人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ガリバー旅行記」ポヨンポヨンですわ!

[ガリバー旅行記] ブログ村キーワード
 世界的な名作ファンタジー小説を、現代風にアレンジしてリメイク。何と主演はジャック・ブラック「ガリバー旅行記」(20世紀フォックス映画)。何とも微笑ましい(?)、“ポヨンポヨン”な映画に仕上がっています(^^;。

 NYの新聞社に勤めるガリバー(ジャック・ブラック)は、しがないメール係。口は達者だが、小心者で何事も挑戦する前にあきらめてしまう性格だった。或る日、ずっと片思いを続けていた記者のダーシー(アマンダ・ピート)との会話の中で『旅行記者になりたい』と話したことがキッカケで、ガリバーは“バミューダ・トライアングル”の取材へ行くことに。現地へ乗り込んだガリバーは、単身クルーザーに乗り沖へ漕ぎ出すも、やがて嵐に遭い遭難してしまう。浜へ打ち上げられ、目を覚ましたガリバーは、目前の光景に愕然とする。そこは小人達が住む国“リリパット王国”だった…。

 もお、良くも悪くもこれは“ジャック・ブラックの映画”ですわ。全編を通して、何とも締まりがなくユルユルで、前述したように“ポヨンポヨン”な物語と映像のオン・パレード。適度にお下劣で、適度にエロくて、でもそれが何ともはやナンセンスで面白い(いや、グダグダなんですけどね…(^^;)!
 ガリバーが、ただ『デカい!』ってだけで、小人達からヒーロー扱いされ、そこで大ボラふいて自分のこれまでの経験談を小人達に語るのですが、その話が「タイタニック」であり「スター・ウォーズ」「アバター」なんです。そしてそれを、劇場を作って芝居として再現させてるんですよ。もお、笑いますわ。『船と共に沈んだのに、何でお前は生きてるんだ?』なんて鋭くツッこまれたりもしてますし(^^;、ジャック・ブラックお得意の『おふざけが過ぎる』ってのが、この映画にもキチンと(?)活かされてます。

 ハッキリ言って見終わった後には、な~んにも残りません(アメリカではジャックが、ラジー賞の“最低男優賞”にノミネートされてたくらいで)が、今の日本のシンドイご時世には、これくらいユルユルで、ただただ楽しい映画を見る方が、心の健康にもイイのではないでしょうか?また吾輩は試写で“2D・字幕版”を見たのですが、これは家族で“3D・吹替版”をご覧になった方が、楽しいかもしれませんね。


 「ガリバー旅行記」は、ただいま全国ロードショー公開中です。失笑、苦笑、クスクス笑い…、とにかく笑える“ジャック・ブラック版 巨人旅日記”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 そんなワケで、再開1発目は“お気楽ユルユルムービー”でした。まあ、吾輩らしいかな…(^^;。またボチボチやっていきますので、よろしくです。

~追記②~
 作中にロボットが出てくるシーンがあるのですが、爆笑しました!あれは男の子には、絶対ウケます!保証しますよ!!


「ガリバー旅行記」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ガリバー旅行記』 - シネマトゥデイ

ガリバー旅行記@ぴあ映画生活

ガリバー旅行記 - goo 映画
ガリバー旅行記 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2011-04-17 21:36 | 映画評 外国映画 カ行