タグ:矢口史靖 ( 4 ) タグの人気記事

[矢口史靖] ブログ村キーワード
a0014708_19344696.jpg 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」矢口史靖 監督待望の新作。「サバイバルファミリー」(東宝)。突然電気消滅!その時、あなたならどうする?


 亭主関白だが口先だけで何も出来ないサラリーマンのダメ親父・義之(小日向文世)、専業主婦で天然な母・光恵(深津絵里)、無口でヘッドホンが欠かせない大学生の長男・賢司(泉澤祐希)、オシャレ命で、スマホが手放せない高校生の長女・結衣(葵わかな)。どこにでもいそうな平凡な家族、東京在住の鈴木家。そんな鈴木家(と言うか東京)を、ある朝襲う緊急事態。テレビ、冷蔵庫、スマホ等ありとあらゆる電化製品が突然使用不能に。そればかりか電車、自動車、ガス、水道等のライフラインも完全にストップ。最初はただの停電かと思われていたのだが、2日3日…1週間経っても電気は復旧せず、情報もまったく入ってこない。食料、水も底をつく中、鈴木家のダメ親父は、家族に一大決心を伝える『東京から脱出するぞ!』…。



 この4人家族、最初は全員がてんでバラバラで子供たちは親の言うことなんぞ、ドコ吹く風なわけです。本当にどこにでもいそうな家族ですよね。それが危機的な状況を一致協力してくぐり抜けていく中で、徐々に結束して力強い本当の意味での“家族”へと変貌していきます。皆たくましくなっていきます。なかなかベタな展開ではあるんですが、この過程は見ていて結構痛快です。
 電源(AC)が必要な家電製品が使用不能になるのはまだしも、電池で動く目覚まし時計やラジオ、懐中電灯までが使えなくなうというのは、実社会に於いてもなかなか想定外だと思われます。しかも情報は一切無く、移動手段として使えるものは自転車くらい。本当に『あなたならどうする?』の世界です。映画の中で鈴木家は、無謀にも“自転車による東京→鹿児島 サバイバルツアー”を決行しようとするのですが、普段不自由のない便利な生活をしている面々が、突然そんなことして上手くいく筈もありません。危機、苦難、危機、苦難の連続です。その最中、映画の中には色々な“サバイバル術”が登場します。『飲み水が無くなったら〇〇〇を飲め!』とか『食べ物が無くなったら道端に生えている〇〇が食べられる!』『冷蔵庫が使えないなら、〇〇にして保存しろ!』といった感じの、イザ!って時には知っておいた方がイイ知識が満載です。我々のこれからの人生でも、いつか役に立つかも知れませんね(文中の伏せ字の部分は、映画を見てご確認ください)。
 矢口監督の作品としては、これまでの映画よりもハードな仕上がりになっています。まあ、扱っているテーマがテーマですからね。実際キャスト陣は、映画のストーリーさながらにドキュメンタリーのような、過酷なサバイバル撮影を体感させられたようです。とは言え、やはり“矢口ワールド”とも言えるユーモアテイストは、随所に散見しておりますので肩肘張らずに気軽にご覧になることをお薦めします。ツッコミ所も満載ですが、そこは敢えてスルーして、果たして鈴木家は鹿児島へ辿り付けるのか?というところを純粋に追ってください。
 小日向さん、深津さんはじめ鈴木家の面々が段々とワイルドに壊れていくのには、笑えると同時に少々の戦慄を感じました。前述したようにロケはかなり過酷だったようで、その辺は映像に充分反映されています。また旅の途中で知り合う時任三郎藤原紀香大野拓朗志尊 淳が演じるとある一家が、別に何も悪くはないんですが、とにかく何か“イラッ”とさせてくれます。ここは間違いなく、笑い所です(^^;。

 ところで今回、矢口監督作品のお約束“主人公は鈴木さん”が、2作振りに復活しています(前作の「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」は、原作アリのお話でしたから)。この辺りも、見逃せない“矢口ワールド”ですよ。

 「サバイバルファミリー」は、明日11日(土)~ 全国ロードショーです。『或る日突然電気が消滅したら…』スクリーンで展開される“生き残るための術”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『サバイバルファミリー』 - シネマトゥデイ

・サバイバルファミリー|映画情報のぴあ映画生活

 
ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2017-02-10 21:32 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(16) | Comments(0)
[WOOD JOB!(ウッジョブ)�・神去なあなあ日常�・] ブログ村キーワード
a0014708_19472830.jpg
 矢口史靖 監督待望の最新作。「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」(東宝)。今回描かれているテーマは、ズバリ“林業”。まあ、こんな風に書いちゃうと随分硬そうな映画かな?と思われるかもしれませんが、ご安心を!今回も矢口ワールド全開!でございますから。


 大学入試に失敗した勇気(染谷将太)は、街で偶然目にしたパンフレットの表紙の美女に惹かれ、1年間の林業研修プログラムを受けることに。ローカル線で辿り着いた、山奥の研修施設で1ヶ月の研修を受けた勇気は、更に山奥の神去村にある中村林業に派遣される。中村林業の社員・ヨキ(伊藤英明)とみき(優香)夫婦の家に居候することになった勇気は、日々命懸けとも言えるほどの過酷な林業の現場と、携帯の電波すら拾えない神去村の現実に逃亡を試みるも失敗。そんな或る日、パンフレットの表紙の美女・直紀(長澤まさみ)と出会った勇気。しかし何故か直紀は勇気に対して厳しく接してくる…。

 本作は、これまでオリジナル脚本で映画を撮り続けてきた矢口監督にとって、初の“原作もの”の映画化なんだそうです。因みに原作は三浦しをん さん「神去なあなあ日常」。とにかく原作を読んで矢口監督は即『(監督を)やりたい!』と思い、プロデューサーに連絡されたそうです。それだけ原作に惚れ込んでおられたんですね。そんな監督の“原作愛”が見ていてスクリーン越しにバンバン伝わってきます。かなり緻密にロケハンされたんだろうな~ってのは、リアルな森林なんぞを見ておりますと非常によ~くわかりますし、こだわってるな~って感じられます。特にクライマックスの“大山衹(おおやまづみ)祭り”のシーンは、監督の力の入りようがハンパではなかったようですね。CGではなく、結構実写で撮り上げられたらしいのですが、迫力満点の映像に仕上がっています(でも、あれは相当にアブナイわ(^^;)。
 まあ、原作ものと言っても前述しましたとおり“矢口ワールド”は全開でございまして、吾輩最初からず~っと笑いっぱなし(^^;。クスクスからゲラゲラまで、ホンマによ~く笑わせていただきました。でも、ラスト近くでは結構しんみりともさせられますし、何よりも目的も無くただぼんやりと生きていた若者の成長した姿っていうのを、スクリーンにしっかりと映し出していて、ただの面白い映画で終わっていないところが、本当に好感が持てる内容に仕上がっています。
 
 主演の染谷くんはこれまでの作品とは違い、随分と明るめの役を飄々と演じています。何かこれまでは結構暗めの役が多かったような気がしますが、こういう感じの彼もイイですね(あ、こんなのもあったか(^^;)。でもホンマによお出てますね、しかも映画ばっかり。吾輩のような映画好きなら、染谷くんのことよ~知ってますが、映画見ない人やテレビドラマばっかり見てるような人は、案外彼のこと知らないんじゃないでしょうか?そういう意味でも、彼は“映画俳優”なんだと思います。あ、出来ればこの路線でず~っと行ってもらいたいですね。安易にテレビドラマなんかに走らずに(適度にはイイと思いますが…)。そして先輩社員のヨキを演じた伊藤英明さん!今回は“海猿”ならぬ“山猿”です(そのままやがな…(^^;)。いやあワイルドで凶暴で野獣!まさにハマり役ですわ。そんな彼がラスト近くで見せる人情家丸出しのシーンが、またイイんです!見ててほのぼのとさせられます。そしてヒロインの長澤まさみちゃん。今回は大型バイクを乗りこなす、結構ワイルドな役でございます。お色気は封印しておりますが、台詞に(予告でやってますが)何てことのない“ちょいエロ”が混じってるのがご愛嬌だったかな~と。あとのキャストでは、中村林業の社員役で出てるマキタスポーツ さんに注目です。この人も最近よ~出てきます。で、恐ろしいことにこれがまたどれもハマッてるときたモンだ。

 日本は狭いと言いますが、この神去村のように“秘境”と言っても過言でない場所がまだまだ存在するのです。過疎化や後継者不足といった難問を抱えている自治体なんかは、この映画のような研修制度を実際に行っているところもあるそうです。都会での暮らしに疲れたら、こんな暮らしに浸ってみるのも悪くないかもしれません。モチロンめちゃくちゃ大変だとは思いますが、何か人間本来の生き方が追求できるような…、この映画を見てそんな印象を受けました。

 「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」は、いよいよ明日5月10日(土)~全国ローショーです。爆笑と感動の林業体験をあなたも是非!映画館で。見終わった後、森林浴をしたかのごとく癒されること間違いなしです!

~追記~
 矢口監督作品の“お約束”=“主役は鈴木さん”ですが、今回は違います。まあ“原作もの”ですからね~。それからもお一つの“恒例行事”=“必ず出てくる伊丹弥生さん”を今回チェックし忘れちゃいました。どなたかお気づきになりましたか??
~追記②~
 普通あ~いう山は“女人禁制”とかって言うことが多いと思うんですが、あんな祭のド最中に、ふんどし男の行列を掻き分けてバイクで突っ込んで行ったまさみちゃんは…、アリなんですかね(^^;?
 

WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2014-05-09 22:30 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(48) | Comments(4)
[ロボジー] ブログ村キーワード
a0014708_16012906.jpg 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした-。』爆笑必至のエンタテインメント作品です。ところで主演の“五十嵐信次郎”って、誰??


 弱小家電メーカー・木村電器の木村社長(小野武彦)は、『CMより安く宣伝が出来る』と、二足歩行のロボットを開発してロボット博に出展するよう、社員の小林(濱田岳)、太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人に命じる。まったく畑違いの部署から集められた窓際社員3人の作ったロボット“ニュー潮風”は、それでもロボット博の1週間前には奇跡的に歩くことに成功するも、そのまま2階の窓から転落し、木端微塵に。追い込まれた3人は、『ロボットの中に人を入れて誤魔化す』という策を講じ、着ぐるみショーのオーディションと称して、ロボットの外装の寸法にぴったりの人物を集める。そこで白羽の矢が立ったのは、73歳の独居老人・鈴木重光(五十嵐信次郎)だった。いよいよロボット博の当日、詳細を告げぬまま鈴木に“ニュー潮風”を着用させる3人。その場限りの窮余の策の筈だったこの計画は、会場で鈴木がとった想定外の行動により、ロボット好きの女子大生・葉子(吉高由里子)を巻き込み、思わぬ方向へと展開していくことに…。 


 いやあ、面白かった(^^;!家電メーカーが作ったロボットの名前が“ニュー潮風”…『洗濯機かっ!(^^;』とにかく外装がピカピカじゃなくて、中古みたいに何となく、くたびれてる(あちこち禿げてて錆びてる)し、どう見ても最新鋭には見えないのに、動きは最新鋭!そりゃそうだ、中に爺さんが入ってるんだから!まあ、何とアナロギーな!普通、バレるでしょ!!でも、この超アナログが、ロボットと言う“ガワ”を被せると最新鋭になってしまうってのは、ホント観ていて滑稽で爆笑モノでした。爺さん(お年寄り)の動き(軽く膝曲げて心持ち前屈みで、歩幅は狭めに歩く)って、最新鋭のロボットの動きなんですね(^^;。もお“ニュー潮風”最高ですわ!

 ただ笑わせるだけでなく、世間と上手く付き合えない口汚くて偏屈な独居老人・鈴木さんの心が、“ニュー潮風”を被ることで、少しづつ変化して打ち解けていく様なんかは、何ともほのぼのしていて良かったです。特に疎遠になってしまった孫との交流のシーンなんか、笑いの中にも鈴木さんの切実な思いが伝わってきて、和みましたね~。でも、あんなことしたら絶対バレるからね(孫達も少しは疑いなさい(^^;)!
 
 で、主演の“五十嵐信次郎”ってのは誰か?っていうと、ご存知!ミュージシャンの“ミッキー・カーチス”その人でございます。今回、この映画のオーディションに受かったことがキッカケで、『この歳で主演ですから、ちょっと気分を入れ替えて新人のつもりでやろうと思った』(←プレスより引用)と、子供のころから憧れていた漢字の名前で、高校時代に自分で考えた“強そうな名前=五十嵐信次郎”で、撮影に臨まれたんだそうです。そう“73歳の新人主演俳優”の誕生でございます。今回の“ロボットの中の人”の役は、本当にぴったりでございます。あと、木村電器の窓際3人組も、全員が必死なんですが、何故かどこか1本抜けているという感じを受けるのが、3人とも見事にハマッていまして、これも楽しかったです。そして『ロボットLOVE!』の女子大生を演じた吉高ちゃん。この人ホント、少し普通じゃない女の子演らせたら天下一品ですね。今回も非常に普通ではありませんので(^^;。とにかく皆、曲者ぞろいでございまして田畑智子さん演じる“ニュー潮風の正体を暴こうとするTV局の新人ディレクター”が、一番マトモに思えてしまいました(このキャラの紹介文としてプレスには、『ガサツという言葉では片付かないほど神経が1本足りない女』などと酷いことが書かれてましたが…)。また西田尚美菅原大吉徳井優竹中直人他、矢口ワールドではお馴染みの面々も、ホンのチョイ役ですが画面に出てきて、花を添えてます。この辺もお見逃し無く!

 「ロボジー」は、1月14日(土)~全国ロードショーです。“ハートフル・ヒューマン・なんちゃって!ロボット・コメディ”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 こんな映画観ちゃうと、“ASIMO”とかひょっとして本当に中に誰か入ってんのとちゃう?とか思っちゃいますわ…(爆)。
~追記②~
 矢口映画のお約束。今回も主人公の役名は“鈴木さん”。そして、どの映画にも必ず登場する役名“伊丹弥生”今回も出てきますよ!
~追記③~
 吉高ちゃんがデジカメを構えてるシーンは、CMにしか見えませんでしたわ。そお『IXY持っていくしー!』(^^;
~追記④~
 エンディング、歌うは“五十嵐信次郎とシルバー人材センター”(^^;。曲は懐かしい!あのStyx「MR. ROBOTO」!!


映画『ロボジー』 - シネマトゥデイ

ロボジー@ぴあ映画生活

ロボジー - goo 映画
ロボジー - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

[PR]
by mori2fm | 2012-01-08 16:42 | 映画評 日本映画 ら行 | Trackback(77) | Comments(8)
[ハッピーフライト] ブログ村キーワード 
 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」矢口史靖 監督最新作。「ハッピーフライト」(東宝)。航空機業界の裏側を、“矢口監督流”に描いているのですが、コレちょっと軽すぎやしませんか~?


 CAの悦子(綾瀬はるか)は、初めての国際線デビューの日に、ブリーフィングに遅刻。チーフパーサーの麗子(寺島しのぶ)から早速叱られる。その悦子が搭乗するホノルル行きのフライトは、副操縦士・鈴木(田辺誠一)の機長昇格への最終試験でもあった。フライト直前、最終試験の機長が急遽原田教官(時任三郎)に変更になる。冗談の通じない、威圧感タップリの原田に緊張する鈴木。幾つかの小さなハプニングを乗り越え、飛行機は無事定刻に離陸。ホノルルへ向け、順調に飛行を続けていたが、離陸から2時間25分が経過した頃、機体に異状が発生する…。


 『多分、いや間違いなく面白いはず!』という、過度な期待を抱えて観に行った吾輩がいけなかったのかも知れませんが、正直思ったほど楽しめませんでした。前作「スウィングガールズ」の時は、観ていて『こんなん有り得ん!やり過ぎ!でも面白い!!』って感じだったのが、今回は『こんなん有り得ん!やり過ぎ!(←ココまでは一緒)…って言うか、コレはあかんのちゃう?こんなんで飛行機飛ばしてて、大丈夫なのか~?』っていう、ツッコミに変わってしまいました。これが単なる“パロディ・ムービー”なら構わないのですが、『矢口監督が2年も航空機業界にリサーチした…』とかって事前情報を聞いていたので、『オイオイ、マジやがな。シャレになっとらんて…』って思える箇所が幾つもございました。で、ホントのところはどうなんでしょ?吾輩、生まれてこの方、飛行機には2回しか乗ったことがございません(関空⇔ハワイの往復)ので、いまいちピンとこないのですが、実際緊急事態(エマージェンシー)に陥った時の空港の対応って、あんなモンなんでしょうか?あんなモンでイインでしょうか??もし、そうだとしたらチョット…いや、かなり恐いな~と思います。パソコンが使えなくなって(←コレだけでも、チョット考えると恐いって!)待合ロビーから、空港の模型を持ち出すシーンを観た時は、『そんなモン、最初から用意しとけよ!』って、マジでツッこんでしまいました。まあ、あの辺は脚色されてるとは思いますが、何せこの映画ANAが特別協力に付いてるモンですから、妙にそういう部分にはリアリティを感じてしまいます。
 綾瀬はるか演じるCAの、ドジ加減はハンパではございません。あんなのでもCAになれるんやな~って、変に感心しちゃいました(なれるのか?!)。昔、話題になった「スチュワーデス物語」の“ドジでノロマな松本千秋”に匹敵しますな(あそこまで、泥臭くはないですが)。この映画で、一番イイ演技を見せてくれるのは、“鬼のチーパー”を演じた寺島しのぶでしょう。彼女が出てくると、スクリーン全体が締まって見えましたから。

 で、1本の映画として見た場合、あまりにも色んなエピソードが詰め込まれ過ぎているような気がします。『飛行機が飛ぶために、どれだけ大勢の人が携わっているのか』を紹介したかったようですが、アレもコレもとチョット欲張られたのでしょう。あの浜村さんでさえ、『話が色々ありすぎて、最後まで話せないんです』とラジオでおっしゃってました(ソレでいいんですよ!(^^;)。大体フライト2時間半程度の間に、あれだけのことが起こってるんですから、あの飛行機そのままホノルルまで飛んでたら、あとどれくらいのハプニングが起こっていたことやら…。どっちみち、無事に到着は出来なかったと思いますわ(^^;。

 何か、辛口コメントが並んでしまいましたが、期待が大きかったモンですので、その反動と思って下さい。矢口監督の作風は、大好きですので、また次回作に期待したいと思います。

 「ハッピーフライト」は、ただいま全国ロードショー公開中です。このフライトは、本当に“ハッピー”なのか?あなたも是非、映画館でご確認下さい。

~追記~
 改めてキャストを見直すと、結構“特撮人脈”なキャスティングですね…「ジャスティライザー」正名僕蔵神崎詩織「ウルトラマンマックス」長谷部 瞳「牙狼」肘井美佳。とどめに「アバレンジャー」いとうあいこ!う~ん、観ているときはあんまりわからなかったんですが…(^^;

~更に追記!~
 何と、吾輩の大好きな伊藤久美子ちゃん(from「グランセイザー」)も出てたんですね!アカン、CA役の女の子みんな髪の毛上げてるから、誰かワカラヘン(>_<)!

「ハッピーフライト」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ハッピーフライト』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ハッピーフライト@映画生活

ハッピーフライト - goo 映画
ハッピーフライト - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-11-19 22:31 | 映画評 日本映画 は行 | Trackback(105) | Comments(7)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm