私は「ゴジラ」が大好きである。もういい歳こいたオヤジであるが、毎年正月には知り合いの子を連れて(この子は「ハム太郎」が観たいのだ)行くという“堂々とした”理由の下に、こういう類の作品にまったく興味を示さないカミさんの冷たい視線もクリアして、合法的(?)に劇場へ「ゴジラ」を観に出掛けている。ところがこの「ゴジラ」シリーズも次回作「GODZILLA FINAL WARS」で、遂にその50年の歴史に終止符を打つことが決定した(ちなみに今回は「ハム太郎」の併映はナシ!嗚呼、どうしよう・・・)。そして、その作品の監督に抜擢されたのは何と“北村 龍平”。彼の撮った「あずみ」は好きだけれど、なにより怪獣映画は今までやったことがないそうで、最初にこの話を聞いたときは『大丈夫かあ?』 と思ってしまった。
 
 すると後日今度は「あずみ2」の製作が発表された。で、こちらの監督に抜擢されたのが何とあの“金子 修介”!!平成「ガメラ」シリーズを撮りあげた、日本SFX映画界のエースである。そしてこちらのコメントも『時代劇は初めてでして・・・』
 
 適材適所という意味から考えるとこの人選、反対の方がイイんじゃないのだろうか?今回東宝は、とんでもなくギャンブルちっくなブッキングをしてしまったのではないだろうか?さあ、果たしてこの博打。吉とでるか、凶とでるか・・・。モチロンどちらにもコケてほしくはないのだが。
[PR]
# by mori2fm | 2004-04-19 02:57 | 映画小ネタ | Trackback | Comments(0)
a0014708_24415.jpg そんな訳で、記念すべき一発目の映画ネタを。行ってきました「アップルシード(東宝)」いやあ久し振りに“made in Japan”のアニメ映画を、劇場で観てしまいました。映画そのものは、前評判どおりフルCGの素晴らしい映像と、予備知識が豊富でなくても理解可能なストーリーで、充分楽しませてもらいました。しかぁし・・・。
 
 公開初日、深夜零時スタートのレイトショーへ行ったのですが(キツイ!明日も仕事やっ!ちゅうねん)、そのような深~い時間にも関らず、結構な数の人達が観に来ていました。但しその客層は、明らかに普段私が観る映画とは異なっておりました。そこで多数目撃されたのは、他の映画でよく見受けられるカップルではなく、そこそこ年齢のイッている(20代中盤~30代半ばくらいかな)男性ばかりのグループでした。身体的特徴で申し上げますと『ややポッチャリ系で、めがねを愛用し、今日のようにとても暖かい日でもジャンパーを着ていらっしゃる・・・』といった方々です。シネコン(今回お邪魔したのは”イオンシネマ久御山”です)側も、その辺りをわかってらっしゃるようで、本編上映前にながれた予告編は「サンダーバード(UIP)」「スチームボーイ(東宝)」「スパイダーマン2(ソニー)」の3本立て・・・。場内にはその間、歓声とどよめきが交錯しておりました。私は座席が後ろの方だったので、場内の様子がよくわかったのですが、何かもうおかしくておかしくて。シネコンさんも上映作品によって、予告編を変えておられるのでしょうか?
 ま、そんな私も中学・高校のころ「ガンダム」や「マクロス」といったアニメにハマり、そこから映画を観るようになったわけですから、あまり他人様のことをとやかく言えた筋合いではないのですが・・・。
 
[PR]
# by mori2fm | 2004-04-18 03:33 | 映画小ネタ | Trackback(1) | Comments(3)

いらっしゃいませ!

はじめまして。当方30代半ばの、京都在住サラリーマン・シネマコミュニケーターでございます。これから色々と『映画ネタ』で盛り上がっていきたいな~と思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by mori2fm | 2004-04-18 02:32 | ご挨拶 | Trackback | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm