タグ:二宮和也 ( 3 ) タグの人気記事

[プラチナデータ] ブログ村キーワード
 東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也豊川悦司の競演で魅せてくれます。


 そう遠くない将来の日本。全国民のDNAデータ=“プラチナデータ”を基にした犯罪捜査が可能になり、“検挙率100%、冤罪率0%”の社会が実現しようとしていた。警察庁の特殊解析研究所所属の天才科学者・神楽龍平(二宮和也)は、自身が開発に深く携わったDNA捜査システムを使って、同僚の白鳥里沙(杏)達と共に事件を解決してきた。しかし、システム上で該当しない容疑者による連続殺人事件が発生。捜査が難航する中、システムの共同開発者で、天才数学者の蓼科早樹(水原希子)までもが殺害されてしまう。そして現場に残されていた証拠をDNAシステムで解析したところ、犯人は神楽であるという結果が導き出されてしまう。まったく身に覚えが無い神楽は、真実を突き止めるべく、解析結果の消去を試みた後に逃亡。その神楽を、警視庁捜査一課の刑事・浅間玲司(豊川悦司)が追う。果たして、神楽は本当に犯人なのか?事件の真相は…?


 吾輩は、相変わらずの“原作未読”でございますが、事前に話を聞いた時に『う~ん、何か「マイノリティ・リポート」みたいな感じやな~』って思ってしまいました。即ち…主人公は、新しい犯罪捜査システムの運営者→そのシステムによって、事件を幾つも解決→ところが或る日突然、システムによって自分が容疑者に特定されてしまう→で、逃げる(オイ!(^^;)…。まあ「マイノリティ…」の方は、犯罪が起こる前に犯人を特定するというシステムで、本作は犯罪が起こってから犯人を特定するという違いはございます…が!どちらの場合も、それまではシステムに絶大な自信を持ち、他者の意見など鼻にもかけないくらいに自信満々でエラソ~にしてた奴が、そのシステムにいざ自分がご指名(?)されちゃった途端、『俺は、やってねえ~!』とか言って逃亡する…、何と無責任!無節操!エエ加減にしいや~!!あ、そんなお話です(^^;。
 CMなんかでも、逃亡シーンの映像が出たりしていますが、この映画に出てくる追跡システムが凄いんですよ!街中のいたる所にカメラが設置されてまして、少し歩いただけでも簡単に発見されてしまうんです。あんなシステムからは逃げられへんわ!って思ってたんですが、実際に捕まえに行く刑事たちの能力は、大したことございませんで、逃亡する神楽をホント目の前まで追い込みながら、テンコ盛りの警官たちがアッサリと逃げられてしまう…。オイオイ!どんだけ無能なのさ(^^;!あんなん普通に逃げられたらアカンで。一体何人掛かりで追っ掛けて、逃げられとるねんな。いやあ、あれはありえん!あんなことしてたらアカン(^^;。

 嵐の中でも、やんちゃキャラ担当の二宮クン。本作では、そのチョット横柄な感じがする部分が誇張されたようなキャラ=“神楽”を存分に演じています。最初のうちは、まさに絵に描いたような“イヤな奴”なんでございます。このキャラの裏には、実は物語の根幹に関わるある秘密が隠されていまして、それが明かされてから見せる彼の演じ分けは、この映画の見所の一つでございます。実はこの核心部分、結構あちこちで既にあっさりとネタバレされてるんですが、吾輩的にはあんまり言わない方がイイのにな~と、思いましたのでここでは触れません。あと、現場叩き上げの刑事を演じるトヨエツ兄さんの“男を魅せる演技力”には、男の吾輩も惚れてしまいそうでございました。歳と共に滲み出てくる“男臭さ”。いやあ、魅力的ですわ(吾輩決して、ソッチ系の趣味はございません!)。そして物語のキーパーソンでもある大学教授の役を、鈴木保奈美さんが演じておられますが、吾輩このキャスティングだけは見ていて少々“??”でした。保奈美さんが演じた役柄は、原作では男性だったんだそうです。で、映画化に際し変更したのは、“DNA=生命の起源”そして全ての生命を生み出すのは母=女性という観点からなんだそうですが、狙いはわかるんですけど、その割には少々インパクト不足かな?と。だって作中この人、あ~んなことやこ~んなことをやらかしちゃうんですけど『どう考えてもあんたにそれは出来んやろう??』という風に思えてしまったモンで(説得力なし!)、保奈美さんが悪いわけではございませんが、何かミスキャストだったような気がします。

 大友啓史監督の演出は、今ノリにノッているって感じで見ていて本当にワクワクさせられます。この方、もともとNHKの局員さんだったんですよね?「ハゲタカ」「るろうに剣心」に次いで、本作が監督3作目。何と、ワーナー・ブラザースとは既に3本作る契約をされてるそうで、「るろ剣」がその1本目だったんだそうです。あと2本、どんな映画を見せてくれるのか楽しみですね。そして何より原作者の東野圭吾氏!あんた一体どんだけ書いてるの?何でそんなに書けるの?そして何でそんなに売れるの(^^;?もお凄いですね。本作が映画化11本目(国内作のみ)で、夏にはまたガリレオシリーズの「真夏の方程式」ってのもやってきますし、まだまだこの方の“春”も続きそうですね。いよ!勝ち組!凄い(^^;!


 「プラチナデータ」は、明日3月16日(土)~ 全国ロードショーです。完璧なシステムの裏側に仕組まれた陰謀=“真のプラチナデータ”を、あなたも是非!映画館で目撃してください。

~追記~
 しっかし杏ちゃんは、やっぱり背が高いですね~!ニノと並んじゃうと、もおホントに…(爆)。

YouTubeで、語っております!



プラチナデータ@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2013-03-15 21:52 | 映画評 日本映画 は行 | Trackback(33) | Comments(0)
[GANTZ] ブログ村キーワード
 週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、実写映画化2部作の2本目!「GANTZ:PERFECT ANSWER」(東宝)。原作はまだ連載中(=未完)なのに、タイトルに「PERFECT ANSWER」とは…、いやはや何とも強気じゃないですか!はたしてどんな結末になっておりますことやら?


 謎の球体“GANTZ(ガンツ)”に召喚された玄野計(二宮和也)は、戦いの中で落命した幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)を“100てんめにゅー”で復活させるべく、GANTZの命じるミッションを遂行し、星人との殺し合いを続けていた。しかし或る日、過去に100てんを取り、ガンツを卒業したはずの鮎川(伊藤歩)が再召喚され、『私は、この男に殺された』と加藤の写真を指差して告げる。加藤はいつ復活していたのか?その鮎川の周りを、重田(山田孝之)という謎の男が、探り始める。そして最強の星人・黒服(綾野剛)との戦闘は、現実世界を巻き込んだ形で展開。ガンツに何らかの異変が起き始めていると確信する玄野。やがてガンツは、玄野のガールフレンド・小島多恵(吉高由里子)をターゲットに指定する…。


 1作目同様に、作品の世界観やキャストのなりきり方、アクション&特撮(いや、むしろ前作以上かな?)なんかは非常に面白く、吾輩はスクリーンに惹きつけられました。但し、ストーリーの方が何とも『??』でございまして、いや“難解”っていうのではなく、『うん?こんなんでイインか~??』って、吾輩は思ってしまう展開でございました。決して『悪い』とか『面白くない』とか言うわけではないのですが、『前宣伝であれだけ煽ってコレかいな~』と、思えたのが少々残念(特にあの“残酷な対峙”って宣伝はチョット違うって言うか、ズルイって感じが…)でございました。特にラストの展開は、どうなんでしょうね?あれが“PERFECT ANSWER”ってのは、それまでのストーリー展開からすると、あまりにも掛け離れた落としどころだったような気がします。まあ、これは見る人によって、感じ方が違うとは思いますが、吾輩は『何かそれってあまりにも悲しくない?』って思っちゃいました。

 前作よりも吉高ちゃんの出番が増えてて、吾輩的には嬉しい限り(^^;。前作でラストにホンのチョットしか出てこなかった山田孝之クンも、今回はちゃんと芝居してますし、何より前作でもクレジットされてたのに、どこに出てたのか吾輩まったくわからなかった伊藤歩ちゃんが、結構重要な役でイイ芝居してます(前作でどこに出てたのかも、チャンとわかりました(^^;)。あと本郷奏多クン演じる西くんの意外な復活も、見ものですよ。

 「GANTZ:PERFECT ANSWER」は、ただいま全国ロードショー公開中です。戦いの果てにある“パーフェクトな答え”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 しかし松ケンくんの“結婚発表”は、何と言うタイミングでございましょうかね。どう考えても、映画の宣伝にしか思えんじゃないですか、アレじゃあ…(爆)。

~追記②~
 で、結局…『"GANTZ” って、何??』(爆×2)


「GANTZ PERFECT ANSWER」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』 - シネマトゥデイ

GANTZ PERFECT ANSWER@ぴあ映画生活

GANTZ  PERFECT ANSWER - goo 映画
GANTZ PERFECT ANSWER - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-04-24 15:31 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(60) | Comments(6)
[GANTZ] ブログ村キーワード
 週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!


 就職活動中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄の駅で幼馴染の加藤勝(松山ケンイチ)と再会。線路に転落した酔っ払いを助けようとした加藤に手を貸した玄野だったが、2人とも走ってきた電車に轢かれてしまう。しかし次の瞬間2人は、何処とも知れないマンションの1室にいた。その部屋からは東京タワーが見えたが、中からは出られなくなっていた。玄野と加藤の他にも、鈴木(田口トモロヲ)、西(本郷奏多)達がいて、部屋の中央には正体不明の大きな黒い球体が、異様な存在感を示していた。状況が把握出来ない彼等の前に、突然全裸の女性・岸本(夏菜)が転送されてくる。そして謎の球体“GANTZ(ガンツ)”は、玄野たちにあるミッションを与える…。


 吾輩、ヤンジャンは毎週読んでます(あ、立ち読みです(^^;)が、実は「GANTZ」はそんなに興味がなかったので、パラパラと見てる程度でした。なので、熱狂的な原作ファンの方からすれば、異論が続出するのかも知れませんが、吾輩レベルの予備知識からすると、原作の世界観を上手に実写映像化出来てるんじゃないでしょうか?キャラ設定やストーリーも、若干の設定変更(主人公2人が、原作では高校生→映画は大学生&社会人)は加えられてますが、結構忠実に作られていると思われます。球体“GANTZ”の存在感も、妙にリアルですし、武器もかなり凝って作り込まれています。何より“ガンツスーツ”は、もう“リアル・コスプレ”の世界でございますよ。
 キャスティングも、大体キャラにマッチしていたと思います。主演の2人(ニノ&マツケン)も、“リアル・コスプレ”の世界を存分に楽しみながら演じているってのが、観ていてもの凄く伝わって来ました。推測するに、原作が過去の名作漫画とか、リメイクとかじゃない、現在進行形のコミックなので、俳優陣もその辺に親近感と適度な緊張感を持てたんじゃないかと…、そんな感じで演じられたのが良かったのでは?と、思います。あと、岸本を演じた夏菜ちゃんがよかったですね~。何か輝いてましたよ。彼女は、これから要注目!と吾輩個人的に(^^;思います。反面、吉高由里子ちゃん演じる“多恵ちゃん”のキャラが、あまりにも立ち位置不明瞭な描かれ方をしていたように思われたので、これは少々残念でした。まあ、続編ではその辺り、改善されてくるんでしょうね。本作は或る意味“取っ掛り”ですからね(山田孝之クンなんて、ラストほんのチョットしか出てこないにも関わらず、しっかりクレジットされてますから、これも次作ありきってことで)。

 1本の映画として総じて見ると、同じく人気コミックが原作で、製作にこれまた同様に日テレが絡んでいた「20世紀少年」よりかは、遥かにシッカリと良心的に作られていたと思います。本作は、かなり原作に忠実に作られたようですが、次作は映画オリジナルな展開をしていくそうです。それはそれでイイんじゃないでしょうか?何せ、この原作はまだ未完(連載中)なんですからね。


 「GANTZ」は、本日(1月29日)より全国ロードショーです。“リアルSFコミック”の“リアル実写版”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「GANTZ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『GANTZ』 - シネマトゥデイ

GANTZ@ぴあ映画生活

GANTZ - goo 映画
GANTZ - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-01-29 01:55 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(52) | Comments(6)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm