<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

[君の名は。] ブログ村キーワード
a0014708_1135297.jpg

 “次世代の宮﨑駿”“ポスト細田守”と称され、今注目のアニメーション監督・新海誠。その新海監督、待望の最新作が公開。「君の名は。」(東宝)。散々煽りましたが、実は吾輩これまで新海監督作品を見たことがございません(アカンがな!)。ですから、非常に高い前評判に、メチャメチャ楽しみ(要するにハードルかなり高め)で見に行ってまいりました。


 千年ぶりの彗星の接近を、1ヶ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉(CV:上白石萌音)は、或る日自分が男の子になる夢を見る。見たことの無い部屋、見知らぬ友人・先輩。そして憧れだった東京の街並み。念願だった都会での生活を、夢の中で満喫する三葉。一方東京の男子高校生・瀧(CV:神木隆之介)も、行ったことのない山奥の町で自分が女子高生になる夢を見る。そしてこの夢が幾度か繰り返された時、2人は気付く『私/俺 たち、入れ替わってる!?』その後、何度か入れ替わりを繰り返すうちに、2人は互いに惹かれていく。しかしお互いが入れ替わっているので、会うことは出来ない。そこで瀧は、未だ会った事のない三葉を探しにいくことを決意する…。

 
 新海監督のオリジナルストーリーに、見ていてぐいぐい惹きこまれました。ラブ・ストーリーであり、ファンタジーであり、更にはSF。これ、若い世代の人達が見ると、非常に斬新でキラキラ光って見えるように感じられるのでしょうが、我々世代が見ると何となく“郷愁”ノスタルジーを感じさせてくれるのです。構成は斬新なのですが、過去で言う「時をかける少女」+「転校生」÷2 あ~んど 少しだけ「アルマゲドン」みたいな(^^;。そんな名作のエッセンスが随所に感じられつつも、そのストーリーが幾多のジブリ作品を手掛けてきた作画監督・安藤雅司 氏と、キャラクターデザインの田中将賀 氏によるイキイキとした(表現がベタ過ぎて吾輩もイヤなのですが、他にイイ言葉が見つからない…)“絵”によって、スクリーンに鮮やかに展開していきます。そして作中に流れる音楽全曲を、RADWIMPSが手掛けた“劇伴”が、ストーリーと映像を更にイキイキとした(だから~、何か他の言葉ないかな~(>_<)!)物に昇華させています。特にメイン主題歌である「前前前世」はインパクト絶大で、今夏の吾輩の“脳内ヘビーローテーョン曲”になってしまいました(^^;。

 そしてキャラクターに命を吹き込む声優陣も主人公の2人は、非常に上手くはまり役だったと思います。そして長澤まさみがイイ感じで、これまた『少し大人な女性』というのにハマッていますし、大ベテラン市原悦子さんが作品全体を締めてくれるかの存在感を感じさせてくれます。

 ストーリー、絵、音楽、キャスト…、全てが非常に高いレベルで融合していて、老若男女誰が見ても楽しめるアニメーション映画に仕上がっています。見終わってから冷静に考えると、『ん?あそこって何でああなったんやったっけ?』『え?だから結局あれってどういう意味??』って、ツッコミたくなるところが幾つか出てくるし、謎も残るのですが、見ている間はそんなこと微塵も思わせない、“勢いで押し切ってしまう感”がもの凄く前面に出てきていたと思います。あ、これは本当に褒め言葉ですよ!

 
 「君の名は。」は、ただ今全国ロードショー公開中です。次世代日本アニメ界を背負って立つ新海監督渾身の一作を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『君の名は。』 - シネマトゥデイ

君の名は。|映画情報のぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-08-28 16:10 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(38) | Comments(4)
[ロバート・レッドフォード] ブログ村キーワード
a0014708_1137958.jpg
 名“老”優共演。「ロング・トレイル!」(ツイン)。爺様2人がひたすら山ん中を歩く映画なんですが、これが…面白い!

 
 紀行作家ビル(ロバート・レッドフォード)は、数年前イギリスからアメリカへ家族と共に帰国。老齢を向かえ、ほぼセミリタイア近い日々を過ごしていた。知人の死や自らの健康にばかり気が向く日々の中、或る日ビルは自宅近くを通るアメリカ有数の自然歩道“アパラチアン・トレイル”の踏破を思いつく。その距離3,500km。妻キャサリン(エマ・トンプソン)は『単独では行かせない』と猛反対。そこで手当たり次第に交友関係に参加を打診するビルだが、誰からも色好い返事は得られず。そんな時、数十年来交友のなかった旧友スティーヴン(ニック・ノルティ)から思い掛けない電話がかかってくる…。


 人生の喜び、悲しみ、理想、現実。そして思い掛けない旧友との友情。いろんな物を背負って歩く爺様2人。道行きは険しく、家族は誰も踏破が成功するなんて考えておりません。それでも爺様達は挑戦するのです。その姿は凛々しく、どこか微笑ましい…(^^;。
 しっかし、ロバート・レッドフォードもお80歳やで!にも拘らずこの人が街を歩いて妙齢の女性と出会うと、恋愛の予感が描かれてしまうなんて、どんな爺様やねんな!日本じゃ考えられんな~。実年齢で5歳ほど年下のニック・ノルティの“やさぐれ感”がハンパ無いだけに、尚一層レッドフォードの美青年…もとい美老人っぷりがクローズアップされちゃってます。ここらの対比は非常に面白いですね。
 
 全体的にはコメディタッチで描かれてますが、老いを迎えた爺様たちのこれまでの人生についての思いや、更にこれからをどう生きていこうかと考える姿などは、素直に心に染入ってきます。また何よりもアパラチアン・トレイルの、雄大で素晴らしい自然の美しさが、随所に登場するのも、間違いなく見どころの1つです。これはやはり大スクリーンでご覧いただきたいですね。

 レッドフォード老いて益々お盛ん!「ロング・トレイル!」は、ただいま全国順次公開中です。爺様2人の心温まる珍道中…もとい大冒険をあなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『ロング・トレイル!』 - シネマトゥデイ

ロング・トレイル!|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-08-25 22:40 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(2) | Comments(0)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm