人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「アンノウン」騙された方が、楽しめる!

[アンノウン] ブログ村キーワード
 “熱血オヤジ”リーアム・ニーソン、またまた爆ぜる!「アンノウン」(ワーナー・ブラザース)。いやいや、こりゃまた面白かった!吾輩途中まで、し~っかり騙されちゃいましたわ(^^;!!


 大学教授のマーティン(リーアム・ニーソン)は、学会に出席する為に愛妻・リズ(ジャニュアリー・ジョーンズ)と共にドイツ・ベルリンへ。ホテルにチェックインする直前、かばんを空港に忘れたことに気付いたマーティンは、リズには何も告げず単身タクシーで空港へ引き返そうとするが、途中で交通事故に遭ってしまう。4日間の昏睡の後、病院のベットで目覚めたマーティンは、記憶が鮮明に戻らないままリズの待つホテルへと急ぎ戻る。しかし対面したリズは、マーティンを見て『知らない人だ』と告げる。そればかりか、リズの傍にはマーティンと名乗る見ず知らずの男(エイダン・クイン)がいた。その男は、パスポートや新婚旅行の写真まで持ち合わせており、誰もマーティンの訴えには耳を貸そうとしなかった。『果たして自分は誰なのか?』自らの真実を探るためマーティンは、事故の時に乗っていたタクシーの運転手ジーナ(ダイアン・クルーガー)を探し出し、協力してくれるよう依頼する…。


 吾輩、最初はごく普通の“記憶を失くした男の物語”だとタカをくくっておったのですが、これが途中から『う~ん、何か違うかな~?』って思うようになっていき、仕舞いには『おお!そうやったんか~!!そうくるか~!!』ってな“驚愕の結末”へ向かうんですよ。いやあ、よ~く出来たお話しです。吾輩すっかりヤラレちゃいました!メインで進行する話しに、さり気なく傍系の話しを混ぜ込んでおいて、いつの間にかそれが非常に重要なストーリーへと変化していく…。こんなん何気なしに“ボ~っ”と見てたら、後半絶対話しの展開についていけませんよ!『あれ?何でそうなるん?へ!?それってどういう意味??』てな感じになってしまいます。だからこの映画をご覧になる時は、気合入れて集中してご覧下さい。あ、ご心配には及びません。この映画、最初から最後までまったく飽きさせませんから、楽しんで集中できること請け合いです!
 まあ察しのいい方なら、途中でストーリーが読めてしまうかも知れません。しかし考えの浅~い吾輩は、見抜けませんでした。そりゃ、『ただの大学教授にしては、車の運転上手すぎるがな!』とか『ただの大学教授にしては強すぎるやんか!』ってくらいのことは、途中感じましたよ。しかしブルーノ・ガンツ演じる“元東ドイツ秘密警察の男”が、あんな風にストーリーに絡んでくるとは思いもしませんでした。でも吾輩はそのお陰で、充分にこの映画を楽しむことが出来ました。このテの映画は、あまり深読みしないで単純に楽しんだ方が勝ちのような気がします。だからあなたも集中してアクションや謎解きを楽しんでください。あ、決して謎を解ききらないでくださいね(^^;。

 「96時間」でパリをぶっ壊した(?)“熱血オヤジ”リーアム・ニーソンが、今度はベルリンで大暴れ(怪獣映画ではございません…(^^;)!齢58歳(?!)とは思えないド迫力!何か、年々アクションがド派手になっていってませんか?この人。今回も殴るわ、蹴るわ、ぶっ飛ばすわ、ブッ放すわ…、もおやりたい放題!果たしてリーアム父さんは、この先いったいドコまで行ってしまうんでしょうかね?それから妻・リズを演じたジャニュアリー・ジョーンズ様が、メチャメチャ綺麗でございました!ダイアン・クルーガーもなかなか良かったですが(偉そうに!)、今回は彼女にキマリです!だって背中がメチャメチャ色っぽいんやもん(^^;!!彼女は今後、吾輩個人的に(オイ!)要注目です。
 
 「アンノウン」は、ただいま全国ロードショー公開中です。極上のアクション・サスペンスを、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「アンノウン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『アンノウン』 - シネマトゥデイ

アンノウン@ぴあ映画生活

アンノウン - goo 映画
アンノウン - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2011-05-16 22:23 | 映画評 外国映画 ア行