「うさぎドロップ」ほのぼの愛菜ちゃん、無敵!

[うさぎドロップ] ブログ村キーワード
 人気大爆発中の芦田愛菜チャンと、新婚で絶好調の松山ケンイチの共演で描く、ハートウォ~ミング・ストーリー。「うさぎドロップ」(ショウゲート)大人気コミック原作の実写映画化なんだそうですが…、吾輩やっぱり未読です…(>_<)。


 27歳、独身サラリーマンのダイキチ(松山ケンイチ)は、亡くなった祖父の告別式で、見慣れない1人の女の子と出会う。その6歳の女の子りん(芦田愛菜)は、実は祖父の隠し子だった(血縁関係では、りんはダイキチにとっては叔母に当たる…!)。思いも掛けぬ少女の出現に、困り果てる親族一同。面倒ごとと捉え、りんの扱いをたらい回しにするやりとりを聞いていたダイキチは、思わずりんに『俺ん家来るか?』と声を掛ける。父・実(中村梅雀)や母・良恵(風吹ジュン)、妹・カズミ(桐谷美玲)らの制止する中、後にひけなくなったダイキチは、りんを連れて帰ることに。こうして突然始まった年の差21歳の2人の共同生活。しかしダイキチは早速りんの保育園送迎や買い物など、慣れない育児と仕事の両立に忙殺されていく…。


 ほのぼのしてます。ホント~に、ほのぼのとしてます。そして愛菜チャンすごい!無敵です(^^;!!もおね、他に言うことなし!あ、こりゃ暴言かな…?映画自体は、前半から中盤までは『ふ~ん、なかなか考えさせられる話しやな~』なんて思いながら見ていたのですが、何故か中盤以降、一転してストーリーと進行が腰砕け気味に、グダグダになってしまったように感じられ、非常に残念でございました。が、そんなことは些細なこととして、吹き飛ばしてしまえるくらいの、愛菜ちゃんの存在感に、吾輩は恐れ入りましたよ、ホント。いや、本来映画としてはそんなのではイカンのですが、本作に限って言えばもお『許す(^^;!』って感じでして、何と申し上げてイイのやら…。吾輩、愛菜ちゃんには、末恐ろしいものさえ感じました。まだまだ若干6歳の女の子ですが、愛菜ちゃんがスクリーンに映ると、何とも言えぬ“色気”が漂っているように感じてしまいました。いや、決していやらしい意味では無く(ホントに!)、彼女の笑顔はそんなオーラさえ漂わせています。それでいて、無邪気だし、カワイイし、ホントに無敵です!もお、このまま変な方向へは曲がらず、まっすぐまっすぐ育って下さいね!!
 愛菜ちゃんの存在感に押されてはいますが、松ケン君も頑張っています。特に一生懸命なダイキチの気持ちがスクリーンから滲んできてまして、今回は彼の“イイ人”の面が前面に出ていて、とても爽やかな感じです。またSABU監督こだわり(?)の松ケン&香里奈の“妄想ダンス・シーン”は、本編にはまったく関係ないのですが、単純に楽しめます(^^;。あと脇を固める俳優陣もなかなかイイ感じなのですが、チョット活かし切れてないかな~と感じられたのが、残念でした。あ、でも中村梅雀&風吹ジュンの夫婦役は、イイ味出してくれてますよ。


 「うさぎドロップ」は、8月20日(土)~全国ロードショー公開です。とびきりかわいい“ハ~トウォ~ミングな物語”をあなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 桐谷美玲チャン演じるダイキチの妹・カズミが、保育士であるにも関わらず『子供なんて…』みたいな発言をして、ダイキチに言い咎められるシーンがあるのですが、そこで彼女が発した『ナースが家でも白衣の天使でいるなんて思わないでよね!』ってセリフ。吾輩的に…、ヒットです(^^;。
~追記②~
 本作のSABU監督もそうですが、「東京公園」青山真治監督とか、ここんとこ作風変わりすぎてませんか?いや、悪いことではないのですが…。
~追記③~
 今、改めてネットで本作の予告編を見たのですが、ワケも無く泣けてきてしまいました。何でやろ?別に悲しいわけでもないのに…。アカン歳とると、涙腺が意味無くゆるんで困りますわ(>_<)。


「うさぎドロップ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『うさぎドロップ』 - シネマトゥデイ

うさぎドロップ@ぴあ映画生活

うさぎドロップ - goo 映画
うさぎドロップ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2011-08-07 17:16 | 映画評 日本映画 あ行