タグ:役所広司 ( 5 ) タグの人気記事

[三度目の殺人] ブログ村キーワード
a0014708_15204589.jpg
 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三度目の殺人」(GAGA)名キャスト、名スタッフが織り成すとても濃密な1本です。

 殺人の前科がある三隅(役所広司)が、自分を解雇した食品工場の社長を殺害。犯行を自供した三隅は、死刑が確実と思われたが、接見のたびに供述を変える三隅に担当弁護士・摂津(吉田鋼太郎)は音を上げ、同期の重盛(福山雅治)に泣きつく。勝利至上主義の重盛は、無期懲役への減刑を狙い調査を開始するが、相変わらず供述を変える三隅に違和感を覚える。解雇された怨恨殺人、金目当ての私的な殺人、果ては被害者の妻・美津江(斉藤由貴)から依頼された保険金殺人の目まで浮上して、調査は難航。被害者の娘・咲江(広瀬すず)が三隅と頻繁に会っていた事実が明らかになるに至って、重盛は初めて『真実を知りたい』という欲望に駆られるのだが…。

 昨今の是枝監督作品を見慣れていた感のある吾輩は、オープニングからの重苦しい映像に先ず驚かされました。そしてそこから展開するストーリーを演じるキャスト陣の演技合戦に、グイグイと惹きこまれていきました。特に三隅役の役所広司さんの狂気をはらんだとも言える演技には圧倒されます。供述が変わる度に、表情、感情までもが変わり、幾重の謎のベールに包まれている容疑者・三隅。まさに圧巻です。その役所さんと、今回渡り合う福山さん、こちらも負けじと堂々の演技。これまでの軽めのイメージではなく、全身全霊で役所さんの演技を受けて、それをスクリーンに昇華させています。この2人の留置所での接見シーンは、本当に息呑み、手に汗でございます。
 今回、監督が『50年代ころのアメリカの犯罪映画をイメージした…』と語っておられた画作りは、非常にかっこいい映像に仕上がっています。そう、まるで“フィルムノワール”のよう。これまでの是枝作品とは、一味も二味も違う映画を見せられました。ただ、それだけにこれまでと違い、見終わって非常に困惑したのも事実です。この映画、結構作中に色んな伏線(であろうと思っていたもの)が張り巡らされているのですが、これを回収しきらないまま、結構唐突に終了してしまいます。このように書いている吾輩ですが、今でも正直『あれはどういう意味だったんだろう?』『あのシーンに何の意味があった?』『え?だからそれ何?』で理解しきれていないことが、結構ございます。『後は見た人の感性にまかせます』的な“投げっ放し映画”でもあります。だからと言って、もう一度見たら納得出来るのか?と問われても、正直“?”でございます。一番引っ掛かっているのは、タイトルの「三度目の殺人」これは、この映画の何を表しているのか?このストーリーの行き着く先は何処なのか?あ~、とてもモヤモヤしています。

 でも、だからと言って駄作とか言う訳ではありません。ただ見る人を選ぶような気がします。単に福山さんや、すずちゃんのファンだからってだけの軽い気持ちで見に行くと、結構大変なことになるかもです。かなり重くて濃密です、そして見終わった後、凄くモヤモヤしますから!

 「三度目の殺人」は、9月9日(土)~全国ロードショー。キャスト陣が織り成す重厚な演技合戦と、衝撃のラストをあなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 斉藤由貴さんの役柄は、あまりにもタイムリー過ぎて、別の意味で背中が凍りました…(^^;。




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

[PR]
by mori2fm | 2017-09-06 21:49 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(5) | Comments(4)
[葉室麟] ブログ村キーワード
 直木賞受賞の時代小説の映画化。「蜩ノ記」(東宝)。『日本映画の王道極めたり』と言いたくなるような、まさに“良作”でございます。

 城内で刃傷騒ぎを起こした檀野庄三郎(岡田准一)は、家老の温情で切腹を免れたものの、7年前に藩主の側室との不義密通の罪で10年後の切腹と家譜の編纂を命じられ、幽閉されている戸田秋谷(役所広司)の監視を命じられる。秋谷の切腹の期日まで寝食を共にし、家譜の編纂を手伝いながら秋谷の誠実な人柄を目の当たりにするうちに、庄三郎は秋谷に敬愛の念を抱き、次第にその無実を確信するようになる。やがて庄三郎は、秋谷が切腹を命じられる原因となった側室襲撃事件の裏に隠された、もう1人の側室の出自に関する重大な疑惑に辿り着く…。


 原作は葉室 麟さんによるベストセラー小説で、2012年 第146回直木賞受賞作。そしてこの映画を撮られたのは、小泉尭史監督故 黒澤明監督の愛弟子で、かつてはその再来とも呼ばれた小泉監督も、もはや“名匠”と呼ばれる域に達して来られたと思わせる演出表現力で、日本の美しい原風景に宿る日本人の崇高で美しい心を、スクリーンに描き出しています。決して派手な映像などではなく、本当に淡々とした…しかし心に深~く染み入ってくる映像です。

 主人公・秋谷の、死を受け入れた崇高な生き様。その秋谷の無実を信じつつも、運命を受け入れその最期の日まで、献身的に夫を支える妻・織江(原田美枝子)とが織り成す“夫婦の愛”。秋谷と、娘・薫(堀北真希)、息子・郁太郎(吉田晴登)とが織り成す“家族の愛”。そしてはじめは秋谷に不信を抱きつつも、その人柄に触れるにつれ秋谷を慕い、やがては人生の師と仰ぐようになる庄三郎との“師弟の愛”と、この映画ホントに気高い愛で満ち溢れています。

 今の世の中、失敗しても大概の事は謝れば済みます。最近は謝ることすらしない輩もおります。この映画が描いている武士の時代、責任の取り方は“切腹=死”でございました。そんな時代だったからこそ、人はひた向きに真剣に日々を生きていたんじゃないでしょうか?その気高い生き様が、加古隆 さんによる音楽と共に、本当に美しく描かれています。何となくもの悲しい昨今ですが、見終わった後に本当に心にじんわりと染み入ってくる日本映画の“良作”です。

 「蜩ノ記」は、ただいま公開中です。現代日本人が、ともすれば忘れがちな“日本人の生き様”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

映画『蜩ノ記(ひぐらしのき)』 - シネマトゥデイ

蜩ノ記〈ひぐらしのき〉@ぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2014-10-05 19:59 | 映画評 日本映画 は行 | Trackback(14) | Comments(1)
[十三人の刺客] ブログ村キーワード
 三池崇史 監督が、真面目に遊ばず(?)に撮った時代劇エンタテインメント大作。1963年に製作された、工藤栄一 監督作のリメイク。「十三人の刺客」(東宝)。迫力満点!ちょこちょこユーモアもありますが、エグいシーンもテンコ盛り。三池さんの趣味、テイストもテンコ盛り!


 江戸時代末期。明石藩家老・間宮図書(内野聖陽)が、老中・土井大炊頭(平 幹二朗)の屋敷の門前で切腹自害。間宮は、藩主・松平斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりに抗議しての切腹だった。将軍・家慶の異母弟である斉韶は、生来の残虐な気性で罪も無い民に、不条理な殺戮を繰り返していた。事を重く見た土井は、斉韶の暗殺を決断。その命を御目付役・島田新左衛門(役所広司)に下し、その役職を解く。新左衛門は、刺客集めに奔走。御徒目付組頭・倉永左平太(松方弘樹)、剣豪浪人・平山九十郎(伊原剛志)、浪人・佐原平蔵(古田新太)、御小人目付組頭・三橋軍次郎(沢村一樹)、そして新左衛門の甥・島田新六郎(山田孝之)など11人の侍が、新左衛門の許に集結した。新左衛門達は、極秘裏に暗殺計画を立案するが、その動きを明石藩家老・鬼頭半兵衛(市村正親)が察知。かつて同門で、剣の腕を研鑽した新左衛門と半兵衛。道を違えた2人による謀略戦が始まる。果たして新左衛門達は、如何なる方法で斉韶暗殺を実行するのか…。


 誤解を恐れずに敢えて申し上げますと、この映画は松方さんとゴローちゃんのための映画です!いやあ、もお素晴らしい!クライマックスの戦闘シーン(『ラスト50分が凄い!』と、あちこちで評判です)“13人対300人”ってのが、まあとにかく『よおやったな~!』ってくらい確かに凄いのですが、その中でも松方さんがトンでもなく凄い!凄まじい斬り合いですので、ガンバってはいるのですが、若手の俳優さん達が演じる殺陣・チャンバラは、どうしても無我夢中に刀を振り回しているだけのように、見えてしまうんですね。いや、ガンバって凄い迫力にはなってますし、恐らく本当に人間同士が斬り合うと、あんな風になるんやろうな…って感じは、むしろこちらの方が出てるような気がするんですけれども。でもその中で、松方さんの殺陣の何とも美しく華麗なこと!桁違いの人数との死闘を繰り広げるわけですが、その最中に見せる流れるような刀さばき。刀で“ドツく”とか“殴る”のではなく正に“斬る”…そお、斬ってるんですよ。この映画の中で最も美しく“斬る”という演技を見せてくれているのは、間違いなく松方さんです。吾輩スクリーンを見ながら思わず『うわ~!落合宿(決戦の場)に、金さんがおる~!』と、感激のあまり呟いてしまいました。
 そしてゴローちゃんです。彼はあのSMAPのメンバーですよ!それが、何と悪役…それも権力を笠に、人を人とも思わず、極悪非道で残虐な行為を重ねる生まれついての筋金入りの“悪い奴”です。訳もなく人を斬るわ、斬られた首蹴飛ばすわ、≪ネタバレ!≫最期は泥に塗れて情けなくも息絶えていく…、いやあ、よ~やった!一つ間違えれば、大イメージダウンにつながるような役柄を、現役TOPアイドルの彼が見事に演じてくれるんですよ。凄い!こんな役、キムタクや中居クンなら絶対やらんでしょ??
 それ以外の役者さんも、皆凄くガンバってるんですよ。伊勢谷友介のハジケっけぷりは見事(いや、でもアレは普通に死ぬでしょ!)ですし、役所さんと市川さんも貫禄タップリにしのぎを削ってますし、古田新太はカッコイイ(?!)し、「ケータイ捜査官7」から抜擢の“最年少”窪田正孝クンも、イイ演技してます。でも、前述の2人が凄すぎて、少々割を食ってしまってるような気がします(^^;。
 
 吾輩、オリジナルは未見ですが、結構三池さんの趣味がガンガン出ておりますね。まあダメだとは思いませんでしたが、チョット悪趣味が過ぎやせんか?とも思いました。特に最もグロいと思われる“芋虫女”の場面は、その映像が強烈過ぎて、吾輩しばらく気持ち悪さをひきずってしまいました。でも、隣のカップルは平然とポップコーンを食い続けてましたが…(^^;。しかし、「ヤッターマン」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」→で、本作…って、相変わらず三池さんの守備範囲は広いですね~。何?次は実写版「忍たま乱太郎」ってか??間違っても、清史郎クン切り刻んだりしたらアカンで~(いや、それはそれで面白いかも…(^^;?)!

 「十三人の刺客」は、ただいま全国ロードショー公開中です。血爆ぜ、肉が飛ぶ“爆裂時代劇エンターテインメント”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 松方さん、ただいま何と68歳!それであの動き。改めて、凄い!!

「十三人の刺客」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『十三人の刺客』 - シネマトゥデイ

十三人の刺客@ぴあ映画生活

十三人の刺客 - goo 映画
十三人の刺客 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2010-10-13 12:58 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(85) | Comments(14)
 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」中島哲也 監督、最新作。「パコと魔法の絵本」(東宝)。最初に言っておきますが、ムッチャクチャ面白かったですわ!


 一代で大会社を築いた、クソジジイ・大貫(役所広司)は、会議中に倒れ入院。しかし病院でも、オカマの木之元(國村 隼)や消防士の滝田(劇団ひとり)、ヤクザの龍門寺(山内圭哉)等、他の入院患者に対して、尊大な態度で接し、更なるクソジジイぶりを発揮。自殺未遂を繰り返し、その度に運ばれてくる元子役スターの俳優・室町(妻夫木聡)にも、手加減なしの大貫は、室町を汚い言葉で罵り倒し、少年趣味の医師・浅野(上川隆也)や凶暴な看護士・タマ子(土屋アンナ)の手を焼かせていた。そんな或る日、大貫は病院内でパコ(アヤカ・ウィルソン)という少女と出会う。パコは母からプレゼントされた「ガマ王子対ザリガニ魔人」の絵本を、常に身から離さずに読んでいた。翌日、大貫は紛失したライターをパコが盗んだと誤解して、パコを殴ってしまう。やがて大貫は、パコの記憶が事故に遭ったショックで、一日しか持たないことを聞かされる…。

 
 映画館に入った瞬間、座席を埋める子供の多さに、一瞬ひるんでしまいました。『え?コレってお子様向け映画?CMとかだけ見てたら、そんなイメージ抱いちゃうのかな~(ウチの娘も『これ、見たい!』とか言ってたし)。大丈夫か~?この映画!』と、少々不安を抱えつつの観賞となったのですが、いざ上映が始まると、そんな不安はどこかへフッ飛んでしまいました。映画前半、『これでもか!』と言わんばかりに繰り出される、とってもダークな“摩訶不思議、阿鼻叫喚・暴走中島ワールド(^^;”に、『こんな映像、子供は恐がるんちゃうの?』と思いつつも、ぐいぐい引き込まれ(あ、意外とお子様たちは大人しかったです)、後半からは子供も大人も楽しめる、“超原色フルCGキャラクターショー”に狂喜乱舞!そう、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、1時間45分でした。でも、ただただ楽しいばかりなく、ストーリーもキチンと練られていて、大人の吾輩が観ていても何度か“ホロリ”と…いや下手すると“号泣”しかねないほど、愛と優しさに満ち溢れた素晴らしい、“大人向けのおとぎ話”でした。

 役所広司、妻夫木 聡、土屋アンナ、阿部サダヲ加瀬 亮小池栄子、劇団ひとり、山内圭哉、國村 隼、上川隆也…主要キャスト陣の奇抜なメークと、彼等がCGキャラとして描かれた後半の“絵本芝居”のシーンは、もお絶対必見です!役所さんは貫禄でしたが、吾輩的には「魅せられて」を絶唱する國村さんと、ヒース・レジャーが演じた“ジョーカー”を彷彿させる(チョット、褒めすぎ??)、妻夫木クンの“ザリガニ魔人”の怪演が、大ヒットでございました。あと、アヤカちゃんは、凄いですね~。上手いし、カワイイし(←変な意味じゃなく!)…ホントに“天才子役”誕生ですね!

 しかし今年は“ポニョ”だの“パコ”だのと、カタカナ名前が流行ってますね。この方が子供にはウケがイイのかな?何となく、大人が聞いてても楽しい響きですしね。でも、ホントにこの映画を観るために、あんなにたくさんの子供たちが来ているとは、想像いたしませんでした。いやあ、CMの力は凄い!

 「パコと魔法の絵本」は、ただいま全国大絶賛公開中です。『子供が大人に、読んであげたい物語』←いいキャッチですね。意外にも(!)親子で楽しめます。是非映画館でご覧になってください。あ、決して“実写版・ケロロ軍曹”ではございません(^^;!


~追記~
 役所広司、妻夫木 聡、國村 隼、上川隆也…この顔合わせは…、「ローレライ」やがな!まあ、内容は全然違いますが…。

~追記その②~
 エンドクレジットに、貫地谷しほりの名前が…。へ?どこに出てた??吾輩ま~ったく、わかりませんでしたわ!どなたか教えて!!

「パコと魔法の絵本」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『パコと魔法の絵本』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

パコと魔法の絵本@映画生活
パコと魔法の絵本 - goo 映画
パコと魔法の絵本 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-09-18 19:11 | 映画評 日本映画 は行 | Trackback(71) | Comments(13)
 才人、秋元康原作小説の映画化、「象の背中」(松竹)。“不治の病モノ”です。泣かそう泣かそうとしてますが、意外や意外、吾輩クライマックス近くで笑っちゃったんですよ(^^;。


 不動産会社に勤める幸弘(役所広司)は、検査で末期の肺がんと診断され、余命半年の宣告を受ける。延命治療を拒否し、死が訪れる日まで人間らしく生きる決心をした幸弘は、妻・美和子(今井美樹)と、娘のはるか(南沢奈央)には病気のことを伏せる。それは『悲しむのは一瞬の方がいい』という妻子を思っての行動だった。しかし長男の俊介(塩谷瞬)にだけは事実を明かし、『男だから、半年間一緒に背負ってくれ』と頼む。その一方、愛人の悦子(井川遥)には事実を打ち明け、守り続けられない非礼を詫びる。幸弘は、残された日々を今まで出会った大切な人達と直接会って、自分なりの別れを告げようと決意する。それは思いを伝えられなかった初恋の相手(手塚理美)であり、些細なことで喧嘩別れした高校時代の親友(高橋克実)であり、更には、実家を飛び出したきり絶縁状態だった兄(岸部一徳)であった…。


 吾輩この映画を観て、末期がんの患者でありながら、主人公のことを心底羨ましく思いました。献身的な妻、素直な(イマドキ珍しい!)子供たちに恵まれた幸せそのものの家庭を築き、経済的にも安定し、生活には不自由がなく、トドメに美人で若い愛人までいる!健康な時でも、この状況は素晴らしいと思えるのに、それらすべてが、がんになった主人公を全力で支え、見守ってくれるのです。いやあ、素晴らしい!ホントに羨ましい(^^;!!普通、愛人の存在を確信したら、妻なんぞはブチ切れるか、看病なんぞほったらかしてバックレまっせ!何て出来た奥さんだ…て、言うか少々現実離れし過ぎているような気がしないでもないのですが…。がんになったことは不運だとは思いますが、これだけ皆に愛され、惜しまれ死んでいけるのなら、がんになってもイイかなあ~なんて思ってしまいました。まあ現実的に吾輩は、こんな状況を作り出す“人間力”を持ち合わせておりませんので、実際がんになったら不幸なだけでしょうけどね!

 で、前述した笑っちゃうシーンなんですが…映画の後半、幸弘の病室で妻と愛人が“第3種接近遭遇(^^;”しちゃうのですが、この時の幸弘の表情のおかしなこと!平静を装いながらも、心中オロオロしているのが丸わかりで(役所さん、上手いな~!)、ホント男ってのは情けない生き物だな~と痛感させられました。女の方が肝も度胸もよっぽど据わってますよ。強い!

 この映画は“がん”に向き合う時、『治療だけがすべてではない』ということを教えてくれます。残された時間を、如何に人間らしく悔いなく過ごすかは、自らの決断に掛かっているんだということを。

 「象の背中」は、ただいま全国好評上映中です。人としての幸せな最期を、あなたも是非映画館でご覧になってください。

「象の背中」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

象の背中 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

象の背中@映画生活

象の背中 - goo 映画
象の背中 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2007-11-08 21:03 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(2) | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm