a0014708_20350145.jpg

 創部からたった3年で、全米チアダンス選手権で優勝してしまった、ごくごく普通の女子高生達の実話を映画化「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」(東宝)『事実は小説より…』なんて言いますが、これもまたなかなかに痛快なお話でございます。

 福井県立福井中央高校に入学したひかり(広瀬すず)は、中学からの同級生でサッカー部の孝介(真剣佑)を応援したいという軽い気持ちから、チアダンス部に入部。しかしそこに現れたのは、“地獄先生”の異名を持つ顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)。早乙女先生は、ひかりや同級生・彩乃(中条あやみ)達、新入部員を前に『全米大会制覇!』という途方も無い目標をブチ上げる。かくして早乙女先生の超スパルタ指導の下、ひかり達、“ド素人ポンコツチアダンス部”の無謀とも思える夢への挑戦の日々が始まった…。

 そもそも『“チアダンス”とは何ぞや?』ということなんですが、~チアリーディングから派生したスポーツで、ダンス部分を独立させた競技。アクロバティックな物(例:空中へ人を放り投げたり)は含まれず、約2分半の時間で技術、振付、チームの一体感や表現力などで採点する~んだそうです。そしてモチロン、発祥の地はアメリカ!
 この映画のベースになったのは、福井県立福井商業高校のチアダンス部、チーム名は“JETS”。早乙女先生のモデルとなった実在の顧問である五十嵐裕子先生と前田コーチの指導の下、創部3年目の2009年に本当に、全米チアダンス選手権大会チームパフォーマンスの部で優勝!映画では、この創部から優勝までの道のりを描いています。

 こういう実話がベースの映画化となると、よく脚本などは現実よりもかなり話が盛られてるんじゃないの?って思っちゃうことが多いのですが、今回に関しては恐らく現実のほうが相当に過酷だったんじゃなかろうか?って、思っちゃいました。だって普通に考えて、ダンス歴の無い生徒と顧問(五十嵐先生はダンス経験無し!)の組み合わせで、たった3年で全米制覇なんて並大抵のことでは出来るわけありませんから。そらもお、凄まじい練習、特訓そして挫折の日々だったんじゃなかろうかと思います。映画ではその辺りを単なる“スポ根ドラマ”とせず、女子高生達のひたむきさ、悩み、葛藤、挫折、歓喜と言った日常の様を“キラキラしたフィルター”を通して、とても爽やかな青春映画の1本として仕上げています。
 そして広瀬すずをはじめ、中条あやみ、山崎紘菜福原 遥富田望生…といった、まさにキラッキラした若手女優陣がこれまた特訓の末に見事なチアダンスを、吹き替えなしで披露してくれます。これはも~お見事!の一言。このキャストのチームで全米大会に出ても、そこそこイイ成績がとれるんじゃない?と思えるほどに、凄いパフォーマンスを見せてくれます。しかし女優さんも大変ですね。芝居だけじゃなく、それに付随するいろんなことを演じなきゃいけないんですから。広瀬すずちゃんなんて、この1年でかるた取ってバイオリン弾いて、ダンス踊って…って、スゴ過ぎないですか~??

 主人公たちと同世代からの共感は勿論、顧問・早乙女先生の物語として、大人世代の目線で見ても共感できる映画になっています。老若男女、誰もが楽しめる1本ですね。

 ところで実在の“JETS”はその後、2011年の大会でも優勝。更に2013年~昨年まで4連覇!そしてつい先日行われた今年の大会で優勝!見事5連覇を達成しました。本当に素晴らしいですね。

 チアダン女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」は、3月11日(土) ~ 全国ロードショー。ウソみたいなホントの話、普通の女子高生達の夢への挑戦の日々を、あなたも是非!映画館でご覧ください。







ランキング参加中“ポチッ”と、よろしく!↓人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2017-03-09 22:10 | 映画評 日本映画 た行 | Trackback(12) | Comments(0)

我が娘にそっくりな“かぁたん” (from「カッパの飼い方」)


by mori2fm