「ほっ」と。キャンペーン

シネマ親父の“日々是妄言”


我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)
by mori2fm
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「神様のカルテ」心洗われるヒューマンドラマ。

[神様のカルテ] ブログ村キーワード
 長野県在住の現役医師、夏川草介さんのデビュー小説の映画化。「神様のカルテ」(東宝)。原作は“2010年度本屋大賞第2位”の泣ける物語らしいですが、当然の如く(?)吾輩は未読です。さあ、映画の方は泣ける出来になっておりますでしょうか?


 長野県松本市。医師不足の中、24時間体制で患者の受け入れ対応に当たる本庄病院に勤務する内科医・栗原一止(櫻井 翔)は、激務に追われ、時には寝る暇も無いほどの多忙な日々を送っていた。そんな一止を、写真家である妻の榛名(宮﨑あおい)は、いつも優しく支えていた。或る日、研修で母校の信濃医大病院を訪れた一止は、医局から大学病院での勤務を打診される。最新医療が結集した医局に魅力を感じつつも、本庄病院に日々やって来る患者のことが気に掛かり、決断出来ない一止。研修期間を終え、本庄病院に戻った一止の前に、安曇雪乃(加賀まりこ)という、末期ガンの患者が現れる。彼女は一止が大学病院の研修中に診察していたのだが、その後大学病院から『手の施しようがない。あとは好きなことをして過ごしてください』と見放されていたのだった。もう医学では対応できない雪乃に、医者としてどう向き合って行けばイイのか?一止は日々葛藤しながら、医者としての自分の在り方を見つめなおしていく…。


 “イイ映画”に仕上がっています。末期ガン患者の女性の“人生の最期の1ページ”を、素晴らしいものにするためには、どうすれば良いのか?ということを、主人公・一止は、担当医という立場だけに拘らず、純粋に突き詰めていきます。そしてそれは、最新医学の最前線である大学病院では、行なうことの出来ない医療行為だと気付くのです。一止は、自らの医者としての立ち位置を、患者とのふれあいの中に見出していきます。安曇さんを送った後に榛名の前で見せる涙は、それでも救うことが出来なかった悔恨の涙であったと思いますが、その涙がまた一止を、医者として成長させるかけがえの無い“糧”になっている…、吾輩にはそんな風に感じられました。号泣はしませんでしたが、ホロリとさせられました。心温まるヒューマンドラマ…“イイ映画”です。
 ただ病院のシーンに重きを置かれていたので、一止と榛名の夫婦の関係などが、少々掘り下げ不足気味だったようにも感じました。何故、2人はあんな形の夫婦を続けていけるのか?どのような出会いから結婚に至ったのか?その辺りが語られていないので、榛名という女性の人物像がイマイチ掴みきれませんでした。あ、あおいチャンは良かったんですよ。今回ホントの意味で癒し系でしたので。こんな奥さんなら、男は本当に安らげるんだろうな~と痛感させられました(ん?オッサン的願望ですな(^^;)。それから一止と榛名が住んでいるチョット変わったアパートの住人達とのシーンも、あまりに浮世離れしすぎてないか?と、ツッこんでしまいました。病院のシーンは、現代のお話しですが、アパートのシーンは15年ほど前…まだ携帯電話なんかが普及する前…の頃のお話と言っても通用するくらいの両極端な対比に、少々違和感を感じました。あんなトコ、今日び無いでしょ!
 
 柄本 明加賀まりこ西岡徳馬のベテラン陣が脇を固め、とてもイイ感じで映画を締めてくれています。そして主演の2人(櫻井クン&あおいチャン)に、要潤吉瀬美智子池脇千鶴といった、若手キャストたちが上手く絡んでいます。深川栄洋 監督、若干34歳!これはなかなかに繊細で心地よい演出に仕上がっています。
 そして、この映画で特筆すべきは“音楽”です。テーマ曲を作曲したのは、あの辻井伸行さん。彼がピアノで奏でるテーマ曲に、吾輩心が洗われるような感動を覚えました。スクリーンに映し出される信州の山々の風景とも非常にマッチしていて、心地よく素晴らしいメロディーは、一聴の価値アリです!


 「神様のカルテ」は、ただいま全国ロードショー公開中です。医療を通して描かれる、心温まるヒューマンドラマをあなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 櫻井クン演じる一止の髪型は、ボサボサ頭(多忙な医者が、髪型など構ってられないので)と称されてましたが、吾輩にはどう見ても“おばちゃんパーマ”にしか見えませんでした(^^;。


「神様のカルテ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『神様のカルテ』 - シネマトゥデイ

神様のカルテ@ぴあ映画生活

神様のカルテ - goo 映画
神様のカルテ - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-08-29 22:48 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(43) | Comments(2)

“かぁたん(仮名)”夏の総括!

 久々に、我が娘“かぁたん(仮名)”の話しを…。
 3年生になった“かぁたん”は、この夏休み昨年に続いて“京都ピアノコンクール”に出演いたしました。初めて出演した昨年は努力賞でしたが、今年は何と予選で“優秀賞”をいただいちゃいまして、本選へ出場することになっちゃいました(予選エントリー180名中、本選出場は21名)!メチャメチャ嬉しいことではございましたが、おかげで今年の夏休みは無くなっちゃいました(>_<)。予選が7月29日で、本選が8月20日。その間、ミッチリ練習!練習!また練習!!で、ございましたから。あ、毎年恒例、京都つぼみの会のサマーキャンプには行ってきました。その間、父ちゃんは『とりあえず、ケガだけはしてくんなよ~!』と祈るような気持ちでございました(^^;。何とか無事帰ってきてからは、また練習!練習!!でございました。で、その甲斐もあってか、本番前のレッスンでは非常に良くなったと、先生にも誉めてもらったんだそうです。ところが…。
 本番2日前くらいから、急にプレッシャーを感じ始めたようで、当日も朝からローテンション(泣)。今まで子供特有の“恐いもの知らず”全開で乗り切ってきてたんですが、さすがに3年生にもなると、回りの色んな物が見えてくるようになって、ビビリが入ってしまったようです。で、京都府立府民ホール・アルティでの本番では、練習ではしたこともないようなミスをやらかしてしまい、演奏後本人非常に落ち込んでおりました。
 吾輩もカミさんもガックリしてしまいましたが、何よりも吾輩は『ひょっとして、これで辞めるとか言い出さんかいな~?』って、ビビッちゃいました。でも、“かぁたん”は『悔しかったから、また来年もガンバル!』とリベンジ宣言(?)をいたしました。いやあ、子供って頼もしいですわ。うん、吾輩よりしっかりしてますな(^^;。

 そんなこんなの夏休みも今日で終り。明日から学校です(と、言っても1日行ったらまた土日で休みなんですが…)。この夏休みの間に“かぁたん”は、9歳になりました。早いわ~!日々デカくなってます。父ちゃんとしては、いつまでも子供のまま(小さいまま)でいてほしいな~と思うのですが、こればっかりはどうにもなりません。勉強出来なくても、日々元気でいてくれればと、父ちゃんは切に願っております!
[PR]
by mori2fm | 2011-08-25 19:36 | 我が娘の日常 | Trackback | Comments(4)

「ピラニア3D」残暑お見舞いバカ映画!

[ピラニア3D] ブログ村キーワード
 あのジェームズ・キャメロン『これは3Dにすべきでない映画の見本』と言わしめた本作。「ピラニア3D」(ブロードメディア・スタジオ)。まあ、確かにキャメロンの言うことにも、一理有るかな?しかし「トランスフォーマー/ダークサイドムーン」との扱いの差(こっちの3Dは、ベタ褒め…)には、笑っちゃいますね(^^;。


 バカンス客が大挙して押し寄せ、ハメを外しまくるアメリカ南西部、ビクトリア湖畔のとある町。地元の女性保安官・ジュリー(エリザベス・シュー)は、行方不明になった釣り好きの老人・マット(リチャード・ドレイファス)のゾンビのように変わり果てた遺体を、岸辺で発見する。原因がわからないままジュリーは、科学者ノバク(アダム・スコット)達の調査に同行してビクトリア湖の中心部へと向かう。先日発生した地割れで、湖底の更に下に存在していた“地底湖”とつながった部分の調査に向かったダイバー達。そこで彼等は、正体不明の謎の生き物の群れに襲撃され、無残にも絶命してしまう。その死体を引き揚げたジュリーとノバクは、1匹の獰猛な魚を捕まえる。その魚の正体は、太古の昔に絶滅したはずのピラニアの祖先とも言える魚だった。しかし時既に遅く、地割れから解き放たれたピラニアの大群によりイベントで盛り上がる湖は、やがて死傷者続出の血みどろ地獄へと変貌してしまう…。


 この映画はリメイクでございまして、オリジナルは'78年製作の「ピラニア」。こちらも当時B級テイストがプンプン(何せ「JAWS/ジョーズ」の大ヒットを受けて、たくさん作られた“動物パニック物”の1本ですから)だったのですが、本作は更にもお単純に、エログロバカ・パニック路線をひたすら驀進しております。
即ち…
①リゾート地にエロい姉ちゃん、兄ちゃんたちがいっぱい集まってくる。→スクリーンは、Hな画像のオンパレード!
②そこへ、思いもかけない正体不明の肉食生物が出現。
③賢明な警察関係者&科学者が、警告を発し皆に避難を呼び掛ける。
④ところが盛り上がってるおバカな連中は、ハナッからそんな警告に耳を貸さず、ただひたすらおバカに盛り上がり続ける→スクリーンは、ますますエロエロ画像が山盛り。
⑤やがて生物が無差別に襲撃を開始→エロ画像は、阿鼻叫喚の地獄映像に(あ~あ、だから言わんこっちゃない!)。
…てな感じの、“この手の映画”のセオリー通りの展開をキッチリ踏襲してます。で、しかもそれが“3D”なんですよ。そう、ピラニアの群れがスクリーンから飛び出さんばかりに、襲い掛かって来るってのはモチロンなのですが、エロい姉ちゃんたちも、“3D”で飛び出してきます。そう、お尻がBomb!オッパイがBomb!てな具合です(^^;。そりゃあ、ジェームズ・キャメロンも怒るわな~(因みにキャメロンの監督デビュー作は、オリジナル「ピラニア」の続編である「殺人魚フライングキラー」。何の因果か…)。もお、アホ画像満載!そして“血みどろ地獄絵図”も“3D”で飛び出してきます。これだけのトンでも映像テンコ盛り映画が、何と意外と軽い(?)“R15+指定”というレイティングで公開されるわけです。さあ高校生諸君、夏の終りのデートムービーにピッタリなこの映画(嘘やん!)を、是非ともカップルで観に行ってちょ~だい(イイのかな~(^^;?)!


 「ベスト・キッド」「カクテル」の頃の面影は今何処?…って感じのエリザベス・シューに、「スタンド・バイ・ミー」の、あの少年は今いずこ?…って感じのジェリー・オコンネルと、何とも言えん感じのキャスティングも、如何にも“B級”ぽくて何ともなのでございますが、この映画実は、奇跡とも言えるキャスティングを実現してるんです。それはリチャード・ドレイファスとクリストファー・ロイドの出演です。しかもリチャード・ドレイファスの役柄が、映画の冒頭で“無数のピラニアに襲われて絶命する釣り好きの爺さん”で、役名が“マット”…何とあの「JAWS/ジョーズ」で彼が演じた海洋学者と同名!サメには勝ったけど、ピラニアにヤラれるとは何とまあ因果な!そしてクリストファー・ロイドは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクを彷彿させる、“マッド・サイエンティストっぽい”役。いやあ、もお何か映画好きには何とも堪らんキャスティングでございますわ(あと、“スティーブ・マックイーンの孫”って青年も出てましたが、まあこれはご愛嬌ってことで…)。それからバカみたいな役で出てくるイーライ・ロスの、“見事なまでに無残な死にっぷり(^^;”も要チェックです!


 舞台となる湖は、バカンス・シーズンのイベントで猛烈に盛り上がってるのですが、いったいどんなイベントで盛り上がってるかと言うと、“ウェット・Tシャツ・コンテスト”要するに『女の子のTシャツを濡らして、その透け具合のエロさを競う』という、深夜テレビ並みのエロバカ度満開!こんなん、湖畔の街で普通に(毎年春の恒例行事だそうで…)やってええんかいな?こっちの方が、ピラニアより問題やと思うわ(^^;。


 「ピラニア3D」は、8月27日(土)~全国ロードショー公開です。猛暑の終わりを飾る“大バカ3Dパニック・エロ大作”をあなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 本作のアレクサンドル・アジャ監督には、何とあの「コブラ」ハリウッド実写映画化企画の監督オファーが来てるらしい。う~ん、大丈夫かな~?


「ピラニア 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ピラニア3D』 - シネマトゥデイ

ピラニア3D@ぴあ映画生活

ピラニア 3D - goo 映画
ピラニア 3D - goo 映画




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-08-12 12:02 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(23) | Comments(2)

「うさぎドロップ」ほのぼの愛菜ちゃん、無敵!

[うさぎドロップ] ブログ村キーワード
 人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ~ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)大人気コミック原作の実写映画化なんだそうですが…、吾輩やっぱり未読です…(>_<)。


 27歳、独身サラリーマンのダイキチ(松山ケンイチ)は、亡くなった祖父の告別式で、見慣れない1人の女の子と出会う。その6歳の女の子りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった(血縁関係では、りんはダイキチにとっては叔母に当たる…!)。思いも掛けぬ少女の出現に、困り果てる親族一同。面倒ごとと捉え、りんの扱いをたらい回しにするやりとりを聞いていたダイキチは、思わずりんに『俺ん家来るか?』と声を掛ける。父・実(中村梅雀)や母・良恵(風吹ジュン)、妹・カズミ(桐谷美玲)らの制止する中、後にひけなくなったダイキチは、りんを連れて帰ることに。こうして突然始まった年の差21歳の2人の共同生活。しかしダイキチは早速りんの保育園送迎や買い物など、慣れない育児と仕事の両立に忙殺されていく…。


 ほのぼのしてます。ホント~に、ほのぼのとしてます。そして愛菜チャンすごい!無敵です(^^;!!もおね、他に言うことなし!あ、こりゃ暴言かな…?映画自体は、前半から中盤までは『ふ~ん、なかなか考えさせられる話しやな~』なんて思いながら見ていたのですが、何故か中盤以降、一転してストーリーと進行が腰砕け気味に、グダグダになってしまったように感じられ、非常に残念でございました。が、そんなことは些細なこととして、吹き飛ばしてしまえるくらいの、愛菜ちゃんの存在感に、吾輩は恐れ入りましたよ、ホント。いや、本来映画としてはそんなのではイカンのですが、本作に限って言えばもお『許す(^^;!』って感じでして、何と申し上げてイイのやら…。吾輩、愛菜ちゃんには、末恐ろしいものさえ感じました。まだまだ若干6歳の女の子ですが、愛菜ちゃんがスクリーンに映ると、何とも言えぬ“色気”が漂っているように感じてしまいました。いや、決していやらしい意味では無く(ホントに!)、彼女の笑顔はそんなオーラさえ漂わせています。それでいて、無邪気だし、カワイイし、ホントに無敵です!もお、このまま変な方向へは曲がらず、まっすぐまっすぐ育って下さいね!!
 愛菜ちゃんの存在感に押されてはいますが、松ケン君も頑張っています。特に一生懸命なダイキチの気持ちがスクリーンから滲んできてまして、今回は彼の“イイ人”の面が前面に出ていて、とても爽やかな感じです。またSABU監督こだわり(?)の松ケン&香里奈の“妄想ダンス・シーン”は、本編にはまったく関係ないのですが、単純に楽しめます(^^;。あと脇を固める俳優陣もなかなかイイ感じなのですが、チョット活かし切れてないかな~と感じられたのが、残念でした。あ、でも中村梅雀&風吹ジュンの夫婦役は、イイ味出してくれてますよ。


 「うさぎドロップ」は、8月20日(土)~全国ロードショー公開です。とびきりかわいい“ハ~トウォ~ミングな物語”をあなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 桐谷美玲チャン演じるダイキチの妹・カズミが、保育士であるにも関わらず『子供なんて…』みたいな発言をして、ダイキチに言い咎められるシーンがあるのですが、そこで彼女が発した『ナースが家でも白衣の天使でいるなんて思わないでよね!』ってセリフ。吾輩的に…、ヒットです(^^;。
~追記②~
 本作のSABU監督もそうですが、「東京公園」青山真治監督とか、ここんとこ作風変わりすぎてませんか?いや、悪いことではないのですが…。
~追記③~
 今、改めてネットで本作の予告編を見たのですが、ワケも無く泣けてきてしまいました。何でやろ?別に悲しいわけでもないのに…。アカン歳とると、涙腺が意味無くゆるんで困りますわ(>_<)。


「うさぎドロップ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『うさぎドロップ』 - シネマトゥデイ

うさぎドロップ@ぴあ映画生活

うさぎドロップ - goo 映画
うさぎドロップ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-08-07 17:16 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(43) | Comments(2)
プロフィール
mori2(もりもり)
・性別:♂
・年齢:49歳(脱!AKB…(違)
・家族:妻と1人娘“かぁたん(仮名)”
・生息地:京都府
・生業:シネマコミュニケーター!(と、書きたいところなんですけど、実態はタダの超薄給サラリーマン…(>_<)
・一言:映画ネタ+日々の徒然なる“妄言”をシネマ親父・mori2が書き綴ります…。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ

☆ラジオ
「シネマキネマ」
(ラジオ関西・AM558KHz
・土曜深夜3:00~)
レギュラー出演中!


☆リンク
いどまきのエンタな瞬間♪
中川幸順の映画やあれこれ♪超HAPPY♪
楽(たけとら様)


~映画サイト~
Yahoo!映画

シネマトゥデイ

eiga.com

新作映画情報「映画生活」


象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター
“お薦め映画ファン ブログ”に、掲載していただいてます。

cinemacafe.net
キネマ旬報映画データベース
日本インターネット映画大賞

~映画館~
映画館・シネコンのMOVIX

イオンシネマ

“TOHOシネマズ”

~映画関連ブログ~
映画レビュー トラックバックセンター
ジジョの五感
新・豆酢館
迷宮映画館(sakurai様)
映画の話でコーヒーブレイク(ryoko様)
我想一個人映画美的女人blog(mig様)
気ままな映画生活(シムウナ様)
だらだら無気力ブログ!(はくじ様)
レザボアCATs(とらねこ様)
『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記(aq99様)
こねたみっくす(にゃむばなな様)
ペパーミントの魔術師(Ageha様)
お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法(Kei様)
ラムの大通り(えい様)
新・映画鑑賞★日記…(yukarin様)
自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ(しん様)
~青いそよ風が吹く街角~(BC様)
・*・ etoile ・*・(maru♪様)
晴れたらいいね~(ちゃぴちゃぴ様)
映画と旅行、にゃんぱらりんな日々(にいな様)
新・辛口映画館(masala様)
Cinema Collection 2(ひろちゃん様)


~色々ブログ~
ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
はなこのアンテナ@~無知の知
きたはち、ぽよよんブログ
声を磨けば、ココロがピカピカになる !コミュニケーションを楽しもう!!(スポーツアナウンサー 寺西 裕一 様)
One Fine Day ある晴れた日に(Miho様)
働くママのひとりごと(まどまりまま様)

フィードメーター - シネマ親父の“日々是妄言”
最新の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
【映画】ラ・ラ・ランド ..
from アリスのさすらい映画館
スノーデン
from ♪HAVE A NICE D..
「サバイバルファミリー」
from prisoner&#039;..
スノーデン
from ごみつ通信
『スノーデン』 国を裏切..
from 映画批評的妄想覚え書き/日々..
『マリアンヌ』 正統派で..
from 映画批評的妄想覚え書き/日々..
「マリアンヌ」
from お楽しみはココからだ~ 映画..
スノーデン
from atts1964の映像雑記
サバイバルファミリー
from とりあえず、コメントです
[映画『マリアンヌ』を観た]
from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』..
最新のコメント
目立たなければ、重要人物..
by atts1964 at 21:58
確かに面白いんですが、広..
by atts1964 at 11:49
2016年ブロガーが選ん..
by aq99 at 22:02
あけまして、おめでとうご..
by みぃみ at 14:20
>にゃむ様、あけおめです..
by mori2fm at 00:35
>atts1964様、ど..
by mori2fm at 00:05
>mattsuanko様..
by mori2fm at 00:02
『セトウツミ』を評価され..
by にゃむばなな at 23:47
>atts1964様、ど..
by mori2fm at 23:25
スタッフP:毎年日本イン..
by 日本インターネット映画大賞運営委員会 at 00:11
記事ランキング
カテゴリ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧