<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 心拍数が200を超えると、緑の巨人に変身してしまう科学者の悲哀を描いた、アメコミ「ハルク」の映画化。「インクレディブル・ハルク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。つい5年ほど前にも、アン・リー監督の手で、「ハルク」として映画化されましたが、どうやら今回の映画化は、『アレは無かったことにして!』というスタンスで作られたようでして…(悲)。かくしてキャスト・スタッフ共、総とっかえとなりました。さあ、果たして出来のほどは如何に?


 実験中に起きた事故の為、身体に多量の放射線を浴びた科学者・ブルース(エドワード・ノートン)は、心拍数が200を超えると緑色の巨人に変身する特異な体質となってしまった。実験の計画者であるロス将軍(ウィリアム・ハート)は、彼の体質を兵器に利用せんとするが、それを嫌ったブルースは恋人で将軍の娘のベティ(リヴ・タイラー)に別れも告げず、忽然と姿を消す。遠くブラジルに潜伏したブルースは、そこで感情をコントロールする術を会得せんと柔術を学び、他方ネットを通じて“ミスター・ブルー”と名乗る、見ず知らずの科学者とコンタクトを取り、放射線汚染の治療法が無いかを探り続けた。しかし、ある出来事からブルースの居所を突き止めたロス将軍は、ブロンスキー(ティム・ロス)率いる特殊部隊を現地へ急行させる。間一髪部隊の強襲を逃れるブルース。しかし、執拗な追跡の前に遂に追い詰められたその瞬間、ブルースは巨人へと変身し、部隊を蹴散らし再び何処かへ姿を消してしまう。生き残ったブロンスキーは、目の前で起きた出来事が信じられなかった…。

 アン・リー版の「ハルク」も、吾輩は嫌いではありませんでした。でも何か“モッサリ”してる(映画全体が)なあという思いは、持っておりました。その点、今回のこの映画は凄い!何が凄いかって、わずか2~3分のオープニング・シークエンスの中で、物語の根幹部分(ブルースが事故で放射線を浴びる→巨人に変身するようになる→将軍に狙われる→それから逃れる為に、恋人の前からも姿を消す)が、全て凝縮して描かれているのです!そお、アン・リー版では、上映時間の大半を割いて描いていた場面を…(^^;。いやあ、お見事!これなら本編中で、過去の経緯なんかを説明する手間が一切省けますし、その先のストーリーを進めることにだけ集中できます。だからこの映画は、非常にスピーディーに物語が展開していきます。ちっとも“モッサリ”してません。むしろ“スッキリ!”してます。更には、アン・リー版ではブルースがず~っと悩み続けていて、映画そのものが何となく暗かったのですが、今回はあちこちに笑えるポイントも散りばめられていて(いや、ブルースは悩んでるんですけどね)、“真夏のアクション・ムービー大作”として大いに楽しめる仕上がりになっております。
 最初『エドワード・ノートンが、ハルクを演る』と聞いたとき、『華奢過ぎひんか?』と思った吾輩でしたが、観ていてそんなに違和感は感じませんでした。いや、むしろ“変身前”“変身後”が際立っていてよかったような気がします。あと敵役のティム・ロスの作中での変貌ぶりは、ハルクのそれを上回るモノがありまして、『そこまでやったら、人間じゃねえよ!』と思わずツッコんでしまいました(^^;。強けりゃエエっちゅうもんでもないで!

 で、実はこの映画。最後のシーンにある仕掛けがございまして、これが“次なるプロジェクト”への布石となっておるのです。そう、ある意味この映画は上映時間1時間52分の“壮大なる予告編”という見方も出来ちゃうわけです。これが実は秋に公開される「アイアンマン」とも連動しておりまして、その辺アメリカとは上映順序が逆(アメリカでは「アイアンマン」が先に上映されました)でございますので、秋までよく憶えておいて下さいね。しっかし、これだけ煽ってその“次なるプロジェクト”がポシャったりした日にゃあ…。暴動ですな(^^;。

 「インクレディブル・ハルク」は、8月1日(金)から全国ロードショーです。『巨大化しても、パンツが破れないのは何故??』(^^;この素朴な疑問の答えが知りたいあなた!答えを目撃する為に、是非とも映画館へ足をお運び下さい。

「インクレディブル・ハルク」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『インクレディブル・ハルク』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

インクレディブル・ハルク@映画生活

インクレディブル・ハルク - goo 映画
インクレディブル・ハルク - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-07-24 21:49 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(26) | Comments(7)
トム・クルーズ、22年ぶりに『トップガン』のマーヴェリック役再び? - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

 ~トム・クルーズが、大スターの仲間入りを果たすきっかけとなった映画『トップガン』の続編が製作されるかもしれない。イギリスのザ・サン紙が伝えたところによると、『トップガン』の続編の企画が進んでいて、前作で主役を務めたトムが出演オファーを受けているそうだ。続編はすでにアウトラインまで出来上がっていて、トムの返事を待っている段階で、ストーリーは若く生意気な女性パイロットを中心とした展開となり、トム演じるマーヴェリックは「トップガン」訓練校のインストラクターになっているそうだ。~

 「トップガン」の続編~?!マジで言ってるのですか?もお何を今更…って感じですわな。「インディ・ジョーンズ」より、年月空いてるでしょう。そりゃあ最近仕事でイイところのない、トム君にしてみれば、コレは復活への最高の足掛かりになるかとは、思うのですが…。
 でもね~、あんまり間の空いた続編てのはどうなんでしょう?前述の「インディ…」「ランボー…」なんかは、まだよかったと思いますが、「氷の微笑2」の様な笑えないシロモノもございましたのでね~(^^;。

 とにもかくにも、ホントにやるの??

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-07-23 15:41 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(2)
 もうすぐ世間は夏休み。我が娘・“かぁたん(5歳・仮名)”の通う幼稚園も、夏休みでございます。で、長期休暇となりますと、我が父娘恒例の“娘と映画”でございます。迎えて第6弾!
 今回の候補作(^^;は、「ポケモン」「カンフー・パンダ」、そして「崖の上のポニョ」の3本。『全部観に行けばイイやん!』と言われそうですが、一応『休みに1本』と言うのが、我が家では恒例化しておりまして“かぁたん”も、その辺は心得ております。で、以前から『「ポケモン」が観たいな~』と言っておったのですが、前回映画館で予告編を観て、何故かハマッてしまった「カンフー・パンダ」と、あの『♪~ポ~ニョ、ポ~ニョポニョ♪魚の子~♪』の歌に惹かれて、俄然「ポニョ」が追い上げてまいりました。そして、“かぁたん”は遂に『「ポニョ」が観たい!』と意思表示。かくして今夏の“娘と映画”第6弾は「崖の上のポニョ」に決定(内定?)いたしました。

 ところでこの映画、どうなんでしょう?あの歌のイメージ通りのような、大人も子供も楽しめるような映画になっておるのでしょうか?それとも、「ハウルの動く城」や「千と千尋の神隠し」のように、途中からオドロオドロしい内容になってしまうのでしょうか?え~と、前者なら大歓迎なのですが、後者ならチト…。何か、完成披露試写を観た筋の人からは、『子供はとっても喜んでた(何故か試写に子供が集められていたそうです)』との声も聞かれましたし、一安心かなあとも思うのですが、そこはそれ、“ジブリ”ですからね~(^^;。いやあ、用心に越したことはないかと…。

 まあ、そんなにすぐは観に行けない(だって、公開当初って絶対混んでるモンな!)とは思いますが、果たして“かぁたん”がどんな反応示すのか?楽しみでもあり、不安でもあります。

 「崖の上のポニョ」は、今週末(19日)からいよいよ公開です。
[PR]
by mori2fm | 2008-07-14 23:04 | 我が娘の日常 | Trackback | Comments(3)
 あの「スターシップ・トゥルーパーズ」が帰ってきた!しかも製作総指揮を務めるのはポール・バーホーベン!「スターシップ・トゥルーパーズ3」(ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)。相変わらず“バーホーベン印”全開で、これまたトンデモない映画に仕上がっております。


 地球連邦軍とバグズの“星間戦争”は、開戦から11年が経過していた。軍のプロパガンダ放送は、相変わらず軍への入隊勧誘を流し続けていたが、この戦いに異を唱える者も現れ始めていた。しかし軍はそのような反戦思想者を捕らえ、次々と公開絞首刑に処していた。その頃、連邦軍防御の最前線である植民衛星ロク・サンを、総司令官オマー・アノーキ(スティーブン・ホーガン)、ディックス・ハウザー将軍(ボリス・コドジョー)、宇宙戦艦ジェロニモの艦長で、ハウザーの恋人でもあるローラ・ベック(ジョリーン・ブラロック)達が訪問する。彼等を迎えるのは、11年前の戦いで勇名を轟かせ、今はロク・サンの指揮官を務めるジョニー・リコ大佐(キャスパー・ヴァン・ディーン)。久々の再会を喜ぶリコとハウザー。しかし立ち寄った店でトラブルに巻き込まれ、激昂したハウザーは部下にリコを逮捕させる。同時刻、基地内を案内していた隊員が、アノーキの姿を見失ってしまう。その隙を突いて、バグズが防衛線を突破して、ロク・サンの基地内に進入。リコは兵を率いて反撃を試みるが、バグズの圧倒的な戦力の前に、ロク・サンは陥落する。一方陥落寸前のロク・サンで、アノーキを発見したハウザーは、ベックと共にアノーキをジェロニモへ帰還させるが、ジェロニモは攻撃を受け撃沈。アノーキとベックは、救命ポッドで脱出し、或る惑星に不時着する…。

 この映画は日本が最速公開で、未だアメリカでの公開は未定なんだそうです。ちなみに前作「スターシップ・トゥルーパーズ2」は、日本のみの劇場公開で、本国アメリカでは、“TVムービー”として放映されたそうです。そんな影響からかもしれませんが、1作目と比較して圧倒的にショボい!バグズの群れの描き方とか戦闘シーンとか、宇宙戦艦のスケール感とかが、非常に寂しい(それなりに、描かれてはいますが…)!何より今回映画化の目玉として、これまで映像化出来なかったパワード・スーツ“マローダー”が登場する!ってことで相当期待していたのですが、こいつが出番の少ない上に、殆んど動かねえシロモノでして…(>_<)。あの伝説の1作目からは、程遠い出来と言わざるを得ない仕上がりでございました。

 ただ“主義・主張・思想”の点では、この映画正当に1作目のソレを継承、発展しておりまして、その辺りは間違いなく“バーホーベン印”でございました(監督は違う人なんですが…)。具体的に申しますと、歌う総司令官(^^;・アノーキが全宇宙で大ヒットを飛ばした戦意高揚の歌「死に日和」(←タイトル聞いただけでも吹っ飛ばされますが、実際に歌ってるシーンを観ると、脳天カチ割られます…)の悪趣味さや、相変わらず首や腕がグロテスクに飛び散りまくる戦闘シーン。そして極め付けは、バグズの大群を前に為す術もないベックと女性兵の前に現れ、次々とバグズを倒していくマローダーを礼賛するかのように、その戦闘シーンの間中、彼女たちは恍惚の表情を浮かべながら、ず~っと神に祈りを捧げている…まあ、何とグロくて悪趣味な映像のオン・パレード!でもね~、コレがまた快感になってくるんですよ。『おお!コレコレ!!』って感じでね~。観ていて思わず笑っちゃってましたからね。吾輩は大好きです!この映画が描き出す“不条理ワールド”。いやあ、わかる人にはわかってていただけるでしょうが、一般の方々には如何なんでしょうか?吾輩自信を持っては、ようお薦め出来ません(^^;。

 今回ジョニー・リコ役で、シリーズへのカムバックを果たしたキャスパー・ヴァン・ディーン。やはりこの役は、ハマリ役ですね。しかし、ウラを返せば『この役以外、もう演じられないじゃなかろうか?』って心配になってきます。それだけイメージが強烈(他の映画に出てますか?)なモンで。そういう意味では、俳優ってやはり難しいですね。

 「スターシップ・トゥルーパーズ3」は、7月19日(土)から全国ロードショーです。“バーホーベン印”初心者の方は、お家で大人しくしていて下さい(^^;。マニアな方、お待たせいたしました!今すぐ入隊(笑)して、この夏是非、映画館でハジケて下さい!!

「スターシップ・トゥルーパーズ3」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『スターシップ・トゥルーパーズ3』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

スターシップ・トゥルーパーズ3@映画生活

スターシップ・トゥルーパーズ3 - goo 映画
スターシップ・トゥルーパーズ3 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-07-10 01:58 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(10) | Comments(4)
Excite エキサイト : 芸能ニュース“『007/慰めの報酬』の予告編初公開”

~007シリーズ待望の新作『007/慰めの報酬』がヴェールを脱いだ。
 再三再四、撮影中の事故に見舞われながらも、戦い続けるジェームズ・ボンド。米国では11月7日に、日本では来年1月に公開が予定されている。~


 再三再四、撮影中の事故に見舞われながらも、戦い続けるジェームズ・ボンド…(^^;いや、ホントよくぞ完成したモンです。

 早速予告編観ましたが、相当期待できそうですね。楽しみですわ。今回は前作「カジノ・ロワイヤル」の続編ってことですから、観に行く前にはDVDでしっかり予習して行こうと思います。でも、来年の新春第2弾って…(>_<)。何で日本は、そんなに待たなアカンのん!?

 「007/慰めの報酬」は、2009年新春第2弾ロードショーです。早く観たいぞ~!
[PR]
by mori2fm | 2008-07-04 09:56 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm