タグ:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ( 1 ) タグの人気記事

[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード
a0014708_1404890.jpg
 トム・ハンクスサンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画??』なんて思ったりしたんですが、いやいやどうして、なかなかの感動作でございましたよ。しかし、このタイトルは憶えられんな~(^^;。


 9.11のアメリカ同時多発テロで突然、最愛の父・トーマス(トム・ハンクス)を亡くした少年・オスカー(トーマス・ホーン)は、母・リンダ(サンドラ・ブロック)とも上手く向き合えなくなり、深い哀しみを抱えて日々を過ごしていた。トーマスが亡くなって1年程が経った或る日、オスカーは“あの日”以来初めて亡き父の部屋へ入る。そしてクローゼットの中で、誤って花瓶を割ってしまう。花瓶の中から、封筒に入った見慣れない鍵を発見したオスカーは、それがトーマスが遺したメッセージだと確信。その鍵の謎を解くために、封筒に書かれていた“Black”という言葉を頼りに、ニューヨーク中の“ブラックという姓を名乗る人”の許を訪ねる、調査の旅を開始する…。


 “9.11のテロ事件を背景に、父親を亡くした少年を主人公にした泣ける映画”くらいの予備知識しか持たずに、吾輩は観に行ったのですが、まあ途中までは何とも非常に気分の悪い映画でございました。とにかく主人公のオスカー少年に、まったく感情移入することが出来なかったんですわ。だって“ものすごく気難しくて、ありえないほど生意気”に見えたからです。そりゃ大好きだった父親を亡くして、精神的に不安定になってるってのは理解できるんです(“アスペルガー症候群”の可能性を匂わす台詞もあります)が、その辺を差し引いても、上から目線で大人にモノ言ったり、母親であるリンダに罵詈雑言を浴びせたりと、『何てクソ生意気なガキなんや!』としか思えなかったのです。ところが映画も後半に差し掛かり、オスカーが鍵の謎に近い人物(≪ネタバレ!≫になっちゃうので、詳しくは言えませんが)に対して、トーマスの最期に絡む或る秘密を打ち明けるのですが、それを聴いた瞬間、涙腺決壊!吾輩号泣(>_<)!!そうか~、オスカーはそんなことをず~っと胸のうちにしまっていたのか~。誰にも言えずに、話そうともせずに…。わずか10歳の少年やぞ!ず~っとイッパイイッパイだったんやろうね。哀しくて苦しくて、どうにかなりそうだったんだろうね。だから大人に対してキツいモノの言い方になったりしてしまったんだろうね。ホント、必死だったんだろうね。ゴメンなさいm(_ _)m!そんなことも理解できず、“クソ生意気なガキ”とか思ったりして。オスカーは、ホントに想像を絶する哀しみを抱えていたんですね。それがわかった時は、吾輩も~堪りませんでしたわ(>_<)。

 これは本当の意味での“喪失と再生の物語”だと思います。突然失った最愛の存在、その喪失感と哀しみを如何にして埋めていき、克服していくのかということが、少年の目を通して感動的に描かれています。テロで犠牲になった人のことを描いてはいますが、何が正しいとか何が悪だとかいうことには触れておらず、こういう類の映画でよく描かれている“アメリカ至上主義”は、まったく出てまいりません。これもイギリス出身の名匠・スティーブン・ダルドリー 監督だからこそ為せた業なのかもしれません。泣けると書きましたが、温かい笑いが生まれるシーンもあって、とても優しい映画に撮り上げられています。


 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共に今回は非常に抑えた演技で、少年のことを正に“大きな愛で包み込んでいる”両親を熱演しています。生前、オスカーを惜しげもなく慈しんだ父・トーマスの姿にはとても心が安らぐ思いがしましたし、ラスト近くで母・リンダが如何にオスカーを見守り、愛しているかということがわかるシーンがあるのですが、サンドラが上手いの!もお、ホントに泣かされてしまいました。そして名優、マックス・フォン・シドー!彼が演じた“口がきけない謎の老人”(早々に、その正体の予測はついちゃうのですが、そんなことは問題ではない!)は、父亡き後のオスカーを精神的に支え、導いていきます。声を発せずとも、その圧倒的な存在感は映画の中でとても輝いています。この演技でのアカデミー賞ノミネート(助演男優賞)も、納得でございますな。極めつけは、オスカー役に抜擢されたトーマス・ホーン君。何と今回が映画初出演(!)なんだそうです。ス、スゴイな~!いやホントにもお他に言葉が出てこないですわ。この子、一体これから先どんな風に育っていってくれるのでしょう?頼むから、そのまま真っ直ぐに行ってくださいね。くれぐれも、悪い方へは曲がらずに…。


 「ありえないほどうるさくて、ものすごく近い…」もとい!「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、ただいま全国ロードショー公開中です。深い哀しみを抱えた少年が辿る“再生への旅”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。泣けます!

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 - シネマトゥデイ

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@ぴあ映画生活

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - goo 映画
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-02-21 22:58 | 映画評 外国映画 マ行 | Trackback(88) | Comments(16)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm