<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 29さんと、映画を観に行ってから、早や一週間が経過してしまいました。で、ようやくパソコンとゆっくり向かい合える時間が出来ましたので、書かせていただきましょう「嫌われ松子の一生」(東宝)中谷美紀、入魂の熱演!”てな前評判を聞きましたが、果たしてその真偽の程は…?


 歌手を目指していた笙(瑛太)は、恋人・明日香(柴咲コウ)から別れを切り出され、失意の日々を送っていた。そんな或る日、突然父・紀夫(香川照之)が上京して来る。30年前に家を飛び出し、それきり絶縁された笙の叔母(紀夫にとっては姉)・松子(中谷美紀)が、他殺体となって、荒川の河川敷で発見されたのだ。すぐに帰郷しなくてはならない紀夫は笙に、松子が住んでいた部屋の後始末を託す。笙は、その存在すら知らなかった“松子おばさん”の一生を、彼女の死後、初めて知ることになる。はたして松子は本当に“嫌われ松子”だったのだろうか・・・。


 この映画を観る直前に、中島哲也 監督作品の、「下妻物語」を予行演習として観ました(未見でしたので…)。下妻を観た時は『何や“和製タランティーノ”みたいやな~』てな感想を持ったのですが、この「嫌われ松子…」では『お、今度は“和製ティム・バートン”みたいやがな!』と感じました(わかる人は、わかる…笑)。まあ、何にせよパワフルな映画です。

 で、事前にご覧になってる方から『泣ける!』てな情報を仕入れておりましたが、『果たしてこの展開のどこで泣けるのか?』と思いながら破天荒に展開するストーリーを観ておりました。が、しかしラスト近くのシーンで、吾輩思わず“号泣”しそうになってしまいました。『松子は心の底から、“父の愛”“家族の愛”を欲していたんだな~』てのが、スクリーンからダイレクトに伝わってきて、ホントやられてしまいました。ええ、やばかったです。

 今が旬の男性キャスト陣が、それぞれ持ち味を出して、キャラクターも楽しく演じ分けられています。そして何より、中谷美紀の“芸達者ぶり”が際立つ内容に仕上がっています。


 「嫌われ松子の一生」は、只今全国好評上映中です。『♪~曲~げて~♪伸ばして~お星様を掴もう~♪』この曲をエンディングで歌うためにも、映画館へ是非足をお運び下さい!
[PR]
by mori2fm | 2006-06-29 02:03 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(4) | Comments(4)

イライラする…(-_-#)。

シネコンのチケットカウンターで、順番が回ってきてからどの映画を観るかを『あ~でもない、こ~でもない』とやりだす“バカップル”。お前らキライ!ちゃんと考えて、決めてから並びなさい(#`ε´#)。
[PR]
by mori2fm | 2006-06-24 21:48 | 映画館ネタ | Trackback | Comments(5)
 そんなわけで、29さん「嫌われ松子の一生」を観る夕べ in 新京極シネラリーベが、無事終了いたしました。

 映画については、また日を改めて触れさせていただきますが、映画→食事と大変楽しい時間を過ごすことができました。

 29さん、そして食事から合流されたしまにゃん様。ホントにありがとうございました。

 吾輩のワガママから、週末ではなく平日開催にしてしまいましたので、参加者も少数で残念でしたが、“はじめてのオフ会”吾輩は充分楽しむことができました。また、『ブログを如何にすべきか?』について悩める吾輩に、励ましなんぞもいただき、ありがとうございました。

 またいずれ、こんな機会があれば、ぜひ誘ってやってくださいませ!
[PR]
by mori2fm | 2006-06-22 01:25 | 映画以外ネタ | Trackback(1) | Comments(4)
 このブログを始めて、かれこれ2年チョットが過ぎました。その間、いろんな方とコメントのやりとりを通して、お付き合いさせていただいてまいりましたが、実際にお会いするといった機会はこれまでございませんでした(まあ何せ、当方そこそこ年齢もイッてますモンで、“オフ会”なんぞに参加する勇気もございませんでしたから・・・泣)。でも『そのうち、どなたかとお会いできたりしたら楽しいだろうな~』なんてことを考えておりましたところ、何と嬉しいことに普段からご贔屓にしてくださっている29さんから『映画をご一緒しませんか?』とのお誘いを頂戴いたしました。聞けば29さんは、このひと月ほどで京都を離れられるとのこと。コレを機会にと、声を掛けて下さったそうです。

 お誘いいただきました映画は、ただいま大ヒット上映中「嫌われ松子の一生」でございます。しかも、吾輩の『週末が休みでない!』というわがままも聞いていただき、日程も平日(水曜日)にしていただきました。

 で、せっかくの機会ですので、良かったら他の皆さんもお誘いして、映画の後で食事でも…ってなことになりましたので、ご参加いただける方を募集することに相成りました。


日時:6月21日(水)
会場:新京極シネラリーベ
集合場所、詳細は後ほど追ってお知らせします。当日は18:05~の回を観る予定です。
あ!女性の方、その日は“れでーすでー”でございますよ!
 で、映画には間に合わない!と仰る方は、その後の食事会(20:30ころスタート予定)からでもご参加大歓迎です!

 ちなみに29さんところのブログでは、こんな大そうなコトになってしまっているようです…(^^;。コチラ的には別タイトルとして、“京都から旅立つ29さんを、「嫌われ松子」で送る夕べ”と題して(何のコッチャ!笑)、皆様からのご参加表明をお待ちいたしております。コメント、もしくは鍵コメにてお書き込み下さい。たくさんの方とお会いできればいいな~と、楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします!

無事終了いたしました。
[PR]
by mori2fm | 2006-06-21 00:00 | 映画以外ネタ | Trackback(1) | Comments(5)

曲り角かな…。

 明日、21日は“29さん「嫌われ松子…」を観に行く会”当日でございまして、とても楽しみでございます(あ、まだ募集中です!)。
 それはそれとして、最近更新も滞り気味で吾輩、かなり参っておりまする…。

 以前にも書きましたが、吾輩はCBシネマコミュニケーター・カレッジって所に通いまして、『いろんな人に、好きな映画が紹介できるようになりたい。出来れば仕事にもしてみたい!』てな思いを胸に抱きつつ、このブログを立ち上げ、ラジオに出る機会を得たり、先日のネットTVなんぞにも、出演させていただきホンの少しですが、皆さんのお耳やお目々に触れることが出来ました。しかし、吾輩のベースはあくまでも(映画とはまったく無関係な職種の)“薄給サラリーマン”でございます。仕事が好きとか嫌いとかではなく、家族喰わせる為に働かなイカンわけです。で、最近特に忙しくて映画を観に行くことのみならず、ブログの更新さえも手をつける元気が湧いてこないという、非常に困難な状態に陥ってきてしまっております。

 更に先日『せっかくこういう場を提供したのに、真剣に映画を語りたいと言ってたわりには、“忙しい”だの“他に用がある”だのワガママが多すぎる!そんな奴は、向こうでお気楽に映画を語ってなさい』と言った調子で、ネットTVのメンバーからも外されてしまいました…(大泣)。吾輩の場合、収録の事前打ち合わせが、どうしても仕事と重なってしまうってのが理由だったのですが、そりゃ業界の人から言わせると『何、甘いこと言うとるねん!』てな感じなんでしょうね。何かそんな風に言われて以来、以前ほど『映画に行きたい!』と思えなくなって(忙しいってのも当然ありますが)しまいました。


 このブログを立ち上げて、2年少々になります。でも今のまんまでは“シネマコミュニケーター”などという名称は、“看板倒れ”になってしまいます。所詮は、何のとりえもない男の、無駄なアガキだったのでしょうか?

 ブログを通じてお話できた皆さんとの出会いは、ホント掛け替えのない財産です。だから失いたくないって思いは、もの凄くあります。でもこのブログをどうして行くか…。もう少し考えたいと思います。

 何かツマンないことを、つらつらと書いてしまいました。ごめんなさい。ご愛読いただいて、ホント感謝の気持ちでイッパイです。日々ありがとうございます。
[PR]
by mori2fm | 2006-06-20 02:02 | 映画以外ネタ | Trackback | Comments(12)
 そんなわけで、ここんところ公私共に“引越し”に“仕事”にと、やたらと多忙な日々が続き、ブログの更新も、映画を観に行くこともままならなかったのですが、ようやく映画館へ行く時間が出来まして…で、じゃあ何を観ようか…ってことになったのですが、ここはやはり今話題の「ダ・ヴィンチ・コード」に行くべきか?とも思ったのですが、『原作も読んでない吾輩が、ヘロヘロの身体とクルンクルンの頭を抱えて観に行っても、恐らく理解できないんじゃあなかろうか…』と考えまして…。んじゃあ、もっと単純に観られる映画は無いのかい?ってことで、行ってきました「ポセイドン」(ワーナー・ブラザース)。大波喰らって、転覆した豪華客船からの脱出劇…。うん、と~っても単純(^^;。これなら、楽勝で観られるな…と、思ったんだけど…。


 新年を北大西洋上で迎えた豪華客船“ポセイドン号”は、その直後異常な大波に遭遇し横転。船体は転覆し、天地が真逆となった船内では多くの乗客、乗員が死亡した。パーティーが行なわれていたボール・ルームでは、生き残った乗客に船長が、『救出が来るまで、ここから動かないように』指示をしていた。しかし、ギャンブラーのディラン(ジョシュ・ルーカス)は密かにここを脱出し洋上(船底)を目指すことを決める。また元消防士で、前ニューヨーク市長だったラムジー(カート・ラッセル)も、別の階にいる筈の娘・ジェニファー(エミー・ロッサム)を救出するため、ディランやマギー(ジャシンダ・バレット)とコナー(ジミー・ベネット)の母子、そして自殺志願の元設計士ネルソン(リチャード・ドレイファス)等と共に、船底を目指すことに…。


 言わずと知れた名作「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクに、あのウォルフガング・ペーターゼン監督が挑む!ってことで、観る前から結構期待と不安が入り混じっていたのですが、残念ながらこれは不安な方へ転んでしまったようです。確かにポセイドン号が、転覆するシーン等の映像は迫力満点で、観ていてスクリーンに視線が釘付けにされてしまうくらいの説得力がありました。しか~し!ストーリーの方が、何ともお寒い!!まず、いきなり何の説明もなく発生する大波によって転覆するポセイドン号。そしてかなり自分勝手な主義主張で、ムチャな脱出を試みる主人公たち。そして、どう見ても“イイ人”から犠牲になっていく脚本の不条理さ…。あと、各登場キャラの人物像も掘り下げてはいるんですが、それがとてつもなく中途半端なところで終わっているため、観終わってムチャクチャすっきりしない気分に襲われてしまいました。あんなくらいしか掘り下げないなら、最初から触れん方がマシだと思っちゃいましたよ。

 でも小難しい理屈抜きに、ただ映像を観に行くだけなら、夏の一大イベントムービーとしては、充分合格点があげられるんじゃないでしょうか?さすが“お水(コレとかコレ)の監督(^^;”の異名を持つ(?)ペーターゼン!その辺は、ヌカリ無しですね!

 しっかし「LIMIT OF LOVE 海猿」といい、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」といい、今年は海洋映画の当たり年なんでしょうか?今年の夏は海ではなく、映画館で溺れろ…もとい、泳げ!ってことなんですかね…(^^;。

 「ポセイドン」は、ただいま全国ロードショー公開中です。極限状態におかれた人間が、如何にして生き抜いて行くかを、是非映画館でお確かめ下さい。決してキレイ事では終わりません…。
[PR]
by mori2fm | 2006-06-08 02:15 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(1) | Comments(0)
Excite エキサイト : 芸能ニュース“トム新幹線「極秘ミッション」”

 ~米人気俳優トム・クルーズ(43)が“新幹線ジャック”する。今月中旬に行う主演映画「M:i:3」(監督J・J・エイブラムス、7月8日公開)の来日キャンペーンで、東海道新幹線「のぞみ」を貸し切り、ファン150人を招待。特別ダイヤで東京から新大阪まで運行し、車内で交流する前代未聞の“ミッション”を遂行することが決まった。~


 はは、こりゃ、すげ~わ!確かに前代未聞ですな。う~ん、“新幹線大パニック”になりゃなきゃいいんですけどね…(^^;。
[PR]
by mori2fm | 2006-06-01 09:53 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(4)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm