タグ:長澤まさみ ( 3 ) タグの人気記事

[散歩する侵略者] ブログ村キーワード
a0014708_22360838.jpg
 黒沢 清 監督最新作「散歩する侵略者」(松竹/日活)タイトルだけ聞いても、なかなかにこわ~い感じがしますが、実際相当にこわ~いです。


 行方不明だった夫・真治(松田龍平)が帰ってきた。失踪前、夫婦関係は既に破綻していたが、戻ってきた真治は別人のように穏やかで優しくなっていた。そんな夫の変貌に困惑する妻・鳴海(長澤まさみ)。同じ頃、町では一家惨殺事件が発生。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中、天野(高杉真宙)と名乗る若者と出会う。2人は事件の鍵を握る女子高生・あきら(恒松祐里)を見つけるが、そこで天野とあきらは桜井に『自分たちは侵略者』だと告げる。一方、毎日散歩ばかりを繰り返す真治の行動を問い詰めた鳴海に、真治は『地球を侵略しにきた』と告白する…。

 
 原作は劇作家・前川知大 さん率いる劇団イキウメの人気舞台なんだそうです(すみません、毎度恒例未見です…)。そもそも前川さんは黒沢監督の大ファンで、黒沢監督もイキウメの舞台を見て、非常に感銘を受けられたんだそうで、これはもお相思相愛の映画化プロジェクトだったわけです。黒沢監督といえば、「トウキョウソナタ」のような人間ドラマや「岸辺の旅」みたいな少々スピリチュアルな物語、そして前作「クリーピー 偽りの隣人」のような、おどろおどろしいミステリー・スリラーまで、その作風は強烈に幅広く、どの映画も強い印象を与えられます(吾輩、前作の「クリーピー…」は、あまりに強烈過ぎて見終わった後、正直気分が優れず、しばらく『この監督の映画、もお見たくない』とまでトラウマ化しておりました…)が、今回もこれまでに負けず劣らずな非常にインパクトのある作品に仕上がっています。原作の舞台を見ておりませんので何とも言えないのですが、映画のスタートは舞台作品らしく(?)静かな滑り出し(それでも一家惨殺事件なんてのが、出てまいりますが…)なのですが、物語が進むにつれて徐々に過激な映像が出てまいります、至近距離からマシンガン乱射して、血まみれ。無人機によるドッカンドッカンな対人爆撃シーンなどなど…。結構前後脈略無くいきなりぶっこまれてますので、見ていて度肝を抜かれます。またまた“黒沢ワールド”の幅が広まったような気がしました。
 この映画の侵略者達は、まず地球人の“概念”を調査してそれを奪っていくのですが、この描かれ方は斬新でしたね。それを抜かれた人間は、まるで最初からそれが存在して無かったかのように振舞うのですが、見た目は何も変わっていませんので、この辺り“概念”を奪われてしまった人々を演じるキャスト陣(前田敦子光石 研満島真之介 etc)の演技も、見物です。
 主演の長澤まさみさんが非常によかった!これは声を大にして言いたい!今回は、ここ最近の彼女の話題に必ず上がる“艶っぽい演技”は一切無く、本当にごくごく普通の(理不尽な事態に巻き込まれてしまった)女性を抑えた(これまでの役どころからするとですが)演技で、とても自然に演じています。これまでの中で一番なんじゃないでしょうか?うん、何か一皮剥けられたような気がしました。彼女ももお立派な“中堅女優”ですもんね。そういう意味では若手の恒松祐里さんは、今回非常に弾けた難しい演技をさせられていますが、これを難なくこなしている所に末恐ろしいものを感じました。彼女を「くちびるに歌を」で初めて見た時、『素晴らしい女優さんが出てきたな~』と思ってたんですが、まさかこんな風な芝居を見せてもらえるとは…。いやあ、驚きです。あと松田龍平さんの掴みどころの無さと、長谷川博己さんのキレた弾けっぷりは、どちらも非常に役にマッチしてました(^^;。今回、主要キャストは黒沢映画に初参加なんですね、何か意外です。常連(?)の笹野高史 さんが、結構恐ろしい役で出てきます。これも見物です。

 「散歩する侵略者」は、9月9日(土)~全国ロードショーです。あなたの愛する人が侵略者だったら?想像するとチョット恐ろしい…、そんな物語をあなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 試写会場で、とある方が『ウルトラセブンの1エピソードみたいな話やったな~』と言っておられました。ああ、その感じわかります!




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

[PR]
by mori2fm | 2017-09-07 22:47 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(1) | Comments(0)
[モテキ] ブログ村キーワード
 まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑必至です!


 藤本幸世(森山未來)、31歳“セカンド童貞”。派遣社員だった2年前、人生史上初めて突如訪れた“モテ期”に、4人の女の子と恋愛模様を繰り広げるもすべて実らずに終了。因縁浅からぬ“墨さん”(リリー・フランキー)がCEOを務める、ニュースサイト“ナタリー”に半ばお情けで入社させてもらい、ライターとしての新生活を踏み出すものの、私生活では何の出会いも無かった。或る日幸世はTwitterを通して、趣味の話題などで盛り上がり意気投合した人物と会って飲む約束をする。相手が男だと思い込んでいた幸世の前に現れたのは、みゆき(長澤まさみ)という見た目ど真ん中タイプの美女。実際に会った2人は更にサブカル系の趣味のトークなどですっかり盛り上がり、その夜のうちにあろうことか幸世の部屋でキスまでしてしまう。再びの“モテ期”の到来を確信し、有頂天になる幸世。しかし大きな問題が1つ。みゆきには“彼氏”がいたのだった…。


 原作コミック→ドラマ化→んで、まさかの映画化!吾輩、原作は殆んど未読だったのですが、ドラマですっかりハマッちゃいまして、映画化のニュースを聞いたときには、狂喜乱舞いたしました。原作もドラマも1度完結しておりますので、今回の映画化に当たっては原作者の久保ミツロウ が、新たにオリジナルストーリーを書き起こしたんだそうです。そしてドラマに続いて演出を手掛けたのが“深夜ドラマ界の天才(と、吾輩は勝手に思っている(^^;)”大根 仁 氏!何と意外にも(?)、本作が映画監督としてのデビュー作になるんだそうですが、とても面白かったドラマの、更に上を行く“怪作”…もとい“快作”に撮り上げています。いやあ~、もお今思い出しても笑いがこみ上げてくるくらい、ホントに面白いんですわ!
 吾輩のようにドラマが好きだった人が見れば、モチロン面白いのですが、ドラマで幸世の“モテ期”を彩った4人の女の子たち…土井亜紀(野波麻帆)、中柴いつか(満島ひかり)、小宮山夏樹(松本莉緒)、林田尚子(菊池凛子)…は、今回映画の冒頭で幸世の脳内映像みたいな感じで、至極あっさりと紹介されるだけですので(それはそれで、残念なのですが(>_<)、原作&ドラマを知らない人が見ても充分に楽しめる内容になっております。そして映画で幸世の“モテ期”を彩るのは…長澤まさみ、麻生久美子仲 里依紗真木よう子…何なの、この超豪華な女優陣のラインナップ?!この4人がオープニングでハッピ着て神輿の前で踊る(基本的にドラマ版と同じですが、相当にver.Up!されてます)ってシーンがあるのですが、ま~皆さんのおみ足のキレ~なこと!もお、堪りません!!オープニング観に行くだけでも、映画館へ行く価値はあります!いやあ、もお最高(^^;!!
 …すみません、少々暴走してしまいまして。まあ女優陣4人と言っても、真木よう子さん演じる素子は幸世と恋愛絡みにはならないですし、仲 里依紗ちゃん演じる愛は、スポット参戦みたいな登場です。メインとして描かれているのは、幸世と長澤まさみチャン演じるみゆき(おお!まさかの「セカチュー」コンビ再演!)に、麻生久美子さん演じるOLるみ子が絡むと言った構図のストーリーなんですが、とにかくまさみチャンがカワイイの!そしてエロイの!吾輩の知る限り、本作は恐らく“長澤まさみ史上最もエロカワイイ映画”である!と、断言できます(^^;。趣味がバッチリ同じで、更には“巨乳”“美脚”“谷間”“ノーブラ”etc,etc…と、あんなに無防備かつ無邪気に見せ付けられたら、そりゃ幸世でなくてもコロっと行っちゃいますって!トドメに水飲ませるだけに、あ~んなこと(←詳しくは、映画をご覧になってください!)されちゃ~ね~。いやあもお、嗚呼!ホンマに堪らんてっ!!
 森山未來クン、ハマリ役です。吾輩、彼がこんなにハジケられる役者さんだとは知らなかったので、ドラマを見た時は思わずブッ飛んでしまいましたが、いやあ、輝いてます(^^;。幸世は恋愛スキルもキャパも低レベルなので、すぐにパニクってしまい上手くいかないのですが、それに対して何とも羨ましいのが、リリー・フランキーさん演じる“墨さん”でございます。このオッサン、世の中何となく適当に生きてるようにしか見えないのですが、常にとっかえひっかえ女と繋がっておるのですね。で、それが嫌味にならない(映画の冒頭で、少々ヤバいシーンはありますが…)。もお、ホントある意味男にとっての理想のような生き方やな~と。でもCEOやってるくらいやから、仕事のスキルはあるんやろうね(^^;。

 全編を彩る音楽は、新旧J-POPのオン・パレード。フジ・ファブリックくるりTOKYO No.1 SOUL SET岡村靖幸に、Perfume(本人達も出てます!この出方は秀逸!!)、そして大江千里橘いずみ女王蜂etc,etc…。エンディングにはスチャダラパーfeat.藤本幸世によるスペシャル・コラボ!と、映像だけでなく耳の方も存分に楽しませてくれます。

 思うんですが、昔はこの手のテーマ(男の恋愛・性欲etc)は、「毎度おさわがせします」「グローイング・アップ」などのように、10代~20代前半の男を主人公に描いてましたが、それが今やアラサー男でやっても何の違和感も感じられません。これも“草食系男子”が闊歩し、“晩婚”が当たり前になっちゃった時代の流れってやつなんですかね~?

 「モテキ」は、9月23日(祝・金)~全国ロードショー公開です。モテない草食系男子に訪れた恋の奇跡を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。 

~追記~
 作中、『タイアップか?』ってくらいに“TENGA”が出てまいりました。幸世の部屋にたくさん置いてあったり、未使用(?)なのに捨てられたり…。極めつけは、まさみちゃんが幸世に借りて着たTシャツ!このシーン、大爆笑モノなんですが恐らく女の子には『???』でしょうね。男性諸氏、カップルで行かれる場合は、ご注意を(^^;!


「モテキ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『モテキ』 - シネマトゥデイ

モテキ@ぴあ映画生活

モテキ - goo 映画
モテキ - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-09-09 17:36 | 映画評 日本映画 ま行 | Trackback(55) | Comments(6)
[曲がれ!スプーン] ブログ村キーワード
 「サマータイムマシーンブルース」再び!本広克行 監督דヨーロッパ企画”。おまけに主演が長澤まさみ「曲がれ!スプーン」(東宝)。『面白いでしょう。絶対面白いはず!』と思って、映画館へ行きましたよ~。


 超常現象バラエティ番組「あすなろサイキック」のAD・米(長澤まさみ)は、子供の頃に空からやって来た不思議な光を見てから今まで、超常現象は存在すると信じていた。或る日、全国の視聴者から届いた情報を頼りに、エスパーや超常現象を探す企画を担当することになった米は、ビデオカメラ片手に日本全国の街を旅して回るが、どれもこれもインチキばかり。そうこうしているうちに、クリスマスイブ。番組の3時間スペシャル版の放送日を迎え、米には帰京命令が下るが、未だネタが撮れない米は帰れない。そしてやって来たとある街で、情報提供者との待ち合わせ場所である喫茶店へと向かう米。その店≪カフェ・ド・念力≫には、普段は自分の能力をひた隠しにしている本物のエスパー達が集い、年に一度の“エスパーパーティー”を開いていた…。

 
 『あ~、残念!!』面白くなる要素は、もの凄くあるのに、何かすべてが中途半端。もっともっと笑いたかったのに、大爆笑には至らず、小さな笑いがクスクスと…。嗚呼、消化不良!こりゃあ確かに舞台で見たほうが、面白い脚本なのかも知れないですね。映画の方も、ミニシアター系列で掛けた方が良かったかも知れない…。いや、決して面白くなかったってわけではないのですが、こんな大層な規模での公開になってしまうと、やはり一般大衆に向けての“全方位型コメディ”にしないと、ウケないし、入らないと思うんですよね。そういう意味では、長澤まさみちゃんのキャスティングを除いては、この映画、あまりにも作りがマニアック過ぎる気がします。「サマータイムマシーンブルース」繋がりのキャスト(ムロツヨシ川岡大次郎与座嘉秋)の登場や、街角に佇む“ギンギン”のマスコットなど、知ってる人が見ればメチャクチャ面白いネタなんですけど、あまりにも分かりにくいですよね?吾輩は、わかってたのでず~っと『クックック…』て、笑ってたんですが、他のお客さんは静かなモンでした(>_<)。

 で、この映画の最も“ウリ”となるべき、主演の長澤まさみちゃんについてですが、これまでよく演じていた“大層な設定の清純派ヒロイン”よりも、こういう等身大の普通(?)の女の子を演じてる方が、合ってるんじゃないかって気がしました。見ている方も、何か単純に『カワイイね』と思ってしまって、安心して見てられたって気がします。但し!映画を観終わって『何で、長澤まさみなのさ?』と思ってしまったのも事実です。別に誰でもいい(←コレは言い過ぎ?)んじゃないかな?ってくらい、存在感が感じられませんでした。ここら辺が、最近のまさみちゃんがイマイチ波に乗れない一因なんじゃないかな?と、思います。彼女ならではの何か『コレだ!』って言える“ウリ”が、これからは必要なんじゃないか。そうでないと、益々厳しくなっていきそうな感じさえ受けました。惜しいんですよね!もっともっとガンバってもらいたいんですけど、彼女も何か中途半端ですね~。

 寺島 進松重 豊升 毅佐々木蔵之介…と言った面々が『な~にやってんの!?』って、ツッコミたくなる役柄で出てきます。ココは笑えます!これもまたご愛嬌ですね。あ、人によっては一瞬しか出てこない人もいますので、見逃されませんように…(^^;。


 「曲がれ!スプーン」は、ただいま全国ロードショー公開中です。興行的には大苦戦のようですが、肩の力を抜くには持って来いの映画です。是非!映画館でご覧になって、小さな笑いでリラックスしてください。難しいことは考えず…(^^;。

「曲がれ!スプーン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『曲がれ!スプーン』 - シネマトゥデイ

曲がれ!スプーン@映画生活

曲がれ!スプーン - goo 映画
曲がれ!スプーン - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-11-27 20:57 | 映画評 日本映画 ま行 | Trackback(40) | Comments(10)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm