はなく、本当に淡々と…ラストでチェが死に至るまでを時系列で追っておりますので、おのずと重い作風に仕上がっています。これからご覧になる方には、出来れば前・後編は、別の日に分けてご覧になることをお薦めします。実は吾輩は、試写で続けて見させていただいたのですが、正直とてもシンドい2時間3分(2本合わせると4時間25分!)でした。いえ、決して映画の出来が悪かったと言うのではなく、ただただ吾輩の頭と身体がついていけなかった…って、感じです。

 「28歳…」が“革命家ゲバラ”の誕生という、1人の男の“生”を描いた映画であるならば、本作「39歳…」は、“革命家ゲバラ”の生き様と、その最期という所謂“死”を描いた映画だと言えるでしょう。その“死”はしかし、ただの“死”ではなく、死後41年が経過した今も、世界中の人々から熱狂的な支持を受け続けるチェという“伝説”の誕生をも描いているのです。自らの主義、信念を最後まで貫き、自国も他国も関係なく、己の信じたモノと共鳴したならば、その為には命を懸けて戦う。そんなチェのひた向きで、それでいて愛に満ち溢れた“職業革命家”としての生き方が、今日に生きる我々をも惹きつけてしまうのだと思います。こんな男、なかなかいませんよ!この寒い時代に…。


 ベニチオ・デル・トロは、チェを演じることが昔からの念願だったそうで、今回何と25Kgも減量して、撮影に臨んだそうです。その甲斐あって、見事スクリーンにチェを甦らせています。“役者魂”入魂の演技ですね。但し、先日キャンペーンで来日した際の写真なんかを見ますと、もうすっかり“リバウンド”されてたみたいですね(^^;。


 「チェ 39歳 別れの手紙」は、1月31日(土)より全国ロードショーです。永遠に語り継がれるであろう1人の男の“死”=“英雄誕生”の瞬間を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「チェ 39歳 別れの手紙」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『チェ 39歳 別れの手紙』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

チェ 39歳 別れの手紙@映画生活

チェ 39歳 別れの手紙 - goo 映画
チェ 39歳 別れの手紙 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://moricinema.exblog.jp/tb/7831242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ラムの大通り at 2009-01-20 10:30
タイトル : 『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』
(Che El Argentino/Guerrilla) -----えっ、2本一緒にしゃべっちゃうの。 それって無謀じゃニャい? 「う〜ん。だけどこの映画、 もともと、プロデューサーのローラ・ビッグフォードは 第2部『39歳別れの手紙』のパート、 一般的にあまり知られていない チェ・ゲバラのボリビアでの活動を描こうとしたところ、 それだけでは彼がなぜボリビアに行く決意をしたか、 観客には分かりづらいと、 『28歳の革命』にあたる部分、 キューバ革命とニューヨークでの国連演説の場面を追加。 構成を再構...... more
Tracked from 象のロケット at 2009-01-22 13:41
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙
1965年、キューバから忽然と姿を消したゲバラ。 様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、彼の残した“別れの手紙”を公表する。 ゲバラはキューバでの地位や市民権をすべて放棄し、再び革命の旅への準備を進めていた…。 ≪革命には、勝利か、死しかない≫ 実在の革命家が本気で世界を変えようとした姿を描く闘いのドラマ。... more
Tracked from よしなしごと at 2009-01-24 19:00
タイトル : 映画:チェ 39歳 別れの手紙
 チェ 28歳の革命を観て20分後にその続編である“チェ 39歳 別れの手紙”を観ました。そう、今回の試写会は一気見試写会なんです。(共通公式ホームページはこちら。)... more
Tracked from マイ・ブルームービー・ナ.. at 2009-01-25 21:54
タイトル : 『チェ 28歳の革命』
いきなり余談ですが、生まれ変わったらなりたいモノ☆ 3位 自家用ジェットでツアーするようなロック・スターの愛人 2位 スナイパー (映画『プライベート・ライアン』に出てくるストイックなスナイパーに感化されたが、専門書を読んで劣悪な環境に耐え難いこ... more
Tracked from たいむのひとりごと at 2009-01-30 19:56
タイトル : 「チェ 39歳 別れの手紙」みた。
「チェと共に革命を体験すること」に徹底的にこだわったソダーバーグ監督というが、どちらかといえば、PART2である『39歳別れの手紙』のほうが、より「チェ・ゲバラ、革命の旅」の追体験であり、また、未だに... more
Tracked from 映画の感想文日記 at 2009-02-01 09:38
タイトル : ★★★★★ 『チェ 39歳 別れの手紙』
2008年。フランス/スペイン。"CHE : PART TWO".   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  エルネスト・チェ・ゲバラがキューバを去り、ボリビアで死を遂げるまでの物語。  第1部の『チェ 28歳の革命』が華やかなアク... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2009-02-02 00:08
タイトル : チェ 39歳別れの手紙
前作『チェ 28歳の革命』でキューバ革命成功までを描き、本作ではその後、チェ・ゲバラがボリビアに渡り反政府ゲリラの指導者として処刑されるまでを描いている。主演と監督ははもちろん前作同様ベネチオ・デル・トロとスティーブン・ソダーバーグ。注目の後編です。... more
Tracked from 街のクマさん 炎のダイエ.. at 2009-02-02 01:49
タイトル : 【100.0Kg】 「チェ 39歳 別れの手紙」を観てき..
こんばんわ♪ 日付が替わってしまいましたが、せっかく今日の分まで追いついたので書いてしまいますね。... more
Tracked from ももたろうサブライ at 2009-02-02 21:36
タイトル : 「チェ 39歳 別れの手紙」あまりにも冗長
監督 スティーヴン・ソダーバーグ「チェ28歳の革命」の続編。 ゲバラが突然行方不明になった1965年からボリビアで銃殺されるまでを描いている。感想 淡々と史実を追いかけるような描き方(血みどろのシーンが少ないのは歓迎)は前編と同様で、まるで「その時歴史が動い...... more
Tracked from はっしぃの映画三昧! at 2009-02-03 11:00
タイトル : 2009-26『チェ 39歳 別れの手紙』を鑑賞しました。
映画を鑑賞しました。秊 2009-26『チェ 39歳 別れの手紙』(更新:2009/02/02) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 前半の話と異なり窮地におかれるるゲバラ。 ボリビア政府の情報戦略により味方になるはずの貧困民衆が敵に廻..... more
Tracked from 今日は映画気分! at 2009-02-03 11:37
タイトル : チェ 39歳別れの手紙
伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの半生に迫る2部作の後編。 1965年、キューバ革命に成功したゲバラが、忽然と姿を消す。キューバの指導者となったカストロはゲバラからの「別れの手紙」を公表する。それは、ゲバラがキューバでの地位や市民権を放棄し、新たな戦場へと旅立つ決意を吐露したものだった。家族との最後の食事を済ませたゲバラは、1966年11月3日、米州機構の特使と偽って、次なる革命の地ボリビアへと入国する。バリエントス大統領の独裁政権下にあったボリビアで、ゲリラ部隊を組織して革命へと動き出すゲバラ...... more
Tracked from 日々“是”精進! at 2009-02-03 14:20
タイトル : 劇場鑑賞「チェ39歳別れの手紙」
 「チェ39歳別れの手紙」を鑑賞してきました「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、孤高の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの半生とその人間像に迫る伝記ドラマ2部作の後編。本作では、ゲバラがカストロと袂...... more
Tracked from Serendipity ! at 2009-02-03 15:18
タイトル : 映画「チェ39歳別れの手紙」
 2月1日、チェ・ゲバラの革命家としての一生を描く歴史ドラマの後編の映画「チェ3... more
Tracked from いい加減社長の日記 at 2009-02-04 07:21
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙/CHE PART2
先週公開の映画の中で、最後に残った「チェ 39歳 別れの手紙 」。 月曜日に、溜まっていたポイントで観てきました。 「UCとしまえん 」は、平日だと普通なのかな。 「チェ 39歳 別れの手紙 」は、中くらいのスクリーンで、1割か。 (C) 2008 Guerrilla Fil... more
Tracked from シネマ牧場 at 2009-02-04 21:33
タイトル : チェ 39歳別れの手紙
1月10日に公開になった「チェ 28歳の革命」の続編の 「チェ 39歳別れの手紙」を観てきました。 今日からの公開です。できたら連続して観たかった作品だけに 劇場へ走りましたとも! 嵐なんて、なんのその。(でもビチョビチョでした。) 前作とは対照的な作風なだけに、 意見が分かれると思うんですけど、これこそ映画! ってかんじで、オープニングのカストロが自分の政権に なぜゲバラの名前が加わっていないのか説明する 代わりに、ゲバラからの手紙を読み上げるシーンは 至極、印象的に映り...... more
Tracked from ぷち てんてん at 2009-02-04 22:00
タイトル : チェ39歳別れの手紙
サクサク行きます。☆チェ39歳別れの手紙☆(2008)スティーヴン・ソダーバーグ監督ベニチオ・デル・トロストーリー 1965年、キューバ革命に多大な功績を残したゲバラだったが、キューバでの地位や市民権を放棄し、忽然と姿を消す。やがて、キューバの新たな指導者となる...... more
Tracked from けちけちオヤジのお気楽ダ.. at 2009-02-04 22:06
タイトル : 映画鑑賞記「チェ 39歳 別れの手紙」
鑑賞日:09.02.01 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 39歳で銃殺。信念は、殺せない。 <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  その男がチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)だと分からないほどの変装で、“お父さんの友人”として紹介された家族。彼らと最後の食事をした後、チェは忽然と姿を消した…。平等な社会を目指してさらなる革命を続けるため、チェは家族と離れ、新たな旅へと出かけた――。なぜ、彼はそこへ留まろうとしなかったのか!? <感想>  前作で、カストロと手を結んで成し遂...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-02-05 08:07
タイトル : 『チェ 39歳別れの手紙』を観たぞ〜!
『チェ 39歳別れの手紙』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ2部作の後編です>>『チェ 39歳別れの手紙』関連原題: ...... more
Tracked from KOBECCO at 2009-02-05 21:18
タイトル : 「チェ/39歳 別れの手紙」
Part I を観たわけですから、Part IIも当然観ました。    『チェ 39歳 別れの手紙』 【ストーリー】  1965年3月、チェ・ゲバラは忽然と姿を消した。様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、ゲバラの手紙を公表する―。彼は再び、革命の旅を始めた。変装したゲバラは、1966年11月ボリビアに入国する。そこは大統領の独裁政権のもと、農民やインディオたちは圧政と貧困にあえいでいた。ゲバラのもとに次々と革命に燃える戦士が集まるが、ボリビア共産党の援助...... more
Tracked from 日本妄想協会 parad.. at 2009-02-06 05:04
タイトル : 【妄想183】「CHEチェ 39歳 別れの手紙」 感想
前回の感想で 【妄想165】「CHEチェ 28歳の革命」 感想 1/12追記 映画を見る前に知っておくと良いこと >しかし映画は正直面白いとは思えなかった 途中ちょっと眠たくなったし・...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-02-06 09:18
タイトル : ある革命家の死〜『チェ 39歳 別れの手紙』
 CHE: PART TWO  GUERRILLA  スティーブン・ソダーバーグ監督が、20世紀最高のカリスマことエルネスト・ チェ・ゲバラを描いた4時間を超える大長編『チェ』の後半部分。フィデル・カストロ との出...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-02-07 07:14
タイトル : 「チェ 39歳別れの手紙」 ドキュメンタリー以上に乾いた視線
やっぱりソダーバーグ監督とは相性が良くないというのを再確認したという感じがします... more
Tracked from うまい棒めんたい味の如く.. at 2009-02-07 18:29
タイトル : 実在した革命家の話 後編「チェ 39歳別れの手紙」を観ま..
パンフレット 500円 内容 ベニチオ・デル・トロ インタビュー 「ラディカリズムを体現したゲバラ」 伊高浩昭さん 「ふたつのゲバラ像。ふたつのベニチオ・デル・トロ」きさらぎ尚さん 「ボリビアのチェ`..... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-02-08 01:48
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第2作。 キューバ革命後、ボリビアでの革命運動を起こしてから戦い敗れて、死に 至る過程を描く。..... more
Tracked from いとしこいし ~いとしい.. at 2009-02-09 07:13
タイトル : チェ39歳別れの手紙
チェ39歳別れの手紙 2/4(水)TOHOシネマズ 冒頭でカストロが読み上げるゲバラの手紙にぐっとくる。 続編公開になってから2本イッキ観しようかとも思ってたけど、やっぱ前編を見終わったあの自分のテンションのままでこの冒頭のシーンに入りたかった。 前編は淡... more
Tracked from てんびんthe LIFE at 2009-02-09 21:10
タイトル : 「チェ 39歳別れの手紙」
「チェ 39歳別れの手紙」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 とりあえずみておこうと思って。 28歳は撃沈しました。 しかしながら、キューバ革命が既に終了していて、ついでに別れの手紙も冒頭で読まれちゃったし、この人いったいどうするの? といった興味、こうなってしまうのも運命なのか。 逃げているんだか、同志を募っているんだかわからないけどとにかく移動あるのみって感じで戦いながら、進んでいくんですね。 たぶん、人間としての極限との戦いだったと思うけど。彼は医者だし、理性を失わずリーダーとして統率...... more
Tracked from 欧風 at 2009-02-09 21:46
タイトル : チェ 39歳別れの手紙
土曜、イオン下田での映画鑑賞、1本目は「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」、2本目は、<a href="http://minkara.carview.co.jp/... more
Tracked from 永遠の夕暮れ at 2009-02-10 21:24
タイトル : チェ 39歳の別れの手紙/スティーブン・ソダーバーグ/ベ..
チェ 28歳の革命に続き、チェ 39歳の別れの手紙が公開されました。... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2009-02-11 19:30
タイトル : チェ 39歳の別れの手紙
第1部「チェ 28歳の革命」のレビューでの懸念が、筆者に取ってはそのまま反映した鑑賞になった。なぜ、今、この時期にゲバラなのか。そもそも1本の作品を2分割することによって得られる効果はあるのか。ゲバラが革命を通して生涯残したたかった事を作品で表現できたのか。総括してこの3つの疑問に対し、やはり、作品を2分割してしまったことは大いなる間違いであったし、作品としてのゲバラの探求も十分出来ていたにも関わらず、これも2部構成にしたためにエモーショナルラインを途中で遮断されたしまったことで、第2部はリスクの...... more
Tracked from 自由の森学園図書館の本棚 at 2009-02-11 21:11
タイトル : 『チェ 39歳別れの手紙』
映画『チェ 39歳別れの手紙』を見ました。『チェ 28歳の革命』と対をなす作品でした。 最後まで自分の信ずるところを枉げずに生きるチェ・ゲバラの姿が印象的でした。孤立して、悲惨な道をすすんでいくことになるのだけど、やっぱりかっこ良い。 権力・抑圧者(アメリカ・ソ連の両大国)に尻尾を振っていれば、キューバでそれなりの生活ができたはずです。でもそれは我慢ならない、ということでチェ・ゲバラは、キューバを飛び出し、貧困と抑圧に苦しむ国々へ向かいます。 しかし、ボリビアでは、ソ連の圧力を受け...... more
Tracked from CINEMA見聞録 at 2009-02-14 10:35
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙
 一通の手紙を残して忽然と姿を消したチェ・ゲバラ。すべてを捨て新たな活動の地とし... more
Tracked from Sweetパラダイス at 2009-02-14 20:23
タイトル : チェ 39歳別れの手紙
キューバ革命を成してのち姿を消したゲバラについてごまかし切れなくなったカストロが彼の「別れの手紙」を読み上げるところから 映画は始まる。最初の方は状況がつかみにくかった「28歳」に比べ仕掛けがないぞ切なすぎてもう観てて嫌になってきたぼうっとなったりむな...... more
Tracked from 今宵、サムソン・マスマス.. at 2009-02-15 17:44
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙 
    = 『チェ 39歳 別れの手紙』  (2008) = 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。 しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。 そして、ラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れるが・・。 {{{: 製作国/フランス : スペイン  Guerrilla  (133分) 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 製作: ローラ・ビック...... more
Tracked from 猫の毛玉 映画館 at 2009-02-17 12:05
タイトル : チェ 39歳別れの手紙 【死してなお 語り続ける 魂の】
『チェ 39歳別れの手紙』 Che: Part Two 2008年・アメリカ=フランス=スペイン ゲバラのゲリラ戦記2部作の2作目。ボリビア編。  オッス!おら、ゲバラ!みんなの元気玉をわけてくれよな!って、そういう映...... more
Tracked from 事務屋の日記 at 2009-02-17 13:57
タイトル : チェ・ゲバラで映画三昧
革命家チェ・ゲバラの映画はたくさんありますが、今年に入って3本の作品を観ました。 まず、「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」(スティーヴン・ソダーバーグ監督)の2本です。 28歳の革命では...... more
Tracked from 愛情いっぱい!家族ブロ! at 2009-02-17 21:08
タイトル : チェ39歳別れの手紙
今度は眠くなかった。 28歳の時、感じた遠慮しながら同行しているという感じではなく、 最後の最後まで至近距離でチェ・ゲバラと共に同行した気がした。 前半と後半ではカメラのサイズも撮り方もちがうようだ。 だからこれもただの気のせいではないような気がする... more
Tracked from 映画通信みるみる at 2009-02-17 21:26
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙
1965年3月、チェ・ゲバラは、忽然と姿を消した。様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、チェ・ゲバラの“別れの手紙”を公表する。1966年11月、ボリビア入国。ボリビアはアメリ...... more
Tracked from ペパーミントの魔術師 at 2009-02-19 23:56
タイトル : も一回「革命」見なきゃ(泣)~「チェ・39歳 別れの手紙」~
ちょっとツッコミいれていいですか~~? めっちゃ古谷一行に似てると思ったのは ワタシだけですか~~~。特にこの画像。(笑) スイマセン、こんな切り口でしか書けなくて。 ... more
Tracked from ☆お気楽♪電影生活☆ at 2009-02-20 09:14
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙☆信念は、死なない。
映画館で、5日に鑑賞♪... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2009-02-20 21:00
タイトル : 【映画】チェ 39歳 別れの手紙
▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 チェ・ゲバラに対して欲が出てきた気がする ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。そしてラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れる。 ▼コメント 20世紀のカリスマ「チェ・ゲバラ」のその最期を綴った本作「チェ 39歳 別れの手紙」 「なる...... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2009-02-21 20:30
タイトル : 「チェ 39歳 別れの手紙」 Che Guerrilla
何とも切ない映画だ。 2部作となった前作「チェ 28歳の革命」は、志しを持って異郷の地に赴き革命を成就さるというある意味「空気の入る」サクセスストーリーであったのに対し、本作では思い届かずやがて孤立無援となり、敗残兵のごとくひたすら追い詰められて最終的に死へと至るという、かつてのアメリカンニューシネマの主人公たちが辿って行った道すら彷彿させる内容となっている。 そして前作ではゲバラがメキシコに至るまでの過程が描かれなかったように、今作でもまた、ゲバラは何故にカストロに、そしてキューバに別れを告げな...... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2009-02-22 17:08
タイトル : 『チェ 39歳 別れの手紙』
昨日の夜からの急な寒の戻りで、どうやら風邪ひいたみたいです。喉が痛い。 そんな中でも、今日はちゃんと定時に仕事があがれたので、新宿ピカデリーに昨日見逃した映画を取り返しに観てきましたw。 『チェ 39歳 別れの手紙』を観てきましたよー。 ********************... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-02-25 13:24
タイトル : チェ★39歳の別れの手紙レビュー
 CHE PARTIE 2 いよいよ後半です。ベニチオ・デル・トロ、益々ゲバラに近づいていくような気がします。パート2は、ボリビアでのチェ・ゲバラの活動が描かれています。後半の作品の方が何かしら食い入るように観てしまいました。タイトルからも分かるように、彼の最期がこのような感じだったのですね。それにしても39歳で散って行くのはあまりにも忍びないよなあ・・・・。 チェ語録 革命とは、戦うことだけではない。読み書きを学び、知識を持たずして、革命は成り立たない。そういい続けたチェ・ゲバラは革命家である...... more
Tracked from ほめいがろぐ(ほめ映画L.. at 2009-02-27 09:59
タイトル : チェ 39歳 別れの手紙 [ CHE: Part Two ]
&quot;[http://blogs.yahoo.co.jp/re_re_movie/56335570.html チェ 28歳の革命]&quot;の続編なので観に行った映画、です。 チェ・ゲバラは、カストロに別れの手紙を書き、キューバを離れます。そして、ボリビアで再びゲリラの一人として革命に参加し・・・というお話です。実話です。 チェ・ゲバラは、キューバにおいて、市民権はもちろんのこと、大臣の地位も、司令官の地位も、持っていました。なのにもかかわらず、それを全て捨てて、ボリビアへ行...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2009-03-02 22:15
タイトル : チェ39歳 別れの手紙
2月15日(日) 18:50~ 新宿ピカデリー9 料金:1250円(新宿の金券屋で前売りを購入) パンフレット:500円(買っていない) 『チェ39歳 別れの手紙』公式サイト ウルトラ地味で淡々としていた第一部「チェ 28歳の革命」。 さて本作は? より一層地味で淡々としているでないですか。 演説などが入っていた前作は、まだ変化があったのだが、本作は正しく時間通りにゆっくりと進む。 極力史実に忠実に話を進めているのだろうけど、やはり映画的な脚色があるほうがいいな。 上映時間の通算6分の1~5分...... more
Tracked from さるおの日刊ヨタばなし★.. at 2009-05-30 00:10
タイトル : 映画鑑賞感想文『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れ..
さるおです。 昨日のエントリーの続きです。 考えてみれば、ゲバラはキューバで、ソ連相手に砂糖を売って、そのお金で石油とか機械とかをソ連から買って、工業分野もがんばろうや、と思っていた。アメリカはキューバを諦めたわけではない。だからある程度ソ連と仲良くするの..... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2010-03-14 11:50
タイトル : 39歳 別れの手紙(感想150作目)
チェ 39歳 別れの手紙はWOWOWでし鑑賞も 結論は前作よりボリビア戦闘が少なく少し残念だ... more
Commented by sakurai at 2009-02-04 08:03 x
なかば、使命感のようなものを感じながら見ました。
一層、淡々としてましたねえ。でも、彼の生き方を考えると、「うーん、長い」とか「・・・・」とか言っちゃいけない。これがチェだああという説得力がありました。
面白いとか、面白くないとかいってはダメ・・・ですが、やはりもうちっと、エンタメ性を入れても良かったのではと感じました。
トロさんの心意気は受け止めました。
Commented by かからないエンジン at 2009-02-04 20:06 x
TBありがとうございます。
4時間25分もありましたか、二本立てならこんなもんでしょうか。
個人的には、途中でダレてしまった前編とは違い、最後まで
見入ってしまいました。
しかし、デル・トロはもう完全にゲバラになりきっていましたね。
今度デル・トロを見てもゲバラにしか見えないかも・・・(笑)
Commented by mori2fm at 2009-02-05 00:27
>sakurai様、ど~も!
そうですね、チェに心酔している方は『長い』なんて言わない…
言えないでしょうね。ほとんど、ドキュメンタリーでしたから。
デル・トロの役者魂は、しかと見させていただきました。
Commented by mori2fm at 2009-02-05 00:30
>かからないエンジン様、ど~も!
あ、吾輩は後編の方がシンどかったですよ。
前編は、まだアクセントがありましたから。
デル・トロさんは、もう元の体型に戻っておられるようですよ(^^;。
Commented by panchan1121 at 2009-02-05 21:22
シネコンだと、2本とも上映してますから、それこそ、休憩を挟んで(ぇ)4時間25分通しで見ることができそうです。
自分はやりませんが(汗)。

こっちのほうがつらいけど、芯にぐぐぐっとくるものがありました。
Commented by mori2fm at 2009-02-06 01:56
>ぱんちゃん。様、ど~も!
相当堪えましたよ、何せ終りが決まってる(ハッピーではない)て
のも、結構辛かったですね。でも、心に響きますね。
Commented by Ageha at 2009-02-24 13:39 x
スタッフブログにまでお越しいただきありがとうございました♪

革命のほうを寝不足でろくに見れず
カストロとゲバラの区別さえ怪しかった私が
手紙で感動した~~~でええんかって話なんですが。
・・・一応モーターサイクルダイアリーズの映画と原作は
かじってますのでなんとか。(!)

革命家としては不器用でも信念を貫いたひと。
人間としての魅力は限りない。
そのへんがいまだにひとをひきつけてやまない理由だと。
ゲバラをろくに知らなかった自分でさえも
惹かれるものがありました。
Commented by mori2fm at 2009-02-25 15:34
>Ageha様、ど~も!
この前編、後編は寝不足で見るにはキツイですね(^^;。
どちらもチェの人間性を、真っ正面から描いていましたね。
遊びなし!って感じで。
by mori2fm | 2009-01-20 02:06 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(47) | Comments(8)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm