タグ:デンゼル・ワシントン ( 2 ) タグの人気記事

「アンストッパブル」燃えるぜ~!

[アンストッパブル] ブログ村キーワード
 デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。


 その日、職務経験4か月の新米車掌ウィル(クリス・パイン)は、勤務28年のベテラン機関士・フランク(デンゼル・ワシントン)とコンビを組んで、旧式機関車1206号に乗り込み、貨物列車の移動を行なっていた。同じころ、操車場から最新鋭の貨物列車777号が、移動中のミスで無人のまま走り出し、本線へと出てしまう。やがて加速した777号は、本線を猛スピードで暴走。777号の積荷には、危険な化学物質が存在し、機関車は大量のディーゼル燃料を積載していた。このまま暴走を続けると、人口密集地にあるカーブを曲がり切れずに脱線し、その下にある燃料タンク群に激突して大爆発を起こす可能性が高いことが判明。鉄道会社は様々な策を講じて、何とか停止させるよう試みるが、ことごとく失敗。万策尽き果てたと思われたその時、777号に対向する形で本線を走行していて、間一髪衝突を免れたフランクとウィルの乗った1206号機関車が、貨物列車を切り離し逆行で、777号の追跡を開始。フランクは、後ろから連結して列車全体を減速させ、停止させようとしていた…。


 この映画は、2001年にアメリカで実際に起こった列車暴走事故をベースに作られていますが、これがまた非常に面白い“アクション大作”に仕上がっています。アメリカの鉄道事情ってのは、国土のデカさに比例して、日本なんかとはそのスケールが違います。機関車なんか日本の倍ほどのデカさ(本作の777号=“AC4400CW”は、重さ190トンで4461馬力!日本の代表的な機関車“DD51”なんか、重さ80トンの2200馬力(負け!)で、これが2~3連、多い時は6~7連で貨物列車を引っ張るんだそうです。で、この貨物列車ってのもスケールが違いまして、100両超なんてのは、普通だそうです。その長さは優に1km超(!)。実際の事故の際は、47両編成だったそうですが、この映画では39両編成となっております。それでも全長800m!あの東京スカイツリーを寝かせた長さよりも、まだ長い!凄い!!これが時速100km以上のスピードで暴走する…。想像しただけでも凄いことになってそうでしょ?これを、トニー・スコット監督が、素晴らしい迫力満点の“ノンストップ・アクション巨編”に仕上げています。もお、ホント手に汗握るシーンの連続。吾輩、見ている間しばらく息つく暇がございませんでした。いや、ホント大げさでなく。
 アクション大作ではございますが、登場人物それぞれの人間ドラマもキチンと描かれていて、決して薄っぺらい映画にはなっておりません。それでいて、上映時間1時間39分と非常にコンパクト。中だるみなく、一気に見せてくれる、トニー・スコット監督の演出は、非常に素晴らしいと思います。正直ココんとこ『う~ん、何かイマイチ…』って感じるような(失礼!)作品が続いていたような気がするのですが、本作では久々に“アクション映画の巨匠”としての面目躍如って感じで、正に“快作”に仕上がっています。

 しかしデンゼル・ワシントンってのは、本当にいい役者さんですね。どんな役を演じても重みが感じられます。本作でも“解雇通告を受けたベテラン機関士”っていう年齢的に少々枯れかかった役を、渋く演じているのですが、後半“愛する人々を守るため、列車を止める”という使命感に燃える『よっしゃ~、やったるで~!』的なアツい演技でも魅せてくれます。若手のクリス・パイン(「スター・トレック」のカークです)も、頑張ってますが、ここはデンゼルの貫禄勝ちってことで…。

 まあ冷静に考えると、『鉄道会社の不始末を、鉄道会社が自分の手で処理した』ってだけの話なんですが(^^;、でも『何としてでも、止めてやる!』っていう、男たちのアツ~い思いがスクリーンからヒシヒシと伝わってきます。こういう“おっとこ臭~い映画”大好きです!!

 「アンストッパブル」は、2011年1月7日(金)~全国ロードショーです。“燃える男の鉄ちゃんムービー”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「アンストッパブル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『アンストッパブル』 - シネマトゥデイ

アンストッパブル@ぴあ映画生活

アンストッパブル - goo 映画
アンストッパブル - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2010-12-15 22:41 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(108) | Comments(12)

「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突!

 デンゼル・ワシントンジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。NYの地下鉄を舞台に繰り広げられる、“オッサンの熱い攻防(^^;”。さあ、勝つのはどっちだ?


 ニューヨーク地下鉄の運行司令部で、指令係として勤務するガーバー(デンゼル・ワシントン)は、或る日の午後ぺラム発1時23分の電車が緊急停車し、更に先頭の1両だけが他の車両と切り離されて停車したことに気付く。不審に思ったガーバーの呼び掛けに対し、ライダー(ジョン・トラボルタ)と名乗る男が乗客19人を人質に列車を乗っ取ったことを告げる。更に『市長に1時間以内に1000万ドルを用意させろ、遅れたら1分ごとに人質を殺す』と要求を伝えてくる。ほどなく警察が到着。担当のカモネッティ警部補(ジョン・タトゥーロ)は、捜査に協力するというガーバーの進言を無視。ガーバーは上司に半ば強制的に帰宅させられる。このことを知ったライダーは激怒し、運転士を射殺。慌てたカモネッティに呼び戻されたガーバーは、再び交渉役としてライダーの真の狙いを探っていく…。


 この映画はリメイクだそうで、オリジナルの「サブウェイ・パニック」は、1974年の映画(吾輩は未見です)。でも、そんな予備知識無しでも充分に楽しめる内容になっています(あ、お好きな方は是非オリジナルもご覧になってから…)。トニー・スコット監督作品ですから、非常にスピーディーに展開していくのですが、肝心な謎(『何故1000万ドルなのか?』『何故市長なのか?』etc,etc…)が、随分あっさりと明かされてしまい『え?え?それってどういうこと??』って感じで、付いていけないというか、よくわからないままに通り過ぎて行ってしまったシーンが、幾つかございました。でもそんなのは、あんまり気にならんほどに、もおとにかく主演2人の圧倒的な存在感に、ず~っとスクリーンに釘付けにされてしまいました。

 ま~あ、トラボルタの悪いこと!顔、演技、イッちゃってる眼…。観る者に『この人には、良心のかけらもない…』と思わせる、もお最強の“ワル”でございます。対するデンゼル・ワシントンは、少々メタボ気味なお腹を抱えて、事件に巻き込まれる普通の男…でも正義の心に燃える…でも実は…って男(何なのだ?)を熱演しております。冷静に見えますが、熱いです。熱血です!

 作中でNYじゅうを巻きこんだ、車による“現金輸送大作戦”が展開されます。映像的には、“トニースコット節全開!”って感じで、迫力満点のシーンに仕上がっているのですが、吾輩思わず見ながら言ってしまいました…『ヘリ使えよ!』だって、事故りまくるんですから!コレ、今回の最大のツッコミポイントです(^^;。

 資料によると、この映画の主要キャストの中で最も若いのは、市長役のジェームズ・ガンドルフィーニなんだそうです…え~?そんな風には見えないよ~!


 「サブウェイ123 激突」は、9月4日(金)~全国ロードショーです。オッサン2人の手に汗握る演技の“激突”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 この映画、今のところ宣材(チラシ・ポスター等)に書かれたタイトルには、どこにも“激突”という文字がございません。このまま公開まで行っちゃうのかな~?ソニーさん…。
 
「サブウェイ123 激突」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『サブウェイ123 激突』 - シネマトゥデイ

サブウェイ123 激突@映画生活

サブウェイ123 激突 - goo 映画
サブウェイ123 激突 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-08-27 00:30 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(79) | Comments(22)

映画ネタを書いておりますが、最近更新が停滞しまくってます…。


by mori2fm

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

プロフィール

mori2(もりもり)
・性別:♂
・年齢:50歳(嗚呼…)
・家族:妻と1人娘“かぁたん(仮名)”
・生息地:京都府
・生業:シネマコミュニケーター!(と、書きたいところなんですけど、実態はタダの超薄給サラリーマン…(>_<)
・一言:映画ネタ+日々の徒然なる“妄言”をシネマ親父・mori2が書き綴ります…。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ

☆ラジオ
「シネマキネマ」
(ラジオ関西・AM558KHz
・土曜深夜3:00~)
レギュラー出演中!


☆リンク
いどまきのエンタな瞬間♪
中川幸順の映画やあれこれ♪超HAPPY♪
楽(たけとら様)


~映画サイト~
Yahoo!映画

シネマトゥデイ

eiga.com

新作映画情報「映画生活」


象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター
“お薦め映画ファン ブログ”に、掲載していただいてます。

cinemacafe.net
キネマ旬報映画データベース
日本インターネット映画大賞

~映画館~
映画館・シネコンのMOVIX

イオンシネマ

“TOHOシネマズ”

~映画関連ブログ~
映画レビュー トラックバックセンター
ジジョの五感
新・豆酢館
迷宮映画館(sakurai様)
映画の話でコーヒーブレイク(ryoko様)
我想一個人映画美的女人blog(mig様)
気ままな映画生活(シムウナ様)
だらだら無気力ブログ!(はくじ様)
レザボアCATs(とらねこ様)
『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記(aq99様)
こねたみっくす(にゃむばなな様)
ペパーミントの魔術師(Ageha様)
お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法(Kei様)
ラムの大通り(えい様)
新・映画鑑賞★日記…(yukarin様)
自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ(しん様)
~青いそよ風が吹く街角~(BC様)
・*・ etoile ・*・(maru♪様)
晴れたらいいね~(ちゃぴちゃぴ様)
映画と旅行、にゃんぱらりんな日々(にいな様)
新・辛口映画館(masala様)
Cinema Collection 2(ひろちゃん様)


~色々ブログ~
ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
はなこのアンテナ@~無知の知
きたはち、ぽよよんブログ
声を磨けば、ココロがピカピカになる !コミュニケーションを楽しもう!!(スポーツアナウンサー 寺西 裕一 様)
One Fine Day ある晴れた日に(Miho様)
働くママのひとりごと(まどまりまま様)

フィードメーター - シネマ親父の“日々是妄言”

最新の記事

2017年マイ・シネマ・ラン..
at 2017-12-31 22:25
「奥田民生になりたいボーイと..
at 2017-09-14 22:26
「エイリアン:コヴェナント」..
at 2017-09-09 22:47
「散歩する侵略者」もしあなた..
at 2017-09-07 22:47
「三度目の殺人」これはヘビー..
at 2017-09-06 21:49

ブログパーツ

最新のトラックバック

サバイバルファミリー
from 銀幕大帝α
映画:エイリアン コヴェ..
from 日々 是 変化ナリ ~ DA..
「三度目の殺人」
from 三毛猫《sannkeneko..
エイリアン:コヴェナント
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
奥田民生になりたいボーイ..
from 映画的・絵画的・音楽的
『三度目の殺人』:事件の..
from キネマのマ ~ りゃんひさ ..
三度目の殺人
from 映画的・絵画的・音楽的
『奥田民生になりたいボー..
from 京の昼寝~♪
映画「エイリアン:コヴェ..
from 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
チア☆ダン ~女子高生が..
from 銀幕大帝α

記事ランキング

カテゴリ

全体
新作映画ネタ
映画小ネタ
映画館ネタ
俳優・女優・監督ネタ
映画評 外国映画 ア行
映画評 外国映画 カ行
映画評 外国映画 サ行
映画評 外国映画 タ行
映画評 外国映画 ナ行
映画評 外国映画 ハ行
映画評 外国映画 マ行
映画評 外国映画 ヤ行
映画評 外国映画 ラ行
映画評 外国映画 ワ行
映画評 日本映画 あ行
映画評 日本映画 か行
映画評 日本映画 さ行
映画評 日本映画 た行
映画評 日本映画 な行
映画評 日本映画 は行
映画評 日本映画 ま行
映画評 日本映画 や行
映画評 日本映画 ら行
映画評 日本映画 わ行
ランキング
映画以外ネタ
我が娘の日常
ラジオ
きょうの出来事
なんてことのない話
街ネタ
世の中
ご挨拶
未分類

フォロー中のブログ

nest nest
MS.POKERFACE
Wakaのいる風景
33χ
るんるん♪ 
カタルーニャのお姫様
Mein Tagebuch
発展途嬢
Myshop 店主のひとりごと
Jub Up Family
KOBECCO
2+2=5
*- Petit sou...
web-tonbori堂ブログ
the borderland 
ジェームズ・ボンド 00...
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
えろぶろ at Exci...
かたすみの映画小屋
Rosslyn Papers
中で出すのが愛なのか
面白い映画とつまらない映...
MOVIS
けちけちオヤジのお気楽ダ...
Osaka-cinema...
しねまだいあり~~ず。
puppa's
ジンライムとチョコレート
まぁず、なにやってんだか
龍眼日記 Longan...
一歩前進したかも日記
日刊エキブロ新聞
ライフノート
紫@試写会マニア
またあした
ドンカンはツミである
みゆ@小学校
爆音映画祭
UNOJECT-STUDIO

以前の記事

2019年 12月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

(137)
(44)
(44)
(40)
(31)
(29)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(12)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

映画

画像一覧