タグ:織田裕二 ( 2 ) タグの人気記事

[ボクの妻と結婚してください。] ブログ村キーワード
a0014708_19552662.jpg 何と!織田裕二の映画主演作は、4年振りなんだそうです。「ボクの妻と結婚してください。」(東宝)TVドラマでも、ただ今絶賛(?)イメチェン中のご様子ですが、果たしてこの映画ではどんな感じなんでしょう??


 多くのレギュラー番組を抱え、多忙な毎日を送るバラエティ番組の売れっ子放送作家・三村修治(織田裕二)は、或る日身体の異変を感じて受けた検査の結果、末期のすい臓がんで余命半年と宣告される。突然のことに途方に暮れる修治。しかし根っからの“ポジティブ・シンキング”で、遺される妻・彩子(吉田羊)が、笑顔で前を向いて生きて行けるようにするにはどうすればいいか?と考えた修治は、トンでもない企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった…。


 このお話には、原作の小説が在り、更にはNHK BSTVドラマ化されたそうです(ドラマ版の主演はウッチャン!)が、吾輩どちらも未読&未見でございます。で、映画鑑賞前に、軽くストーリーを把握して『そんな変な話って有る?嫁さんの新しい結婚相手を探すなんて…』と脳内では少々否定に走っておりました。だってあまりにも突飛過ぎません?その発想。まあ実話ではないですから、物語としての発想は面白いかとは思いましたが、実はこの感覚は映画を見終わった後の現在でも、完全には払拭出来ないでおります。悪い話では無いのですが、根っこの部分にどうしても違和感が残ってしまいました。
 でもね、映画を見ている間は、心の中にじんわりと効いてくるストーリーに、結構“ホロリ”とさせられました。もし自分が同じ境遇に立たされたら、そんなこと出来るかなあ?いやあ出来んよなあ…、なんてこと考えながら見てますと、この映画はかなり来ます!いくら人を楽しませることが仕事(=好き)とはいえ、自らの余命も省みずにそんな事に走れるだろうか?そこまで前向きに考えられるだろうか?これ下手をすると、単なる独りよがりのいやな感じとも捉えられかねない(現に少々そんな感じもしました)のですが、そのギリギリの所を、この映画は何とも優しい演出で撮りあげられているのです。それは「阪急電車 片道15分の奇跡」「県庁おもてなし課」と言った“ホノボノ系ハ~トウォ~ミングムービー”を撮ってこられた三宅喜重監督に依るところが大きいと感じました。内容的には相当な“悲劇”になり得る話を、本当に上手に優しい映画に撮りあげておられます。久し振りに大上段から“泣かせてやろう”“さあ、泣いてみろ”と投げ掛けてくる映画でしたが、決してそれが嫌味になっていないのは、まさに演出・構成の妙だと思いました。

 で、“主演・織田裕二”でございますが…、良かったですよ(エラそ~に!)。ず~っと「踊る大捜査線」のイメージ引きずってる感が有って、最近でも保険のCMなんかでも、相変わらずのキャラ・イメージだなあ~と思ってましたので、こういう“等身大”(←この言葉が正しいかどうか?は少々微妙ですが…)の肩肘張らない人物ってのも、普通に見られてよかったと思います。“お笑いの放送作家”なんて、これまでの彼のキャラからは、正直想像できませんでしたからね。そして共演陣も妻役の吉田羊さん始め、原田泰造さん高島礼子さんと、皆いい感じに肩の力の抜けた演技で魅せてくれます。しかしネプチューン・原田が、こんないい役者になるなんて、かつて誰が想像したでしょう?知ってる?昔はスカート穿いたお姉ちゃん、投げ飛ばしてたんやで…(^^;。


 「ボクの妻と結婚してください。」は、明日5日(土)~全国ロードショーです。最期まで、愛した人の笑顔を見ていたい…。そんな男の真っ直ぐな思いを、あなたも是非!映画館でご覧ください。

映画『ボクの妻と結婚してください。』 - シネマトゥデイ

ボクの妻と結婚してください。|映画情報のぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-11-04 21:30 | 映画評 日本映画 は行 | Trackback(11) | Comments(4)
[アンダルシア女神の報復] ブログ村キーワード
 外交官 黒田康作が活躍する、映画シリーズ第2弾。「アンダルシア 女神の報復」(東宝)。昨年の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」に続いて織田裕二主演作が、2年連続夏公開映画に登場…。ん?確かこのシリーズの1作目、「アマルフィ 女神の報酬」も、一昨年の夏公開でしたよね?何と織田裕二主演作、3年連続で夏公開!コレって何気に凄いことですね。


 フランススペインに隣接する小国・アンドラで、日本人投資家・川島(谷原章介)の遺体が発見された。“G20”に出席する村上財務大臣(夏八木勲)の警護の為、パリに滞在していた外交官・黒田康作(織田裕二)は、上司である安藤(鹿賀丈史)から、事態を把握するよう命じられ、アンドラへ。そこで黒田は遺体の第1発見者である、ビクトル銀行行員・新藤結花(黒木メイサ)と、事件の担当捜査員でインターポールの神足誠(伊藤英明)に出会う。結花への事情聴取の結果、物盗りによる偶発的な犯行だと断定する神足。疑問を感じた黒田は、結花の身辺を探る。その夜、結花が何者かに襲われる…。


 シリーズ第1作目の「アマルフィ 女神の報酬」は、地上波でオンエアされてた時に“サラ~”と、流し気味に見ました。連ドラ「外交官 黒田康作」に至っては、殆んど見ちゃおりません。そんな程度の吾輩でも、この映画は別段問題なく楽しんで見ることが出来ました。話としては、なかなかよく練られているし、豪華な海外ロケで見所は満載!適度なアクションや、サスペンスも盛り込まれていて、娯楽作として普通によく出来た映画だと思います(“2時間ドラマの豪華スペシャル版”って、趣きも感じられんことはないのですが…(^^;)。ただ夏公開の大作としては、強烈な魅力…『この映画は、ココがウリなんだよ!』って言う…を吾輩は見ていて感じ取ることが出来ませんでした。良く言えば“普通に楽しめる映画”なのですが、悪く言えば“無難な作りの映画”“可も無く、不可も無く…”って感じの出来栄えなんです。見終わった後に、別段何にも残らんと言うか『ああ、スペインの風景はキレイだったな~』てなくらいで(^^;。
 キャストもなかなか豪華ですが、主要な3人以外はさして登場していない(今回、戸田恵梨香は単なる“いっちょかみ”ですし、福山雅治も、『オイオイ、何してんのさ?』って言いたくなるような登場の仕方です)のに、大々的に宣伝されているのが、何かズルイな~って感じがしました。う~ん、良くも悪くもコレはやっぱりフジテレビの映画ですな(^^;。

 物語のスケールは、最終的には国際的に随分デカくなっていくんですが、そこに日本人があんなに絡んでるってのは、現実にはなかなか無いでしょうね。でもよくよく冷静に考えてみると、黒田は直接的には、何ら関係ないんですけどね…(爆)。ちゃっかり重要なポジション押さえてるし(^^;。

 “織田裕二=40代、伊藤英明=30代、黒木メイサ=20代”主要キャストの世代がキレイに分かれている(単なる偶然でしょうが)のですが、織田さんは老けませんね~。プレスの写真なんか見てると、肌ツルツル(^^;。う~ん、この人吾輩と同い年なのよね~。いやあ~、若いわ~!何か伊藤君の方が、くたびれて見えますよ(まあ、役柄上しょうがないか)。でも、どう見ても彼がインターポールの捜査官には見えね~んだわ!あと、黒木メイサちゃんには、やはりこういう“クール・ビューティー”な役が似合いますな。まだ23歳(!)なんですよね、彼女。何か末恐ろしいですな。


 「アンダルシア 女神の報復」は、6月25日(土)~全国ロードショー公開です。邦人を護るクールな“はぐれ外交官”の活躍を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 織田裕二が部下で、鹿賀丈史が上司って、吾輩「振り返れば奴がいる」を思い出しちゃいました。若い人には、わからんだろうな~(^^;。
~追記②~
 アンドラって架空の国だと思ってたんですが、実在するんですね。いやあ、勉強不足ですわ。


「アンダルシア 女神の報復」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『アンダルシア 女神の報復』 - シネマトゥデイ

アンダルシア 女神の報復@ぴあ映画生活

アンダルシア 女神の報復 - goo 映画
アンダルシア 女神の報復 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-06-23 21:04 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(36) | Comments(12)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm