タグ:リドリー・スコット ( 2 ) タグの人気記事

[エイリアン:コヴェナント] ブログ村キーワード
a0014708_22381623.jpg
 “巨匠”リドリー・スコット 監督が世に放つ、シリーズ最新作。まだまだ続くよ!「エイリアン:コヴェナント」(20世紀FOX)エイリアン誕生の謎が、遂に明かされる!


 人類初の大規模な宇宙移住計画の為、コールドスリープ中の2,000人の男女を乗せた巨大宇宙船コヴェナント号。植民地惑星“オリガエ6”へ向かっていたコヴェナント号は、その途上で強大な衝撃波を受ける事故に巻き込まれ、船長(ジェームズ・フランコ)以下数十名の命を失う。生き残ったクルーと、最新鋭アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が懸命の修復作業を行う最中、コヴェナント号は謎の電波を受信。発信元が近くの惑星だと突き止めた船長代理のオラム(ビリー・クラダップ)は、女性クルーで船長の妻だったダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)の反対を押し切り、その惑星へ向かうことを決定する…。


 この映画の前日譚と言えるのが、5年前に公開された「プロメテウス」この映画、公開当時正式には“エイリアン・シリーズ”とはアナウンスされてなかったのですが、中身を見れば何のことはないしっかり“エイリアン・サーガ”でございました。で、今回の「エイリアン:コヴェナント」は、その「プロメテウス」の正当な続編でございます。前作から引き続き登場するアンドロイドのデヴィッドなど、ストーリーもガッツリ絡んでおりますので、本作をご覧になる前に今一度「プロメテウス」を見て行かれることを、お奨めいたします。その方がストーリーもスムーズに理解することが出来ますから。吾輩も見直して行って正解でした。だって5年も前の話、さすがに相当忘れてましたから(^^;。
 ただ『ストーリーなんかどうでもイイ。単純に怖いSF映画が見たいねん!』と仰る方は、何の予備知識も持たずに見に行っていただいても充分にお楽しみいただけると思います。「プロメテウス」では少ししか映らなかった、“腹かっさばいて登場するエイリアン”が、今回はバッチリ出てまいりますし、モチロン顔面に張り付く“フェイスハガー”なんぞも登場いたしますので、それらをご覧になるだけでも充分痛快(?)だと思います。

 マイケル・ファスベンダーが、1世代前のアンドロイド・デヴィッドと最新鋭のアンドロイド・ウォルターの“1人2役”ならぬ“1人2アンドロイド”を演じていますが、まあ上手!演じるのが人間ではないというだけでも非常に難しいと思うのですが、圧倒的な演技で両アンドロイドを演じ分けています。そしてその演技力がラストの一波乱を、とてつもない説得力のある物に仕立てています。いやあ、お見事ですわ。そして“エイリアン・シリーズ”のお約束とも言うべき、“戦うヒロイン”を演じているのは「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」でブレイクしたキャサリン・ウォーターストン。かつてシガーニー・ウィーヴァーが演じたリプリーを彷彿とさせる姿で、エイリアンに戦いを挑みます。タンクトップ姿に銃火器がイイですね(^^;!

 時系列で言えば、この映画の時代から20年経った世界がシリーズ第1作の「エイリアン」に、つながっていくという設定になっています。ですからここから20年の間に一体何が起きるのか?今回はエイリアン誕生の背景が描かれていますが、そこから更にどんなストーリーが展開していくのか?その気になれば幾らでも作れると思います。今回のラストも実はそんな感じになっております(アレは救いがない!)。何よりリドリー・スコット監督、やる気満々です(^^;。ただ情報によると「プロメテウス」と本作の間を埋める映画を2~3本作る気でおられるそうです。まもなく齢80歳となられる御大!どうか、完遂してくださいね!


 「エイリアン:コヴェナント」は、9月15日(金)~全国ロードショーです。究極の生命体誕生の瞬間を、あなたも是非!映画館でご覧ください。




 
 

 
ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

[PR]
by mori2fm | 2017-09-09 22:47 | 映画評 外国映画 ア行 | Trackback(2) | Comments(2)
 監督リドリー・スコット、主演ラッセル・クロウのコンビと言えば、言わずと知れた「グラディエーター」なんですが、今回は何とラブコメ!「プロヴァンスの贈りもの」(角川映画)。何で??って感じの顔合わせなんですが、果たして??



 ロンドンの腕利きディーラー、マックス(ラッセル・クロウ)のもとに、叔父ヘンリー(アルバート・フィニー)の訃報が届く。ヘンリーの財産を相続することになったマックスは、南フランスのプロヴァンスへ。そこには少年時代(フレディ・ハイモア)バカンスを過ごした、ヘンリーの暮らしていた葡萄園があった。ヘンリーの資産を売却すべく友人の不動産業者、チャーリー(トム・ホランダー)と連絡を取り、更にはレンタカーを運転しながらロンドンの職場と携帯電話で連絡を取り合ううち、マックスは地元のレストラン・オーナーのファニー(マリオン・コティヤール)を轢きそうになる。しかし通話に夢中だった彼はその事には一切気付かなかった。やがて販売用の写真撮影を終えたマックスは、誤って水の張っていないプールに転落。偶然通り掛かったファニーに救いを求めるが、轢かれそうになったことへの仕返しとして、拒否される。このことが原因で期日までにロンドンへ戻れなかったマックスは、結局休暇を取ってこの地に滞在する破目に。やがて休暇を過ごすうちに、少年時代の楽しかった記憶が甦り、葡萄園の売却を決意していたマックスの心は次第に揺れ始める。そしてマックスとファニーは、いつしか惹かれあっていた。そんなある日、ヘンリーの私生児だと称する女性、クリスティ(アビー・コーニッシュ)が葡萄園にやって来る…。

 吾輩、幾多の映画を観てまいりましたがラッセル・クロウのコメディ演技は、これまで観たことが無かったと思います。ついでに言うとリドリー・スコットのコメディ映画も。ですから非常に好奇心タップリで映画館へ足を運びましたが、これが意外(失礼!)にも面白かったです。いつもの“強面演技”より、妙に力の抜けたラッセル・クロウには思わず『こっちの方がエエがな!』と思ってしまいましたし、リドリー・スコットらしからぬ(これまた失礼!)、どことなく垢抜けたお洒落な演出(^^;は、観ていてとても心地よかったです。そしてこの映画の特筆すべき点は何よりも、全編を通して描かれている、南仏プロヴァンス地方の美しい風景!吾輩常々『映画は2時間弱の異次元体験旅行だ!』と思っておるのですが、この映画は正にそれを体感できる、トリップ・ムービーだと思います。その美しい風景に、大人向けのコミカルでお洒落なラブ・ストーリーが非常に上手くマッチしていて、何だかとってもハッピーな気分になれました。ホントにこの映画、リドリー・スコット監督の作品なんですかね~?

 殆んど予備知識の無いまま観たモンですから、マックスの少年時代を演じた子役がフレディ・ハイモアだとは、観終わるまで気付きませんでした…。道理で芸達者な芝居をするわけですよ、はい(納得)。
 あと、男の目から見た意見としましては、マリオン・コティヤール嬢のおみ足の美しさも必見です!何、スケベですって?いいですよ、スケベで。キレイなモンはキレイなんですよ!!


 「プロヴァンスの贈りもの」は、ただいま好評上映中です。2時間弱の“南仏ロマンティック・ラブ・バカンス”を是非、映画館で体感してください。


「プロヴァンスの贈りもの」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

プロヴァンスの贈りもの - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

プロヴァンスの贈りもの@映画生活

プロヴァンスの贈りもの - goo 映画
プロヴァンスの贈りもの - goo 映画



にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2007-08-17 02:37 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(4) | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm