タグ:スティーヴン・スピルバーグ ( 3 ) タグの人気記事

[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード
a0014708_1132290.jpg
 “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサンジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が集結した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」(20世紀フォックス)。米ソ冷戦下に於ける世界戦争の危機回避を担ったごく普通の、しかし強い正義感を持った男の実話を基にした物語です。

 
 アメリカとソビエトが冷戦状態にあった1957年。ニューヨーク在住のルドルフ・アベル(マーク・ライランス)という男が、ソビエトのスパイとして逮捕される。アベルを裁判で弁護する国選弁護人に選ばれたのは、ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)。優秀な弁護士であるドノヴァンは、敵国の人間を弁護することに躊躇しつつも、『どんな人間にも等しく公平な裁判を受ける権利がある』という正義の原則を貫くため、アベルの弁護を引き受ける。その裁判の過程で接しているうちに、ドノヴァンとアベルの間には、互いへの理解と尊敬が芽生えていく。果たして死刑が確実と思われていた、アベルの判決は?そして、この2人の出会いが、後に米ソ冷戦の最中に起きる或る重大事件の解決のカギへとつながっていく…。


 アベルを演じているのは、イギリス出身の名舞台俳優マーク・ライランス。彼は本作の演技で、今幾つかの映画賞の助演男優賞を受賞しています。アカデミー賞の有力候補の1人とも言って間違いないでしょう。確かに見た感じは、どこにでもいるごく普通の初老の男なんですが、スクリーンに映る何とも説明のつかないる“圧倒的な存在感”は、ライランスが舞台で培ってきたキャリアから滲み出てくる物なんだと思います。それに対峙する形のトム・ハンクスは、典型的な“善良な普通のアメリカ人”というキャラの役を、今回も非常に上手く演じています。こういう役を演じさせると、恐らく今のハリウッドでは、彼の右に出る人はいないのではないでしょうか?もお、ホントに“名優”が板に付いちゃいましたよね?先日TVでたまたま、トムの初期の出演作である「スプラッシュ」(この映画、吾輩は大好き!でございます)を見たんですが、当時誰がトム・ハンクスの今の姿を想像出来たでしょう?また久しぶりにハジケてズッこける役とか、究極の悪役なんかを演じるトムの姿を見てみたいなんて思うのは、吾輩だけですかね??

 スピルバーグお得意の“歴史の暗部に光を当てる”という作業に、コーエン兄弟による緻密で練られた脚本が重なり、非常に重厚な映画になっていますが、エンタテインメント作品としても一級品の出来映えだと思います。2時間22分というなかなか長尺な上映時間になっていますが、決して長いとは感じませんでした。特に世界戦争勃発の危機を、未然に回避しようと奔走するドノヴァンの姿や、その交渉過程。一枚岩のように思われていた旧社会主義国家が、裏では国家間で激烈な主導権争いを繰り広げていた(本作で描かれているのは、ソビエトと東ドイツ)様などは、見ていてスリリング(さすがに時代が時代なので、スピーディーさには欠けますが)で、飽きることなく惹き込まれました。さすが、チーム・スピルバーグ!磐石のお仕事でございますね。


 「ブリッジ・オブ・スパイ」は、明日1月8日(金)~全国ロードショーです。1歩間違えば滅亡していたかも知れない世界を、未然に救った“普通の男”の物語をあなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『ブリッジ・オブ・スパイ』 - シネマトゥデイ


ブリッジ・オブ・スパイ@ぴあ映画生活




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-01-07 22:59 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(39) | Comments(8)
[タンタンの冒険] ブログ村キーワード
 ベルギーの漫画家・エルジェ原作の世界的ベストセラー・コミックを、完全映画化!「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(東宝東和)。作ったのは何と!製作:ピーター・ジャクソン&監督:スティーヴン・スピルバ-グ“スピ&ピージャク連合”(勝手に命名(^^;)。しかもスピルバーグの監督作品としては、「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」以来、3年ぶりってことですから、俄然期待しちゃいますよね!


 記者のタンタン(ジェイミー・ベル)は、露店で帆船の模型に魅了されてこれを購入。その直後から、怪しい男達が周囲に出没し、模型を譲るように迫る。不審に思ったタンタンが調べると、その船はかつて海賊に襲撃され、多くの財宝を積んだまま洋上から姿を消した伝説の軍艦“ユニコーン号”だった。実際の船と模型に何か関係が?更に調査をすすめようとするタンタンの目前で、怪しい男の1人が射殺される。彼はインターポールの刑事だった。そしてタンタンは拉致され、もう1人の怪しい男・サッカリン(ダニエル・クレイグ)の乗る貨物船“カラブジャン号”の船室に閉じ込められる。愛犬・スノーウィの活躍で何とか船室を脱出したタンタンは、謎の鍵を握ると思われる人物・ハドック船長(アンディ・サーキス)と出会う。彼は、ユニコーン号の最後の船長である、アドック卿の子孫だった…。

 スピルバーグは、この原作と出会って30年の間、ず~っと映画化したかったんだそうです。自らの手で!でもなかなか納得できる形の製作手法が見つからなかった(原作者のエルジェが亡くなったことで、計画が止まったこともあったんだそうです)らしいですが、ピーター・ジャクソンと組んで、ようやく実現にこぎ着けました。その手法は実写映像ではなく、“フルデジタル3Dパフォーマンス・キャプチャー(長!)”という手法で、吾輩3Dで観たのですが、いやもう何と申しますか正に『映像のワンダーランドや~!』状態でございまして、とにかく見たことの無いようなクオリティの映像のオン・パレード!ただただ圧巻、口ポカ~ンって感じでして、映画館の座席に座りながら、何か遊園地のアトラクションに乗っているような気分でした。3Dの作品を見て、吾輩久々にワクワクしてしまいました(最近、『別に3Dじゃなくてもええやん』と思える作品が多かったモンで)。スピルバーグの積年の思いがミッチリ詰まった濃厚映像でございます。いや、さすがは“スピ&ピージャク連合”!文句なしに面白かったですわ。

 原作の「タンタンの冒険」シリーズは、絵を見たことくらいはありますが、本としては吾輩読んだことありません(いや、ひょっとすると子供の頃に、それとは知らず読んでたかもしれませんが、憶えてない…(>_<)。でも1929年に連載が開始され、原作者のエルジェが亡くなる1983年までに23冊の単行本が刊行され(未完の遺作を含むと24冊)、世界的なベストセラーになったんだそうです。で、このシリーズの中でタンタンは世界中の色んな国へ行き、文字通り“冒険”しているわけです。そんなタンタンの活躍に、読者である子供たちは、ワクワクドキドキしたんですね。その映画化ですから、ヘタな実写よりは無限大の表現を可能にする“フルデジタル3Dパフォーマンス・キャプチャー(やっぱり長い!)”という今回の手法は、うってつけだったんじゃないでしょうか?だって、幾ら冒険物語とは言え、結構あっさり人が死んじゃったりもしてますから、そういった点からも罪は無い(?)かと。

 ジェイミー・ベルや、ダニエル・クレイグと言ったキャスト陣は、一応キチンとした演技をして、それを撮影した映像が加工(何か他に上手い言い方ないかな~)されて、映画になっています。そしてキャプチャー映画俳優の第一人者!アンディ・サーキスもモチロン(?)参加。あ、今回は猿じゃないです(^^;。主人公2人のうちの1人なわけですから、シリーズ化されていくと、当然今後も彼の登板があるでしょう。ゴラムと並んで、間違いなく彼の代表作になるでしょう。うん、これまた素晴らしい!


 「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」は、明日12月1日(木)~全国ロードショーです。“世界を舞台に活躍する少年記者と犬の物語”の大迫力映像(←どんな説明や(^^;)を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 - シネマトゥデイ

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密@ぴあ映画生活

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 - goo 映画
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-11-30 13:20 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(53) | Comments(3)
Excite エキサイト : 芸能ニュース“スピルバーグ、「攻殻機動隊」を3D実写映画化”


 ~ドリームワークスは日本の漫画「攻殻機動隊」の映画化権を獲得した。実写による3D作品にする計画だ。士郎正宗作の「攻殻機動隊」は、1989年5月に「ヤングマガジン海賊版」に初登場。未来都市の警察組織を描いた物語で、これまで劇場版アニメ、テレビアニメ、小説、ゲームなど派生作品が多数生まれている。…≪中略≫…ユニバーサルとソニーも同作の映画化権を追い求めていたが、スティーヴン・スピルバーグが個人的にこの作品に惚れこんで、ドリームワークスで企画を実現させたという経緯がある。「『攻殻機動隊』は私のお気に入りのストーリーなんだ」とスピルバーグは語る。「新しい分野だけど、ドリームワークスは熱意を持ってこの企画にあたるよ」。~


 『凄っげえ~~~!!』
「攻殻機動隊」やと?“ドリームワークス”やと??スピルバーグやと~~~???どないなるねんな?!これは、もう一言『凄い!』としか言いようがございませんわ。“ジャパニメーションの実写化”の究極的な作品になるんじゃないかと、吾輩は思います。いや、コレはホントに楽しみだわ~。早く観たい!!


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-04-15 20:34 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(5)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm