タグ:クリント・イーストウッド ( 5 ) タグの人気記事

[ハドソン川の奇跡] ブログ村キーワード
a0014708_1854789.jpg
 世界中を驚愕させた実話をトム・ハンクス主演で映画化。「ハドソン川の奇跡」( ワーナー・ブラザース)。メガホンを取ったのは、クリント・イーストウッド。いやあ~、この人やっぱり凄いわ~!


 2009年1月15日、ニューヨークのラガーディア空港を飛び立ったUSエアウェイズ1549便は、離陸直後に鳥の群れと遭遇。バードストライクにより、2基有るエンジン両方の出力を喪失してしまう。副操縦士・スカイルズ(アーロン・エッカート)による懸命の作業も空しく、機の状態は回復に至らず、サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、近くの空港への着陸を指示する地上管制官の声を制し、ハドソン川への不時着水を決意。そして危険極まりない操縦を見事に成功させ、乗客・乗員155人全員無事生存という奇跡を成し遂げる。市民やマスコミから“英雄”と賞賛されるサレンバーガーだったが、国家運輸安全委員会から厳しい追求を受ける。果たして彼の判断は正しかったのか…。


 この事故そのもののリアルな記憶は、“川に浮かぶ飛行機上に人がたくさん立っている”というニュース映像で鮮明に覚えていました。当時とにかく『凄い話やなあ』と単純に驚いていましたし、何より『全員助かってよかったね~』と思っておりました。ところが、事はそれだけで終わらず“英雄”であるはずの機長が“容疑者”という扱いを受けていた。このことは今回映画を見るまでまったく知りませんでしたので、正直結構ショッキングな話でした。まあ事が事だけに、こういった扱いを受けるのは仕方のない部分はあるかと思いますが、話半分としても、あまりにもヒドい扱いのように思えましたので(まあ国家運輸安全委員会も仕事をしているだけなんですが…)。
 トンでもない事故から人々を救った機長は、“英雄”と賞賛されることに戸惑い、片や“容疑者”として扱われることに憤りと不安を覚えます。しかし愛する妻の支えや、献身的なクルーの働き、更には自らを律し続けていた仕事に対する信念を貫き、不条理な扱いと闘っていきます。名優トム・ハンクスさすがの演技でございます。機長の不安で仕方がない心理面を、その表情に反映させる辺りはさすがの一言!そして、この“究極の実話”を撮りあげた、クリント翁の見事な演出。こういった感動系の実話が映画化されると、過剰なまでに『泣かせてやろう』的な演出が盛り込まれることが多々ありますが、この映画はそういった手法は一切使わず、むしろ“淡々と”ドキュメンタリーの如く、事実関係を辿っていきます。それでいて、機長の人間性や人生の背景などもキチンと描かれているのです。しかもそれらを織り込みながらも冗長にならず、2時間越えがあたりまえ(?)とも思われる“大作系映画”としては、非常にコンパクトな96分という上映時間!とても濃密な映画に仕上がっています。
 泣かせるような演出はなかったのですが、見ているだけで胸に“ぐっ”とくるものを何度も感じました。本当に淡々と進んでいるストーリーの最中でです。上手く説明できませんが、この映画が描いている“人間の本質”といった物が、心の琴線にダイレクトに触れてくる…、そんな感覚かと思いました。そして事故発生から不時着水までを忠実に再現した映像。本編中繰り返し使われていますが、本当にお見事です。正直『怖い』と感じました。やはりクリント・イーストウッド監督は素晴らしい!齢86歳!?まだまだ素晴らしい映画を撮り続けていただきたい!切に願う次第です。頼んます、クリント翁!!
 作中、機長が『仕事をこなしたことを誇りに思う』と語るシーンがあります。そうです“英雄”と賞賛されることに戸惑っていたのは、機長がただ“乗客の安全を護る”という職務を忠実に実行した結果に過ぎなかったからなのです。しかし結果として素晴らしい奇跡を成し遂げたにも関わらず、このような発言が自然と出来る。正に“プロフェッショナル”だと思います。そして“英雄”とも…。

 「ハドソン川の奇跡」は、ただ今全国公開中です。奇跡を成し遂げた“英雄”その知られざる真実のドラマを、あなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『ハドソン川の奇跡』 - シネマトゥデイ

ハドソン川の奇跡|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-09-29 21:21 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(47) | Comments(6)
[人生の特等席] ブログ村キーワード
a0014708_1802027.jpg
 俳優 クリント・イーストウッド 復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。


 ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトランタ・ブレーブス”の敏腕スカウトとして、長年にわたり多数の名選手を発掘してきた。しかし最近、著しく視力が低下。『失明の恐れあり』と医者に診断されるも、引退を恐れたガスはこれを無視して、今年の目玉選手の最終チェックのため、ノースカロライナへ向かう。そんなガスの様子を案じた同僚のピート(ジョン・グッドマン)は、ガスの一人娘で弁護士のミッキー(エイミー・アダムス)に、ガスとの同行を依頼する。幼いころに母を亡くし、互いの思いをぶつけられないまま時は流れ、父娘の間は今や良好とは言えない関係になっていた。しかし、父のことを想う気持ちに嘘をつけないミッキーは、昇進が懸かった仕事を抱えたまま、ガスの後を追ってノースカロライナへとやって来る…。

 
 『スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る』こんなキャッチが付いてたモンですから、吾輩また“号泣感動映画”を想像してたのですが、スクリーンにはいきなり“小便が出にくくて苦闘するクリント翁”が大映し(^^;。いやあ、笑わせてもらいました~。その後シーンが変わって、亡き妻の墓前で『♪You are my sunshine~♪』と歌うクリント翁。これには吾輩泣かされました。笑いと涙が程良く散りばめられていて、見ていてとても優しく心が温められました。観終わった後に、これほど清々しい気持ちになれた映画は、ホント久しぶりのような気がします。特にラストは、何とも爽快で痛快でした。あんなに上手く話が進むことは、なかなかないでしょうが、それでも世の中何かと面白くない昨今、あれくらいベタな展開の方が、楽しく安心して見ていられました。うん、ホントにイイ映画です。

 “俳優引退宣言”を撤回して復活したクリント翁。何故なら本作が、彼の“唯一の弟子”と言われているロバート・ロレンツの監督デビュー作だからなんだそうです。そう正に、愛弟子の門出に花を添えると言ったところでしょうか。で、今回は自身の監督作ではございませんので、イイ意味で抜けてるんです、クリント翁。頑固で怒ると見境がなくなり、新しい物は苦手…こんな爺さん、クリントにピッタリですやん!正にハマり役、うってつけ!それをまあ、何とも楽しそうに演じておられるんですわ。御歳82歳!!枯れた魅力全開!いやあ、まだまだ元気!これからも、もっともっと吾輩たちを楽しませてくれそうですね。その翁に対した、エイミー・アダムス嬢。お姫様から普通の主婦まで、彼女も幅広いですね。本作でも“父親と正面から向き合いたいのに、素直になれない寂しいキャリアウーマン”という役柄を、上手く演じています。なかなかキュートに見えますが、実は彼女も38歳(!)もお中堅どころですね。今後ますますの活躍が期待されます。

 “父と娘の葛藤”が、物語のメインにはなっていますが、当然のことながら野球のシーンもたくさん出てきます(吾輩、何故かワクワクしちゃいました。一応おっとこの子ですから(^^;)し、ミッキーとジャスティン・ティンバーレイク演じるジョニーとのラブ・ストーリーも、上手にストーリーに絡ませてあって、上質な大人の映画に仕上がっています。老若男女を問わず、どなたがご覧になっても楽しめること受け合いです。

 「人生の特等席」は、ただいま全国公開中です。『イーストウッドの隣で、人生を眺める』そんな気分をあなたも是非!映画館で味わってください。

~追記~
 映画の中の話としては面白かったですが、いくらなんでもメジャーのスカウティングの実態は、この映画に描かれているようなモンじゃないですよね?運命のドラフトが、あんなギャンブルみたいな感じでは、いずれ野球は衰退しちゃいますよ!
~追記②~
 GM?オーナー?役のロバート・パトリック!いやあ~“T-1000”も、だいぶ枯れましたね~(^^;。


人生の特等席@ぴあ映画生活

人生の特等席 - goo 映画
人生の特等席 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-11-29 00:39 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(48) | Comments(7)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード
 クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。


 南アフリカで、アパルトヘイト政策が廃止された1990年。ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、27年にも及ぶ獄中生活から解放される。そして1994年に行われた、南ア史上初の全人種参加選挙により、マンデラは大統領に選出される。これまで人種差別を受けてきた経緯から、白人たちへの怒りを露わにする黒人たちにマンデラは“赦し”の精神を説く。『白人と黒人が憎しみ合うのではなく、力を合わせ国を作っていくのだ』と。1年後に南アでの開催が決まっていた、ラグビーのワールドカップ。開催国特権として出場が出来る、南ア代表チーム(愛称“スプリングボクス”以降、ボクスと表記)は、選手の中に黒人が1人しかおらず、アパルトヘイト時代の象徴のように捉えられていた。しかもワールドカップの下馬評も決して芳しいものではなかった。黒人主導となった南アのスポーツ界は、ボクスの名称や、チームカラーを変更しようとするが、マンデラはその動きを阻止。白人によって構成されるボクスを、挙国一致への拠り所にしようと考えたマンデラは、ボクスの主将ピナール(マット・デイモン)を執務室に招待する…。


 今回、イーストウッドは監督専任です(「グラン・トリノ」で“俳優引退宣言”しましたよね)。この人の映画は、イーストウッドご本人が出演しているモノは、“熱血”とか“根性”って感じの物がダイレクトに表現され、我々を熱い感動に包んでくれる気がします(「グラン・トリノ」や「ミリオンダラー・ベイビー」etc)。こちらは云わば『“動”の演出』とでも言いましょうか。他方、演出に専念している映画では、逆にもの凄く淡々とストーリーが展開し、決して派手ではない非常に抑えめな演出が為されているような気がします。そして観ている我々は、魂の底から打ち震えるような感動に浸らされるのです(「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」etc)。こちらは『“静”の演出』と言えるのではないでしょうか。そして本作は、当然後者に当てはまる映画です。この手の“感動実話物語”の映画では、よく『さあ、どうだ!これで泣け~!』と言わんばかりの“泣きの押売り”的演出がされている時があります。そういう映画に当たると吾輩は、非常に気が重くなります。『確かに泣けるかも知れんが、終わった後しんどいんだよ~!』って感じです。その点この映画は、南アで実際に起こった話を、実に淡々となお且つ感動的に撮り上げています。もお、何なんでしょうね?別にさして大したことの無い、普通のシーン(子供たちが、ボールを持って走る)がスクリーンに映し出されただけで、吾輩ウルルン状態になっちゃいました。これがイーストウッド映画の魔力…もとい魅力なんでしょうね。もう、ホント上手く説明できないんですけど、いつの間にか感動させられてしまいます。毎度のことですが。
 上映時間、2時間14分の中で描き出すには、かなり難しい実話(内容が濃密過ぎて)だったと思われます。ですから『マンデラ氏の27年間の苦痛が、充分反映しきれてないかな?』とか『“恥”とまで言われたボクスが、何かえらいアッサリと勝ち進んで行っちゃうがな(いえ“恥”の時点でも、日本代表なんかよりは、遥かに強かったようですが…(>_<)』更には『黒人と白人の対立って、現実はもっと根深いモンなんだろうな~』と言った印象を受け、『チョット淡々と進行し過ぎちがう?』と思える部分もありました。『もう少し長くして、もっと掘り下げてくれてもいいのにな~』なんて思いながらも、実は充分に感動させてもらいましたので、これは恐らく吾輩の“贅沢な願望”なのでしょうね(^^;。

 “アパルトヘイト”。昔、中学や高校の社会科の時間に習いました。当時『いまだに、そんなことやってる国があるんやなあ~』と思っていました。マンデラ氏が解放されたってニュースを聞いた時は、何か単純に嬉しかった覚えがあります。氏が解放されて、もう20年も経つんですね。ついこの前のことのような気がしますが、案外忘れてしまってますね(^^;。まして'95年のラグビー・ワールドカップのことなんて、殆んど知りませんでした(いや、当時はニュースなどで知ってたかもですが、これも殆んど忘れてます(>_<)。感動を受けつつ、こういった事実を改めて知ることが出来る…素晴らしい映画です。スタッフ、キャスト共にホントいい仕事してますよ!

 「インビクタス 負けざる者たち」は、ただいま全国公開中です。イーストウッドがまた産み出した“感動の1本”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

「インビクタス/負けざる者たち」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『インビクタス/負けざる者たち』 - シネマトゥデイ

インビクタス/負けざる者たち@ぴあ映画生活

インビクタス/負けざる者たち - goo 映画
インビクタス/負けざる者たち - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2010-02-12 21:06 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(96) | Comments(2)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード 
a0014708_14462364.jpg
 クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。


 妻に先立たれたウォルト(クリント・イーストウッド)は、朝鮮戦争の帰還兵。“頑固で偏屈な年寄り”として2人の息子や、その孫達とも折合いが悪く、1人で単調な日々を過ごしていた。生前、妻から『懺悔をさせてほしい』と依頼され、その為に訪問してくれた神父(クリストファー・カーレイ)にさえ、悪態をついて追い帰す始末。隣家には、アジア系“モン族”の移民家族が越して来て、偏見を隠さないウォルトは、とても気分を害していた。そんなウォルトの楽しみは、車。定年まで働いたフォードの工場で、自らがステアリングを取り付けた72年式の愛車・“グラン・トリノ”を磨き、眺めることだった。ある夜、“グラン・トリノ”のガレージに賊が侵入。ライフルを携えたウォルトは、転倒しながらも賊を追い払う。後日、隣家の長男・タオ(ビー・バン)が、賊だったことが判明。タオは、従兄のスパイダーから不良グループへの入団テストとして、“グラン・トリノ”を盗むように命じられたのだった。タオを責めに来たスパイダーたちに、銃を突きつけるウォルト。結果的に隣家の人々を救ったウォルトは、偏見を抱きながらも次第に隣家との交流を深めて行く。特にタオの姉・スー(アーニー・ハー)との会話は、頑ななウォルトの心を、いつしか和らがせていた。そして、詫びの印にウォルトの許を訪れ、手伝いを始めたタオ。ウォルトは、タオを知人の建設現場へ紹介し、働かせる。いつしかウォルトは、タオを一人前の男にすることに喜びを感じていた。しかしスパイダー達は、そんなタオにも、しつこくつきまとっていた…。

 
 どうしたらこんな素晴らしい映画を作れるのでしょう?イーストウッドは、本当に凄い。トンでもない人だと吾輩は思います。この映画、途中でラストがある程度想像出来てしまいます(そりゃあ、あれだけ『ラストが、ラストが…』って煽られたら、何となくわかっちゃいますって!)。で、その通りの展開になった時、『ああ、やっぱりな』と思った次の瞬間、吾輩は涙が止まらなくなってしまいました。悲しいシーンであることに間違いはありません。しかし、事前に結末は予見できていたにも関わらず、吾輩久々に“号泣”してしまいました。何故か?どうしてか?自分でもまったく説明が出来ません。ただ1つ言える事は、これこそが“イーストウッド映画の持つ魅力”なのだな~ってことです。上手く説明できませんが、吾輩の脳の中枢は、この魅力の前に、なす術もなく涙腺を決壊させたのです。悲しい、ホントに悲しいんですよ。でも、この悲しさは“未来に希望を抱かせる悲しさ”なんですよ。正直『もう少し、上手いやり方があったやろう?』とも思ってしまったのですが、無骨なまでに真っ直ぐ、その未来の為に自らを捧げたウォルトの決意。その心中を思った時、吾輩の涙腺は再び決壊してしまいました。人間こんな事、思うだけでなかなか出来ません。ウォルトが人生を賭して灯した“希望”という光は、スーやタオが人生に迷った時、必ず正しい道を照らしてくれる筈です。

 決して悲しく、重い映画ではありません。随所に微笑ましい演出が為され、そして笑いのツボも用意されています。特にウォルトが度々怒りを露わにする(不義理な息子や孫達の、理不尽な振る舞いや、不良グループ達の許せない行動に)シーンには、『おお!まるで年老いたダーティハリーだ(^^;!』と、吾輩クスクス笑いが止まりませんでした。まるで『歳はとっても、俺の正義の怒りは不変だぜ!』という、イーストウッドの心の叫びが聞こえてくるようでした。このように、骨太な中にも軽妙洒落な演出を織り込み、そしてラストに希望の涙を流す大団円を用意する。派手さはないけれど、スクリーンを通して、人間の一人一人の存在が、どれだけ大切なものなのかを思い知らせてくれる。スマートじゃないけれど、一級の芸術として完成している…。この映画は、そんなイーストウッド映画の最高峰と呼べる作品に仕上がっていると思います。然るに何故、この映画はアカデミー賞にカスりもしなかったのでしょうか?吾輩個人的に“作品賞”あげてもイイくらいの映画だと思うんですがね~(現時点で「スラムドッグ$ミリオネア」は未見ですが)。今のところ間違いなく、今年のNo.1です!

 本作でイーストウッドは、俳優業のリタイヤを宣言したそうです。確かに間もなく79歳(?!)になられることを考えれば、それもアリかな~とも思います。ラストでこれだけ素晴らしいモノを見せていただいたのですから、俳優人生の花道には相応しいと思います。これからは監督として、心の底から感動出来る映画をドンドン撮っていただきたいモンです。でも、気が向いたらまた演技も見せてください…。


 「グラン・トリノ」は、ただいま全国大絶賛上映中です。『人は如何に生き、そして如何に死ぬか?』真っ直ぐに生きた1人の男の物語を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


~追記~
 エンディングで流れる主題歌が、また素晴らしく心に響きます!ただいまYahoo!映画で、期間限定(?)配信中です。→コチラをクリック!


「グラン・トリノ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『グラン・トリノ』 - シネマトゥデイ

グラン・トリノ@映画生活

グラン・トリノ - goo 映画
グラン・トリノ - goo 映画

 

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-04-27 21:49 | 映画評 外国映画 カ行 | Trackback(165) | Comments(29)
[チェンジリング] ブログ村キーワード
 監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。


 1928年。シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子ウォルターと、ロサンゼルス郊外で暮らしていた。電話会社に勤め、日々忙しく働くクリスティン。そんな彼女にとって、ウォルターは心の支えであり、その存在は、彼女の全てでもあった。或る日、会社から休日出勤を頼まれたクリスティンは、ウォルターを家に残して職場へ。終業後、急ぎ帰宅したクリスティンだったが、家にはウォルターの姿は無かった。周囲を懸命に捜しても見つからず、夜になって警察へ助けを求めたクリスティンに、ロサンゼルス警察の担当者は『規則で24時間は捜索できない。朝になれば戻ってくるでしょう』と告げる。しかし、ウォルターは戻らず、警察も捜索に着手。そして失踪から5ヶ月経った或る日、『ウォルターがイリノイ州で発見された』との知らせが入る。警察に連れられ、駅まで迎えに出向いたクリスティンは、ウォルターを名乗る少年と対面を果たすが、その子供は別人だった。『人違いだ』と警察に訴えるクリスティン。にも拘らず警察は『この子がウォルターだ』と、クリスティンに言い含め、集まった報道陣の前で、感動の再会を強要する…。


 何とも恐ろしい、そして残酷な“実話”です。『警察には腐敗が付き物』というのは、古今東西を問わず存在するお話ですが、それがここまでひどく警察内部だけでなく、一般市民をも被害に巻き込んでいた。しかもそれらが当たり前の如く行われていたなどとは、言語道断ですよ。誰がどう見ても、おかしな話が、『警察がこう言ってるから』ってだけで罷り通ってしまう…。背筋が冷たくなる、ホントに恐ろしい話です。 
 1920年代といえば、まだまだ女性の地位は低かったと思われます。そんな時代にも敢然と不正に立ち向かったクリスティン。彼女を支えたのは、ただ『息子を救いたい!』と言う一念でした。それがやがて社会全体を動かして行くのです。それほどまでに、母の愛は偉大なのです。この映画は、そのことを改めて認識させてくれます。またアンジェリーナは、この芯の強い女性を非常に好演しています。これは、アンジー自身がやはり“母親”であるという点が、役を演じる上で反映された結果だと思います。もともと持ち合わせている演技力に加えて、彼女の内面から滲み出てくる“母性”というものが、“気丈に闘う母親”の姿となり、スクリーンに映し出されるのです。アカデミー賞は獲れませんでしたが、アンジー渾身の演技は一見の価値アリです。

 そしてイーストウッドが、実に見事な仕事をしていますね!下手をすれば安っぽい“お涙頂戴映画”となってしまいそうなこの“残酷な実話”を、非常に淡々と、それでいて優しく撮りあげています。かなり衝撃的な事実が次々と展開するのですが、そういうシーンでよく流れるおどろどろしい音楽が、この映画では一切流れません。イーストウッド自身が担当し、盟友であるレニー・ニーハウスの手に委ねられた、この映画の音楽は、とても優しく観ている我々を包み込んでくれます。かつて、このような衝撃的な映画から、こんな優しい音楽が流れてきたことがあっただろうか?吾輩は映画館を出た後、ず~と、自問しておりました。それだけ、この映画の音楽は、ある意味“衝撃的”でした。ホントに素晴らしいです。
 
 残酷で重い話ですが、イイ映画です。久しぶりに洋画を観て、涙腺が緩みました。それだけ、最近の洋画には“当たり”がなかったような気がします。

 「チェンジリング」は、ただいま全国絶賛公開中です。『魂で泣く本当にあった物語』←いいキャッチです。息子を思う母の愛と正義を、あなたも是非!映画館でご覧になってください。

「チェンジリング」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『チェンジリング』 - シネマトゥデイ

チェンジリング@映画生活

チェンジリング - goo 映画
チェンジリング - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-02-23 22:14 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(84) | Comments(6)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm