カテゴリ:世の中( 5 )

 ニュースを見ていると、自然と涙がこぼれてきてしまいます。地震、津波被害に遭われた皆さん、本当に大変だと思いますが、何とか生きぬいてください。何をどんな風に言っても、他人事にしかならないのでしょうが、同じ国に住む人間として、何とか何とか生きてください!すべては、命あってこそです。
 犠牲になってしまわれた皆さん、ご冥福をお祈りいたします。本当にアッと言う間だったんでしょうね。無念だったでしょうね。悔しかったでしょうね。恐かったでしょうね。未だそういう方々の亡骸が収容できないって、本当に恐ろしくて哀しいです。 ひょっとして、このブログを見ていただいていた方の中にも、犠牲になられた方がおられるんじゃないかとか思うと、とてつもなく哀しいです。

 何も出来ない身ですが、とにかく皆さん頑張ってください。一日も早い復興を、心から願っています。
[PR]
by mori2fm | 2011-03-13 00:34 | 世の中 | Trackback | Comments(0)
Excite エキサイト : スポーツニュース“<特待制度>採用高校名を公表 学生野球協会が承認”


 ~日本学生野球協会は24日、東京都内で緊急の常務理事会を開き、日本高校野球連盟が全国の加盟校から日本学生野球憲章違反となるスポーツ特待制度の有無を申告させ、制度を採用している学校名を公表するとの上申案を原案通り承認した。これを受け、日本高野連は同日から5月2日の期間で申告受け付けを開始。25日以降は原則的に毎日、違反校を報道発表し、申告締め切り後に公式ホームページ(HP)で全校名を公表する。
 学費免除などの特典を受けていた選手は5月中は学校長の指導で対外試合出場が差し止められる。このため、5月中の大会出場を辞退する学校も想定されることから、日本高野連は「5月3日以降の大会で既に選手登録がなされている場合、特例として別の選手を登録することができる」との補足事項を加えた。また、違反校の野球部長(3月末時点の登録者)は退任させられる。~



 『清く、正しく、美しく』でなきゃ、いかんのかな?勉強が出来る子を対象にした特待制度はOKで、スポーツ(今回の場合は野球)ではダメなんて、不公平でしょう?人間1人1人、持って生まれた才能があるんですよ。若者がそれを活かせるような場をキチンと提供するのが、大人の務めってモンでしょうが!世間体ばかり気にすんなよ、高野連!!

 こんなことやってたら、夏の大会マトモに開催でけんのちゃう?てめえでてめえの首しめてることに気付かないのかな?何より、高野連なんてどうなってもいいけど、今回のことで本当に一生懸命野球に打ち込んでいる球児たちが、犠牲にならないことを切に願います…。

 ホント、何か腹立たしい!
[PR]
by mori2fm | 2007-04-25 02:05 | 世の中 | Trackback(1) | Comments(2)

嗚呼、泣けてきた~。

いま、「金スマ」見てる。嗚呼、泣ける話や~。新庄、エエ奴やな~。
[PR]
by mori2fm | 2006-12-29 23:16 | 世の中 | Trackback | Comments(0)
Excite エキサイト : 社会ニュース“実相寺昭雄氏が死去 「ウルトラマン」を演出”

 ~テレビの「ウルトラマン」シリーズや映画「帝都物語」で知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、胃がんのため東京都文京区の病院で死去した。69歳。東京都出身。~


 何か最近、訃報の度にTBしてるようで不謹慎な気もするのですが…。でも残念ですね。また惜しい方が1人。

 やっぱり「ウルトラマン」「ウルトラセブン」てのが、思い浮かびますね。でも吾輩的には「帝都物語」なんかも好きでしたよ。何より“平成ウルトラシリーズ”でも、この方が演出された回は(「ティガ」「MAX」でしたが)、もう一見しただけでその“実相寺ワールド”にひきこまれてしまいました。やはりそれだけ魅力のある、演出手腕だったのですね。


 心からご冥福をお祈りいたします。合掌…。
[PR]
by mori2fm | 2006-11-30 13:36 | 世の中 | Trackback(1) | Comments(4)
Excite エキサイト : 社会ニュース“<プール事故>ふた外れた状態をなぜ放置…怒りの声が噴出 ”

 ~夏休みのプールで悲惨な事故が起きた。埼玉県ふじみ野市の市営プールで31日、同県所沢市立小手指小2年、戸丸瑛梨香ちゃん(7)が大勢の人の前で吸水口にのみ込まれ、死亡した。「普段から吸水口の吸引力はすごかった」と利用客は口をそろえる。なぜ、ふたが外れた状態で放置されていたのか。~

 楽しい夏休み。お母さん、お兄ちゃん、そして友達とただ“遊び(泳ぎ)に来ていただけ”の女の子が、何故こんな目に遭わなければならないのだろう?しかも、この子は、お母さんの見ている目の前で、吸水口に吸い込まれてしまったそうだが、事実だとしたら何と残酷なことだろうか。

 プール側は、ふたが外れていた状態を『ヤバい』とは思っただろう。しかし、『死人が出る』などとは、事前予測できなかったのだろう。ある意味それは、仕方のないことかも知れない。いざ自分がその当事者になった時、果たしてどれだけのことが出来るか?まったくもって無責任な状態で、そこをタダ批判するのもどうかと思う。

 だがしかし、今回のこの“事件(あえて“事故”とは言いますまい)”の結果は、あまりにも惨すぎる。吸い込まれた女の子が、その瞬間どれだけ怖い思いをしたことか。ご両親、兄弟、親族の方々がどれほど深い悲しみに包まれておられるか…考えただけでも、胸が張り裂けそうになります。

 本当に、何とかならなかったのか?こう思わずには、いられません。

 亡くなられた、戸丸瑛梨香さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます(合掌)。
[PR]
by mori2fm | 2006-08-01 20:10 | 世の中 | Trackback(2) | Comments(4)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm