カテゴリ:未分類( 2 )

[怒り] ブログ村キーワード
a0014708_20314890.jpg
 日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。


 東京・八王子で夫婦殺人事件が発生。現場には“怒”の血文字が残されていた。刑事・南條(ピエール瀧)や北見(三浦貴大)等の懸命の捜査にも関わらず、犯人は顔を整形し逃亡。そして1年が経過した…。
 《千葉》‐‐家出した娘・愛子(宮﨑あおい)が、歌舞伎町の風俗店で働いていたことが判り、父・洋平(渡辺 謙)は、連れ戻しに行く。千葉の漁港で働く洋平は、妻を亡くして以来男手一つで愛子を育ててきた。千葉へ戻った愛子は、自身が家出していた間に漁港で働き始めた前歴不詳の男・田代(松山ケンイチ)と出会う…。
 《東京》‐‐昼間は仕事に忙殺されている優馬(妻夫木聡)は、夜になるとクラブで男を漁っていた。或る夜、新宿で直人(綾野 剛)と出会った優馬は情事の後、素性の知れぬ直人を自分のマンションに連れて行き、一緒に暮らし始める…。
 《沖縄》‐‐離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)は、訪れた無人島でバックパッカーの田中(森山未來)と出会う。何処から来たか分からない“自由人然”とした田中に、泉は親しみを感じる…。



 原作:吉田修一、監督・脚本:李相日のコンビは、6年前の「悪人」以来だそうで、この前作に負けず劣らずな濃密で重厚な映画を撮り上げられました。ストーリー紹介でも《千葉》《東京》《沖縄》と分けて書きましたが、この映画は3つのパートがそれぞれ独立しています(或る共有するテーマは存在しますが、それぞれ直接は絡み合いません)。そして、その1つ1つが充分に1本の映画として成立するほどの内容で、非常に見応えのある仕上がりとなっています。しかもそれぞれに描かれているドラマがとても濃密で、終盤に近付くに従って息が詰まっていくような心地で見ておりました。息苦しい…、そこに描き出される様々な“怒り”やり場のない、ぶつけ所のない、何なのか得体の知れない、でも誰もが生きていくにはそれを抱えていくしかない…。そんな思いに見ていて何か押し潰されそうな感じさえしました。とにかく“重い”です。正直見終わってドッと疲労感に襲われました。でも決して批判しているのではなく、充分に見応えがあったという意味です。最近日本映画のメジャーと呼ばれる作品で、ここまでグッと圧し掛かってくる映画が有りましたでしょうか?
 『しょうがない、しょうがない、生きていれば色々ある。でも、これはあまりにも救いがないやないか?哀しい、哀しい。でも、生きていくんや』ラスト近くでスクリーンに映し出される主人公(あえて誰がとは申しません)達の、慟哭、嘆き、叫びは、見ていて本当に胸につまされました。『泣ける』とかそういう軽い感じではない、涙すら出てこない。そして、身体の奥底から得体の知れない、沸々と湧き上がる滾る何かを感じさせられます。重くて熱い…、まさに圧倒されます。

 渡辺 謙さんをはじめ、主要キャスト陣は本当に入魂の演技を魅せてくれます。一瞬たりとも見逃せない、そんな空気が空間に漂っていると感じられるくらいの。特筆すべきは、これまでに見たことがない、広瀬すずさんのまさに迫真・鬼気迫る演技には、何度も言いますが圧倒されました。彼女は本当に女優さんだと認識させられました。彼女のことを色々言う人がおられますが、この映画をご覧になれば、どれだけ凄い“女優”かということがわかっていただけると思います。感動しました!

 極めて重いストーリーなのですが、随所に挿み込まれる沖縄のとても美しい海や、眠らない街・東京のパワフルな映像、そして千葉のありふれた漁港のひなびた映像が、それぞれ意味を持って見ている我々の目に知らないうちに焼き付きます。その映像と共に耳に焼きつく音楽を手掛けたのは“教授”坂本龍一。ストーリー、キャスト、映像、音楽の全ての要素が、絶妙に絡み合い見ている我々を圧倒します。非常に良くできた映画です。モチロン多くの方に見てもらいたいですが、万人受けするような映画でもないと思います(決して悪い意味では無く)。≪ネタバレ!≫になってしまいますので詳細は書けませんが、かなり不快と感じるシーンや映像もございます。ですからご覧になる時は、或る種の覚悟を持って鑑賞に臨まれる事をお薦めします。


 「怒り」は、9月17日(土)~全国ロードショーです。日々を生きていく我々に、果たして救いはあるのか?この映画の結末を見て、どのように感じられるか?是非!映画館でご覧ください。


映画『怒り』 - シネマトゥデイ

怒り|映画情報のぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-09-13 22:44 | Trackback(26) | Comments(6)

両雄並び立つ!?

a0014708_1834989.jpg

本日も、京都駅ビルです。奥には京都タワー。う〜ん、ケータイのカメラでは、イマイチかな〜?
[PR]
by mori2fm | 2009-11-08 18:03 | Trackback | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm