<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

[ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード
a0014708_1854789.jpg
 世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、クリント・イーストウッド。いやあ~、この人やっぱり凄いわ~!


 2009年1月15日、ニューヨークのラガーディア空港を飛び立ったUSエアウェイズ1549便は、離陸直後に鳥の群れと遭遇。バードストライクにより、2基有るエンジン両方の出力を喪失してしまう。副操縦士・スカイルズ(アーロン・エッカート)による懸命の作業も空しく、機の状態は回復に至らず、サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、近くの空港への着陸を指示する地上管制官の声を制し、ハドソン川への不時着水を決意。そして危険極まりない操縦を見事に成功させ、乗客・乗員155人全員無事生存という奇跡を成し遂げる。市民やマスコミから“英雄”と賞賛されるサレンバーガーだったが、国家運輸安全委員会から厳しい追求を受ける。果たして彼の判断は正しかったのか…。


 この事故そのもののリアルな記憶は、“川に浮かぶ飛行機上に人がたくさん立っている”というニュース映像で鮮明に覚えていました。当時とにかく『凄い話やなあ』と単純に驚いていましたし、何より『全員助かってよかったね~』と思っておりました。ところが、事はそれだけで終わらず“英雄”であるはずの機長が“容疑者”という扱いを受けていた。このことは今回映画を見るまでまったく知りませんでしたので、正直結構ショッキングな話でした。まあ事が事だけに、こういった扱いを受けるのは仕方のない部分はあるかと思いますが、話半分としても、あまりにもヒドい扱いのように思えましたので(まあ国家運輸安全委員会も仕事をしているだけなんですが…)。
 トンでもない事故から人々を救った機長は、“英雄”と賞賛されることに戸惑い、片や“容疑者”として扱われることに憤りと不安を覚えます。しかし愛する妻の支えや、献身的なクルーの働き、更には自らを律し続けていた仕事に対する信念を貫き、不条理な扱いと闘っていきます。名優トム・ハンクスさすがの演技でございます。機長の不安で仕方がない心理面を、その表情に反映させる辺りはさすがの一言!そして、この“究極の実話”を撮りあげた、クリント翁の見事な演出。こういった感動系の実話が映画化されると、過剰なまでに『泣かせてやろう』的な演出が盛り込まれることが多々ありますが、この映画はそういった手法は一切使わず、むしろ“淡々と”ドキュメンタリーの如く、事実関係を辿っていきます。それでいて、機長の人間性や人生の背景などもキチンと描かれているのです。しかもそれらを織り込みながらも冗長にならず、2時間越えがあたりまえ(?)とも思われる“大作系映画”としては、非常にコンパクトな96分という上映時間!とても濃密な映画に仕上がっています。
 泣かせるような演出はなかったのですが、見ているだけで胸に“ぐっ”とくるものを何度も感じました。本当に淡々と進んでいるストーリーの最中でです。上手く説明できませんが、この映画が描いている“人間の本質”といった物が、心の琴線にダイレクトに触れてくる…、そんな感覚かと思いました。そして事故発生から不時着水までを忠実に再現した映像。本編中繰り返し使われていますが、本当にお見事です。正直『怖い』と感じました。やはりクリント・イーストウッド監督は素晴らしい!齢86歳!?まだまだ素晴らしい映画を撮り続けていただきたい!切に願う次第です。頼んます、クリント翁!!
 作中、機長が『仕事をこなしたことを誇りに思う』と語るシーンがあります。そうです“英雄”と賞賛されることに戸惑っていたのは、機長がただ“乗客の安全を護る”という職務を忠実に実行した結果に過ぎなかったからなのです。しかし結果として素晴らしい奇跡を成し遂げたにも関わらず、このような発言が自然と出来る。正に“プロフェッショナル”だと思います。そして“英雄”とも…。

 「ハドソン川の奇跡」は、ただ今全国公開中です。奇跡を成し遂げた“英雄”その知られざる真実のドラマを、あなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『ハドソン川の奇跡』 - シネマトゥデイ

ハドソン川の奇跡|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-09-29 21:21 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(47) | Comments(6)
[怒り] ブログ村キーワード
a0014708_20314890.jpg
 日本映画界を代表すると言って過言ではない、豪華俳優陣が集結!「怒り」(東宝)。重厚な、本当の意味で“重い”映画です。


 東京・八王子で夫婦殺人事件が発生。現場には“怒”の血文字が残されていた。刑事・南條(ピエール瀧)や北見(三浦貴大)等の懸命の捜査にも関わらず、犯人は顔を整形し逃亡。そして1年が経過した…。
 《千葉》‐‐家出した娘・愛子(宮﨑あおい)が、歌舞伎町の風俗店で働いていたことが判り、父・洋平(渡辺 謙)は、連れ戻しに行く。千葉の漁港で働く洋平は、妻を亡くして以来男手一つで愛子を育ててきた。千葉へ戻った愛子は、自身が家出していた間に漁港で働き始めた前歴不詳の男・田代(松山ケンイチ)と出会う…。
 《東京》‐‐昼間は仕事に忙殺されている優馬(妻夫木聡)は、夜になるとクラブで男を漁っていた。或る夜、新宿で直人(綾野 剛)と出会った優馬は情事の後、素性の知れぬ直人を自分のマンションに連れて行き、一緒に暮らし始める…。
 《沖縄》‐‐離島に移り住んできた高校生の泉(広瀬すず)は、訪れた無人島でバックパッカーの田中(森山未來)と出会う。何処から来たか分からない“自由人然”とした田中に、泉は親しみを感じる…。



 原作:吉田修一、監督・脚本:李相日のコンビは、6年前の「悪人」以来だそうで、この前作に負けず劣らずな濃密で重厚な映画を撮り上げられました。ストーリー紹介でも《千葉》《東京》《沖縄》と分けて書きましたが、この映画は3つのパートがそれぞれ独立しています(或る共有するテーマは存在しますが、それぞれ直接は絡み合いません)。そして、その1つ1つが充分に1本の映画として成立するほどの内容で、非常に見応えのある仕上がりとなっています。しかもそれぞれに描かれているドラマがとても濃密で、終盤に近付くに従って息が詰まっていくような心地で見ておりました。息苦しい…、そこに描き出される様々な“怒り”やり場のない、ぶつけ所のない、何なのか得体の知れない、でも誰もが生きていくにはそれを抱えていくしかない…。そんな思いに見ていて何か押し潰されそうな感じさえしました。とにかく“重い”です。正直見終わってドッと疲労感に襲われました。でも決して批判しているのではなく、充分に見応えがあったという意味です。最近日本映画のメジャーと呼ばれる作品で、ここまでグッと圧し掛かってくる映画が有りましたでしょうか?
 『しょうがない、しょうがない、生きていれば色々ある。でも、これはあまりにも救いがないやないか?哀しい、哀しい。でも、生きていくんや』ラスト近くでスクリーンに映し出される主人公(あえて誰がとは申しません)達の、慟哭、嘆き、叫びは、見ていて本当に胸につまされました。『泣ける』とかそういう軽い感じではない、涙すら出てこない。そして、身体の奥底から得体の知れない、沸々と湧き上がる滾る何かを感じさせられます。重くて熱い…、まさに圧倒されます。

 渡辺 謙さんをはじめ、主要キャスト陣は本当に入魂の演技を魅せてくれます。一瞬たりとも見逃せない、そんな空気が空間に漂っていると感じられるくらいの。特筆すべきは、これまでに見たことがない、広瀬すずさんのまさに迫真・鬼気迫る演技には、何度も言いますが圧倒されました。彼女は本当に女優さんだと認識させられました。彼女のことを色々言う人がおられますが、この映画をご覧になれば、どれだけ凄い“女優”かということがわかっていただけると思います。感動しました!

 極めて重いストーリーなのですが、随所に挿み込まれる沖縄のとても美しい海や、眠らない街・東京のパワフルな映像、そして千葉のありふれた漁港のひなびた映像が、それぞれ意味を持って見ている我々の目に知らないうちに焼き付きます。その映像と共に耳に焼きつく音楽を手掛けたのは“教授”坂本龍一。ストーリー、キャスト、映像、音楽の全ての要素が、絶妙に絡み合い見ている我々を圧倒します。非常に良くできた映画です。モチロン多くの方に見てもらいたいですが、万人受けするような映画でもないと思います(決して悪い意味では無く)。≪ネタバレ!≫になってしまいますので詳細は書けませんが、かなり不快と感じるシーンや映像もございます。ですからご覧になる時は、或る種の覚悟を持って鑑賞に臨まれる事をお薦めします。


 「怒り」は、9月17日(土)~全国ロードショーです。日々を生きていく我々に、果たして救いはあるのか?この映画の結末を見て、どのように感じられるか?是非!映画館でご覧ください。


映画『怒り』 - シネマトゥデイ

怒り|映画情報のぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-09-13 22:44 | Trackback(26) | Comments(6)
[四月は君の嘘] ブログ村キーワード
a0014708_2123478.jpg
 原作コミック有り、アニメ化もされた、そして主演が広瀬すず山﨑賢人「四月は君の嘘」(東宝)。『さすがにもお、この手の映画の作り方はどうなのさ?』と思いつつ、さして期待もせず(まあ、偉そうに)に見させていただいたのですが、これがまあ…。


 かつて正確無比な演奏で、幼くして数々のコンクールを席巻し、“神童”“ヒューマンメトロノーム”と称された天才ピアニスト・有馬公生(山﨑賢人)は、指導者であった母・早希(壇 れい)の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、弾けなくなってしまう。高校2年生の4月、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)を介して、同級生の宮園かをり(広瀬すず)と出会う。コンクールでヴァイオリニストであるかをりの演奏に触れた公生は、その破天荒で自由な演奏に惹かれていく。そんな公生をかをりは強引に伴奏者に指名する…。

 
 毎度のことですが、吾輩は原作未読です。アニメも見ておりません。で、この作品は非常に高評価な原作(“第37回講談社漫画賞受賞”)から設定が変更されている(原作では主人公たちは、高校生ではなく中学生。他にも重要なキャラクターが割愛されている)らしいですし、アニメの方も評価が高く(”SUGOI JAPAN AWARD 2016 アニメ部門第1位”)、おまけにキャスティングが思わず吾輩も『またか…?』と呟いてしまった顔ぶれだっただけに、冒頭に書いたような思いで鑑賞に臨んだのですが、これが予想外に(失礼!)良かった!下手な予備知識入れずに見に行ったのが幸いしたのか、ラスト近くでは吾輩、号泣寸前まで追い込まれてしまいました。そりゃあ“原作LOVE”でず~っと思い入れを持って見守られてきた方々からすると、恐らくこれは“原作レイプ”以外の何物でも無いのかも知れません。しかし、まったく初めてこの作品に触れた吾輩から言わせてもらいますと、単純にこの手の“青春映画”として良作に仕上がっていると思いました。

 広瀬すず、山﨑賢人は両名共にイイです!輝いてます!すずちゃんの天真爛漫&明朗快活から、やがて病に侵されていくも懸命に生き抜こうとしていく様が実に健気で儚げで、今の彼女の等身大の魅力にピタリとハマッていてイイ!片や山﨑君は今回の公生というキャラに、思いのほかマッチしていました。これまでの彼の演技からすると、少々ミスキャストかな?とも思えてたのですが、ハジケたすずちゃんとは逆に抑えめの演技が、イイ感じにハマッていたと思います。但し、もお高校生はやらん方がイイとは思いましたが…(^^;。で、この2人は演奏のシーンでも相当に頑張ったみたいで、それは映像をとおして充分に伝わってきます。まあ100%全てを彼等が演奏していたとは思いませんが、アレだけ出来れば全然OKだと思いました。

 昨今のこの手の“漫画原作映画”としては珍しい(?)ことに、この作品は“少女コミック”ではなく“少年漫画”が原作なのです(月刊少年マガジンに2011.5月~2015.3月まで連載)。だから、オッサンの吾輩が涙してもイイよね(^^;?
 
 良い映画だったとは思いますが、最近少し乱発気味のこの手の映画の作り方には少々疑問を感じます。前述したように、制作ニュースを聞いただけで『またか…』と思ったことは事実ですし、この後も主演の2人が出演する映画はメジロ押し。売れていることはイイことだとは思いますが、食傷気味に思う人がいることも事実ですし、そうなると逆に見に行こうと思わなくなる人も出てくると思うんですよ、『どうせ、また同じ感じでしょ?』て。そんな色眼鏡で見に行かれると、映画も役者も可哀想ですよね?こんなこと言ってる吾輩も、今回は色眼鏡掛けて見に行きましたので、偉そうなことは言えないのですが、この映画はその色眼鏡をふっ飛ばしてくれるだけの1本に仕上がっています。原作ファンの方も、『これは原作とは別物』という認識で、1本の独立した映画としてご覧になっていただければと思います。


 「四月は君の嘘」は、9月10日(土)~全国ロードショーです。友情、恋、そして音楽…。若い2人が駆け抜ける1年の物語をあなたも是非!映画館でご覧ください。

映画『四月は君の嘘』 - シネマトゥデイ

四月は君の嘘|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-09-01 23:03 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(8) | Comments(0)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm