人気ブログランキング |

「モテキ」吾輩にも来るのか(^^;??

[モテキ] ブログ村キーワード
 まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑必至です!


 藤本幸世(森山未來)、31歳“セカンド童貞”。派遣社員だった2年前、人生史上初めて突如訪れた“モテ期”に、4人の女の子と恋愛模様を繰り広げるもすべて実らずに終了。因縁浅からぬ“墨さん”(リリー・フランキー)がCEOを務める、ニュースサイト“ナタリー”に半ばお情けで入社させてもらい、ライターとしての新生活を踏み出すものの、私生活では何の出会いも無かった。或る日幸世はTwitterを通して、趣味の話題などで盛り上がり意気投合した人物と会って飲む約束をする。相手が男だと思い込んでいた幸世の前に現れたのは、みゆき(長澤まさみ)という見た目ど真ん中タイプの美女。実際に会った2人は更にサブカル系の趣味のトークなどですっかり盛り上がり、その夜のうちにあろうことか幸世の部屋でキスまでしてしまう。再びの“モテ期”の到来を確信し、有頂天になる幸世。しかし大きな問題が1つ。みゆきには“彼氏”がいたのだった…。


 原作コミック→ドラマ化→んで、まさかの映画化!吾輩、原作は殆んど未読だったのですが、ドラマですっかりハマッちゃいまして、映画化のニュースを聞いたときには、狂喜乱舞いたしました。原作もドラマも1度完結しておりますので、今回の映画化に当たっては原作者の久保ミツロウ が、新たにオリジナルストーリーを書き起こしたんだそうです。そしてドラマに続いて演出を手掛けたのが“深夜ドラマ界の天才(と、吾輩は勝手に思っている(^^;)”大根 仁 氏!何と意外にも(?)、本作が映画監督としてのデビュー作になるんだそうですが、とても面白かったドラマの、更に上を行く“怪作”…もとい“快作”に撮り上げています。いやあ~、もお今思い出しても笑いがこみ上げてくるくらい、ホントに面白いんですわ!
 吾輩のようにドラマが好きだった人が見れば、モチロン面白いのですが、ドラマで幸世の“モテ期”を彩った4人の女の子たち…土井亜紀(野波麻帆)、中柴いつか(満島ひかり)、小宮山夏樹(松本莉緒)、林田尚子(菊池凛子)…は、今回映画の冒頭で幸世の脳内映像みたいな感じで、至極あっさりと紹介されるだけですので(それはそれで、残念なのですが(>_<)、原作&ドラマを知らない人が見ても充分に楽しめる内容になっております。そして映画で幸世の“モテ期”を彩るのは…長澤まさみ、麻生久美子仲 里依紗真木よう子…何なの、この超豪華な女優陣のラインナップ?!この4人がオープニングでハッピ着て神輿の前で踊る(基本的にドラマ版と同じですが、相当にver.Up!されてます)ってシーンがあるのですが、ま~皆さんのおみ足のキレ~なこと!もお、堪りません!!オープニング観に行くだけでも、映画館へ行く価値はあります!いやあ、もお最高(^^;!!
 …すみません、少々暴走してしまいまして。まあ女優陣4人と言っても、真木よう子さん演じる素子は幸世と恋愛絡みにはならないですし、仲 里依紗ちゃん演じる愛は、スポット参戦みたいな登場です。メインとして描かれているのは、幸世と長澤まさみチャン演じるみゆき(おお!まさかの「セカチュー」コンビ再演!)に、麻生久美子さん演じるOLるみ子が絡むと言った構図のストーリーなんですが、とにかくまさみチャンがカワイイの!そしてエロイの!吾輩の知る限り、本作は恐らく“長澤まさみ史上最もエロカワイイ映画”である!と、断言できます(^^;。趣味がバッチリ同じで、更には“巨乳”“美脚”“谷間”“ノーブラ”etc,etc…と、あんなに無防備かつ無邪気に見せ付けられたら、そりゃ幸世でなくてもコロっと行っちゃいますって!トドメに水飲ませるだけに、あ~んなこと(←詳しくは、映画をご覧になってください!)されちゃ~ね~。いやあもお、嗚呼!ホンマに堪らんてっ!!
 森山未來クン、ハマリ役です。吾輩、彼がこんなにハジケられる役者さんだとは知らなかったので、ドラマを見た時は思わずブッ飛んでしまいましたが、いやあ、輝いてます(^^;。幸世は恋愛スキルもキャパも低レベルなので、すぐにパニクってしまい上手くいかないのですが、それに対して何とも羨ましいのが、リリー・フランキーさん演じる“墨さん”でございます。このオッサン、世の中何となく適当に生きてるようにしか見えないのですが、常にとっかえひっかえ女と繋がっておるのですね。で、それが嫌味にならない(映画の冒頭で、少々ヤバいシーンはありますが…)。もお、ホントある意味男にとっての理想のような生き方やな~と。でもCEOやってるくらいやから、仕事のスキルはあるんやろうね(^^;。

 全編を彩る音楽は、新旧J-POPのオン・パレード。フジ・ファブリックくるりTOKYO No.1 SOUL SET岡村靖幸に、Perfume(本人達も出てます!この出方は秀逸!!)、そして大江千里橘いずみ女王蜂etc,etc…。エンディングにはスチャダラパーfeat.藤本幸世によるスペシャル・コラボ!と、映像だけでなく耳の方も存分に楽しませてくれます。

 思うんですが、昔はこの手のテーマ(男の恋愛・性欲etc)は、「毎度おさわがせします」「グローイング・アップ」などのように、10代~20代前半の男を主人公に描いてましたが、それが今やアラサー男でやっても何の違和感も感じられません。これも“草食系男子”が闊歩し、“晩婚”が当たり前になっちゃった時代の流れってやつなんですかね~?

 「モテキ」は、9月23日(祝・金)~全国ロードショー公開です。モテない草食系男子に訪れた恋の奇跡を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。 

~追記~
 作中、『タイアップか?』ってくらいに“TENGA”が出てまいりました。幸世の部屋にたくさん置いてあったり、未使用(?)なのに捨てられたり…。極めつけは、まさみちゃんが幸世に借りて着たTシャツ!このシーン、大爆笑モノなんですが恐らく女の子には『???』でしょうね。男性諸氏、カップルで行かれる場合は、ご注意を(^^;!


「モテキ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『モテキ』 - シネマトゥデイ

モテキ@ぴあ映画生活

モテキ - goo 映画
モテキ - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/13535500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mori2fm | 2011-09-09 17:36 | 映画評 日本映画 ま行 | Trackback(55)