タグ:ディズニー ( 7 ) タグの人気記事

[トイ・ストーリー3] ブログ村キーワード
 あの、ウッディバズたちが帰ってきた!「トイ・ストーリー3」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)前作「2」から約10年(そんなに経ったの!?)。スゴイよ!スゴイ映画になってるよ!!


 子供だったアンディも、成長して17歳に。大学へ行くことになったアンディは、家を離れることに。これを機に、身の回りのモノを整理することにしたアンディは、昔よく遊んだおもちゃたちも、仕分けすることに。そして一番のお気に入りだったカウボーイ人形のウッディだけを、自分の手元に残し、スペース・レンジャーのバズや他のおもちゃ達は、屋根裏へ片付ける袋の中に。ところが手違いから、その袋はゴミ置場に運ばれる。間一髪で難を逃れたバズ達は、アンディに捨てられたとショックを受ける。『誤解だ』と説得するウッディの言葉にも耳を貸さないバズ達は、保育園へ寄付される箱の中に潜り込む。保育園に着いたバズたちは、そこで古参のおもちゃ達からの歓待を受ける。ウッディは『アンディの許へ帰ろう』と皆に訴えるが、バズ達は新しい住処で、子供たちに遊ばれることを選択する。仲間たちと別れ、保育園から脱出に成功するウッディ。しかしその保育園は、凶暴な園児が集まる、おもちゃたちにとって地獄のような場所だった…。


 あのね、確かに1作目の「トイ・ストーリー」も、2作目の「トイ・ストーリー2」も、吾輩はリアルタイムで見ましたし、面白くて大好きな映画ではございますが、泣いたりするような作品ではございませんでした。然るに本作はどうでしょう!“大感動作”に仕上がっているではありませんか!!このシリーズで泣かされるなんて予想だにしていなかった吾輩は、今回映画館で“半号泣状態”に追い込まれてしまいました。特にバズとジェシーが見つめあって手を繋ぎ、そしておもちゃたちみんなが手を繋でいくシーン辺りから、もおず~っと、ウルウルしっ放し。3Dで観てたのですが、メガネが曇って曇って、困っちゃいました。これは本当に素晴らしい映画です。誰もが経験する大人への成長、そしてその過程で必ず直面する“別れ”。この映画ではそれを、“昔から大切にしてきた(されてきた)おもちゃ(持ち主)との別れ”として、感動的に描いています。人間誰でも大きくなっちゃうんです。いつまでも子供ではいられないのです。それはわかっているのですが、こんな風に映像にして見せられると、何かとても切ないですね。でも、大切に扱われた(愛された)おもちゃたちは、また次の世代の子供たちに引き継がれていくのです。ラスト近くで、アンディが女の子(←ごめん!名前忘れた(>_<)におもちゃの説明をしているシーンには、ほのぼのとしつつも胸が熱くなりました。いやあ、ホントにアンディって、イイ子やね!吾輩は、こんなにおもちゃを大切にしていたでしょうか?今更ながら、自己反省してしまいましたわ。

 勿論、感動だけじゃなくって、おもちゃ達が繰り広げる、ドタバタアクション(?)もテンコ盛りで、とても楽しめます。ウッディ、バズ以外にもカウガールのジェシー愛馬・ブルズアイ、そしてレックスハムスリンキードッグミスター&ミセス・ポテトヘッド、更には吾輩が大好きなエイリアンたち!と、お馴染みのメンバーも健在!もお、彼らの姿がスクリーンに映るだけで、すごく楽しいし、ワクワクします!今回は更に新しいおもちゃもたくさん登場していますが、何とその中にはあの“トトロ”のぬいぐるみが出てくるんですよ!!これはピクサースタジオジブリの、これまでの交流、そして宮崎監督へのオマージュとして、実現したことらしいのですが、何か見ていてカワイイし、ただただ嬉しかったです。あと、着せ替え人形のバービーケンが見せる、“ちょっと大人な(?)恋愛事情”には爆笑させていただきました。

 吾輩は字幕版で観たのですが、ウッディのトム・ハンクスに、バズのティム・アレンと、おなじみのボイス・キャストも、素晴らしい“声の演技”を披露してくれます。今回は更にケンの声をマイケル・キートンが演じてたり、他にもティモシー・ダルトンウーピー・ゴールドバーグなんかもキャスティングされてまして、やたらと豪華な顔合わせとなっております。あ、唐沢さん所さんの“日本語吹替え版”も、楽しそうですね。また観に行こうかな。


 
 冒頭で『前作から約10年…』と書きましたが、ここへ至るまでは色々と紆余曲折があったようで(ディズニーとピクサーがケンカして、ディズニーが『ピクサー抜きで「トイ・ストーリー3」を作る』と言ったことも…)、これだけの年月が掛かってしまったようですが、それはそれで逆によかったような気がします。『雨降って地固まる』じゃないですが、『満を持して』公開された本作は、ホント素晴らしい映画に仕上がっていますから!


 「トイ・ストーリー3」は、ただいま大絶賛!公開中です。誰もがきっとうなずける、この夏一番の感動を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「トイ・ストーリー3 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『トイ・ストーリー3』 - シネマトゥデイ

トイ・ストーリー3@ぴあ映画生活

トイ・ストーリー3 - goo 映画
トイ・ストーリー3 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2010-07-21 12:23 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(86) | Comments(11)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード
 ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)ロボットとか、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはございましたが、今回の主役は“78歳の爺さん”。さあ、果たしてどんな“老いらくの物語”が展開されるのでしょうか?


 冒険が好きなカールは、同じく冒険好きな女の子エリーと友だちになる。『いつか二人で、“伝説の場所=パラダイス・フォール”に行こう』と約束した2人は、やがて結婚。秘密基地にしていた廃屋を改築して新居にし、とても幸せな結婚生活を送っていた。月日が流れ、年老いていく2人。しかし幼いころに交わしたあの約束は、果たせないままだった。やがてエリーが病で亡くなり、カールはひとりぼっちに。その頃、家の周辺は再開発地域となり、カールの家も立退きの対象にされていた。或る日大切にしていた郵便受けを壊されたことに怒ったカールは、トラブルを起こしてしまう。そして審判の結果、カールは施設に入るよう通達される。エリーとの思い出がいっぱい詰まった家を去る前夜、カールは或ることを決意する…。

 開始10分、吾輩号泣(>_<)。主人公カールと、妻エリーの子供の頃の出会いの場面から、エリーが亡くなるまでを追想形式で描いているのですが、コレがもお堪らんエエ話!宮崎駿 監督~『実はボクは、「追憶のシーン」だけで満足してしまいました…』~って、コメントを寄せておられますが、正にその通り!吾輩もこのシーンだけで満足してしまいました。ここで描かれる“一組の夫婦の愛の軌跡”のストーリーは、ユーモアと優しさ、そして愛に満ち溢れています。秀逸です。ホントに素晴らしい!
 で、こんなトンでもなく素晴らしいお話が、冒頭から展開されちゃったモンですから、その後のストーリーが何か尻すぼみに感じられちゃいました。いや、決して面白くなかったわけではないのですが、出だしであまりにもテンションが上がっちゃったモンですから、ちょっとやそっとのお話では、心が動かなくなっちゃいまして…。ただ少々強引なストーリー展開だなあ、と思ったのも事実です。風船の力で家が空を飛んだ瞬間は、確かに心踊りましたが、その後、随分とアッサリ目的地近くまで着いちゃいます(そこから目前に見えている目的地までが、何故かやたらと遠くて、時間が掛かるのですが…)し、敵役として出てくる冒険家も、『そんなことの為にそこまで悪くならんでも…』と思えてしまったり、極めつけは言葉を話し、戦闘機を操縦する犬の登場には、面白いを通り越して、少々興醒めしてしまいました。確かに“冒険モノ”としては、悪役やアクションシーンは欠かせないとは思いますが、ここまでムリからにしなくてもイイんじゃないでしょうか?“家が飛ぶ”ってだけで、吾輩は充分すてきなファンタジーだと思いましたので。
 それからこれは個人的な意見ですが、吾輩あんまりピクサーのアニメで人が死んでほしくないんですよね(死んでますよね?アレって…)。まあ、必要に迫られる作品(例:「Mr.インクレディブル」とか)なら仕方がないとは思いますが、今回のように“ほんわか系のお話”では、出来れば避けていただきたかったですね~。

 今回“デジタル3-D”で観たのですが、3-Dメガネ越しの映像は非常に楽しかったです。恐らく“2-D”で観たとしても、充分キレイで楽しめるとは思いますが、機会があれば是非“3-D”でご覧になることを、お薦めします。家が飛ぶシーンや、空中で繰り広げられるアクション・シーン(←登場するの、老人と子供と犬なんですが…(^^;)etc,etc、ハンパなく迫力があって楽しめます!あ、ディズニーのお城も飛び出しますよ~!


 「カールじいさんの空飛ぶ家」は、ただいま全国好評上映中です。愛する人を亡くした老人が、残りの人生を懸けて飛び立った“奇跡の冒険旅行”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


~追記~
 今回、TOHOシネマズ二条で観たのですが、嬉しいことにTOHOシネマズさんは、3-D映画の料金を“通常料金+300円”に値下げされましたね。しかも、鑑賞ポイントも使用可能ってことで。いやあ、これは嬉しいですね!TOHOシネマズさん、GJ!吾輩ポイント使いましたので、今回は実質“300円”で観ることが出来ました。皆さん、これから“3-D”観るなら、TOHOシネマズですよ(^^;!

「カールじいさんの空飛ぶ家」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 - シネマトゥデイ

カールじいさんの空飛ぶ家@ぴあ映画生活

カールじいさんの空飛ぶ家 - goo 映画
カールじいさんの空飛ぶ家 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-12-17 21:41 | 映画評 外国映画 カ行 | Trackback(80) | Comments(9)
[ジョニー・デップ] ブログ村キーワード
eiga.com:“「パイレーツ4」からジョニー・デップ降板?ディズニー会長辞任で意気消沈”

 ジョニー・デップが、2011年夏公開の「パイレーツ」シリーズの第4弾「パイレーツ・オブ・カリビアン/オン・ストレンジャー・タイズ(Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)」から離脱する可能性があることが分かった。
 米MTVブログによると、先日、ウォルト・ディズニー・スタジオのディック・クック会長が辞任したことが、デップの心変わりの大きな要因になっている模様。「(辞任のニュースは)彼から電話で直接聞いたが、理由は知らない。予想もしていなかったし、どうしてなのか分からない。彼は数少ない信頼のおけるスタジオ幹部だった。素晴らしい人物で、いつも僕を信じてサポートしてくれた」とショックを隠しきれない。クック氏は、ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」を映画化すべく、デップを口説き落とした人物で、その熱意を受けてデップは脚本を見ずに出演契約を結んだ。デップが演じて爆発的人気を集めたジャック・スパロウは、同氏なくして生まれなかったと言われている。~



 え~!ジョニデが降板したら、そんなもん「パイレーツ・オブ・カリビアン」とちゃいますがな!ジャック・スパロウがいるからこそ、シリーズとして存続するんでしょ?あのキャラは、ジェームズ・ボンドみたいに、役者を替えて成り立つキャラじゃないですよ!前シリーズからは既にオーランド・ブルーム(『オイ!働けよ!(^^;』)キーラ・ナイトレイも『出ないよ!』って言ってるんだから、ジョニデがホントに出なくなっちゃうのなら…シリーズ化する意味ないじゃん!

 ~ディズニーはデップ降板も想定し、「パイレーツ」新3部作の製作を続行するため、スパロウ役に代わるエキセントリックな新キャラクターの開発と俳優の選定に乗り出しているという。~

 マジで?そんなん意味ないって、やめとき!って、言うか…やめなさい(怒)!!そこまでして続ける意味あるのかあ~?


 さあ、ホントのところはどうなんでしょ?吾輩的には、限りなく“ガセネタ”であってほしいと思うのですが…。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-09-30 16:07 | 新作映画ネタ | Trackback(1) | Comments(4)
[ボルト] ブログ村キーワード
 この夏休みも“我が娘・かぁたん(仮名・7歳)”と行きました、“娘と映画・第9弾!”今回は「ボルト」(ウォルト ディズニー スタジオ モーションピクチャーズ ジャパン)。もちろん、“日本語吹替え版”そしてお楽しみの“デジタル3-D”を観に行きました!


 ボルトは、悪の組織と戦うために改造手術を施された“スーパードッグ”。スーパーパワーを駆使して、飼い主の少女・ペニーと共に、日夜悪の軍団と戦っていた…と、いうのは人気TVドラマの設定のお話。しかし、撮影所で生まれ育ったボルトは、自分は本当に“スーパードッグ”なんだと信じていた。或る日、ペニーがさらわれたシーンで撮影が終了したところ、現実でもペニーの危機は続いていると勘違いしたボルトは、ペニーを探して、撮影所の外へ出てしまう。そして何故か宅配便の荷物の中に入り込んでしまったボルトは、撮影所のあるハリウッドから、ニューヨークへ送られてしまう。初めて外の世界へ出た“勘違い犬・ボルト”は、現実を知りショックを受ける。しかしペニーの愛だけはホンモノだと信じたいボルトは、道中で出会った捨て猫のミトンズや、ボルトの大ファンでハムスターのライノと共に、ペニーの元へ帰る旅に出る…。


 なかなか楽しい設定と、ハートウォーミングなお話で、とっても楽しめました。“かぁたん”も、『ボルトかわいい~!』と、ニッコニコご機嫌でございました。吹替え版のキャストの皆さん(ボルト=佐々木蔵之介、ミトンズ=江角マキコ、ライノ=天野ひろゆき)も、結構はまり役だったと思います。吾輩個人的には、オリジナル(字幕版)でトラヴォルタが声を演じるボルトも見てみたいのですが…。

 で、“デジタル3-D”についてですが、確かにオープニングの“ディズニーお城マーク”から映像が飛び出して来て、親子そろって大興奮でたのしかったのですが…、『高い!』今回、吾輩と“かぁたん”の2人だったのですが、“大人¥2,000+子供¥1,500=¥3,500!!”おまけにシネコンで貯まっていたポイントを使って、少しでも安く見ようとする吾輩の心を嘲笑うかのように、『3-D上映は、特別料金ですのでポイントはお使いいただけません』とのお答え。何をどうがんばっても、安く見られない仕組みになっておるのですよ。 まあ、製作にお金が掛かっておるとは思いますが、もうちょっと何とかならんでしょうかね?これからこの上映方式が普及してきたら、吾輩破産しちゃいますよ~(>_<)。それから、3-Dのためのメガネなんですがね、吾輩当然子供サイズがあるもんだと思ってたんですが、何と大人と共通なんですね。これには最初は面白がっていた“かぁたん”も、さすがに1時間ほど過ぎた辺りから『もう、はずしてイイ?』と言い出す始末(はずしたら意味ないんだよ!)。コレってどうなんでしょ?3-D方式は面白いし、今後の映画の新しい方向性や可能性をいっぱい含んでいると思います。だから、これからも楽しんで見られるように、改善できるところはしてほしいな~と、小心者の小市民(?)は思う次第でございます(^^;。

 でも、映画としては親子で充分に楽しめました。“かぁたん”は、家に帰って我が家の愛犬に『耳をたたんで~、はい首を少し傾けて~』と、作中での“おねだり”のシーンの再現をやっておりました。いやいや、ウチの犬はもういい加減おばあちゃんなので、さすがに今からは仕込めませんが…(^^;。

 「ボルト」は、ただいま全国好評上映中です。夏休み、家族で観るのに最高の1本です。ディズニーが仕掛けた“愛と冒険と友情のハート・ウォーミング・アドベンチャー”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。あ、“飛び出す映画”はメガネが要りますよ(^^;!


「ボルト 3D」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ボルト』 - シネマトゥデイ

ボルト@映画生活

ボルト 3D - goo 映画
ボルト 3D - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-08-21 21:44 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(38) | Comments(4)
[ピクサー] ブログ村キーワード 
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!


 人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙へ旅立った後、地球上のゴミは清掃ロボット達によって集められ、処理されていた。だが人類が戻らぬまま700年の時が経過。ただ1体残ったロボット“ウォーリー”は、誰もいない街のゴミを、来る日も来る日もただただ片付け続けていた。そんな或る日、突然空から宇宙船が飛来。中から最新鋭の探査ロボットが現れる。宇宙船が飛び去った後、地球に留まったその最新鋭ロボット“イヴ”は、色んな所を飛び回り“何か”を探索し始める。そんなイヴと接触しようと試みるウォーリー。ずっとひとりぼっちだったウォーリーは、イヴと友達になって、手をつなぎたかったのだ。しかし、ウォーリーが見つけて大切にしていた植物を見た途端、イヴはそれを体内に取り込み機能停止してしまう…。


 この映画の予告編を初めて観たのは、確か今年の春休みくらいだったと思います。その時から『もお、早く観たい!』って気持ちがすっごくありました。ウォーリーの何とも言えないカワイさと、あの『ウオォ~リィ~』と言う声!吾輩、一発でウォーリーのファンになってしまいました。そして、ようやくホントにやっと観ることが出来た本編は、これまた素晴らしい出来でございました!とっても楽しくてカワイイ!いやあ、イイじゃないですか~ホント。コレは、ロボットが主人公で未来の地球&宇宙が舞台になっていますが、純粋ではずかしがりな男の子と、チョット勝ち気で何でも出来ちゃう女の子のとってもカワイイ“ラヴストーリー”ですよ。観ていてホノボノとした気持ちになれます。ウォーリーのいじらしさには思わず『ガンバレ~!』って、応援したくなります。もおね、とにかく観て!ウォーリーのキュートさと、一生懸命さに、まいっちゃいます。吾輩は、やられてしまいましたよ(^^;。

 しっかし、物語の根幹となっているのが、あんなストーリーだったとは…。吾輩考えもしませんでした。いやあ相当シュールですよね。何か、今の現在社会が抱えている“メタボリック症候群”への対処にも通ずるようなお話だなあと思って観ておりました(あっ、吾輩も抱えておりますよ!)。ピクサーにしては珍しい、“現実直視&警告”な内容の映画だと思います。でも、それが決してウォーリー達のキュートさを消していないのが、この映画のイイところでして、そのシュールなストーリーも絶妙なバランスで違和感無く、映画に溶け込んでいます。この辺りは、さっすがピクサーですね。

 ウォーリーが作中、お気に入りで観ているビデオは往年の大ヒットミュージカル「ハロー・ドーリー!」です。この映画を観て、ウォーリーは音楽を覚え、誰かと手をつなぐことにあこがれます。最初はウォーリーの気持ちに気付かないイヴですが、或る事がキッカケでそれに気付きます。その辺りのストーリーに、吾輩とってもカワイイ感動をいただきました。これ、実写の人間ドラマでやると、結構クサいお話になりそうなんですが、本作のようなCGアニメですと、抵抗無く素直に観ることが出来ますよね。それも老若男女を問わず…。吾輩今回は1人で“字幕版”を観に行ったのですが、もう一度我が娘“かぁたん(仮名・6歳)”と一緒に“日本語吹替え版”を観に行こうかな~。ストーリーは、チョット難しいかも知れないけど、ウォーリーとイヴのキュートさには、絶対ハマると思いますので…。


 「WALL・E/ウォーリー」は、ただいま全国絶賛公開中です。お掃除ロボットのキュートな初恋物語を、あなたも是非映画館でご覧下さい!

「ウォーリー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ウォーリー』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ウォーリー@映画生活

ウォーリー - goo 映画
ウォーリー - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-12-09 20:07 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(96) | Comments(9)
『パイレーツ・オブ・カリビアン4』が2011年公開する? - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

 ~ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの大ヒットシリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の4作目が製作されると、インターネットサイトAint it Cool Newsが伝えた。ディズニーは2011年に『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ4作目のほかに、映画『トロン』のリメイク、アニメ『カーズ』の続編、ニコラス・ケイジ主演の『ナショナル・トレジャー』シリーズ3作目という超大作の公開を予定しているそうだ。~


 やっちゃいますか~?「パイレーツ…4」でも、オーリーキーラは『もう出ない!』って言ってたよね?確か。やはりココはジョニデに期待!なんですかね?

 しっかし、リメイクとシリーズ物ばっかりですな~ディズニーも。「トロン」のリメイクなんて、今や現実の方が先に進んでるような気がするんですが…。

 果たしてどうなりますことやら?ま、面白けりゃそれでイイんですけどね(^^;!


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-03-04 13:27 | 新作映画ネタ | Trackback | Comments(3)
 ディズニーピクサー最新作。「レミーのおいしいレストラン」(ブエナビスタ)。これまで数々の映像マジックで驚かされてまいりましたが、今回はその設定で驚かされました。そうです、ディズニーなのに主役は“ミッキー”という名前ではないネズミ。しかもコイツが料理をするってんだからね~。



 ネズミでありながら、料理が大好きなレミー。彼は今は亡き天才シェフ・グストー(もちろん、人間)の『誰でも名シェフ』という言葉を励みに、いつかシェフになることを夢見ていた。或る日、隠れ家が見つかり逃げ出したレミーは、排水溝で家族や仲間とはぐれてしまう。そして偶然流れ着いたパリで、憧れのグストーの店を見つけたレミー。その厨房では、料理が苦手な見習いシェフ・リングイニが大切なスープを台無しにしかけていた。その様子を見るに見かねたレミーは、グストーのゴーストにも励まされ、自分の感覚でスープの味を修正していく。そのスープが客の間で好評を博し、料理長のスキナーはリングイニに、もう一度同じ味のスープを作るように命じるのだが…。



 『ネズミが料理』と聞いて、一体どんな感じに仕上がるんだろう?と思っておりました。基本的に厨房に存在していたらイケナイ動物ですし、しかも事前の映像(予告編など)を見る限り、最もキッチンにいてはいけない“ドブネズミ”じゃございませんか!こんなん大丈夫かいな?と心配してたのですが、実際に映画を観てみるとコレが愛らしいし、カワイイんですよ!出てくる料理もホントに美味しそうに見えますし、ストーリーも決してお子様向けでなく、結構ヒネリも効かせてあって、とても楽しめました。特に料理センスゼロのリングイニ(この時点で、シェフを志望することがまちがってる!)をレミーが如何にコントロールして料理を作っていくのか?てシーンは、『んなこと、ムリに決まってるがな!』とツッコミを入れつつも楽しませてもらいました。

 実写でネズミが料理してる(いや、出来ませんて…(^^;)映像なんてのは、恐らく“不潔!”ってことになってしまうと思うのですが、このアニメならそういうこと度外視で安心して観ていられますので、字幕版・日本語吹替え版共にこの夏家族でお楽しみになれる映画ですね。


 「レミーのおいしいレストラン」は、ただいま全国好評上映中です。ディズニーとピクサーが贈る“美味しい魔法”をあなたも是非映画館で目撃してください。


「レミーのおいしいレストラン(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

レミーのおいしいレストラン - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

レミーのおいしいレストラン@映画生活

レミーのおいしいレストラン - goo 映画
レミーのおいしいレストラン - goo 映画


にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2007-08-15 01:32 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(10) | Comments(4)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm