タグ:アンストッパブル ( 1 ) タグの人気記事

[アンストッパブル] ブログ村キーワード
 デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。


 その日、職務経験4か月の新米車掌ウィル(クリス・パイン)は、勤務28年のベテラン機関士・フランク(デンゼル・ワシントン)とコンビを組んで、旧式機関車1206号に乗り込み、貨物列車の移動を行なっていた。同じころ、操車場から最新鋭の貨物列車777号が、移動中のミスで無人のまま走り出し、本線へと出てしまう。やがて加速した777号は、本線を猛スピードで暴走。777号の積荷には、危険な化学物質が存在し、機関車は大量のディーゼル燃料を積載していた。このまま暴走を続けると、人口密集地にあるカーブを曲がり切れずに脱線し、その下にある燃料タンク群に激突して大爆発を起こす可能性が高いことが判明。鉄道会社は様々な策を講じて、何とか停止させるよう試みるが、ことごとく失敗。万策尽き果てたと思われたその時、777号に対向する形で本線を走行していて、間一髪衝突を免れたフランクとウィルの乗った1206号機関車が、貨物列車を切り離し逆行で、777号の追跡を開始。フランクは、後ろから連結して列車全体を減速させ、停止させようとしていた…。


 この映画は、2001年にアメリカで実際に起こった列車暴走事故をベースに作られていますが、これがまた非常に面白い“アクション大作”に仕上がっています。アメリカの鉄道事情ってのは、国土のデカさに比例して、日本なんかとはそのスケールが違います。機関車なんか日本の倍ほどのデカさ(本作の777号=“AC4400CW”は、重さ190トンで4461馬力!日本の代表的な機関車“DD51”なんか、重さ80トンの2200馬力(負け!)で、これが2~3連、多い時は6~7連で貨物列車を引っ張るんだそうです。で、この貨物列車ってのもスケールが違いまして、100両超なんてのは、普通だそうです。その長さは優に1km超(!)。実際の事故の際は、47両編成だったそうですが、この映画では39両編成となっております。それでも全長800m!あの東京スカイツリーを寝かせた長さよりも、まだ長い!凄い!!これが時速100km以上のスピードで暴走する…。想像しただけでも凄いことになってそうでしょ?これを、トニー・スコット監督が、素晴らしい迫力満点の“ノンストップ・アクション巨編”に仕上げています。もお、ホント手に汗握るシーンの連続。吾輩、見ている間しばらく息つく暇がございませんでした。いや、ホント大げさでなく。
 アクション大作ではございますが、登場人物それぞれの人間ドラマもキチンと描かれていて、決して薄っぺらい映画にはなっておりません。それでいて、上映時間1時間39分と非常にコンパクト。中だるみなく、一気に見せてくれる、トニー・スコット監督の演出は、非常に素晴らしいと思います。正直ココんとこ『う~ん、何かイマイチ…』って感じるような(失礼!)作品が続いていたような気がするのですが、本作では久々に“アクション映画の巨匠”としての面目躍如って感じで、正に“快作”に仕上がっています。

 しかしデンゼル・ワシントンってのは、本当にいい役者さんですね。どんな役を演じても重みが感じられます。本作でも“解雇通告を受けたベテラン機関士”っていう年齢的に少々枯れかかった役を、渋く演じているのですが、後半“愛する人々を守るため、列車を止める”という使命感に燃える『よっしゃ~、やったるで~!』的なアツい演技でも魅せてくれます。若手のクリス・パイン(「スター・トレック」のカークです)も、頑張ってますが、ここはデンゼルの貫禄勝ちってことで…。

 まあ冷静に考えると、『鉄道会社の不始末を、鉄道会社が自分の手で処理した』ってだけの話なんですが(^^;、でも『何としてでも、止めてやる!』っていう、男たちのアツ~い思いがスクリーンからヒシヒシと伝わってきます。こういう“おっとこ臭~い映画”大好きです!!

 「アンストッパブル」は、2011年1月7日(金)~全国ロードショーです。“燃える男の鉄ちゃんムービー”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「アンストッパブル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『アンストッパブル』 - シネマトゥデイ

アンストッパブル@ぴあ映画生活

アンストッパブル - goo 映画
アンストッパブル - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2010-12-15 22:41 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(108) | Comments(12)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm