タグ:福山雅治 ( 3 ) タグの人気記事

[三度目の殺人] ブログ村キーワード
a0014708_15204589.jpg
 近年、ホームドラマを撮り続けてきた是枝裕和 監督 の最新作は、一転して“法廷サスペンス”それもかなり重厚なお話に仕上がっています。「三度目の殺人」(GAGA)名キャスト、名スタッフが織り成すとても濃密な1本です。

 殺人の前科がある三隅(役所広司)が、自分を解雇した食品工場の社長を殺害。犯行を自供した三隅は、死刑が確実と思われたが、接見のたびに供述を変える三隅に担当弁護士・摂津(吉田鋼太郎)は音を上げ、同期の重盛(福山雅治)に泣きつく。勝利至上主義の重盛は、無期懲役への減刑を狙い調査を開始するが、相変わらず供述を変える三隅に違和感を覚える。解雇された怨恨殺人、金目当ての私的な殺人、果ては被害者の妻・美津江(斉藤由貴)から依頼された保険金殺人の目まで浮上して、調査は難航。被害者の娘・咲江(広瀬すず)が三隅と頻繁に会っていた事実が明らかになるに至って、重盛は初めて『真実を知りたい』という欲望に駆られるのだが…。

 昨今の是枝監督作品を見慣れていた感のある吾輩は、オープニングからの重苦しい映像に先ず驚かされました。そしてそこから展開するストーリーを演じるキャスト陣の演技合戦に、グイグイと惹きこまれていきました。特に三隅役の役所広司さんの狂気をはらんだとも言える演技には圧倒されます。供述が変わる度に、表情、感情までもが変わり、幾重の謎のベールに包まれている容疑者・三隅。まさに圧巻です。その役所さんと、今回渡り合う福山さん、こちらも負けじと堂々の演技。これまでの軽めのイメージではなく、全身全霊で役所さんの演技を受けて、それをスクリーンに昇華させています。この2人の留置所での接見シーンは、本当に息呑み、手に汗でございます。
 今回、監督が『50年代ころのアメリカの犯罪映画をイメージした…』と語っておられた画作りは、非常にかっこいい映像に仕上がっています。そう、まるで“フィルムノワール”のよう。これまでの是枝作品とは、一味も二味も違う映画を見せられました。ただ、それだけにこれまでと違い、見終わって非常に困惑したのも事実です。この映画、結構作中に色んな伏線(であろうと思っていたもの)が張り巡らされているのですが、これを回収しきらないまま、結構唐突に終了してしまいます。このように書いている吾輩ですが、今でも正直『あれはどういう意味だったんだろう?』『あのシーンに何の意味があった?』『え?だからそれ何?』で理解しきれていないことが、結構ございます。『後は見た人の感性にまかせます』的な“投げっ放し映画”でもあります。だからと言って、もう一度見たら納得出来るのか?と問われても、正直“?”でございます。一番引っ掛かっているのは、タイトルの「三度目の殺人」これは、この映画の何を表しているのか?このストーリーの行き着く先は何処なのか?あ~、とてもモヤモヤしています。

 でも、だからと言って駄作とか言う訳ではありません。ただ見る人を選ぶような気がします。単に福山さんや、すずちゃんのファンだからってだけの軽い気持ちで見に行くと、結構大変なことになるかもです。かなり重くて濃密です、そして見終わった後、凄くモヤモヤしますから!

 「三度目の殺人」は、9月9日(土)~全国ロードショー。キャスト陣が織り成す重厚な演技合戦と、衝撃のラストをあなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 斉藤由貴さんの役柄は、あまりにもタイムリー過ぎて、別の意味で背中が凍りました…(^^;。




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

[PR]
by mori2fm | 2017-09-06 21:49 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(5) | Comments(4)

「SCOOP!」カッコイイよ!

[SCOOP!] ブログ村キーワード
a0014708_2075565.jpg
 「モテキ」「バクマン。」大根仁 監督最新作。「SCOOP!」(東宝》“主演・福山雅治”。御結婚以来、やれ『劣化した』だの『ドラマがコケた』だの『旬は過ぎた』だのと、随分世間からは色々言われておられるようですが、それでもやはり注目ですよね~。


 かつてスクープを次々と手中してきた、カメラマン・都城静(福山雅治)。しかしある出来事を切っ掛けに、報道写真を撮らなくなった静は、今や芸能スキャンダルを追いかける“中年パパラッチ”に成り下がり、自堕落な日々を過ごしていた。或る日、旧知の写真雑誌“SCOOP!”副編集長の定子(吉田羊)から、新人記者・行川野火(二階堂ふみ)の面倒をみるよう言われた静は、写真を高額で買い取る条件と引き換えにコレを了承。かくして“超ド新人でド素人”の野火と“唯我独尊我が道を行く”静のまったく正反対のコンビは、常にいがみ合いながらも、次々と芸能スクープを連発。そのおかげで“SCOOP!”は遂に売上記録を更新。そんな2人の前に、日本中を震撼させたある事件が立ち塞がる…。

 この映画、実はオリジナルが在るそうでして、1985年に原田眞人監督・脚本によって製作された「盗写 1/250秒 OUT OF FOCUS」という映画なんだそうです。大根監督が青年時代に見たこのオリジナルに惚れ込み、『いつか自分の手で撮ってみたい!』と募らせた思いを今回、実現されたんだそうです。で、吾輩はこのオリジナルは未見なんです(何と、DVD化されていないそうです(>_<)が、察するに結構シリアスな映画だったんじゃないでしょうか?今回の「SCOOP!」、前半かなりチャラくて、ハチャメチャで普通に面白い、いつもの(?)“大根印映画”って感じのテイストで見せていくのですが、ある瞬間を境にガラリと作風がシリアスに変わり、そしてラストはトンでもなく重たい方向へと向かって行ってしまうのです。いや正直見ていて少々ひいてしまいました。あまりにも両極端というか、1本の映画して通して見た時、これはどうなのさ?って感じました。決して面白くなかったとか、悪いとかとは思いません。ただどちらかのテイストに絞って撮った方が、よかったんじゃないかな?と。その辺非常に残念でございました。
 でも、見終わってから改めて考え直すと、静と因縁浅からぬ情報屋で、この映画の重要なキー・パーソンとなる“チャラ源”を演じたリリー・フランキーさんの目は、最初からイッちゃってましたね~。今回も非常にオイシくてアブナイ役どころを正に飄々と演じておられます。もお、見事です!

 で、福山さんですが、“初の汚れ役”とか“今までに演じたことのないキャラクター”とか前口上で色々言われてましたけれど…、充分カッコイイじゃないですか(^^;!そりゃ“ヒゲ面でワイルドでガサツで最低な奴”的なキャラクターとして描かれています(冒頭から“カーS〇X”しながら登場したりもします(^^;)が、それでも充分カッコイイんだわヤッパリ。そりゃあ、そうでないと下ネタばっかり言ってる、最低な中年オヤジのキャラだけでは、野火も静には惹かれないでしょうし、ましてやあんなことになってしまうこともないでしょう。そう、どんだけ最低でもカッコよけりゃあ~イイんですよ!少なくとも吾輩的には今回の福山さんは、新境地って言うよりか今までの延長線上で充分演じきっておられると思いました。あ、でもそれが世間的に『今まで見たことのない福山雅治』『カッコイイ!』って言う風に受け入れられていくのなら、それはそれでアリなんじゃないかなあ?と思いますね。
 二階堂ふみちゃん、頑張ってます。何演らせても、この人は上手いわ。結構エロいシーンもあって、そういうお楽しみもございます(^^;。でもね~、ブラとパンティーを着けたままのラブ・シーンってのは、吾輩どうにも許せません!別にヌードを見せろと言ってるわけではないんですよ(そりゃあ、拝めるにこしたことはないですが(^^;)。今の技術をもってすれば、そういう撮影(肩ひもを消す、写さないとか)は可能でしょう?あまりに不自然過ぎて、興醒めしちゃうんですよね。この映画だけでなく、最近の日本映画にこの手のシーン(明らかにコトの後なのに、がっつりインナー着てベッドから起き上がる…てな感じ)がよく出て来る気がしますので、おじさんチョット言っちゃいました(^^;。 

 2人の副編集長役、吉田羊さんと滝藤賢一さんも、それぞれキャラが立っててよかったです。作中、静たちが撮ってくる写真の掲載是非を巡って意見を闘わせるシーンがあるのですが、今の日本ではあそこまでの写真は載せられません。載せたらダメです!ですので、あくまでもフィクションの域としてその辺りはお楽しみください。くれぐれもマネなんかしたらダメですよ。

 「SCOOP!」は、本日より全国公開スタートしました。見たことのないフクヤマ?それが事実かどうか、あなたも是非!映画館でスクープを目撃して下さい。

~追記~
 この前のドラマの時は相手役の藤原さくらちゃんとの年齢差について、かなり物議を醸していたような気がするのですが、今回はさほど騒がれてませんね。こちらも負けず劣らずな年齢差(藤原さくら20歳、二階堂ふみ22歳、福山雅治47歳…、犯罪やん!(^^;)だと思うのですが…。

映画『SCOOP!』 - シネマトゥデイ

SCOOP!|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-10-01 22:32 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(22) | Comments(1)
[容疑者Xの献身] ブログ村キーワード 
 原作読んでません。TVドラマも、チョこっとかじったくらいです。東野圭吾原作「ガリレオ」シリーズの映画化。「容疑者Xの献身」(東宝)。事前に観た人から『泣けるで~』と聞かされ、吾輩『???』このシリーズって確か、福山雅治の軽妙洒落な“なりきり演技”がウリの、少し軽めのお話じゃございませんでしたか?


 管内で身元不明の顔をつぶされ、指紋を焼かれた男性の他殺体が発見され、所轄の刑事・内海薫(柴咲コウ)は、応援に来た本庁の草薙(北村一輝)達と共に捜査を開始。男性の死因は絞殺。程なく死体の身元は富樫(長塚圭史)という無職の男と判明し、別れた元妻の花岡靖子(松雪泰子)が捜査線上に浮かぶ。しかし靖子には、富樫の死亡推定時刻にアリバイがあり、捜査は難航。草薙と内海は、帝都大学理工学部物理学科の准教授・湯川学(福山雅治)に捜査協力を依頼。最初は興味を示さなかった湯川だったが、容疑者が美人であること、そして靖子の隣人の名を聞いて俄然関心を示す。靖子の隣人・石神(堤 真一)は、大学での湯川の同窓生で、湯川をして『僕の知る限り、本物の天才』と言わしめる男だった…。


 はい、TVとは全然テイストが違います。ハッキリ言って“別物”です。湯川先生ハジけてません!かなり抑えてます。そこが『実に、面白い!(^^;』確かに今回、タイトルのどこにも「ガリレオ THE MOVIE」とは謳われておりません。そう、あくまでもコレは東野圭吾原作の「ガリレオ」シリーズの映画化作品であって、月9ドラマの映画化作品ではないのです(ですよね?何せ吾輩、原作未読ですので…)。そこら辺が、これまでのフジテレビのドラマの映画化作品とは、一線を画す仕上がりとなっています。何よりこの映画、“福山雅治 主演”ていうより、堤 真一と松雪泰子が演じる、石神と靖子を中心に描かれてます。更に言うと、柴咲コウ演じる内海なんて、大した役目を果たしてない…って言うか、別にいてもいなくても一緒!くらいのキャラになりさがっております(今回一番オイシイ思いをしたのは、ひょっとして北村一輝かも…)。ですから、あのドラマのテイストが好きで、ソレを期待して観に行かれますと、相当な肩透かしを喰らうことになります。吾輩は映画の後半、まるで同じ東野圭吾 原作の「手紙」を観ているような錯覚に陥りかけました。

 それでは、作品としてのデキはよろしくないのか?答えは『NO!』推理サスペンス物としては、一級品の出来だと言えるでしょう。天才・石神が実践した完全犯罪に、その明晰な頭脳で果敢に挑む湯川…。この静かで緊張感溢れる対決は、観ている者を決して飽きさせません。ただ、そのかわりに大スクリーンで観るには、非常~に地味です!予告編で流れている“大爆発の実験シーン”が冒頭で流れますが、それ以降ハデな映像は、一切なし!吾輩観ながら『カネ掛かってへんな~(^^;』と思っちゃいました。そう、デキはともかくスケール的には『TVでも出来そう…(爆)』って、思っちゃいました。あ、決してヒドイ映画じゃないですよ。それは重ねて申し上げておきます!

 前述しましたが、今回の手法はこれまでの“TV→映画”という少々安直になりつつあった映画制作の流れに、一石を投じるような作りになっています。そういう意味では、コレが大ヒットして、一つの新しい流れが作られれば…、ソレは今後の映画業界にとって、大いに意義のあることだと思います。ドラマを観てなくても、原作未読でも充分理解出来ますので、変な予備知識を持たずにご覧になることを、お薦めします。但し、ドラマが好きだった人!何度も申しますが、“シリアス”ですよ。主題歌は同じ“KOH+”でも「KISSして」ではなく、「最愛」です。このテイストの違いに戸惑われぬように…。


 「容疑者Xの献身」は、ただいま全国好評上映中です。『そういえば、福山雅治って、映画初主演なんや!』と、今更ながらに気付いたあなた(実は、吾輩も…)!彼のカッコ良さを見るだけでもイイです(^^;。是非とも映画館で“知の攻防戦”をご覧下さい。

~追記~
 シロウトを、いきなり冬山に連れて行っちゃ~いけません。死んじゃうよ!

「容疑者Xの献身」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『容疑者Xの献身』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

容疑者Xの献身@映画生活

容疑者Xの献身 - goo 映画
容疑者Xの献身 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-10-15 23:04 | 映画評 日本映画 や行 | Trackback(82) | Comments(8)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm