<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 大統領選挙のまっ最中に、大統領暗殺の映画…。ようやるわ(^^;。「バンテージ・ポイント」(ソニー・ピクチャーズ)。上映時間1時間30分!なかなか濃密な、アクション巨編でございましたよ。


 スペインのサマランカで、対テロに関する国際首脳会談が開かれ、大勢の市民が見守る広場で、西欧と中東の歴史的な合意が今まさに為されようとしていた。その模様を放送すべく、中継車で指揮を執っていたレックス(シガーニー・ウィーヴァー)は、アシュトン大統領(ウィリアム・ハート)を警護するシークレット・サービスの中に、バーンズ(デニス・クエイド)の姿を見て驚く。彼はかつて大統領が狙撃された際に、自ら楯となって被弾しそれ以降、一線を退いていたからだった。バーンズは、同僚のテイラー(マシュー・フォックス)の働き掛けで、今回の任務から現場復帰を果たしていた。バーンズは、広場に対面する建物に不審な動きを察知し、捜査員を派遣する。バーンズの動きに気付いた、聴衆の中の1人ハワード(フォレスト・ウィッテカー)は、彼の視線の先を持っていたビデオカメラで追う。次の瞬間、アシュトン大統領が何者かに狙撃され、広場はパニックに陥る。更に追い討ちを掛けるように爆弾が爆発し、多数の犠牲者が出てしまう。大混乱の現場から、狙撃の瞬間が映ったテープを入手すべく、中継車に乗り込んだバーンズは、そこで信じられない映像を目撃する…。

 事前に目にした宣材などでは、“目撃者は8人、しかし彼等の見たものは、それぞれ異なっていた”的なことが書かれていて、それをバーンズが調べていく…みたいな書き方がされていたのですが、実際には“事件に絡む登場人物が、その瞬間まで何をしていたのか?”という手法でストーリーが展開していきます。即ち、爆発の瞬間からそれぞれの人物の動きを巻き戻して行くのです。そしてそれが最後に1つに繋がるという、観ていて非常に面白い演出方法でございました(少々疲れますが…(^^;)。ただ、“A”という人物と“B”という人物が、別々のルートを通って最終的には、同じ場所にやって来るのですが、『“A”がやってることと、“B”がやってることが、果たして同じ時間内で納まってるか?絶対無理やで!』とツッこんでしまったところもありました。でも、そんな細かいこと気にしないで観てると、とても楽しむことが出来ると思います(ええ、そんなことが気になってしまう吾輩が“バカ”だってえのは、充分承知しております…)。

 デニス・クエイド、ウィリアム・ハート、フォレスト・ウィッテカー、シガーニー・ウィーヴァー…豪華キャストの筈なんですが、“地味”ですね(^^;。オスカー俳優が、2人も顔を揃えているにも関わらず…。特に主演のデニス・クエイド。常に堅実な演技を見せてくれますが、何か“地味”ですよね。吾輩は好きな俳優さんの1人なんですが、いま一つ突き抜けられないというか何と言うか…。これはひょっとして前妻・メグの祟りか?(^^;

 しかし、この手の映画を観る度に『大統領までって、意外と簡単に到達出来ちゃうんやね』と思ってしまいます。この映画でも、この映画でもそうでしたよね?まあ、現実はそんなに簡単ではないんでしょうけど…(って言うか、そうでないと困ります(^^;)。

 「バンテージ・ポイント」は、ただいま全国好評上映中です。ソニーのビデオカメラ(ハンディ・カム)の頑丈さ(^^;を、あなたも是非映画館で目撃して下さい。


「バンテージ・ポイント」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『バンテージ・ポイント』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

バンテージ・ポイント@映画生活

バンテージ・ポイント - goo 映画
バンテージ・ポイント - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-22 02:00 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(10) | Comments(5)
 随分と前から予告をやっていましたし、公開直前の異様なほどの宣伝量の多さに『これでコケたらどうなるんやろ~』と要らぬ心配をしてしまった本作「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(ギャガ・コミュニケーションズ/松竹)。原作は、世界で絶賛された“冒険ファンタジー小説”。もちろん、吾輩未読です(^^;。


 人間が、“ダイモン”と呼ばれる守護精霊と共に暮らす世界。12才の少女・ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は幼い頃に両親を亡くし、オックスフォードの大学の学寮で暮らしていた。或る日ライラの唯一の親族である、アスリエル卿(ダニエル・クレイグ)が大学を訪れる。卿の目的は、北極の地で確認された“ダスト”と呼ばれる、この世の謎を解く鍵を調べるための探検に、大学から資金援助を得ることだった。しかし、この動きを快く思わない“教権(マジステリアム)”の使いの者が、卿のグラスに毒を盛る。その様子を影で見ていたライラは、間一髪のところで卿の命を救い、卿は北極の地へと旅立つ。同じ頃、街の子ども達がさらわれる事件が続発。ライラは大学を訪れた謎の美女・コールター夫人(ニコール・キッドマン)から、北極への旅に誘われる。未知の世界に胸ときめかすライラは同行を決意。そんなライラに出発前夜、学寮長が真理計“黄金の羅針盤”を手渡す。その頃、ライラの親友・ロジャーが何者かに連れ去られる…。


 “武装した白熊の前に立つ少女”のポスターを半年くらい前から見ながら、『なかなかカワイイ子やなあ。また天才子役の登場か?』なんて思ってました。で、実際に映画を観た率直な感想は…『カワイクねえ!(笑)』。何か、クソ生意気って言うか、素直じゃないって言うか、とにかく観ていて感情移入出来ないんですよ。原作のファンの人は『ライラそのもの!』とか言って絶賛されてましたが、これってどうなのさ?
 で、ストーリーの方も何だかよくわからないままに淡々と進んで行き、知らない人は殆ど“置いてきぼり状態”。あれだけ煽っていた映像関係も、昨今の“ファンタジー映画乱立”の悪影響からか、『どこかで観たことあるような…』映像のオン・パレード。ハッキリ言って、期待が相当デカかっただけに吾輩的には、かなり残念な映画になってしまいました。
 
 ただこれから迎える春休みに、家族連れで観に行くには、打ってつけの1本だとは思います。特に吹替え版は、なかなか豪華のキャスティングですし、この手の映画にしては珍しく上映時間も短い(2時間弱)ですので、深く考えず気軽に観に行かれることをお薦めします。

 さて、日本では大ヒットとなった本作ですがアメリカでは思ったほどヒットしなかったようです。加えて製作のニューライン・シネマが、ワーナーに吸収されたりと、何やらよろしくないニュースが頻発しておりますが、果たして無事続編は製作されるのでしょうか?もし、あのまま終わっちゃいますと、ダニエル・クレイグがあまりにもかわいそう…(^^;。


 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、ただいま全国大ヒット上映中です。“喋る白熊のドツキ合い”を、あなたも是非映画館の大スクリーンでご覧下さい。

「ライラの冒険 黄金の羅針盤(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ライラの冒険 黄金の羅針盤@映画生活

ライラの冒険 黄金の羅針盤 - goo 映画
ライラの冒険 黄金の羅針盤 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-13 00:51 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(10) | Comments(6)
Excite エキサイト : 芸能ニュース“広川太一郎氏が死去 007ムーアさん吹き替え”


 ~映画「007」シリーズの英俳優ロジャー・ムーアさんの吹き替えなどで知られる声優の広川太一郎氏が3日、がんのため死去していたことが8日、分かった。68歳。~

 ショックだ~!68歳って、まだまだお若いじゃないですか~!哀しいな~。もおあの名調子は聞けないんですね~。「007(ロジャー・ムーア)」「Mr.BOO!」それから「ムーミン」etcetc…挙げだしたらキリがないですが、ホントたくさんの作品に声で生命を吹きこんでこられたと思います。ホント残念です。

 ご冥福をお祈りいたします。合掌…。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-08 11:39 | 俳優・女優・監督ネタ | Trackback(1) | Comments(2)
a0014708_21253093.jpg



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-05 21:25 | 映画館ネタ | Trackback | Comments(0)

初上陸!

a0014708_2155050.jpg

やってきました、シネプレックス枚方

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-05 21:05 | 映画館ネタ | Trackback | Comments(2)
『パイレーツ・オブ・カリビアン4』が2011年公開する? - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

 ~ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの大ヒットシリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の4作目が製作されると、インターネットサイトAint it Cool Newsが伝えた。ディズニーは2011年に『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ4作目のほかに、映画『トロン』のリメイク、アニメ『カーズ』の続編、ニコラス・ケイジ主演の『ナショナル・トレジャー』シリーズ3作目という超大作の公開を予定しているそうだ。~


 やっちゃいますか~?「パイレーツ…4」でも、オーリーキーラは『もう出ない!』って言ってたよね?確か。やはりココはジョニデに期待!なんですかね?

 しっかし、リメイクとシリーズ物ばっかりですな~ディズニーも。「トロン」のリメイクなんて、今や現実の方が先に進んでるような気がするんですが…。

 果たしてどうなりますことやら?ま、面白けりゃそれでイイんですけどね(^^;!


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-04 13:27 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(3)

生活発表会でした。

 先日、我が娘“かぁたん(仮名・5歳)”の通う幼稚園で“生活発表会”が開催されました。ま、昔で言う学芸会みたいなもんですね。もちろん、“かぁたん”も参加いたしました。

 “かぁたん”のいるさくら組の出し物は、合唱と劇・「どうぞのいす」。そこで“かぁたん”が演じたのはロバでした。仕事を休んで見に行った吾輩の前で、“かぁたん”は元気に“ロバ”してましたが、吾輩疑問に思ったのは、この劇には“うさぎ”も“リス”も出てくるのに『何で、ロバやねん??』

 で、カミさんにそのあたりを聞いてみますと、入院前に先生に『“かぁたん”、ロバがやりたいな』と言っていたそうですが、入院中には『やっぱり、リスがイイな~』と前言を撤回したそうです。ところが“かぁたん”の入院中、幼稚園では既に役柄が決まっておりまして、“かぁたん”は当初の希望通りロバになっておりました。退院後“かぁたん”は先生に『リスがイイ!』 と訴えたそうですが、『○○クンと××クンだけでは、不安やから、“かぁたん”ロバやって、お願い!』と言われたそうです(確かにロバは男の子2人と“かぁたん”でした)。それで“かぁたん”も張り切ってロバを演じることにしたそうです(最初から“リス”って言ってれば良かっただけのことで…(^^;)。でも、楽しそうに熱演しておりました!



 このところ、血糖値は結構バラついてますが、一時期ほど低血糖にはならなくなりました。本人はいたって元気で、最近は血糖測定も自分で出来るようになってきました(さすがに注射は、まだムリですが)。4月からは年長組です。益々パワーUPしてくれれば…と、親バカな吾輩は願っております。


 ~“かぁたん”は、2008年1月16日に“1型糖尿病(IDDM)”と診断されました。でも、元気です!~ 
[PR]
by mori2fm | 2008-03-02 09:52 | 我が娘の日常 | Trackback | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm