タグ:ダニエル・クレイグ ( 8 ) タグの人気記事

[007スペクター] ブログ村キーワード
a0014708_11331567.jpg
 ダニエル・クレイグ、4度目のボンドに。挑むのは過去最大の敵?!「007 スペクター」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ最大の興奮を引っさげて、いよいよ日本上陸です。でも、いつも思うのですが…、何で日本公開は遅いのさ!


 “死者の日”の祭で賑わうメキシコシティに現れたボンド(ダニエル・クレイグ)は、大立回りの末に標的の男を始末する。その件をM(レイフ・ファインズ)に叱責されるボンドだったが、“スカイフォール”で焼け残った写真を届けにきたマネーペニー(ナオミ・ハリス)に、それが亡き先代M(ジュディ・デンチ)からの指令だったことを明かす。更に指令に従い、標的だった男の葬式に参列するためローマへ飛んだボンドは、その未亡人ルチア(モニカ・ベルッチ)から、ある組織が会議を開くことを聞き出す。そしてその会場へ潜入したボンドは、組織の首領であるオーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)から突然、声を掛けられる…。

 “スペクター”とは、かつての007シリーズに、ボンドと敵対する悪の犯罪組織として登場していました。でも大人の事情(権利問題とか色々ややこしい(>_<)により、長きに亘りシリーズからその姿は消え去ってしまっていたのですが、今回満を持してのカムバック!さあ、そうなると果たしてどういう位置づけで登場するのか?何せかつてのシリーズのボンドと、ダニエル・クレイグが演じることになってからのボンドとは別人(設定が一度完全にリセットされてます)ですので、どんな感じで出てくるのか?世界征服を企てるのか?やっぱりプロフェルド(昔のスペクターで首領を務めた、ボンドの宿敵)は出てくるのか??という疑問の数々を抱えて、ワクワクしながら見させていただきましたが…、まあ何とも上手に練られたストーリー!その辺りの“?”を見事にまとめ上げています。あまり言ってしまうと“ネタバレ!”になってしまうので(今回、配給さんからは特に“緘口令”は敷かれてないので、どこまで言っていいのかは自己判断になるのですが…、逆に難しいですわ!!)、言わない方がいいと思うのですが、とりあえずオープニングの“ガンバレル”には『おお~!!』と思わず声を上げてしまいましたし、その後何気にメキシコのシーンを見ていたんですが、ふと途中で『あれ、これってワンカット?ええ~!スッゴイ長廻しやんか~!!』と気付いて更に興奮!いやあ、凄い!オープニングで鷲掴み。もお鳥肌モンです。あとのストーリー展開は、ある程度の事前予想は当たっています。ええ、アレがああなって、あの人が実はこうで、こんな風になって…(^^;。
 ボンド役4作目となったダニエル・クレイグ。彼が登板してからのボンドは、リアル&シリアスに徹してきて、世界中で大ヒットを記録してきました。その反面『従来の007シリーズが持っていた“いい意味でのユルさ”が消え去ってしまったのは残念だなあ~』と、吾輩常々申してきたのですが…、今回結構ユルいです(^^;!ダニエルもようやく余裕が出てきたというか、随所にクスリとさせるユーモアが盛り込まれていて、吾輩的には非常に嬉しい出来に仕上がっております。あ、それでもシリアスはシリアスですよ!そしてそのダニエル=ボンドに対峙するクリストフ・ヴァルツの圧倒的な存在感!何なのでしょうね!この人のスクリーンから滲み出てくる“カリスマ・オーラ”は?もおボンドがタジタジになってるのが、よ~くわかります。さすが2回もオスカー獲ってるだけのことはあります。何ならこの演技でもう1回獲れるんじゃないでしょうか?その位、圧巻でございました。
 あと今回メインのボンド・ガールであるレア・セドゥ演じる“マドレーヌ・スワン”(何ちゅう美味しそうな名前や(^^;)嬢は、実はかつてボンドを窮地に陥れたある敵キャラの娘という設定で登場するのですが、それって前作「スカイフォール」だけじゃなく、「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」からも話がず~っと繋がってるってことやんか!どんだけ壮大なのさ!って、思わず突っ込んじゃいましたよ。でも、それら全てを繋げても破綻することなく、むしろキチンとまとめ上げているってのには、ハッキリ言って脱帽です。はい、もお大満足!!

 とは言うものの、大満足だけにツッコミたくなる、『惜しいな~!』って思わせる箇所も結構ございまして…、

①“史上最高齢ボンド・ガール”と、話題のモニカ・ベルッチの使われ方があまりにもモッタイナイ!『へ?あれで終わり??』ってツッコンじゃいました。
②アストン・マーチンも無駄使い!凄まじいカー・チェイスやらかした挙句の最期があんなのでは…、何とも モッタイナイ!まあ、過去のシリーズでも最新鋭高級車をアッサリとオシャカにしてきてはいましたので、伝統っちゃ~伝統なんですが…(^^;。
③スペクター、出てきましたよ。悪の組織として出てきました…が!そもそもの発足目的が、あの作中の描かれ方だとどこまでいっても個人的な恨みが理由じゃございませんか?国際的犯罪組織なのに、それって何か小さくね(^^;?やってることは結構壮大なのに…。
④よく練られた話だとは言いましたが、クライマックスのロンドンに戻ってからのシークエンスは何か“?”が満載でした。特にマドレーヌのあの、前後脈絡のない挙動不審な動きは一体何だったのか?話をムリからややこしくしているようにしか見えませんでした。その結果の上映時間2時間28分(シリーズ史上最長だそうです)は、長い!そこまでがテンポよかっただけに、残念でしたわ。
⑤今回、最も違和感を感じたのは予告編でございました。あれを見てるといかにもボンドがMI6を裏切って、スペクターと通じている…みたいな印象を持ってしまうように作られてました(吾輩はそうだったのですが、皆さん違います?)が、そんなことはないんですね。何であんな内容にしてるんかなあ?まあ公開前の煽りとしては、確かに一役買ってるとは思いますが…etc,etc…。

 ま、こんな感じですかね。でもそれらを差し引いたとしても、充分に満足満腹な1本です。前作「スカイフォール」に続いて登板のサム・メンデス監督、言わずと知れた“オスカー受賞監督”ですが、これで名実共に“007シリーズ監督”としてもキャリアUPされたと思います。思えばかつてのシリーズは同じ監督が結構複数の作品を撮ってますから、サム・メンデスも更に3作、4作と撮っちゃうかもしれませんね。あ、その前にダニエル・クレイグどうするんやろう?一部メディアでは『もお演らない』と言ったとか言わないとか…。吾輩的にはもお少し続けて欲しいんですけどね。せっかく新生MI6も軌道に乗ってきたんですから。

 「007 スペクター」は、明日11月27日~29日まで先行公開の後、12月4日(金)~全国ロードショーです。スパイ映画が豊作だった今年のトリを飾るに相応しい、“本家”ジェームズ・ボンドの活躍を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

映画『007 スペクター』 - シネマトゥデイ

007 スペクター@ぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2015-11-26 23:34 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(64) | Comments(10)
[スカイフォール] ブログ村キーワード
a0014708_17584623.jpg
 前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!


 何者かに奪われた重要なデータが入ったHDを奪還すべく、犯人を追いイスタンブールへと乗り込んだ“007”ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、同行した女性エージェント、イヴ(ナオミ・ハリス)と共に犯人に迫るが、仲間のエージェントを負傷させ犯人は逃亡。市街地での激しいチェイスの末、走る列車の屋根の上で犯人と格闘になるボンド。車で追うイヴの報告を聞いていた上司M(ジュディ・デンチ)は、イヴに発砲を命じる。しかし弾丸はボンドに命中し、彼は90m下の川へと転落。行方不明となったボンドを偲び『007死亡』の追悼文を書くM。そんな折、MのPCがハッキングされ、MI6本部が爆破される。奇跡的に一命をとりとめ、とあるビーチで隠遁生活を送っていたボンドは『サイバーテロがMI6を襲う』というニュースを見て復職を決意。ロンドンへ戻ったボンドにMは、復帰のためのテストを受けるよう命じる…。


 映画スタジオの金銭トラブル等製作サイドのゴタゴタが続き、一時はシリーズ打ち切りの報まで飛び交った本シリーズ。その後、何とか製作が再開され公開を迎えたわけですが、その間、前作から4年も経過しちゃったんですね。ですから、ダニエル・クレイグがボンドになってまだたったの3作目にも関わらず、本作ではもう周囲から『リタイアしたら?』と言われるくらいのベテラン・エージェントになっちゃってるんですよ。前々作「カジノ・ロワイヤル」で、やっとこさ“00”ナンバーのエージェントになったところだったはずなのにですよ。それにね、ダニエルは吾輩よりも若いんですよ(←ココ重要(^^;)!何でオッサン扱いでリタイアさせられんとアカンねんな(うん?本筋にはまったく関係ない(^^;??)!!この描かれ方は、何とも言えず悲しかったですわ。こういう悲劇(?)が繰り返されないためにも、これからはコンスタントなシリーズ製作と公開を、お願いしますよ。ホントに!

 本作のテーマは『シリーズの功労者である名女優ジュディ・デンチに、どうしたら名誉ある退場を飾ってもらえるか?』という一点に集約されています。だからこれまで以上にMの物語がクローズアップされているわけです。今回の敵であるシルヴァ(ハビエル・バルデム)は、Mへの個人的な恨みからMI6を、ロンドンを破滅へと追い込んでいきます。もお、ハビエルさん「ノーカントリー」の殺し屋を彷彿とさせる怪演で、見る者を圧倒してくれます。いやはやホンマに圧巻です。恐いです!そしてシリーズ初のオスカー受賞監督の登板となったサム・メンデスですが、これまでのシリーズではまったく見られなかったと言ってもいいくらいの、深~い人物描写をやってのけちゃってます。それが顕著に現れる中盤からクライマックスに掛けては、これまでとはまったくテイストの異なる別の映画と言っても過言ではない仕上がりになっています。吾輩個人的にはシルヴァがロンドンを攻撃する辺りの中盤までのスリリングな展開の方がどちらかと言えば好きでございます。スコットランドのボンドの生家を舞台に描かれる後半のストーリーは、現代社会の最先端の戦いではなく、何か西部劇のような展開でして、とてつもなく異質な感じを受けました。MI6のトップを、あんな形で警護するなんて…。ホンマにあんなんでイイんかい?英国政府殿!
 しかし、この戦いの果てにMの退場があり、そしてようやく、ホントにようやく新たな“007”のスタートが待っているのです。いやあ~、ホンマに長かった!映画3本分の予告編ですよ(^^;!秘密兵器係のQ(ベン・ウィショー)が復活(コイツがまた、エラソーな若造で!)し、しばらく欠席が続いていたあの女性も、『え~?!』てな形で登場(あんなん、あり?)。そして新たなMの登場(これだけは、最初から読めちゃいました。誰なのか?は言いません。でも、わかりますよね?)…。さあ、次回作では是非!世界征服を目指す敵をやっつけちゃってね、ジェームズ!何せ今回のは前述したとおり、どこまで行っても“個人的な復讐”だったわけですから、何ぼ恐~くても、そのスケールが…小せえ(爆)!
 
 考えてみれば本作は、オスカー受賞監督に、オスカー受賞俳優が2人もキャスティングされているという、シリーズ史上前代未聞に豪華な作品になっているわけですよ。だからでしょうか、何となく必要以上の格調高さを感じてしまいました。これまでのシリーズで見られた、イイ意味での荒唐無稽さは、今回少々影を潜めています(何せ『シリーズ初のオスカー・ノミネーションも!』てな話まで出てるそうでして)。だから作品としては大成功(映画のデキ、興行面)の部類に入るでしょうが、これまでのシリーズがお好きな方は、少々面食らうかと思われます。でも、相変わらずアクションは迫力満点で秀逸ですし、ダニエルも非常に熱演してますので、あんまり難しいこと考えずに、新しい“007ワールド”を楽しんでください(ん?「カジノ・ロワイヤル」の時も、吾輩そんなこと言ってたような気が…爆)。

 「007 スカイフォール」は、いよいよ明日12月1日(土)~全国ロードショーです。“正統派スパイアクションの老舗”その再々(ん?何回目や(^^;??)出発を、あなたも是非!映画館でごらんください。

~追記~
 アデルが歌う主題歌は、非常にカッコイイです!シャーリー・バッシーが歌った、往年の名作「ゴールドフィンガー」や「ダイヤモンドは永遠に」みたいでしたわ。
~追記②~
 今回、名優アルバート・フィニーが演じている、ボンド家の門番キンケイドの役を何と!“初代007”ショーン・コネリーオファーしようって、案があったそうです。実現してたら凄かったでしょうね。
~追記③~
 アストンマーチンDB5も登場!シフトノブのトップを開けると、そこには赤いボタンが…。え?飛ばしちゃうの~?! 

007 スカイフォール@ぴあ映画生活

007 スカイフォール - goo 映画
007 スカイフォール - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-11-30 10:34 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(78) | Comments(11)
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード
 スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー監督が、久々におどろおどろしい映画に挑戦しています。


 スウェーデンの首都・ストックホルム。雑誌“ミレニアム”の記者、ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、実業家・ヴェンネルストレムの疑惑を追及する記事を書いたことで、名誉毀損で訴えられ有罪判決を受ける。休暇を申請したミカエルに、かつてスウェーデンの経済界に君臨していた大企業・ヴァンゲル一族の元会長、ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)から仕事の依頼が届く。ヴァンゲル一族が住むヘーデスタへと向かったミカエルは、ヘンリックから『40年前、親族の娘・ハリエットが突然失踪した事件の真相を究明してほしい』と頼まれる。ヘンリックは、ハリエットが一族の誰かに殺されたと確信していた。依頼を引き受けたミカエルは、調査を開始。一族の様々な過去が浮彫りになるが、手掛かりを掴むには至らない。調査助手が必要と訴えるミカエルに、一族の弁護士が紹介したのは天才的情報収集力を持つ調査員、リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)。短く刈った髪、痩せた身体、無数のピアス、そして肩から背中に掛けてのドラゴン・タトゥー。異様な外見とは裏腹に腕は超一流のリスベットは、意外にもこの事件に興味を示し、ミカエルと組んで調査を開始。やがて2人は、未解決の連続猟奇殺人事件に突き当たる…。


 いつものことですが、原作未読の吾輩(アカンがな!)は、公開当時にスウェーデン版も見逃しておりましたので、予習のつもりでDVDを見てから、フィンチャー版の鑑賞に臨みました。まあ、原作が同じなわけですから、モチロン結論は同じなんですが、それでも細かい設定は色々と違っていたりします(この辺りのことは、今発売中の“映画秘宝”に詳しく書かれていますので、ご一読を。但しネタバレ満載ですが…(^^;)。吾輩的には、スウェーデン版に比べてフィンチャー版の方が、エンタテインメント色が濃く作られているような気がしました。スウェーデン版も充分面白いのですが、何となく物語の背景の説明に、長めの時間が割かれていたような感じを受けました。原作未読で、スウェーデン版未見でも、充分楽しめますが、お時間があれば見比べてみるのも一興かと思います。但し吾輩、スウェーデン版を見た翌日にこのフィンチャー版を見ちゃったモンですから、今になって『あれ、コレはどっちのシーンやったっけ??』ってな感じでごっちゃになってる部分が何ヶ所かございます(^^;。皆さんもご注意を!
 しっかし、さすがデヴィッド・フィンチャーですね。“連続猟奇殺人事件”なんてテーマを描かせたら、水を得た魚でございますな、ホント!まあ、何ともダークな映画でございます。もお、お腹イッパイ、見応え感タ~ップリ!今回リメイクに際して、物語は原作のままスウェーデンを舞台に展開します。安易にアメリカに舞台を移したりしなかったのは、正解だと思います。何となくですが、スクリーンに映る映像も、神秘的な感じがしましたので…(ホンマか?)。でもフィンチャー監督も『スウェーデンで撮りたい』と拘ったらしいですよ。曰く『物語のルーツはスウェーデンにあるから、この地以外、考えられなかった』(プレスより引用)やはり物語の生み出された背景ってのは、重要ですよね。うん。

 正義感溢れるジャーナリスト、ミカエルを演じるダニエル・クレイグは、なかなかのハマリ役でございます。“007”でお馴染みの彼ですが、こういうタイプの違う色々な役に挑戦してるってのは、好ましいことですよね。そしてそれを、ちゃんとモノにしてるんですから尚更です。でも今回の注目は、何と言ってもタイトル・ロールの“ドラゴン・タトゥーの女”を演じたルーニー・マーラ嬢でしょう!リスベットという、外見と内面のどちらにも、強烈な個性を持つダークなヒロインを、ものの見事に演じきっています。彼女は前作「ソーシャル・ネットワーク」(フィンチャーつながりですな)では、主人公マーク・ザッカーバーグをふる役で、清純そうな女子大生を演じていたんですが、この変わりようはもお“驚愕!”の一言でございます。アカデミー主演女優賞へのノミネートも、納得ですね。でも吾輩的には“本家(=スウェーデン版)”で、リスベットを演じたノオミ・ラパスの方が、貫禄があったような気はするんですが…。まあ、これは好みの問題かな?

 冒頭で“三部作”と書きましたが、原作者のスティーグ・ラーソン氏は、ホントは“十部作”(!)にしたかったそうです。ところが、第三部を書き上げ、第四部の執筆を開始したところで、急逝(享年50歳、残念!)。しかもそれが三部作の出版前だった(即ちラーソン氏は、世界的なベストセラーになったことを知ることなく、逝去されましたので)っていうのが、ホントにお気の毒な話でございます。
 そしてハリウッドでは既に続編の製作が動き出しているそうです。で、吾輩スウェーデン版の続編を観たんですが、今回リスベットに強烈な復讐をされる彼女の後見人のエロ弁護士が、意外なことに重要なキャラとして再登場したりしておりますので、この辺りの展開も見逃せませんね(だから、原作読みなさいって!)。

 「ドラゴン・タトゥーの女」は、いよいよ明日!2月10日(金)~全国ロードショーです。映画史上最強にダークなヒロインの誕生を、あなたも是非!映画館で目撃して下さい。

~追記~
 いくらミカエルがモテるからとは言え、あのラストはないだろう~。あれではリスベットがあんまりにも可哀想だわ(泣)。つうか、あんなことになって、次回作ではどうやって関係していくんだろうか??
~追記②~
 リスベットは“天才ハッカー”なんですが、ハッキングってあんなに簡単なモンなんですか?いやあ、恐ろしいわ。あんなん他人の情報、見放題やんか!
~追記③~
 “ブルムクヴィスト”“サランデル”“ヴェンネルストレム”“ヴァンゲル”…、スウェーデンの苗字って、何か怖い…(^^;。

映画『ドラゴン・タトゥーの女』 - シネマトゥデイ

ドラゴン・タトゥーの女@ぴあ映画生活

ドラゴン・タトゥーの女 - goo 映画
ドラゴン・タトゥーの女 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-02-09 22:53 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(89) | Comments(14)
 「スカイライン-征服-」「SUPER 8」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」…、何か今年はやたらとエイリアンが地球にやって来ますな~(あ、モチロン映画の中のお話ですよ!(^^;)。で、またまたもう1本、地球にエイリアンが!「カウボーイ&エイリアン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。今回チョット違うのは、エイリアンがやって来るのは、19世紀のアメリカ西部、そうカウボーイの全盛期なのです。そこでエイリアンを迎え撃つのは、何と!“007×インディ・ジョーンズ”という夢のタッグ・チーム!!


 荒野で目覚めた1人の男(ダニエル・クレイグ)。自分が誰で、何故そこにいるかも全くわからない。男の左手首には、見たことのない金属製の腕輪が装着されていたが、それも何なのかわからなかった。近くの町に辿り着くと、そこでは町を牛耳る権力者・ダラーハイド(ハリソン・フォード)の息子パーシー(ポール・ダノ)が、傍若無人に振る舞い町の人々を困らせていた。パーシーは男に因縁を付けるも、男はこれを一蹴。騒ぎに駆けつけた保安官は、男がお尋ね者のジェイク・ロネガンであることに気付く。そのジェイクに近付く謎の女、エラ(オリヴィア・ワイルド)。保安官は、パーシーとジェイクを連行しようとするが、舞い戻ったダラーハイド達と一触即発の事態に。両者が睨み合う中、町の上空に謎の飛行物体が多数出現し、パーシーをはじめ、町の人々を次々と連れ去ってしまう。混乱の中、突然ジェィクの腕輪が起動。そこから発せられた光線が、1機の飛行物体を撃墜する。そしてさらわれた人々を奪還するため、ダラーハイドとジェイクは手を組み、エラ達と共に追跡の旅に出る…。


 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、製作:ロン・ハワード、監督:ジョン・ファブロー、そして主演は、“007”ダニエル・クレイグ&“インディ・ジョーンズ”ハリソン・フォード!まあ、何と豪華な顔合わせでございましょうか!聞けばこの企画は、原作のグラフィックノベルに惚れこんだスピルバーグが、映画化に向けて奔走したそうです。その結果、こんなに豪華なコラボが実現しちゃいました。キャスト&スタッフも豪華ですが、この映画はかつてのハリウッド映画のお家芸だった“西部劇”と、現代のハリウッド映画のお家芸である“SF映画”の融合と言う、オイシイとこ取り映画に仕上がっています。ホント、1本にどれだけの旨味が凝縮されてるんでしょうか?いやあ、何ともコッテリな贅沢映画ですわ。
 この顔合わせで、このタイトルからすると『ワクワクドキドキのSFアドベンチャー物かな?』なんて思ってたんですが、実際に観てみますと結構シリアスな“SFアクション西部劇”でございました。「カウボーイエイリアン」よりも「カウボーイVSエイリアン」の方が、ピッタリじゃない?って感じがしました。

 正体不明(って言っても、結構早くに名前が出てきちゃうんですが…(^^;)のガンマンを、時にはカッコよく、時には悪くダニエル・クレイグが、あまり表情を変えずに名演しています。“熱血漢”に見えない彼の存在感は、この役に打ってつけだったかと。そして、チョット歳喰った(?)ワルいインディ・ジョーンズ??ぽい役のハリソン・フォード。もお貫禄タップリ!彼も基本“正義の味方”の人ですが、今回は“町の支配者”という一筋縄ではない、かと言って決してタダのワルではないという男を、これまた熱演しております。両者ガップリ!の演技は見応え有りです。

 現代にエイリアンが侵略して来る映画(直近では「世界侵略:ロサンゼルス決戦」etc)でも、エイリアンの圧倒的な武力の前に、人類にはおよそ勝ち目がないように描かれたりしてますが、この映画の舞台は“19世紀のアメリカ西部”でございます。当然軍事用ヘリや、戦車、マシンガン、ミサイル、戦闘機なんぞはございません!エイリアンに立ち向かう人々が手にする武器は、“拳銃”そして辛うじて“ダイナマイト”くらい。途中で戦いに加わるアパッチ達にいたっては、“槍と弓矢”でございます。そして跨るのは当然、“馬”。この戦力で、“空飛ぶ機械”に乗るエイリアンに立ち向かっていくのです。いやあ、何と勇敢な輩達でしょう!でも相手が他所の星から来た生物って、ホントに理解できてた(一応、作中説明されるシーンはあるのですが)のかな~??


 「カウボーイ&エイリアン」は、10月22日(土)~全国ロードショー公開です。豪華キャスト&スタッフによる旨味タップリの“SFウェスタン”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「カウボーイ&エイリアン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『カウボーイ&エイリアン』 - シネマトゥデイ

カウボーイ&エイリアン@ぴあ映画生活

カウボーイ&エイリアン - goo 映画
カウボーイ&エイリアン - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-10-06 21:38 | 映画評 外国映画 カ行 | Trackback(75) | Comments(3)
[007/慰めの報酬] ブログ村キーワード
 ダニエル・クレイグ主演、007シリーズ最新第22弾。「007/慰めの報酬」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。前作「カジノ・ロワイヤル」からの、完全な“続編”(前作のラスト・シーンの1時間後から始まるという設定)として作られた本作。ダニエル・クレイグ、渾身の“シリアス・ボンド”第2弾。さあ、如何なる仕上がりになっておりますでしょうか?


 愛するヴェスパー(エヴァ・グリーン)を失ったボンド(ダニエル・クレイグ)は、悲しみと怒りに打ちひしがれていた。ヴェスパーを影で操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を捕らえ、真相を探るべく上司“M”(ジュディ・デンチ)と共に尋問に臨むボンドだったが、敵の“組織”の手はMI6内にもおよび、内通者の発砲から銃撃戦の末、ホワイトに逃走されてしまう。残された手掛りを基に、ハイチヘ飛んだボンドはそこで、謎の美女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)と遭遇。彼女を通してドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)という男に接近する。グリーンは、表向きは環境保護団体のCEOだったが、実は“組織”の幹部でボリビアの現政権を転覆させ、砂漠に眠る“或る天然資源”の完全支配を目論んでいた…。

 事前情報で本作の監督が、マーク・フォースターだと聞いて、吾輩正直“不安”でございました。だって「チョコレート」「ネバーランド」を撮った監督さんですよ。どちらかと言うと、“人間ドラマ”が得意分野な監督でしょ?って言うか、『アクション撮ったことない監督に、なんでまたこんな大作を…』てな感じで観始めたのですが…、前言撤回いたします!すみませんでした、偉そうに“不安”なんか感じちゃって。いやもお、こりゃトンでもなくムチャクチャにスンバラしい“アクション超大作”に仕上がっております!映画開始早々から繰り広げられる、凄まじいカー・チェイス・アクション(今回も、アストン・マーティンはアッサリとボッコボッコに…(>_<)。更に、スクリーンをめいっぱい使ってのアクション・シーンが次から次へと…、ボートを使ってのチェイスや、生身での追跡(跳ぶ!転がる!)シーン、飛行機を使ってのエア・チェイスに、クライマックスでのホテルの爆破…。もお全てのアクションが、一級品で、それが映画の中に山盛りで凝縮されています。予告映像に出てくるロープを使ったガン・アクションのシーンなんて、吾輩てっきり後半のクライマックスで出てくるのかと思いきや、何と開始わずか20分くらいのところのシーンでございました。あれが前半に“サラっ”と流れるくらいですから、この後のアクションの凄さ、クオリティの高さは言わずもがなでしょう。
 そこへ持ってきて、ストーリーも目まぐるしく展開していきますので、ハッキリ言って一瞬たりとも気が抜けません。少しでも気を抜くと『あれ?コレって何でこうなるんやったっけ?』てなことになりかねません。山盛りアクションに、濃密なストーリー(何せ、脚本には前作に続きポール・ハギスが名を連ねてますから…)。007シリーズとしては、極めて短めの1時間46分という上映時間ですが、吾輩は観終った後、まるで3時間ほどの超大作を見せられたような感覚に襲われました。決して悪い意味ではなく、それだけ中身のギッシリ詰まった“快作”だと思います。
 
 しかし、ダニエル・クレイグは素晴らしいですね。前作の公開前には、世界中から『辞めてしまえ』コールが沸き起こり(吾輩も、それに同調しておりました…(^^;)散々でしたが、公開されるやそれらの雑音を、その演技で一蹴し、新たなジェームズ・ボンド像を構築しました。そして本作では“シリアス・ボンド”の路線を更に突き進め、非常に野性的で、シャープで危険なジェームズ・ボンドを演じきっています。過去のシリーズに存在したイイ意味での“ユーモア”や“ユルさ”は、全く存在いたしません。本当の意味で007シリーズは生まれ変わり、そしてそれが世界的な大ヒットへと繋がったんだと思います。ただ吾輩的には、ユーモアがなくなったってのは、シリーズのファンとして、少々寂しい感じはするのですが…。

 本作のボンド・ガールに抜擢されたオルガ・キュリレンコ嬢ですが、前作「ヒットマン」での脱ぎっぷりが過剰なほどでしたので、今回も期待(コラコラ(^^;!)していたのですが、そちらの方では少々“肩透かし”でございました。しかし、その分アクションなんかで頑張っております。何よりこの人、背がデカイ!ですから今後も、スケールの大きな女優さんになれそうですね。昔は『ボンド・ガールは、大成出来ない』なんてジンクスがございました(現にあんまり有名になった人は…)が、それらを打ち破っていただきたいものです。

 作中の台詞で『昔は、もっと善悪がはっきりしていた。今は悪者とわかっていても、利害が一致すれば、交渉する…』ていうのが出てくるのですが、これは現在の世界情勢を端的に表わしている、秀逸な台詞だと思います。そんな世界でも、己の信じた正義を貫くジェームズ・ボンド。“孤高の諜報員”の活躍は、このキャスティングでまだまだ続きそうですね。でも、ジュディ・デンチ大丈夫かなあ?もお7674歳(!)なんだそうです。いえね、お見受けしたところ全然お元気そうではあるのですが…。


 「007/慰めの報酬」は、2009年1月17(土)18(日)の両日先行上映の後、いよいよ24日(土)より全国ロードショーです。絶品のスパイ・アクション超大作を、あなたも是非映画館でご覧下さい!そう、これは絶対に大スクリーンで!

~追記~
 前作「カジノ・ロワイヤル」は、是非チェックしてから観に行ってください。観てないと『チョットわから~ん!』ってことになっちゃうかも…。
~追記②~
 日本が、世界じゅうで一番遅い公開なんですね(詳細は→コチラを“ポチッ!”と)。なんでやねん?他の国は、み~んな年内公開なのに…(>_<)。

「007/慰めの報酬」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『007/慰めの報酬』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

007/慰めの報酬@映画生活

007/慰めの報酬 - goo 映画
007/慰めの報酬 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-11-12 16:22 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(108) | Comments(36)
Excite エキサイト : 芸能ニュース“『007/慰めの報酬』の予告編初公開”

~007シリーズ待望の新作『007/慰めの報酬』がヴェールを脱いだ。
 再三再四、撮影中の事故に見舞われながらも、戦い続けるジェームズ・ボンド。米国では11月7日に、日本では来年1月に公開が予定されている。~


 再三再四、撮影中の事故に見舞われながらも、戦い続けるジェームズ・ボンド…(^^;いや、ホントよくぞ完成したモンです。

 早速予告編観ましたが、相当期待できそうですね。楽しみですわ。今回は前作「カジノ・ロワイヤル」の続編ってことですから、観に行く前にはDVDでしっかり予習して行こうと思います。でも、来年の新春第2弾って…(>_<)。何で日本は、そんなに待たなアカンのん!?

 「007/慰めの報酬」は、2009年新春第2弾ロードショーです。早く観たいぞ~!
[PR]
by mori2fm | 2008-07-04 09:56 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(2)
 随分と前から予告をやっていましたし、公開直前の異様なほどの宣伝量の多さに『これでコケたらどうなるんやろ~』と要らぬ心配をしてしまった本作「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(ギャガ・コミュニケーションズ/松竹)。原作は、世界で絶賛された“冒険ファンタジー小説”。もちろん、吾輩未読です(^^;。


 人間が、“ダイモン”と呼ばれる守護精霊と共に暮らす世界。12才の少女・ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は幼い頃に両親を亡くし、オックスフォードの大学の学寮で暮らしていた。或る日ライラの唯一の親族である、アスリエル卿(ダニエル・クレイグ)が大学を訪れる。卿の目的は、北極の地で確認された“ダスト”と呼ばれる、この世の謎を解く鍵を調べるための探検に、大学から資金援助を得ることだった。しかし、この動きを快く思わない“教権(マジステリアム)”の使いの者が、卿のグラスに毒を盛る。その様子を影で見ていたライラは、間一髪のところで卿の命を救い、卿は北極の地へと旅立つ。同じ頃、街の子ども達がさらわれる事件が続発。ライラは大学を訪れた謎の美女・コールター夫人(ニコール・キッドマン)から、北極への旅に誘われる。未知の世界に胸ときめかすライラは同行を決意。そんなライラに出発前夜、学寮長が真理計“黄金の羅針盤”を手渡す。その頃、ライラの親友・ロジャーが何者かに連れ去られる…。


 “武装した白熊の前に立つ少女”のポスターを半年くらい前から見ながら、『なかなかカワイイ子やなあ。また天才子役の登場か?』なんて思ってました。で、実際に映画を観た率直な感想は…『カワイクねえ!(笑)』。何か、クソ生意気って言うか、素直じゃないって言うか、とにかく観ていて感情移入出来ないんですよ。原作のファンの人は『ライラそのもの!』とか言って絶賛されてましたが、これってどうなのさ?
 で、ストーリーの方も何だかよくわからないままに淡々と進んで行き、知らない人は殆ど“置いてきぼり状態”。あれだけ煽っていた映像関係も、昨今の“ファンタジー映画乱立”の悪影響からか、『どこかで観たことあるような…』映像のオン・パレード。ハッキリ言って、期待が相当デカかっただけに吾輩的には、かなり残念な映画になってしまいました。
 
 ただこれから迎える春休みに、家族連れで観に行くには、打ってつけの1本だとは思います。特に吹替え版は、なかなか豪華のキャスティングですし、この手の映画にしては珍しく上映時間も短い(2時間弱)ですので、深く考えず気軽に観に行かれることをお薦めします。

 さて、日本では大ヒットとなった本作ですがアメリカでは思ったほどヒットしなかったようです。加えて製作のニューライン・シネマが、ワーナーに吸収されたりと、何やらよろしくないニュースが頻発しておりますが、果たして無事続編は製作されるのでしょうか?もし、あのまま終わっちゃいますと、ダニエル・クレイグがあまりにもかわいそう…(^^;。


 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、ただいま全国大ヒット上映中です。“喋る白熊のドツキ合い”を、あなたも是非映画館の大スクリーンでご覧下さい。

「ライラの冒険 黄金の羅針盤(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ライラの冒険 黄金の羅針盤@映画生活

ライラの冒険 黄金の羅針盤 - goo 映画
ライラの冒険 黄金の羅針盤 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-13 00:51 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(10) | Comments(6)
 そんな訳で、行ってまいりました!「007 カジノ・ロワイヤル」(ソニー・ピクチャーズ)。撮影中から、全世界で賛否両論(一説には、圧倒的に否ばっかり)の論争を巻き起こした、ダニエル・クレイグの6代目ボンド襲名。果たして、如何なる映画に仕上がったのでしょうか?


 
 “殺しのライセンス”を保持する、“00(ダブル・オー)”に昇格したばかりのMI-6諜報部員ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、マダガスカルで追跡中に大使館へ逃げ込んだ爆弾犯を、治外法権を無視して射殺してしまう。国際的非難が湧き上がる中、ボンドの上司“M(ジュディ・デンチ)”は、彼を厳しく叱責。しかしボンドは、爆弾犯の携帯電話の着信履歴から、テロリスト達の全容を掴むべくバハマへ飛ぶ。そして、そこで得た情報からマイアミ空港でのテロを、事前に防ぐことに成功する。やがて、事件の裏側にル・シッフル(マッツ・ミケルセン)という、男が浮び上がる。ル・シッフルは、テロリスト達から、資金を集めそれらを投資などで増やし、テロの資金源としていた。ボンドは“M”からル・シッフルが、モンテネグロのカジノで主催するポーカー・ゲームに参加するよう命令を受ける。国家の予算を賭けてゲームに参加するボンドに、財務省から監視役としてヴェスパー(エヴァ・グリーン)が同行することに…。


 “007シリーズ”を、こよなく愛してこられた皆さん。この映画(「カジノ・ロワイヤル」)を観るにあたって、コレまでのシリーズのことは全て忘れてください!マッド・サイエンティストと戦ったことや、オリエント急行で、殺し屋と戦ったこと日本に来たこと結婚してたこと、それに宇宙へ行ったことや、北朝鮮で捕まって、拷問されたこと等など…全てお忘れになって…っていうか、なかったことにして(^^;ご覧下さい!コレは、まったく新しいボンド映画の誕生です。そう思って観ないと…、正直ツラいです(>_<)。いろんな意味で…。

 まあ冗談はさておき、ホントにこれは、今までのボンド映画を覆す映画です。“ジェームズ・ボンドが007になるまでの物語”とキャッチにもございますが、まさしくこれは「エピソード1」であり、「ビギンズ」であります。ですから、これまでのシリーズには一旦幕を下ろした後、まったく別の新たな“ジェームズ・ボンドのストーリー”がココから始まるのです。何せ、過去のシリーズとは、明らかにテイストが異なりすぎ(ボンド映画特有の、いい意味での“ユルさ”が今回まったくございませんっていうか、めちゃくちゃに“ハード”です!)ですし、なによりキャラで言えば今回、マネーペニーも“Q”も出てきません。そう考えると、ダニエル君(←吾輩より年下!でも、そうは見えん!!)のボンドもこれまでのイメージには無い、シャープでクールでハードな男として描かれていて、とてもよかったと思われます。

 

 次回作も、ダニエル君のボンドで撮影することが決まっているそうですが、まかり間違っても時系列的に「ダイ・アナザー・デイ」の後に繋がるなどといったシリーズは作らず、全く新しいシリーズとして、どんどん進んでいってください。吾輩“ジェームズ・ボンド映画ファン”として、大変期待しております!



 「007 カジノ・ロワイヤル」は、今年度の正月映画、洋画の目玉として只今絶賛公開中です。2時間24分!少々長いかも知れませんが、“新生(ホントの意味での)007”の誕生を、映画館で是非目撃してください!!


「007 カジノ・ロワイヤル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

007 カジノ・ロワイヤル@映画生活
[PR]
by mori2fm | 2006-12-05 01:50 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(12) | Comments(11)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm