タグ:西原理恵子 ( 2 ) タグの人気記事

[毎日かあさん] ブログ村キーワード
 西原理恵子原作の大人気コミック、実写映画化!「毎日かあさん」(松竹)原作コミックアニメも大好きな吾輩は、ワクワクしながら映画館へ向かいました。


 漫画家・サイバラリエコ(小泉今日子)の一家は、6歳の長男・ブンジ(矢部光祐)、4歳の長女・フミ(小西舞優)に、高知から子守りのために呼び寄せた、実母のトシエ(正司照枝)と、元戦場カメラマンで今は無職の夫・カモシダ(永瀬正敏)の5人家族。リエコは、子育てに家事に仕事にフル回転で、日々を忙しくパワフルに生きていた。アルコール依存症のカモシダは、酒を呑んでは血を吐き、入退院を繰り返していた。或る夜、何度目かの断酒宣言を破り、酒を飲んだカモシダは、子供たちの前でも暴れ、その挙句に吐血し、またも入院する破目に。その姿を目の当たりにしたリエコは、遂にカモシダとの離婚を決意する…。


 もお、オープニングタイトルから吾輩ウルウル。悲しくもないのに、何か感極まっちゃいました。西原漫画のテイスト~笑わせて、泣かせて、ほのぼのさせて、しんみりさせて~が、猛烈に色濃く反映されておりまして、いやあ~よかったです。最初から最後まで、もお泣けて笑えて…。家族って本当にイイな~!って、痛感させられました。小林聖太郎 監督、GJ!です。これまでの西原さん原作の映画化作品の中でも、ダントツの出来だったと思いますよ。
 最初『小泉今日子が、サイバラさんを演る』ってニュースを聞いた時は、吾輩『マジで??』って感じでした。いくら最近女優としてメキメキ頭角を現してきたからと言っても、あのキョンキョンでっせ!吾輩の世代なんかからすれば、もお“アイドルど真ん中”だったわけですよ。そんなキョンキョンが西原コミックのキャラを、しかもまるごと原作者キャラのサイバラさんを演じるなんて…、あの“豪快ガハハ系キャラ”には少々線が細いんじゃなかろうか?なんて思っておったのですが、心配ご無用!でございました。いやあ、小泉さん見事に“サイバラ化”してました(^^;!いや、こりゃお見事!イメージぴったり(さすがに割烹着は着てませんけど(^^;)。子役の子達も、力演で原作から飛び出してきたみたいで、ほのぼのさせられました。そして何と言っても、カモシダを演じた永瀬さんの入魂の演技は、ホントに素晴らしかったです。アルコール依存症と10年間闘い、家族を愛し続けて逝ったカモシダさんを、2時間弱の映画の中にいきいきと甦らせています(西原さんのお嬢さんは、試写で永瀬さんを観て、ず~っと泣いておられたそうです)。“元夫婦共演”ってことでも話題になりましたが、こういう形で一緒に仕事が出来るってのは、理想的な離婚の形ですよね。

 今回はカモシダさんが亡くなるお話が、メインとして作られています(このお話は、原作コミック4巻に掲載されています。ちなみにこの4巻は、“「ダ・ヴィンチ」ブック・オブ・ザ・イヤー2007「泣ける本」第1位”に選ばれています。ホント、泣ける(>_<)!)ので、どちらかと言えば、大人が見ても充分鑑賞に堪えられる映画として仕上がっています。反面、チョット子供が見るには難しい(戦場のシーンなど)かと思える演出も為されてましたので、出来れば同じキャストで、もっと子供たちにスポットを当てた普段の明るく楽しい「毎日かあさん」もまた作ってもらいたいし、見てみたいですね。映画がムリなら、スペシャルドラマでもいいので!


 「毎日かあさん」は、ただいま全国ロードショー公開中です。家族の楽しさ、素晴らしさを、あなたも是非!映画館でご覧ください。そして『泣いてるヒマがあったら、笑おう!』

~追記~
 吾輩知らなかったんですが、「ピラメキーノ」(作中でブンジが観てるTVに映っている。製作にテレ東が絡んでるから当然)って、テントさん出てるんですか?今回、吾輩的に一番ハマッたのが実はココでした(^^;。


「毎日かあさん」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『毎日かあさん』 - シネマトゥデイ

毎日かあさん@ぴあ映画生活

毎日かあさん - goo 映画
毎日かあさん - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-02-21 20:51 | 映画評 日本映画 ま行 | Trackback(30) | Comments(4)
[西原理恵子] ブログ村キーワード
 「毎日かあさん」アニメ化「いけちゃんとぼく」映画化2009年は、“サイバライヤー!”ってことで、西原理恵子センセの自叙伝的作品の映画化。「女の子ものがたり」(エイベックス・エンタテインメント)。もおね、“西原ワールド”全開です。


 高原菜都美(深津 絵里)、スランプ気味の漫画家。36歳、独身。描けない日々が続き、部屋は散らかり放題、昼からビール、ソファで昼寝三昧。そんな菜都美のもとへ、新人編集者の財前(福士 誠治)が送り込まれてくる。財前は、過去の菜都美の作品のファンだったが、最近の物は好きじゃないらしい。菜都美の自堕落な実態を目の当たりにし、衝撃を受ける財前。〆切が迫り、仕事を急かす財前を軽くいなして、今日も昼からビールにうたた寝の菜都美。その夢に出てきたのは、12歳のころの自分(森迫 永依)の姿だった…。


 タイトルから受ける印象は、とても可愛らしいと思われるのですが、なかなかコレがどうして、“貧乏”“借金”“蒸発”“DV”etc,etc…と、不幸の吹き溜まりのようなキーワードのオンパレード。この映画、まさしく西原さんの漫画を、テイストそのまんま実写化しちゃってます。西原さんの漫画と言えば、『ほのぼのタッチの絵で、とてつもなく辛辣且つドギツイ話を描き、でもラストにはじんわり、ウルウルさせる…』っていうイメージを、吾輩は持っておりますが、この映画は本当にそのまんま!いやあ、すんごい“実写版”です。

 『女の子の「スタンド・バイ・ミー」を目指した』と、プロデューサー女史のお言葉がプレスに載っておりましたが、正にそのイメージどおりの映画に仕上がっていると思います。“大人になりきれない大人の女”が、それまで避けてきた自らの過去に、或る日正面から向き合い、そこにかつて確かに存在した“友だち”との掛けがえのない日々を、もう一度自分の記憶の中で辿り、そしてそれをステップに人生の新しい1歩を踏み出す…。吾輩“男の子”でございますが、ラストには何かもう訳もわからず、ただ号泣してしまいそうになりました。“あの頃の、友だちに会いに行く旅”これは性別を問わず、誰の心にも必ず“グッ”と去来する物があると思います。この映画は、そんなところをど真ん中の直球で突いてきます。イイ意味で、堪りません…(>_<)。

 世代別に、幼少のころ(なつみ:森迫 永依、きいちゃん:三吉 彩花、みさちゃん:佐藤 初)→高校生時代(なつみ:大後寿々花、きいちゃん:波瑠、みさちゃん:高山 侑子)を演じた“女の子”たちが、みんな一生懸命で、観ていてとても好感が持てました。ホント、みんなとても頑張っています。そしてそれらを受けての深津 絵里の演技が、この映画に適度な深みと、何とも言えない優しさをもたらしています(永依ちゃん→寿々花ちゃん→深津 絵里…チョット顔的には“?”なんですが(^^;)。

 西原さん自身も、“うわさ好きの近所の主婦”という重要な(?)役割で、出演されています(決して“カメオ”ではございません!)。そして、作中には西原さん描き下ろしの壁画も登場します。この辺りもお見逃しなく!


 「女の子ものがたり」は、8月29日(土)~全国ロードショーです。懐かしさ、優しさ全開の“西原ワールド”を、あなたも是非!映画館で体感してください。

「女の子ものがたり」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『女の子ものがたり』 - シネマトゥデイ

女の子ものがたり@映画生活

女の子ものがたり - goo 映画
女の子ものがたり - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-08-17 00:27 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(37) | Comments(2)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm