「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」奇跡の日本公開!

 “全米コメディ映画史上歴代興収No.1!”「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(ワーナー・ブラザース)。ハリウッド発のコメディ映画は、日本でなかなか当たりませんが、果たしてコレはどうでしょう?


 結婚式を2日後に控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、婚約者の父から高級なベンツを借り、親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)、ステュ(エド・ヘルムズ)そして婚約者の弟・アラン(ザック・ガリフィアナキス)と共に“独身最後の夜=結婚前夜祭”の為に、一路ラスベガスへ。高級ホテルにチェック・インし、気分が良くなった4人は、ホテルの屋上で『今夜は、人生最高の夜にしよう』と乾杯する。そして翌朝目覚めると、何故か部屋には虎と赤ん坊がいて、ステュの前歯が1本抜け落ち、ダグの姿が見当たらず、車はベンツからパトカーに変わっていた。そして3人は昨夜の乾杯後に起きたであろう出来事を、まったく憶えていなかった…。


 もう、典型的な“アメリカン・お馬鹿映画”でございます。酔っ払って、記憶が無い間に起こったであろう出来事の結果が、トンでもない形で翌朝目の前に現れる。『へ?何で??どうして???』アメリカの男たちが行なう“独身サヨナラパーティー”をお題にしていますが、多少破目はずしてしまうと、現実にもこの映画のようなことが日本でも…いや、我が身にも起こっちゃうんじゃないか?と、笑って見ながらも、少々身震いいたしておりました。男ばっかりのハチャメチャな夜が描かれていますので、結構お下劣ですし、見終わった後には、ホントな~んにも残りません!にも関わらず、この映画、何と!“本年度ゴールデン・グローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門)”を受賞しちゃってるんですよ。マジで?いやあ、凄い!何ぼ“ミュージカル・コメディ部門”とは言え、懐が深いですな~、ゴールデン・グローブ賞!こんなん、アカデミー賞では絶対にあり得ん(^^;!!まあでも、さして有名なスターも使わずに全米公開時あの「カールじいさんの空飛ぶ家」を引きづり下ろして、口コミメインで興収首位を獲得した勢いってのは、ダテではございませんね。その後、アメリカ以外の国でも大ヒット(世界27カ国で首位獲得!)し、4億6200万ドルの興行収入を叩き出しているってんですから恐れ入ります。確かに面白かったですよ!吾輩、ず~っとクスクス、ゲラゲラ笑い転げてましたから。でも、日本でコレを興行的に当てるのは恐らく厳しいでしょうね。公開されただけでもラッキーだったのかも…。
 日本では本当に、公開すら危なかったようで、“映画 ハングオーバー 劇場公開を絶対に求める会”による署名活動が功を奏して、劇場公開にこぎつけたらしいです。う~ん、署名の話は素晴らしいと思いますが、何とも寂しい限りですね、アメリカン・コメディを取り巻く日本のマーケットの現状は。あ、会の皆さんは、ご苦労様でございました!ところで、本国アメリカでは、まだまだフィーバーは続いているようでして、何と!既に続編の製作が決定して、公開は来年の5月(!)なんだそうです。凄いですね~。しかし今度はどこで二日酔いさせるんでしょ(^^;?

 久々に見たマイク・タイソンは、相変わらず恐かったです。そして久々に見たヘザー・グラハムは、相変わらずエロかったです(^^;!

 
 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」は、7月3日(土)~全国ロードショーです。全米大ヒットお馬鹿ムービーの底力を、あなたも是非!映画館でご覧ください。お酒はほどほどに!
 
「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 - シネマトゥデイ

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い@ぴあ映画生活

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い - goo 映画
ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い - goo 映画

 
ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2010-06-09 14:22 | 映画評 外国映画 ハ行